5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【生物】ほぼノーミスの「天才ラット」誕生 30年、95世代かけ合わせ…東海大

1 :おっおにぎりがほしいんだなφ ★:2010/07/28(水) 07:32:55 ID:???0
賢いラットを実験で選び出し、95世代かけ合わせて、「天才ラット」を誕生させた。
東海大学が30年がかりで育てた。
普通のラットは学習能力の実験で360回中、多い時は8割以上失敗するが、「天才」はほぼ
ノーミス。殺虫剤や農薬など化学物質が学習能力に与える影響などを調べる実験に役立ちそうだ。

「天才」は、30秒ごとにレバーを押さないと軽い電気ショックを受ける実験で、学習能力の高かった
個体同士を繰り返し、交配してつくった。「賢さ」が安定するまで約20年かかったという。

天才ぶりはこの実験で実証済みだ。普通のラットは、毎日30分、レバーの押し方を教えても、
360回のうち100〜300回は失敗する。一方、「天才」は360回中、失敗は平均で5回ほど。
水の中を泳いでゴールを探す記憶力の実験などでも、一貫して好成績を出すという。
「天才」を使えば、化学物質の影響が効率的に調べられると期待される。化学物質を与えて
失敗が増えれば、学習能力に影響があったと判定できるからだ。普通のラットは1匹ごとに
知能の差が大きく、数十〜数百匹で実験しないと影響が分からない。
一方、「天才」は学習能力に悪影響があれば、失敗がはっきり増えるので、少ない数で
影響が分かるという。

子どももほぼ例外なく、「天才」なので、妊娠中の親に化学物質を与えて、生まれた子どもの
能力を調べれば、胎児への影響も調べられるという。シックハウス症候群を起こす
ホルムアルデヒドを親が取り込むと、子どもは成長してから学習能力や平衡感覚が落ちることが
分かったという。

東海大の渡辺哲教授(公衆衛生学)は、研究機関やメーカーに共同研究を呼びかけている。

ソース:asahi.com
http://www.asahi.com/science/update/0727/TKY201007270578_01.html
電気ショックを避けようと、左前脚でレバーを押す「天才ラット」
http://www.asahicom.jp/science/update/0728/images/TKY201007270593.jpg
周りの様子を探る「天才ラット」
http://www.asahicom.jp/science/update/0728/images/TKY201007270592.jpg

2 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:33:53 ID:PPkslaPM0
2

3 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:34:53 ID:MxU503TA0
あと5年もあれば鳩山より賢くなりそうだな。

4 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:35:03 ID:Dr3HOT150
アルジャーノン

5 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:35:19 ID:NMeqfWWZ0
ニダ-が物欲しそうにこちらをみている・・・・

6 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:35:38 ID:OSOG6w170
使われ方が泣ける

7 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:35:51 ID:4AFE/3z/0
>>3
言葉がしゃべれるなら、もう既に超えてるんじゃない?w

8 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:35:55 ID:Vu656b540
所詮クズはクズということだな

9 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:36:48 ID:xYSC8dEX0
学生や教師はまったく話題にならないな、この大学w



10 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:37:39 ID:wnaX/Y6P0
アルジャーノン

11 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:37:45 ID:WMv3WMD/0
もし、ここから数世代維持できるなら・・・
人間にも・・・いや、やめとこう。
・・・下手するとそれで生まれた天才たちに支配されるかもしれないしな。

>>4
私が村長です。

12 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:38:06 ID:nsaL/Ose0
>>1
>賢いラットを実験で選び出し、95世代かけ合わせて、「天才ラット」を誕生させた。
>東海大学が30年がかりで育てた。

だから種ネズミは早く殺せと言っただろ

13 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:39:05 ID:vjAqpDv20
ホルムアルデヒドを取り込んだ親のご子息 ><;

14 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:39:17 ID:ayMEeRKBP
やっぱ賢さも遺伝するんだな

ま、人間の場合後天的な要素多いけど
環境面だけじゃんく能力でも
生まれながらに平等なんて事はない、って事だな

15 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:39:42 ID:Wd62w5SB0
言葉がしゃべれるネズミって某テーマパークにいるヤツか?

16 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:39:57 ID:CjcLx6xW0
優生学の実験か?いい事を教えてやろう

「相対性理論を2度発見しても意味がない」

17 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:39:57 ID:gwL8yc/g0
さっさと殺せって言ってんだろ

18 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:40:07 ID:oORXtt0u0
ヒトラーは正しいってことの証明か・・・

19 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:40:40 ID:20zc0gOp0
>>11
安心しろ、過去の選別過程により、選りすぐった結果がお前だ。

20 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:41:30 ID:nGlb2HSo0
本当の天才なら、ワザとミスする。

21 :屑野郎 ◆5vKUZU3O.Y :2010/07/28(水) 07:41:49 ID:3KshyS46P ?2BP(1235)
天才韓国人もがんばれば作れるかもな。

火病らないとかレイプしないとか起源提唱しないとか
うんこ投げないとか謝罪と賠償請求しないとかさ・・・
夢のようだよ。

22 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:41:52 ID:CyC6iUeEP
どうかどうか、ついでがあったらアルジャーノンのお墓に 花束を添えてやって下さい。

23 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:42:11 ID:MxU503TA0
>>1
>軽い電気ショックを受ける実験で、学習能力の高かった
>個体同士を繰り返し、交配してつくった。

これが放電攻撃で人々を恐怖に陥れるネズミを作り出す事になろうとは。

24 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:42:33 ID:5g7Qycb70
i wanna feel my love

25 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:42:50 ID:20zc0gOp0
優生学自体は、どう考えても正しい。

ただ社会への応用方法が間違っただけ。

そういう意味では、
バカほど無意味に子沢山の日本もまた、間違っているわけだが。

26 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:43:01 ID:NXx6/tk/0

アルジャーノン

27 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:43:03 ID:nsaL/Ose0
うちの坊主の公文でも小学校1年でBだかCだかなのに、たまに送られてくる
全国のガキの進歩状況みるとPとかまで行ってるやついるのな。
ほんまかいなと思ってしまう。
どこをどうやったらPまで行けるんだ?

28 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:43:19 ID:bbskgWC50


ねぇねぇ知ってる? あそこの会社の社長ってネズミらしいよ (θωθ)

29 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:43:36 ID:+wjweOga0
>>21
そういう遺伝子がそもそもなければ無理かと。青いバラみたく。

30 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:43:46 ID:PRc3DT/60
確かにこのラット 賢そうな顔をしている

31 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:43:53 ID:rLOYMqWL0
知能が遺伝することの自覚の上に
人間界の制度や風習も設計しなおさなきゃいけないな
いまだに知能は遺伝しないとかいってるやつが多いが
こういう実験では遺伝することが自明の前提とされてる
わけだよ

32 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:44:07 ID:8xqpV/TR0
>「天才」はほぼ ノーミス
もはや、東海大学に入学できるレベル


33 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:44:08 ID:sj9uGMCc0
そのうちしゃべりだすで

34 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:44:21 ID:sWbluURN0
ここでヒトラが一言

  ↓

35 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:44:42 ID:zG9OJROmP
>>18
わかっちゃいるけどさすがに実行することは出来ない国策の代表例だよな

しかし全員を同じようにすることは特定の病気で一気に全滅する危険と隣り合わせ
100年とか1000年の単位で考えると結構リスクのある考え方でもある

36 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:44:49 ID:hjojY3nP0
悔しがるなよ

37 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:44:59 ID:cOnT1ZSi0
>>16
理解力の高い実験動物を大量生産することに成功しましたよ、買ってください
ってことでしょ

38 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:45:12 ID:oYEvGct3P
生命の泉協会みたいなの作って本当の新人類を作れたら
面白いと思ってるけど、人間も同じくらい世代を要するの
なら、二千年はかかるのか

39 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:45:20 ID:0lM3JCVW0
> 渡辺哲教授
この先生の疫学の授業、糞つまんなかったわ


40 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:45:29 ID:jp+G0ABh0
>360回のうち100〜300回は失敗する。

300回失敗するのは俺かもしれん(´;ω;`)ブワッ

41 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:46:20 ID:KkmBcHrG0
ネズミーランドがアップを始めました

42 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:48:11 ID:UhE7Lw0O0
ウィラード見て思いついたんだな

43 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:48:19 ID:JtSn/0eI0
知恵遅れが薬の力で天才になったけど
池沼に戻ったら女に見捨てられたって話だっけ?

44 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:49:12 ID:HZ1B71BO0
だからさ、身分制度は理にかなってるんだよ。
現代の大衆政治をみりゃ解るだろ。

45 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:49:35 ID:fqsFJrbM0
>水の中を泳いでゴールを探す記憶力の実験

たしか↑この実験、分離不安だかトラウマだかを抱えた
ラットは、いつまで経ってもゴールを探すことが出来ない
ってのをディスカバかなんかで観たな。

46 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:49:48 ID:j01uIPG00
ダーティペア思い出した天才ねずみが出てくる話

47 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:49:57 ID:AdCuY4Gz0
>>25
世の中の仕事のほとんどは馬鹿でも出来るものだから正しいとも言えるだろ。
圧倒的大多数の凡人が支える社会が理想的だ。
特権階級はほんの一握りであるべきだ。
今の日本は能力の無い特権階級が異常に多すぎる。
肥大化した寄生虫が宿主を殺そうとしている。


48 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:50:50 ID:cErv3hVB0
【作戦会議チュウ】

   (⌒ー⌒) (⌒ー⌒)
(⌒-⌒)´・ω)(・ω・`(⌒ー⌒)  
(  ´・ω ー⌒)(⌒ー⌒)ω・` )
| U(  ´・) (・`  ) と ノ 
〜-u (l    ) (     ノu-u'〜
    〜'u-u'  `u-u`〜



49 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:51:10 ID:mERRJ4uZ0
東大生の両親が高学歴ってことでもう結果は出てるし、賢ければ役に立つかといえば、
役人や政治家をみればそうでないことも結果がでてる。

50 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:51:12 ID:krI4Uo/00
やっぱり連想するのはアルジャーノンだよな。

51 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:51:57 ID:jp+G0ABh0
>>47

>今の日本は能力の無い特権階級が異常に多すぎる。

俺達の麻生の悪口言うな!!(´・ω・`)

52 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:52:00 ID:gnNwi5F+0
俺もこういう作為的な交配でいいから天才に生まれたかったわ
人権がどうのとか言われそうだけど奴隷になるよりマシ

53 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:52:20 ID:8Sjwnpzt0
人間に使われてるようじゃ天才とは言えないな
そこらの天井とかに住み着いて人間を翻弄してるねずみの方が頭いいだろ

54 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:53:28 ID:xm8C7jAr0
>>3
自分を棚に上げていることが気づいてないようなら
すでに越されてるな
おまえ


55 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:53:33 ID:6+obYcPY0
>>1
>ホルムアルデヒドを親が取り込むと、子どもは成長してから学習能力や平衡感覚が落ちる

そうか。おまいらの親は吸い過ぎたんだな。かわいそうに。

56 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:54:11 ID:zG9OJROmP
そういや人間も特定の人種の掛けあわせで美形が生まれるってのがすでに発見されてた希ガス

57 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:54:12 ID:FKank0Ll0
95世代にわたって痛めつけられてきたのか。
こんな事続けてたら、いつの日か、こいつの子孫の超天才ラットに復讐されるぞ。

58 :エラ通信@“226” ◆0/aze39TU2 :2010/07/28(水) 07:54:53 ID:d2aa9j/C0
>>5
>>ニダ-が物欲しそうにこちらをみている・・・・

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1231564767/l50
【日韓】日本の血統付き無菌ミニ豚、無償で韓国へ…日本政府が国外搬出を徹底統制してきた、生命工学界の貴重なインフラ[01/09]

59 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:55:23 ID:fve5dQP70
やっぱり低学歴の女と結婚すると子孫が苦労するな

60 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:57:39 ID:oYEvGct3P
>>11
それは進歩・進化という物だ。
ナチスが行ったのは「優良」の基準が金髪だとか瞳の色とか
意味のない物差しで無意味な物だったが、
遺伝情報の理解も深まった現代なら、意義のある試みになると思う。

61 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:58:53 ID:a5AG/CNFP
レミー

62 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:59:09 ID:myYnvs3q0
>>32
カネがあれば普通のネズミでもおk

63 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 07:59:57 ID:3ChqbMLS0
100匹くらい野に放ったら要塞とか築きそうだな
かわいいホームアローンみたいな

64 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:00:20 ID:RjfOWvTLP
>>59
学歴と知能を混同するとは知能が低いな

65 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:00:40 ID:DBxbPNfd0

アルジャーノンのお墓にお花をあげてください

66 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:01:32 ID:cvRSkqiV0
>>63
「普通」のネズミのほうが強くて駆逐されたりして

67 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:02:42 ID:iD5IJEE10
ほぼノーミス

68 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:02:52 ID:EOrBI8mM0
>>27
親の顔が見たいw

69 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:03:12 ID:BPSZhE300
すでに2chユーザーの何割かはラットだからな

70 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:03:35 ID:ugnwIclR0
猿でやれよw

71 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:03:37 ID:V5il1xZT0
天才になるのに95世代もかかるのか

72 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:04:43 ID:HNUYe2k40
>>11
おれたちゃ、そのうちこの実験室から逃げ出したネズミに支配されるんだよ

73 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:05:26 ID:Y2jQNY8PP
賢さも遺伝で決まるんだからオレなんて・・・と落ち込むスレですね

74 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:05:44 ID:2ZQLJukh0
そして新たな種が。

75 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:09:03 ID:6PGqmVPT0
結局、天才じゃなくて、レバーを押す遺伝子を獲得しただけだったりしてなw

76 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:09:47 ID:NWDexmfTP
>>3
笑ったわw

77 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:10:37 ID:cvRSkqiV0
映画「ガタカ」はよかった。

78 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:10:38 ID:fo869KRJ0
>>21
無理
強姦 放火 投糞 火病 などなどの能力に長けたのを既に長年掛けて掛け合わせたのが今の韓国人だから

79 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:11:26 ID:JSfhxSRK0
やはり天才は遺伝子だったか

80 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:11:35 ID:jmiT1Ycq0
>>1
うむ。たしかに利発そうな顔をしているな。

81 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:11:36 ID:Y2jQNY8PP
やがて世界中がこのラットに支配されることになろうとは
この時点では誰も、予想すらしていなかったのであった・・・

82 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:12:26 ID:ugnwIclR0
なに。ぬこが食べちゃっておしまいってオチなんだろw

83 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:13:44 ID:YFb2D2Vx0
俺も生まれつき天才だったら人生ノーミスでクリアできるのに

84 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:14:32 ID:HNUYe2k40
>>82
そのうち猫の首に鈴をつける方法くらい考えつくわいw

85 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:14:55 ID:5uQuMliu0
天才が逃げ出したら恐ろしいことになりそうだな

86 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:14:56 ID:PmpeWRKy0
俺のように端正な顔立ちだな。
さすが天才


87 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:15:25 ID:GN0BMijc0
俺んちのウサギのほうが何倍もかわいい

88 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:15:29 ID:9gTHdcaC0
>>23
ピカピーカ!

89 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:16:30 ID:0JcmVeS/0
遺伝て大事だよな。
発達障害の劣勢遺伝を残さない事が俺の使命。

90 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:16:59 ID:FAXaYOMD0
>>43
俺が見た話では、巨大怪獣になって看護婦を喰いちぎってたぞ。

91 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:17:57 ID:8c87SxjU0
両親高学歴で、高卒の俺涙目。

92 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:17:57 ID:ugnwIclR0
たまに一族の知能と隔絶した奴も生まれるよ。
物凄く苦労するだけで無駄人生になるがw

93 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:18:22 ID:HFKIApUfP
天才言うてもオレ以下でしょw

94 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:18:32 ID:gnNwi5F+0
俺が子供作っても不幸な人間が一人出来上がるだけだもんな…
まあ相手すらいないけど

95 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:18:52 ID:9MyJNvFdi
>>77
よかったね
当時、話題になったっけ?

96 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:18:58 ID:1/BzJElv0
スパイアニマルGフォースも夢じゃない

97 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:19:06 ID:QvyRuow30
>>3
いくらなんでも失礼だろ。
東海大とラットに謝れ。

98 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:19:49 ID:YfmjlqZ+0

    (⌒∨⌒)/::"\
  (⌒\:::::::::/⌒(⌒∨⌒)
 ( ̄>::( ^∨^)<(⌒\:::::::/⌒ )
  ( /:::::::: (_>::( ^∨^)<
  /((⌒∨⌒(_/U::U\__ )
  / (⌒\::::::::/ (_∧_)`∨⌒) 、@,
 <(__>::( ^∨^)::<__し//J\::::::/⌒;@@^
 |ヽ(_/::::::::\_)(_>::( ^∨^).つ|/`
 | ヽ. (_∧_) // (_(ノ:::::::\_)
  |  \し|.|J  ////(_∧_)
  l   `.:7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ し"J
   ヽ  /     .:::/  
  / ̄ ̄ヽ(,,^∨^) ~ ̄ヽ       < アルジャーノンへ… お花ドゾー
  ヾニニ=/./ハゞ\=ニン
   // /|  |ヽ\\
  (__ ̄l/__U"U V`_____)

99 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:19:56 ID:HNUYe2k40
>>89
発達障害は人類に必要な遺伝子だよ。天才もそこから生まれるし。
バカの通常遺伝子連中がかたまっているときに災害がおき全滅。
生き残るのは一人離れていた発達障害。

100 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:20:14 ID:e3guNTF7O
実験動物の飼育の仕事をしてた事があるけど何世代も育てていくのはかなり大変だった…。
SPF室(無菌部屋)に入るのも毎回着替えたり消毒したり…。

101 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:20:59 ID:oYEvGct3P
>>53
それはそれで「天才ラット」とは違う方向の”選別”
されているようで殺鼠剤が効かないネズミとかが出現
しているそうだ。

102 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:21:45 ID:ugnwIclR0
サウザーネズミかw

103 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:22:00 ID:4AFE/3z/0
>>99
奇抜な発想を思いつくのは、発達障害な人が多いんだよな
何でかよく分からんが。

発達障害の9割以上はただの知恵遅れなのも確かだけれど。

104 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:22:47 ID:a8N9YgoA0
平均的な中国人より賢いらしいよ

105 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:23:01 ID:Kiixln/X0
>>93
以下。つまりはおまえと同等かも知れないって事だ。

106 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:23:23 ID:WUwynsc70
>>11

アメリカかで優秀な遺伝子を買って子供を作って
優秀なの出来たけど 

その優秀な子供が優秀すぎて変人に成るのが多いそうな

頭良すぎても生活に適応出来なければ意味無いよな(w




107 :名無しさん@十周年:2010/07/28(水) 08:23:24 ID:DFHy6+tD0
>>43
女に振られたのは頭良くなり過ぎてKYになったからじゃなかったっけ?

108 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:24:34 ID:MCZ+mOk60


人も100世代2000年かければ天才ができるのだろうか?




109 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:24:38 ID:k6/hLB/80
人間でも同じことをやり続けたら、
数世代後に天才ができるのはわかってるんだよね。





110 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:24:54 ID:oYEvGct3P
>>99
「はぐれ猿」とか、「負け犬」とか群れからはぶられた固体
が発生するのはそういった役割を担わされてるんだろうけど、
無人島や荒野に住むならまだしも、社会に依存したままでは
意味ないだろ。

111 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:25:37 ID:vEyPEkiN0
>>11,106
どっちかというとこうなる
http://www.amazon.co.jp/dp/B001O2XT74

112 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:25:52 ID:8aMqeON/0
>>3
笑っちまった

113 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:26:18 ID:5iI4gss90
俺のダビスタなみだな

114 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:27:13 ID:ugnwIclR0
それより地震とか火事予知できるの作って欲しいな。
東海なんだろw

115 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:28:11 ID:H8g/ZsNW0
そう言われて画像を見ると、なんとなく賢そうな顔に見える

116 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:28:38 ID:nOyBCd7M0
東海大は意外と凄い

THES2010/QS.COM Asian University Rankings アジア大学ランキング
【人文科学】
東京(01) 京都(04) 早大(08) 慶應(17) 大阪(24) 東工(37) 筑波(39) 名大(41) 立命(44) 九州(45) 一橋(51) 同大(52)
東海(53) 神戸(54) 広島(56) 北大(57) 千葉(65) 東北(66) 首大(69) 青学(81) 上智(85) お茶(91) 長崎(95) 横国(97)

【社会科学】
東京(01) 京都(06) 早大(10) 大阪(20) 慶應(22) 一橋(27) 神戸(31) 筑波(35) 東北(36) 名大(40) 広島(43) 立命(50)
九州(52) 東工(53) 横国(55) 北大(62) 千葉(62) 東海(76) 青学(76) 同大(78) 首大(85) 阪市(88) 長崎(93)

【自然科学】
東京(01) 京都(02) 大阪(07) 東工(08) 東北(09) 筑波(23) 名大(24) 早大(25) 九州(29) 北大(32) 神戸(42) 慶應(47)
広島(58) 首大(68) 千葉(70) 阪市(71) 立命(76) 東海(80) 岡山(82) 長崎(89) 金大(96) 熊大(96) 同大(99)

【生命科学】
東京(01) 京都(03) 大阪(06) 東工(24) 早大(24) 神戸(28) 名大(30) 慶應(37) 筑波(39) 東北(40) 九州(41) 北大(43)
千葉(47) 立命(67) 広島(75) 長崎(76) 東海(82) 埼玉(87) 阪市(88) 医歯(89)

【工業科学】
東京(01) 東工(04) 京都(05) 大阪(13) 東北(17) 早大(29) 名大(32) 筑波(35) 神戸(41) 慶應(42) 九州(43) 広島(54)
東海(55) 北大(60) 立命(71) 横国(73) 阪市(83) 千葉(87) 首大(87) 埼玉(97)

【研究総合】
東京(01) 京都(04) 大阪(09) 早大(15) 東工(16) 東北(26) 慶應(29) 名大(36) 筑波(38) 神戸(40) 九州(45) 北大(50)
広島(57) 立命(63) 東海(67) 千葉(68) 一橋(72) 横国(83) 首大(85) 同大(87) 阪市(93) 長崎(95)

117 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:28:38 ID:/EcCIgkZO
俺より頭よさそう

118 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:29:14 ID:RWQiQ6ud0
東海大はソーラーカーレースとこれか

119 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:29:36 ID:i/yYkBFrP
銀河ヒッチハイクガイドスレか。
ディープソートやら、地球を建造するような連中だから当然だな。

120 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:29:44 ID:DNaIQe+f0
>>71
仮に人間にこのような(非人道的な)実験を行った場合、最低でも200世代は必要だと思われる。
一世代につき25年と仮定して、5世紀以上必要となる計算・・・・・。

結論:優生学を信奉する人間には、あらゆる意味で常識が欠落している。

121 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:29:53 ID:HNUYe2k40
>>110
社会が多数意見のいうがままに進んでいったら危険。
少数意見が大切であるという話しw

122 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:30:33 ID:oYEvGct3P
>>106
ノーベル賞受賞者に精子を提供してもらって子供を生んだ
女性の話があるいけど、子供はハーバードの大学院に進んでいた。

123 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:30:36 ID:vEyPEkiN0
予告編があった
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11171415

124 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:30:37 ID:7aFogVHG0
既に倭犬はこえた


125 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:31:03 ID:YFb2D2Vx0
遺伝子って単なるコピーじゃなく
環境の質に応じて基本的に進化してる
延々と続く分離というより何らかの創造的作業という感じがする

126 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:31:46 ID:jgjSgreci
椎名高志の漫画にそんなのがあったな。

127 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:32:06 ID:osgZY7mX0
こいつらか。
レミーのおいしいレストランで演じてた天才たちは。

128 :120:2010/07/28(水) 08:32:10 ID:DNaIQe+f0
寝ぼけていた。
25×200で5,000年だ。

129 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:32:17 ID:S/xU0bbm0
>>120
ソビエト時代、そう言う実験してたぞ

130 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:32:17 ID:AIcMs9Jv0
>>「天才」は、30秒ごとにレバーを押さないと軽い電気ショックを受ける実験で・・・

天才なのに罰ゲームみたいな扱いだなw

131 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:32:37 ID:sSmXdxeL0
遺伝ってあるのかなやっぱり。
地元の有名な受験家族

長女:広大医学部
長男〜三男:理V

つーのがあったが小学生から
夜中まで勉強できる頭の強さがあったなw

132 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:32:43 ID:ugnwIclR0
まてまて。頭足類のほうが知能とサイクル面で有利じゃないのか?


133 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:33:04 ID:3lnArsI80
test

134 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:34:39 ID:FBAcyJsHO
医学部?

135 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:34:45 ID:UdEHcHsp0
なぜかエイリアン4を思い出した。

136 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:35:05 ID:8c87SxjU0
>>106
俺頭の出来が並よりちょい下くらいなんだが
確かにアインシュタインやファーブルみたいな子が生まれたら
才能を伸ばせずにダメな奴扱いをしてしまいそうだ

137 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:35:54 ID:0gDmoj2o0
このラットと遺伝子、研究内容に韓国中国を近づけさせるな。

138 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:35:58 ID:Y2jQNY8PP
>>120
なんで200世代も?
あと非人道的でいいんなら、10歳や15歳で頭のよさはハッキリしちゃうから
1世代15年ぐらいでも構わないかも

139 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:36:29 ID:6U9lgf4b0
>>108, >>109
チョウセンヒトモドキには絶対ムリ

140 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:37:34 ID:ZLRKRb2q0
命をもてあそぶなとか言うけど、動物の命は思いっきりもてあそんでるよね…。

141 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:37:39 ID:kPeL0VEBi
後少ししたら、ディズニーランドで働けそうだな

142 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:38:01 ID:mTVUwHrH0
天才のネズミさんですらつまらない実験に付き合わされてるんだから
俺のような凡人も頑張らんといけないね。

143 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:38:39 ID:V9Gsjn2+0
300世代目ぐらいに反乱おこされるな。

144 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:38:42 ID:yfwE3S330
>>120
信奉するわけではないがサヨクが大好きな北欧では
ガイジに対して強制的に中絶・避妊手術をしたおかげで
ガイジの生まれる確率が大幅に減ったと聞くが?

145 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:40:14 ID:ftKuJas30
>>14
だから資本主義社会の平等は
「機会平等」に過ぎないワケだが…
結果平等が欲しければ、社会主義国へどーぞ

146 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:40:17 ID:P9YV/if60
これは・・・耳をかじられたヤツが脱走して矢で貫かれるフラグだな。

147 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:40:57 ID:Zx2DcuLw0
日本サッカーもこれで決定力の強い選手を作るべき

148 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:41:05 ID:lieJN08C0
シーザーと名づけられた偉大な鼠が現れるな

149 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:42:29 ID:2u8VYuVg0
身体能力も知能も遺伝で決まるのですね
突然変異でもなければ凡人の俺が努力しても無駄ということか

150 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:42:38 ID:HNUYe2k40
>>145
社会主義国は労働量に応じて報酬が出されるんで、結果平等じゃない。

151 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:43:03 ID:uGXurS9i0
アルジャーノンか

152 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:43:15 ID:axclTfgT0
またチョーセン人に盗まれちゃうよ。
和牛やイチゴみたいに..

153 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:44:27 ID:/BTXQWHb0
人間の場合20歳で世代交代して、約100世代かけあわせるという事になると、
2000年!
キリストが生まれて以来、ずっと天才同士が結婚していれば、天才の家系が誕生していたかも。
悪魔くん千年帝国も夢ではないわけだ

154 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:45:09 ID:DNaIQe+f0
>138
200世代としたのは人間とラットの種としての違いを考慮した上での事。
25年というのは、生物的且つ社会的に結婚(と敢えて表現する)が妥当な年齢である事。

>144
それこそナチスの発想以外の何物でもない。

155 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:46:16 ID:ugnwIclR0
自然淘汰はナチスの手先。

156 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:46:23 ID:ftKuJas30
>>150
「量」のみに応じるなら十分に結果平等だぞ

157 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:46:38 ID:Ve6DKnX0P
数十年後には二足歩行をするねずみが動物園に・・・!

158 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:46:44 ID:mTVUwHrH0
人間で天才家系作ってもそのうちの一人が「くだらねー」とかいって天才同士の結婚を放棄しそうではある。
その結果何世代も受け継がれてきた伝統がおじゃんになると。

159 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:47:44 ID:+Sv4Mthh0
>>153
それに成功してるのが天皇家だね
見事にハゲがいらっしゃらない

160 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:48:21 ID:dldrfbje0
民主党員より賢いんじゃね

161 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:49:04 ID:oYEvGct3P
>>120
DNAでの解析が進めば受精卵胚胞レベルでの選別も不可能では
なくなるかもしれない。

>>145
憲法や施策では文化的生活、ライフガードの保証が謳われている
じゃないか。これは最低結果保証じゃないのか?

162 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:49:09 ID:WUwynsc70
>>122

俺が みた番組でも子供は、良い大学に進んでたよ

けど なんだろ職場みたいのに適応出来なくてなんか可笑しく成ってた

163 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:49:10 ID:QtgqSmz/0
>>51
バカ 民主党のことだよ

164 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:49:15 ID:mTVUwHrH0
ナチスだったらなんでも悪なの?どうしてそんな単純なの?欧米人なの?

165 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:49:33 ID:iVVm2fHI0
やはり家柄や学歴などは大事ということがわかった

166 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:49:51 ID:clJE14tR0
ウヨの頭より賢いな

167 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:50:10 ID:2syyB95y0
このラットに人類が支配されるとは
この時まだ誰も思わなかった

168 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:50:30 ID:vNHZNWD50
優性種の証明か。
優秀さは遺伝すると。

169 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:50:44 ID:KBOFYJLoP
増殖してクロマニヨンあぼーん

170 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:51:01 ID:HNUYe2k40
ノーミスが偉いわけではない。ミスから大発見が生まれるんだし。

171 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:51:23 ID:JjWLT+Tg0
これって地味に優生学の証明じゃね

172 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:52:07 ID:oYEvGct3P
>>125
>創造的作業
そんなたいそうなモノじゃないだろ。DNAは何が有利になるか分から
ないから、常に一定の変化が起こる仕組みがあるだけ。
良変化なら優れた資質として受け継がれるが、悪変化は失敗作として
消えていく。

173 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:52:42 ID:yfwE3S330
>>144
ナチスの発想の一部と同じ発想だとして
何が悪いのか理解できん。
犯罪者が好きな本を読んではいけない、
と言ってるのと同じレベルだろ。
ガイジのための福祉にかかる費用で
どれだけ財政が圧迫されてるかを考えれば
ガイジが生まれにくくするのは悪くない。

174 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:52:53 ID:ftKuJas30
>>161
それは結果の保証ではなくて、セーフティネットだからねえ…
ドンだけ行動な労働しても、生産性の高い労働しても、時給が一緒
こーいうのが結果平等
逆に言うなら、ナーンにもしなくても金がもらえるナマポシステムはコレ以下だな

175 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:53:03 ID:Sl67BL5r0
>>31
>いまだに知能は遺伝しないとかいってるやつが多いが

それが”知能”と言うかかどうかは知らんが、
自分の子を育ててその様子をイヤと言うほど見て、
幼稚園や学校で、よその子やその親を見たり関わったりしていれば、
体験的に”何かある”と気づくよねw
基礎というか、ベースというか、下駄というか・・・
それぞれ違うなぁって。


176 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:54:55 ID:KzAlLnen0
ボルジャーノン禁止

177 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:55:36 ID:9thhpS480
何    天才             ヒソヒソ・・・      「ここまでの子とは…」
て          やるがなコイツ   さすがオレの子だ…
奴   化物か…コイツ…                    「こやつ…ここまで…」    大した娘だ…
だ           本当に大した奴だよ…お前は                
 コソコソ・・・                                  「こいつ…かなりの切れ者」
        「まさか…これ程とは…」       逸      流石お前だ…
                               材                「大した奴だ…」
 何て野郎じゃ…       さすがですね…             ザワ・・・       
                「何てヤツだ…」      / ̄ ̄ ̄\        
大した怪力だ  「…コイツ…ただものじゃない」 ./ ─    ─ \        さすがお前だ…
                             /  <○>  <○>  \  
   認めてやろう 大したガキだ…      |    (__人__)    |   な…何て人です…  
ザワザワ・・・・      ガヤガヤ・・・        \    ` ⌒´    /「こ…これほどどは…」   
      写輪眼でも見切れない…      /              \        こいつ…出来る…

178 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:56:00 ID:I5OECzC60
>>144 すぐ隣の国がソレだけど..

【韓国】海外養子の制限は時期尚早。口唇裂やアザ(母斑)のある子供が「天の呪いだ」と捨てられているのが現状だ(聯合ニュース)08/08/08
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1218362098/
【韓国】「障害児だから要らない」と海外に養子に出したのに、健常児だった ⇒ 「産院の誤診のせい」と賠償請求(Yahoo!Korea)06/11/19
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1163949874/
【韓国】障害児の居場所は韓国にはない (東亜日報)11/03
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2002011038528
【韓国】「未成年障害者への強姦、暴行は無罪」判決相次ぐ 障害者は暴行されて当然(朝鮮日報)04/09/16
http://www.chosunonline.com/article/20040916000042
【韓国】「障害者は博士になれない」〜大学側が博士課程入学を拒否(朝鮮日報)09/04/20
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1240175763/
【韓国】産まれた障害児の90%が海外に売り飛ばされる 今年は1558人(朝鮮日報)2002/01/09
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2002/01/09/20020109000045.html
【韓国】生み捨てられた孤児の73%を海外輸出(2004年度統計) (朝鮮日報)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/02/22/20050222000093.html
【韓国】歌手エリックらが障害者の物真似をしているビデオが流出、話題に(朝鮮日報)07/01/09
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1136795470/
【米韓】 米紙、韓国を「売春婦輸出・孤児輸出の不逞国家」と名指しで非難[11/06]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1162992094/
【韓国】米の世界人身売買報告書、韓国を最下位に分類(中央日報)07/13
http://japanese.joins.com/php/article.php?sv=jnews&src=pol&cont=pol0&aid=20010713201325200
【韓国】人の親としての良心を問う、韓国の「孤児売買問題」
http://members.at.infoseek.co.jp/konrot/genjyo18.htm
【韓国】[しどろもどろ]我々が捨てた子供たち(東亜日報)07/03/29
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=100000&biid=2001032983618

179 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:56:15 ID:mTVUwHrH0
>>170
質の高いミス、次につながるミスをするためにはある程度の知能が必要だとは思う。
というかそれこそが賢さの証明なんじゃないかと思う。

180 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:56:24 ID:ftKuJas30
>>176
節子、それネズミやのうてザクや!

181 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:57:10 ID:4FddjCIH0
頭脳は獲得形質じゃなかったのか。
じゃぁ、おいらいくらがんばっても無理なのか。

182 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:57:36 ID:oYEvGct3P
>>161
・・・関係ないけど、福祉とかで最低の保障をライフなんたら
って言うよね?
ライフガードで検索してもそれらしきものが引っかからん・・
間違えた?恥ずかしい><

183 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:58:09 ID:rMSqnGKB0
これを人間にそっくりそのまま当てはめると
今天才な人もバカな人も、自分の95世代前のご先祖様からの影響もある事になるのかね?

単純計算で25歳 x 95世代とすると、
今のお前らは紀元前3〜4世紀頃のご先祖様から続くバケツリレーの結果か。

184 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:58:50 ID:KzAlLnen0
>>171
運動能力でも容姿でも優れた両親からは優れた形質を受け継がれやすいのは大昔から常識だし
今さらって話だよねぇ、当たり前のことだと思うんだがなぁ
むしろ優生学を悪いものだと考えるほうこそ悪だとしか思えない

185 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 08:59:38 ID:ugnwIclR0
医学的にはそうだが、日教組ってのがあってな。

186 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:00:11 ID:sC/2HthA0
これ、シンガポールじゃすでに人間に対し実践しているよ。
だからひとりあたりGDPも日本を抜き去っただろw

187 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:00:16 ID:oYEvGct3P
>>174
>セーフティ
あーそれそれw

188 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:00:48 ID:KzAlLnen0
>>180
ほぼノーミスノーボムでガンダムを大破させたバーニィのザクは天才

189 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:02:04 ID:DKufXAeT0
人間でやればもっと有意義な人間が生まれるのに
人生一度も失敗しないってすごすぎ!

190 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:03:10 ID:fRSb/i+v0
人間の場合DQNのほうが子沢山
高学歴は未婚とかだな
将来どうなるかそうぞうがつくな


191 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:05:39 ID:gQaaiZoW0
95世代も電気ショックビリビリな仕事をしてきたのか
・・・その内、電気ショックに耐性付いたり電気ネズミでも生まれそうだなw

192 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:06:37 ID:ugnwIclR0
ブランカって凄いよなあ。

193 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:06:38 ID:nSiia12V0
天才って言うなら、算数レベルの問題解かせてみろよ

194 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:07:49 ID:zMqibQbv0
>>190
高学歴の長寿化が進むよ

195 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:07:53 ID:HdgpKIYi0
>>16
こいつ本当に頭が悪いんだな

196 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:08:50 ID:FAXaYOMD0
どっちかって言うと、遠心力か何かで高重力の部屋を作って
何世代か育てたらどうなるかを見てみたい。

197 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:08:56 ID:KjqQXc+GO
ラットですらほぼノーミスなのにおまえらときたら……

198 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:10:10 ID:mTVUwHrH0
人間が絶望しないようにわざとミスした振りしてたりしてなw

199 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:10:28 ID:FsFcblHn0
実験により人間の知能を超えるラットが誕生
研究所から優秀な仲間とともに脱出し自分より下等な人間に復讐を誓うのであった

200 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:10:32 ID:DNaIQe+f0
>164>173>183その他etc
優生学に基づいて、ナチスが何を行ったのかを勉強しなさい。

2chに興じる前に、本を読もう。
そして書を捨て、街へ出よう。

余談だが「知能 遺伝 DNA」で検索してヒットするのはトンデモWebサイトばかりだ。
挙句「人種によって知能に差がある」だの「人間の知能は遺伝ですよね?」だの・・・・・塩基対の概念自体が
欠落しているとしか思えない。頼むからキチンと勉強した上でネットに興じて欲しい。


>189
あのね、失敗した事の無い人間は、失敗した時に全くといっていい程対処出来ないんだよ。
仮にこの研究を人間に応用しようとしても、あらゆる意味で実現不可能である事ぐらいは理解しなさい。

201 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:11:17 ID:oYEvGct3P
>>196
骨がごつくなる位でたいした変化は起こらないと思う。
逆に受精時から無重力状態だとえらい事になるようだ。

202 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:12:17 ID:ugnwIclR0
無重力状態はまずいね。象がダリみたいになるらしいw

203 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:12:39 ID:7IQJhhK10
つまり

お ま え ら が バ カ な の は 遺 伝

ということだな

204 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:13:47 ID:/Mgw11TT0
レバーを押すのが好きなラットができただけだったりして

205 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:14:41 ID:KzAlLnen0
>>196
つか、サイヤ人って超高重力環境で適応してきた生物なんだから
地球になんかいたら病気になって死ぬよな

206 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:15:09 ID:mTVUwHrH0
>>200
ナチスはエセ優生学に基づいてユダヤ人殲滅を図ったとされている。
優生学ではない。

207 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:15:31 ID:Y2jQNY8PP
>>203
2ちゃんで無駄に行間を空けるのは、脳スカスカ+構ってちゃん+目立チタインジャーという遺伝子を受け継いだからですよ

208 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:15:50 ID:vE8kZQPD0
アメリカの黒い鼠がジェラシー起こして殺しにきそうだ

209 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:16:29 ID:xcOu1tWg0
>>154
生物的には10代で子供を産むのが最適なように人間はできている
出産年齢と染色体異常児の発生率見れば一目瞭然

210 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:16:41 ID:LBgQsWeV0
>>171>>184
英語の格言に、

when everybody`s somebody, then nobody`s anybody.
(みんなが大したやつなら、誰もたいしたやつはいない)

ってのがあってだな。
ガンダムは一体だけだからガンダムなんであって、量産型ガンダムなんての
はガンダムじゃないってわけよ。

211 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:17:11 ID:o+beyvuZ0
>>1
一枚目の画像、なんというらぶりー(*´д`*)ハァハァ 

212 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:17:36 ID:SuDWJMq80
>>206
 優生学とかは叩かれるけど、ゲッペルスがやったことは、いまは
めちゃくちゃ取り入れられまくりだしな。なんか変だよな

213 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:18:21 ID:oYEvGct3P
>>200
勉強と言うほどじゃないが、一般書レベルの知識ならあるつもりだ。
ナチスのは所詮、社会ダーウィニズムに基づく排他主義で本当の優生学
じゃないよ。

214 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:18:35 ID:ftKuJas30
>>190
昔から貧乏人の子沢山
というし、その辺の棲み分けはイギリスで顕著

215 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:19:08 ID:SuDWJMq80
>>210
 二度あることは三度ある、三度目の正直。

 都合の良い格言やことわざをあてはめても、論拠にはなりません。

216 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:19:15 ID:aVB0daRHQ
お前らってホントにこの手の話題好きなんだな

馬鹿のくせに

217 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:19:19 ID:ugnwIclR0
スイッチマニアになってメスに興味がなくなりましたとかじゃねw

218 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:19:33 ID:GtkS3k8j0
>一方、「天才」は360回中、失敗は平均で5回ほど。
>水の中を泳いでゴールを探す記憶力の実験などでも、一貫して好成績を出すという。

実験動物としては天才なんだろうな
一般の動物としてみた場合試行を怠る欠陥とも言えるな

219 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:21:05 ID:IAkh5Qi30
アルジャーノン・ゴードン効果

220 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:21:13 ID:LBgQsWeV0
>>206
ナチスが政権取って優生政策を始めようと在野の優生学者を集めたら、ユダヤ
人ばかりだったので追い返して、改めてゲルマン系だけの優生学者を集めたって
笑い話みたいな実話があるよ。

221 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:21:28 ID:oYEvGct3P
>>215
悲劇を繰り返さないためにも必要と思うからだw

222 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:21:56 ID:rRVWAR5N0
自分ところの学生よりもこのネズミの方が頭良いんじゃねーの??

223 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:22:12 ID:q+DMzIWZ0
電磁波浴びさせて変異がおこるか実験してくれ

224 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:23:40 ID:mTVUwHrH0
>>220

   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、   /    / / ̄7l l   ― / / ̄7l l  _|_
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi. _/|  _/|    \/   ― /   \/    |  ―――
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ     |    |   /   _/    /     丿
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \
     /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ


225 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:23:41 ID:N2rOCEr+0
つまりバカを殺して廻ればいい世の中になるということだ。

226 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:24:04 ID:KzAlLnen0
>>210
でもジムだらけの軍隊よりガンダムだらけの軍隊のほうが強いじゃん

227 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:24:05 ID:qjjiU1DY0
>>218
一般のラットも監視して、生存能力が強いやつと交配していけば最強だな

228 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:24:08 ID:DNaIQe+f0
 知能の違いに遺伝要因が大きいとすると,その違いはどこにあるのか。もし特定の遺伝子の変異による
ものであれば,“知能遺伝子”というべきものが見つかるかもしれない。知能遺伝子を見つけようと大規模
なDNA解析が行われたが,結果は思わしくなかった。50万もの一塩基多型(SNP)を調べても,知能に関
連しそうな遺伝子の変異はわずか6個で,しかも知能の差に及ぼす影響は最大でも1%以下だった。
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          (一部抜粋)
ttp://www.nikkei-science.com/page/magazine/0901/200901_058.html

最大でも1%という数字をどのように判断するのか、それは各自に任せる。
2chに興じる前に、少しは科学なり歴史なり本を読んでキチンと勉強しなさい。


>206>213
だ・か・ら・ね、優生学と似非優生学と摩り替え、何らかの政治的目的に利用しそうな極右主義者なんて
それこそゴマンといるんだよ。それとも"論語読みの論語知らず"なのかい?

ヨッビク:「これは民族派の勝利だ」

 3議席を獲得したヨッビクのヴォナ・ガーボル党首(Vona Gabor)は、支持者に対して、「我々は勝利した。
これは民族派の勝利だ」と述べ、「これによってハンガリーの政治は変動する」「ハンガリーはハンガリー人
のものだ」と続けた。極右疑似軍事団体「ハンガリー防衛団」の事実上の設立母体であるヨッビクは、反ロマ
人行動の広範な展開を通じて、既存政党に不満をもつ有権者層に浸透するのに成功した。ハンガリーの極
右政党が国政選挙・欧州選挙で議席を獲得するのは、1998年総選挙でのハンガリー正義と生命党(MIEP)
以来となる。
ttp://src-h.slav.hokudai.ac.jp/hungary/tips/amulthet090601-07.html

229 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:25:00 ID:ugnwIclR0
>>218
ある意味頑固で融通利かないとか行動読まれやすいとも言えるね。
全てのラットがこうなったらなんかもきっかけで全滅するだろうし
気まぐれラットも必要なんだろねえ。

ああ、ナチズムはユダヤの選民思想だからねw

230 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:27:03 ID:KjqQXc+GO
なんか優生学の話をしているみたいだが、字の印象から優秀な人間を増やすという意味でとらえられがちだが実際は優秀でない(劣ってない)人間を増やさないという意味の方が強い。
断種法でぐぐれ。
わりと最近まで行われていたから。

231 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:27:06 ID:HdgpKIYi0
>>218
同じ試行をして数度の失敗から学習できる能力が高いからこそ 天才 なんだろ
何度も同じ失敗してるのに一向に学べない俺みたいなバカからするとうらやましいわ

232 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:28:01 ID:ftKuJas30
天才とは
99%の汗と
1%の才能である

おおw合致したww>>228

233 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:28:10 ID:/WjBKFcm0
ここまでいくともう人間でやってもいいよね

234 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:29:03 ID:ugnwIclR0
日経とかムーとか夏だなあw

235 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:29:28 ID:oYEvGct3P
>>221
タイプミス。>>216だ。

>>210
全体のレベルをかさ上げするんだ。
人類が北京原人やネアンデールタール人のままで良かった
とは思わんだろ?

236 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:29:56 ID:WXI7Np/L0
田舎の中学だけど上位5人はみな地元開業医者か歯医者の子だった
彼らはサッカーやバンドに熱中したりタレントの追っかけやってる女子も
やっぱり元から脳の造りが違うと悟った

237 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:30:10 ID:N2rOCEr+0
とりあえず、このネズミは
「結論が先にあって、それのために周りに迷惑をばら撒く人間よりは優秀」
ってわけだ。

238 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:30:34 ID:DNaIQe+f0
>229
当時のナチスに選民の口実を与えたのは、紛れも無くドイツの"善良なる"国民。


【参考資料】
ハンガリーの極右団体"ヨッビク"の服装
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c4/Magyar_Garda_Korus.jpg

2chでも韓国をやたらと貶める馬鹿共がいるが、仮に優生学が社会的に復権してしまった場合、
そのような連中に格好の口実を与えかねない。
理系であれば歴史を、文系であれば科学を勉強して欲しい。

239 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:30:45 ID:iYXj0Jz20
>>1
そう言われると何となく賢そうに見える

240 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:31:04 ID:pIeVz7JK0
http://www.asahicom.jp/science/update/0728/images/TKY201007270593.jpg
http://www.asahicom.jp/science/update/0728/images/TKY201007270592.jpg


やっぱ賢そうな顔してるな。俺には分かる(`・ω・´)


241 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:31:24 ID:A4B6HND60
東海大が天才とか

242 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:31:25 ID:LBgQsWeV0
>>213
本当の優生学って何よ?知能だけをよくすることか?知能だけがよくて何になる?
これまで全生物の90%を絶滅させてきた3度の大絶滅をサバイブしてきたのは
なんの知能もないゴキブリだぜ?

243 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:31:50 ID:orxrgasy0
ボルジャーノンだな

244 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:32:00 ID:zQun59yT0
>>233
人間も、野生動物も、種付けする相手を条件である程度選んでるじゃん。
品種改良してるのと同じことじゃね?

245 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:32:07 ID:ugnwIclR0
でもまあ脳みそは胡桃サイズなんだよな。
ネコは無駄に大きいような気もするがw

246 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:32:22 ID:KzAlLnen0
>>228
【研究】記憶力を左右する遺伝子、米で突き止める
ttp://news2.2ch.net/newsplus/kako/1043/10433/1043329689.html

記憶力の良しあしを左右するとみられる遺伝子を米国立精神健康研究所などが
突き止めた。
この遺伝子のタイプによって、過去に見聞きした出来事をどれだけ思い出せるか
が30ポイントほど異なった。思い出せない方の遺伝子タイプの人は珍しい存在では
ないという。ただ言語など他の記憶については能力差は見つかっていない。24日
付米科学誌「セル」に掲載される。

この遺伝子は、脳神経の成長に必要な物質BDNFを作る機能を持つ。研究チームは、
この遺伝子が一部だけ異なるmet型の641人に対し、過去の出来事を思い出して
もらう記憶テストを実施した。その結果、思い出せる能力の得点は平均40%。そうで
ない人と比べ、30ポイントも得点が低い傾向があった。

動物実験では、BDNFが記憶にかかわる重要な役割が持つことが知られていた。それ
が人間で確認できた。生存には不利な側面を持つこの遺伝子タイプが受け継がれて
きたのは、別の面では生存に有利な点があるためと、研究チームは推測している。

引用元
http://www.yomiuri.co.jp/00/20030123i115.htm


この手のニュースは別に虱潰しに探さなくてもけっこうそこらに転がってるもんなんだけど
だいたい知能って複数要件から成り立つものじゃん、それこそ性格だって知能と関連するわけだよ
で、その性格部分がぶっ壊れてる病態の少なくない幾つかは遺伝もするのは知ってるよね?

247 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:33:03 ID:WXI7Np/L0
>>235
北京原人もネアンデルタール人も現生人類とは種が違うんだけど
それらが進化して現生人類になったわけじゃないんだけど

248 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:34:31 ID:k1lFtwnX0
foot and mouse diseaseの恐れがあるので殺処分しなさい

249 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:34:37 ID:S+wQNZqc0
>>122
俺の見たのは親子関係断絶してたぞ
親がブランド物のように子供を扱いマスコミで取り上げられまくって
人間不信っぽくなってた。

250 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:34:55 ID:VIiqvkrn0
>>231
んでもさ、神経質な奴というかヒステリックな性格なんだと思うよ間違いから学ぶって奴は
今の社会で生きのこるには辛い

そういう違いこのネズミにも出てねーかな
もし人と同じように外胚葉型だとすれば、のっぽで痩せてるような奴が多いと思う

251 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:34:59 ID:ftKuJas30
>>243
キサマのいる場所は既に我々が67レス前に通過した場所だッッッ

252 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:35:06 ID:HdgpKIYi0
こういうマウスは極端に病気に弱いとかそういう欠点持ってないとわりにあわんな・・・

253 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:35:22 ID:ugnwIclR0
>>247
ま、しかしあのレベルの雌とセックスしなくて済んでよかったとは
しみじみ思うけどw

254 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:35:28 ID:KzAlLnen0
>>238
韓国人が好きか嫌いかは置いといて、
あの人種が統計的に有意に精神疾患が多いのは数多の研究機関が結論してる事実だよ?
人種差別になるだとかそういう下らない話で事実を見なかったことにするのは科学的な態度じゃないなぁ

255 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:36:07 ID:zupBTxW90
これって同一の動作だけで天才かどうか判断してるのかな?
代がかわるごとに実験内容変えないと、単にその同一の実験に
特化したマウスができただけじゃないの?

256 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:36:18 ID:N2rOCEr+0
>>246
無理無理、最初から結論が先の釣りやってる相手に、どんな証拠を持ってきても、
知能障害起こしたフリして逃げるだけ。

科学者には歴史も道徳も教える必要はないよ。
その結果程度で滅ぶんだったら、そもそも人類自体が物事に対処できないゴミだった、ッテだけの話。

257 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:36:38 ID:Cs3bmFzq0
2ちゃんねるでハッスルして長文書いても
誰も読まないどころかバカにされる事を
学んだ方がいい奴がいるな

258 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:37:08 ID:Bw6Zi2ck0
>>1
The rats we've brought along with us are a lot stronger...
and a lot smarter...than we ever imagined...

259 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:37:19 ID:ftKuJas30
>>253
あの種の中では、アレがスゲー美人なのかもしれん。
しかもそれが常時全裸に近い状態で歩いてる、という。
求愛行動だって、狩りの肉片優先的に渡すぐらいでOK

260 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:38:11 ID:WFLBCav3P
賢いというよりも従属性もしくは依存性が強いとも言えるのでは?

野生環境での生存率は低そう生きる本能よりも押しつけられた環境に素直にしたがうかでしょ

261 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:38:29 ID:LBgQsWeV0
>>235
それは知能は高いほうがいいっつう何の根拠もない、近代欧米特有の幻想
に過ぎんのだが。
それに生物史的に、ヒトがいまみたいな高度な生活を営めるようになったの
は1万5千年前程度のことで、それまでは北京原人やネアンデルタール人と
変わらん生活を営んでた。

262 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:39:06 ID:Cs3bmFzq0
失敗から学ぶどころか
「俺は正しい!」という呪縛から逃れられず
必死でキーボード叩いている自分はどうなんだ?

263 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:39:07 ID:QtgqSmz/0
蒙古児って染色体の数が1本多いんだろ
また、仕事の内容によってはノーマルよりも
優れた結果を出すらしいじゃない
お前らも蒙古児で生れてくれば良かったのになw


>>235
そこでニュータイプですよね?w





264 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:39:21 ID:ugnwIclR0
>>259
かもしれん。かもな。
種族を超えた普遍的な美はあるのかどうか。
鳥類の美意識はなんかわかるけどw

265 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:39:39 ID:KjqQXc+GO
>>228
知能を決める遺伝子というのはわかってないが、知能指数を高める遺伝子(厳密にはその一つだろうが)は特定されている。

「知能指数を高める遺伝子」を特定、研究報告 国際ニュース : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2308062/2320393

266 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:39:41 ID:J7WZrsD80
ネズミがこの世で一番賢い動物であり、実験されるふりをして、実は人間を
実験しているんだぞ。
旅をするときにはタオルを忘れずに。Don't panic!!



267 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:40:02 ID:oYEvGct3P
>>228
政治主張や思想に科学的粉飾を凝らしてその権威付けを
図ろうとする人は居るだろうが、だからなんなんです?
そんなものはただのニセモノと言えばいいんです。

>>232
正確には「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」
らしい。

268 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:40:02 ID:KzAlLnen0
>>256
知能を「向上させる遺伝子」ってのはともかく、「バカになる遺伝子」はけっこう見つかってるのにねぇ
そういうバカ遺伝子が少なければ優れた形質を持つようにはなりがちだろうに
ああいう人権バカってそういうのを考えられない遺伝的欠陥とかあったりしそうだよなぁ

269 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:40:23 ID:W9MrNCL90
優秀なネズミより優秀な人材を作れよ東海大

270 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:40:36 ID:DNaIQe+f0
>242
その通り。

>245>254
話を摩り替えないように。貴方達は"知能"と、"記憶力"や"性格"を取り違え、若しくは混同し、遺伝に基づく特定疾患
を持ち出してまで話を摩り替えようとしている。
だからこそ、>256も含めて貴方達は"論語読みの論語知らず"なのだよ。図書館に脚を運んで勉強しなさい。

271 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:40:48 ID:SaypzWoT0
劣悪遺伝子排除法がアップを始めました

272 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:43:26 ID:DNaIQe+f0
>265
最大でも1%であろう事をどう思う?

>267
真贋の判断が出来ない人間が大勢いる場合は?理系であればその危険性が、文系であれば
その結果は容易に理解出来るはず。

273 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:43:41 ID:mTVUwHrH0
病気の原因遺伝子を突き止めることは、有病者の社会的差別を招くので疾患そのものの
研究をやめるべきだ。
という主張は妥当か否か?

274 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:44:04 ID:ftKuJas30
>>264
ねーと思う。
平安美人を見れば、日本人同士ですらホンの千数百年程度昔の美は理解出来ないw

※しかし、一時期「萌え」的要素は日本人男にしか共感できない代物であり、
 欧米(笑)では…なーんて話もあったが、すっかり浸透しちまったなww

人間雄が惹かれるのは、見た目よりも行動様式なのかね。光源氏のシチュエーションは
今でも通用する気がする

275 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:44:06 ID:NrNAV1BI0
この実験の意味するところは、
人間でもいくら努力してもダメな奴はダメということか?

276 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:44:16 ID:WXI7Np/L0
クロマニヨン人が生き残りネアンデルタール人が滅んだ理由として
知能には差がないが
ネアンデルタール人はコミュニケーション能力が劣り空気が読めなかったからだって

277 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:44:17 ID:N2rOCEr+0
ほら、話を摩り替えて逃げを打ってきた。
頭はよくても、根本的に人間としてゴミなんだよ。

278 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:45:09 ID:TO5FGjbS0
全部遺伝のせい

279 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:45:15 ID:yfwE3S330
>>270
知能が記憶力によって左右されない、とでも思ってるなら
病院行ったほうが良いよ。
何も記憶できないアホがどうやって物を考えるのさ?

280 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:45:43 ID:KzAlLnen0
>>270
ザ・バカって感じで可哀相になってくるタイプだなぁ…
「知能」とは結局のところ記憶力やら性格やらも含めて処理能力を非常に曖昧に言った言葉でしかないのに
しかも慌ててるのか、アンカーミスしてるようにしか見えんしw
論語読みの論語知らずの用法もなんか違うなぁ

281 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:45:57 ID:GaGjxwlg0
天才でも所詮ねずみなんだよね。
こんな悲しいことはない。

282 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:46:16 ID:WEbn3sfQP
人間の場合高度だからな、求められる能力が違う以上優秀な遺伝子を選び出すってのは難しい。

たとえ学歴社会で優秀な人間だとしてそれがすべてにおいて優秀ってわけじゃないだろ?このラットは単にこの試験に対して強いラットに過ぎないよ。



283 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:46:41 ID:4eNQToAM0
技術パクリと起源主張のために韓国がアップを始めました

284 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:47:10 ID:ftKuJas30
>>267
をを、ますます1%の重要性が際立ってきたぞw
>>266
49

285 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:47:18 ID:ymawcZVS0
シルバイオー?

286 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:47:23 ID:z/xH+btq0
>>157
千葉県と東京の境目に、雄と雌が居るよハハッ

287 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:47:57 ID:iRTVrD0R0
天才ラットを生み出した東海大の学生は、
少しだけ残念な脳みそ。

288 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:48:15 ID:Cs3bmFzq0
>>280
だな
こいつは図書館に行く前に社会に出て
本に書いてない事を勉強した方がいいタイプだ

289 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:48:28 ID:KjqQXc+GO
>>272
>>228と含めて考えると遺伝と環境が関係しているという説が濃厚だと思う。
ただ、どの部分が遺伝と関係していてどの部分が環境に関係しているのかはわからない。
性格でも似たような結果になるらしいが、恐らく知能は性格の一つというのが正しい解釈なんじゃないかと思う。

290 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:48:58 ID:KzAlLnen0
>>272
そうやって「人種差別や人権蹂躙に繋がる『かもしれない』じゃないか」みたいな下らない話で
当然に考察されるべきことにフタをする姿はバカそのものだって色んな人が指摘してるのにw
どだい、人種差別というか区別はもっとなされるべきじゃん、今は妙な左巻き思考が跋扈しすぎだよ

291 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:49:46 ID:ugnwIclR0
>>274
幼児レベルでも美人を好むって結果あったような気がするし
何らかの普遍的な美を想定しないと
古代の美術の鑑賞は無理な気もするんだがなあ。



292 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:50:10 ID:oYEvGct3P
>>261
たしかに、自分が言ってる「優れた資質」は文明社会でしか役立
たない、通用しない資質だろう。文明社会の存続を前提とするなら
当然じゃないか。文明無き人類に何の意味があるの?

>>263
そw
現実そこまで期待しないというか、自分の言ってることが現実
で実行されることは無かろうけどね。

293 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:50:15 ID:FAXaYOMD0
>>235
この間のTHE世界遺産で、アルタミラ洞窟の壁画は一人の天才が描いたってやってたけど
人類は何万年も掛けて
突然天才が現れる→周囲に展開されるのサイクルで進化してきたんだと思う。

もしも、現時点でのお利口さんの遺伝子だけを集めても
天才がいなければ飛躍的な嵩上げは起きない気がする。

294 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:50:57 ID:yDwgE2kK0
キーワード:アルジャーノン
抽出レス数:9

ですよねー。

295 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:51:36 ID:WXI7Np/L0
>>274
平安美人の絵はデフォルメされてるだけであって
実際は浅田真央的な美人

296 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:51:46 ID:kqdWlg+s0
地雷処理にネズミを使ってるんだぜ!
この前テレビでみたでw

297 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:51:57 ID:KzAlLnen0
>>277
いや、あの人って基本的にバカなんだと思われw
たとえば「知能」って言葉があった場合に、それの字面しか見えず内実を考えようとできないタイプかと

298 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:52:34 ID:zQun59yT0
「美意識」と「性欲」という別の概念を混同してるのではなかろうか。
少し冷静になるべきだ。おちんぽ。

299 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:53:18 ID:KjqQXc+GO
>>279
確かある種の記憶障害者(短期記憶に障害がある)は知能指数はほとんど100(つまり平均)に近いという研究結果が出ていたような……。
ただ、学校の成績は悪いらしい。

300 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:53:23 ID:N2rOCEr+0
>>282
バカの特徴「文章をよく読まない」
>水の中を泳いでゴールを探す記憶力の実験などでも、一貫して好成績を出すという。

301 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:54:39 ID:IW58J/QK0
>>294
俺ももっとあると思ったんだがな

302 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:55:24 ID:ugnwIclR0
「美意識」と「性欲」は別だが。。。
性欲は刷り込みの話もあるからね。
先天的な部分と後天的な部分がある。
美意識もそうなんだろうか。。

303 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:55:25 ID:DNaIQe+f0
>273
否。ダウン症の遺伝子解明によって治療が行える余地がある。
科学や医学とは良識に基づいて行われるべきであって、それが無ければ単なる罪悪でしかない。

>275
違う。獲得形質(学力、体力、才能)は遺伝しないというのは常識。
2chでまかり通る極論(バカの論調)に惑わされないように。
必要であればNG登録するなり、2chから離れて図書館にでも脚を運んで勉強しよう。
そうすれば、極論バカの主張がどれ程的外れであるかを理解出来る筈。

>289
知能が性格か・・・う〜ん、少々懸念があるが、あながち間違ってもいないかもしれない。
何らかの能力、才能を有しているからといっても、それが有益であるとは限らないからね。

304 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:55:42 ID:ftKuJas30
>>291
あったなwそんな話>>291
けど、乳児レベルの想定する美人って多分、その女性の外見の
母としての適合性、を判別してるんじゃねーかな、って気はするが。
後、美術関連は
「スゲー」とは思うけど「エロエロやん」とは思わねーだろ?
絵画、特に裸婦像なんかにはそういう要素があった訳で(天使・マリアは
宗教画と言い訳するため、となw)
やっぱ「メス」としての美に普遍性はないと思うぞ。

305 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:56:44 ID:KzAlLnen0
>>294
でもここまでサリーもビリー・ミリガンも無し

>>299
知能指数って数字そのものが知能を計るにこれってどうなのよ?と疑問視されてるような代物だからなぁ

306 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:56:51 ID:yfwE3S330
>>291
でもさ、わざわざブスを絵に描いたり
像作ったりするやつもそうそういないと思うよ。
ってことは今現在残ってる美術品に表現された女、ってのは
当時の価値観からすると美人だった、ってことになるのが殆どじゃね?
あと人間ってのは本能的に「規則」を好むから
何らかの「規則」がある可能性はあるなぁ。

>>299
平均100程度じゃ記憶障害の埋め合わせになってないかとw

307 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:57:22 ID:u0UwQS3U0
人間の場合、生殖機能が確立するまでに12年、
効率的に天才を生み出す年齢が12とは限らんからそれも同時に実験していって。。。
途方もないな

308 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:57:44 ID:x3hhhEgW0
>>302
刷り込みなしのヒトのオスにマンコみせて勃起すれば
マンコこそ美 つまりゃエロス


309 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:58:36 ID:CKDFwKWU0
>>290
人間を区別していくと2chにうつつを抜かしているような連中は下層に落としこまれるぞw

310 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:59:11 ID:LBgQsWeV0
>>290
欧米だと優生思想=ナチって偏見が一般的だが、19世紀にはあの思想は
むしろ普通だったのな。マルクスもイギリスのインド植民地化を肯定していた
くらいだったし。

>>293
あの壁画を描いたのはアスペって説もあるな。

311 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 09:59:47 ID:gQaaiZoW0
>>282
他の種のテストでも好成績だから学習能力と記憶力は基本的に高い種なんじゃね
まあ訓練して能力開発してないとそこら辺のラットと同じなんだろうけど

学習能力と記憶力が高くても人間社会に限らずもしかしたらラット社会の中でも、序列は低いかもしれないなw

312 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:00:11 ID:x3hhhEgW0
>>303
ダウン症の遺伝子解明によって治療じゃなくて断種すんだよ、母親が。
ハラのガキを流すの。プチ優生学だよ。
人間、考えることはいつの時代でも同じジャネーノ


313 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:00:34 ID:ftKuJas30
>>306
中世辺では、貧乳=ステータス
だった時代もあるしなw今もとか言うな
>>295
それ知らんかったwソースあったら欲しいぞ
…まあ、彼女はカワイイと思うが、ゲンダイの普遍的美かと言われると
ヤッパリ美に歴史的な相違はあるとおもうんだ

314 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:03:06 ID:KzAlLnen0
>>303
>否。ダウン症の遺伝子解明によって治療が行える余地がある。
ない
ダウン症は染色体異常だから遺伝子解明とかイミフな話しないようにw
それに遺伝子治療だのができたとしたって、間違った設計図で組み上がった建物が土台から直るわけがないじゃん
ダウン症はしばしば心疾患も合併して生まれてくるけど、遺伝子治療したら心血管系の機械的欠陥が直るわけ?
言ってる内容がどれもこれもバカすぎるってw

ダウン症に関して研究するなら出生前診断をより早い段階で行えるようにすること、ダウン症になりやすい条件を見つけることだね
つまり、それらによって「ダウン症児が生まれてきにくくする」ことこそが最大の治療だよ
というより他に根治療法なんて存在しない

315 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:05:15 ID:HyoA1A1i0
>>303
ググったら単細胞生物は突然変異で獲得形質が遺伝するって出てきたけど

316 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:05:18 ID:IOb0OWlX0
賢さが遺伝するのは繁殖やったことある人なら常識だよね

人間もさあ…倫理がどうとか言ってないで優秀な子孫を選抜することをしていったほうがいいと思うんだよね…

血統書付きのペットいるだろ?
あれがめちゃんこ可愛いのは純血であることを基本として愛らしい容姿、そして何より性格がいいことを前提に交配が行われる
その上出来損ないはしっかり処分する。

そうして選ばれたペットを人間は飼ってるんだ…

人間も選抜して人工的に進化させたほうがいいよホントの話

317 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:05:34 ID:DNaIQe+f0
>307
12では社会的、同義的に非常に厳しい。
少なくとも人権が存在する社会においては色んな意味で不可能。
最低でも100世代程の実証実験を行う必要があるだろうが、それこそ2,000年は必要になる。
だからこそ証明不可能であり、それ基づき実証も不可能。何故なら観測不可能だから。

理系であれば誰でも理解出来る事だが、観測できない事象は証明不可能。


>310
ユダヤ人やロマ族はそのバックボーンから普通に劣等人種扱いだったし、哲学者のハイデッガーに至っては
人種差別主義者。あの時代は確実に○っていた。倫理も同義もありゃしない。

318 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:05:57 ID:8XqaF/HE0
ウイラードかアルジャーノンか?

319 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:06:02 ID:KzAlLnen0
>>309
おk
そろそろ仕事に戻るわw

>>310
ナチスにせよ何にせよ、過去の教訓として活かすべきではあっても
現在の基準や価値観で断罪するべき話ではないんだよね
断罪をしたがる奴は歴史を語る資格も科学を語る資格も持ち合わせてない人種

>>312
だよなぁ

320 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:06:50 ID:IAkh5Qi30
おまいらときたら頭が良い悪いの話となると本気だすよなw
例え馬鹿でも見方を変えれば良い部分ってアルジャネーノw

321 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:07:00 ID:oYEvGct3P
>>303
思い出したが、室伏広治の父である室伏重信は子供を優れた
ハンマー選手にしようという優生学的発想から奥さんを選んで
子作りしたそうだw
結果はご存知のとおり。運動選手の運動能力が遺伝的資質
に大きく影響されるのは議論するまでも無い。頭の中も同様
だろう。

322 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:07:06 ID:zQun59yT0
そして俺は貧乳ハンターだ。

323 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:07:15 ID:ugnwIclR0
>>304
ま、確かに種族を超えた普遍的な性欲の対象が
あったらまずいなw乱交だw
>>306
未知との遭遇じゃないが、、、
先天的な美意識と
後天的な美意識はあるような気がする。
異種族での共通美意識はわからないなあ。
アズマヤツクリとか鳥類は結構綺麗なものがすきそうだけど。
ユングとかの範囲なんかな〜

324 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:07:21 ID:WXI7Np/L0
>>313
ソースは無い
昔読んだトンデモ本みたいなやつ
けど納得は出来た

共通点はあるよ
口元が出ていないこと、肌がきれい、小鼻が広がっていない、えら張でない

325 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:09:03 ID:cPrpZBmJ0
とーとつですが
アルジャーノンに
はなたばをあげてやってください

326 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:09:07 ID:ZxcY+OPv0
>>19
SEXできて飢えなければいいだけなんだぜ

327 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:09:16 ID:nAt0FD9B0
DQNの親からは、DQNの子供しか生まれないと言う事か

328 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:11:04 ID:DNaIQe+f0
>315
突然変異を人為的に引き起こす事の、いろんな意味での是非は?
そこから考えないとね。

>320
その通り。

>321
有名アスリートの子女で、そこまで成功しなかった実例なんてそれこそ山のようにある。
サッカー、野球、ゴルフ、テニス。どれを挙げようか?
つまりはそういう事。一部の凡例、各論だけで通例、総論とすべきでは無いんだよ。

329 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:11:06 ID:OvTaBzZh0
そもそも人間において天才性の評価が難しいな。

飛び級で大学行くような天才児も二十歳過ぎればただの人どころか
ひきこもりニートとか結構ある話だし。




330 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:11:26 ID:mTVUwHrH0
>>327
それは違う。可能性が低いというだけ。だからどんなロクデナシでも子供に夢を託すのは十分合理的だ。

331 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:12:45 ID:AOORioO4P
人間に応用しろよ
ヒトラー歓喜だな

332 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:12:50 ID:WEbn3sfQP
優生学はダメだよ。優生学が正しいとされるにはその生き物のすべての能力が解明されなきゃダメだ。
出ないと本来その生き物から出てくるべき能力が出なくなってしまう。

333 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:13:28 ID:WM8i1US/P
>>52
デザイナーズベイビーの話
高知能の精子から生まれた子供は
結構な割合で高知能だけど
高知能は高知能なりに苦悩があるみたいで
結構精神を病んでる


334 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:13:43 ID:mScBm1Rb0
>>44
> だからさ、身分制度は理にかなってるんだよ。

アホ。
どうやって不良個体や不良系統を上位身分から排除するんだよ。

335 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:13:59 ID:aIU2+o4i0
これはスゴイ研究。30年。

336 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:14:06 ID:KzAlLnen0
>>328
おーいダウン症の話からは逃走かー?
そんなに差別イクナイって主義なんだったらダウン症児と結婚でもしなよw

337 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:14:47 ID:HyoA1A1i0
>>328
>獲得形質(学力、体力、才能)は遺伝しないというのは常識
って書いてることに関してのツッコミだっただけで、
是非とかそんな話してないんだけど

338 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:14:50 ID:N2rOCEr+0
>>303
ダウン症は、「受精時の染色体の混合ミス」から来る異常だから、
「遺伝子」治療じゃ治せんぞ。愚か者。

339 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:15:02 ID:ftKuJas30
>>328
ソコまで、ってのがポイントではあると思うぞ。
子長島子野村だって、「プロになってる」 
時点で、スゲーレベルの競争を勝ち抜いてきたってわけだ。
彼らは失敗例というよりは成功例だと思うぞ
娘アリとかもそーだな

340 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:15:38 ID:S8mt8blI0
>>25
優生学が間違ってるのは遺伝子工学、環境問題などを見れば明らかだろ
化石サヨクかお前は

341 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:16:09 ID:yfwE3S330
>>323
>>種族を超えた普遍的な性欲の対象

獣姦ですやんw

>>328
>>成功しなかった実例

成功のレベルが問題なだけだろ。
一般人と比較すれば能力高いやつが多い。

342 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:16:26 ID:qB8fs3vk0
実験とはいえちょっとなぁ

343 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:16:48 ID:WXI7Np/L0
ダライ・ラマは生まれ変わりを見つけるというが
詳細を読むと秀才家系含む優秀児を審査してるようなものだ
現ダライ・ラマが見つけ出される以前から兄らは村で秀才児で有名だったそうだ

344 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:16:50 ID:0jKyCUDF0
史上、稀に見るアルジャーノンスレと聞いて

345 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:16:58 ID:Cs3bmFzq0
2ちゃんねるで知ったかぶりでレスしてる奴が
他人に向かって図書館行って勉強しろとか書いてるの見ると
日本って平和な国だと感じる

346 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:17:12 ID:N2rOCEr+0
ああう、更新しないうちに、もっと詳しいレスが orz

347 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:17:40 ID:wCcGEnqd0
工作員の育成は順調のようだな

348 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:17:54 ID:DNaIQe+f0
>327>330
ミッシェル・オバマ大統領夫人がその典型だね。
彼女は俗にいう"ブラック・ハーレム"から這い上がってハーバード大学に進学した才媛。
ある意味においてライス国連大使以上の存在でもある。

>337
ごめんね。バカの相手をしたばかりだったから、少々気が立っていたのだと思う。
申し訳ない。私もまだまだだね。
ただ、突然変異によってでしか遺伝しないという事だから、それはキチンと理解したほうがいい。
あくまでもイレギュラーだから、基本的に獲得形質は遺伝しないんだよ。

349 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:18:00 ID:HyoA1A1i0
>>345
2ちゃんねるでしか知ったかぶり出来ないんだよ

350 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:18:46 ID:CKe8/RGY0
これ結局は生物(人間含め)は遺伝でほぼ決まるということだよな

ニートたちを正当化する実験になるぞ

351 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:19:02 ID:LBgQsWeV0
>>316
仮にそうやって人類を進化させたとしても、その進化した先の人類は、こんな知能
とかだけにこだわってたむかしの人類ってバカじゃねwwって嘲るだけだろうね。
大昔に、未来での蘇生を願って、脳や臓器を全部えぐり抜いてミイラにさせたファラ
オと違わねえじゃん。

352 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:19:26 ID:S8mt8blI0
300世代かけ合せた実験なかったっけ?
迷路をクリアする実験で、優秀なラットは普通より2倍以上の速度でクリアできるようになったとか

でも応用が全く利かないらしい
迷路を水で満たしたら優秀なラットは全滅、もっとも劣ったラットの集団が一番生存率高かったそうな

353 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:20:11 ID:/9X9Sqrt0
こいつ天才じゃなくてレバー押すのが上手いだけじゃねえの?

354 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:20:35 ID:KzAlLnen0
>>348
ねーねーダウン症を遺伝子解明して治療するって話はー?
気が立ってるのはバカの相手をしたからじゃなくて、自分がバカだと思い知らされたからでないのー?

355 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:20:48 ID:Cs3bmFzq0
ニュー速でこんなレスできるこいつは天才だと思う

198 名前: 画家(埼玉県)[] 投稿日:2010/07/28(水) 10:19:32.33 ID:rXeZLUfV
あほかレバー押すぐらい俺だってできるわ

356 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:21:07 ID:mTVUwHrH0
>>303
否。ダウン症の遺伝子解明によって治療が行える余地がある。
科学や医学とは良識に基づいて行われるべきであって、それが無ければ単なる罪悪でしかない。

良識が大事だっていうのはその通り。よって良識を持って優生学を研究すればいいと思う。

357 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:21:22 ID:ugnwIclR0
>>352
そうそうソレ。行動を捕捉されやすいからね。
ランダム変数なラットのほうが全滅しにくい。
騙され易く従順化してるだけかもしれんw

358 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:21:23 ID:Ftolsg9m0
リアルアルジャーノン

359 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:21:28 ID:l0UrBC180
そういや寿命の長いハエを掛け合わせていって個体の寿命を伸ばす
不老不死の研究していた人どうなったかなあ

360 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:21:50 ID:WXI7Np/L0
理系秀才男の子どもに自閉症児が格段に多いらしい
自閉症は男脳が行き過ぎた結果
紙一重

361 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:22:34 ID:EcIn1413Q
ここまでコーディネーター0

362 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:22:36 ID:oYEvGct3P
>>328
優れた選手の「製造」を目的として奥さんを選んだ初代の
例なんて山のようにあるとは思えませんが?
先天的要素をまったく排除するか省みないあなたの姿勢は
きわめて政治的w

363 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:22:50 ID:VDtvtFQy0
>>352
つまり、汎用性が大事ってことかね?
一種のパターン特化した奴は環境の変化に対応できないと。

364 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:23:36 ID:Ftolsg9m0
>子どももほぼ例外なく、「天才」なので、
この結果でわかる悲しいことは
「馬鹿は努力しても馬鹿」

365 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:23:54 ID:WM8i1US/P
>>352
なんか55年体制の護送船団方式の時は
官僚に任せれば上手く行ってたけど
時代が変化したら官僚頼みじゃ上手く行かない話に似てるなw

366 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:24:38 ID:tRtXq66l0
【レス抽出】
キーワード:アルジャーノン
抽出レス数:14

367 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:25:12 ID:KzAlLnen0
ID:DNaIQe+f0は韓国人かなんかなんじゃね
あれほど、各国の研究機関から医学的にダメ出しされてる民族も他にあんまないしw
そういう立場なら、いきおい先天的な能力の差異に憎悪も抱きそうだし

368 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:25:48 ID:ugnwIclR0
少なくとも心理学者に教育されちゃいやすい能力ってのは
知能の一部分なんだろね。
そうした学習能力は必要なのだろうが。

369 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:26:08 ID:y5yb1Fn/0
賢い人と賢い人の子が頭いいなら
賢くない人同士の子は頭悪くなるって事なんだね
努力とか馬鹿らしくなるな

370 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:26:58 ID:LBgQsWeV0
>>330
問題なのは、どうやって夢を託すのかってことだな。
加藤の母親みたいに、やり方が不適切だと凶悪犯罪者が量産されかねん。
そうでなくとも、躾と言ってガキを凹凹にするバカ親はあとを絶たん。

371 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:27:33 ID:WM8i1US/P
賢くないのに努力できる人は凄いと思う
やってもやっても結果でないんだろ?
そういう才能は何かに役立ちそう

372 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:28:09 ID:WXI7Np/L0
>>370
加藤は発達障害系だったぽい

373 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:28:53 ID:Qg/H2eLT0
>>1
フィクションの世界では、並を天才にする薬品を探す。
現時の世界では、天才をバカにする薬品を探す。

なんとも切ない話だ。


374 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:29:10 ID:VDtvtFQy0
>>369
厳しいがそういうことだなw

375 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:29:16 ID:z9M+/OAt0
いや、俺の知ってる教授の
母親は娼婦、父親は紐遊び人、
東大受かっても知らんぷり、教授になっても知らんふり。
人は遺伝だけで決まるなんてぇことを言ったら怒り出すぞ。
ただし、その教授は気狂いみたいな目つき動作してるから近寄り難い。


376 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:29:23 ID:DNaIQe+f0
>339>362
う〜ん?サッカーのヨハン・クライフの息子もオランダ代表にはなったが、とてもではないが父親程ではなく、
ペレの息子もサッカー選手(GK)になったが、決して成功したとまではいえない。
逆にジーコのように、仕立て屋(クリーニング屋だったかな?)の息子でありながら、修練によってあそこまで
の選手となった実例もある。
むしろ、幼少時より練習インフラが整っていた事、つまりは後天的要因のほうが遥かに大きいと思う。

>356
良識的な優生学って?その発想が行き着く先は結局遺伝子操作だよ。

>363
むしろ多様性だね。だからこそDNAはあそこまで複雑なのだから。
特定の疾患に強い体質が、必ずしも疾患それ自体に抵抗力を有しているとは限らないからね。

377 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:30:33 ID:TH+vNrN/0
将来は過去の種の枝分かれと同じように
頭のいい種と悪い種とに分かれて交配が出来なくなるだろう
って言ってる学者もいるけど
隔離された環境が無くなった現代でもそういうの起こるのかな

378 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:31:00 ID:ROHVGFfn0
チャーリーは用意済みですか?

379 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:31:05 ID:+MKQ9uXh0
>>375
両親はまともな教育受けてないだけで、元々頭良かったんじゃねえか?

380 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:31:37 ID:Z30xcPUM0
「一方ドイツではタコを使った」

381 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:31:49 ID:z9M+/OAt0
シンガポールで大卒の女は大卒以上の男としか結婚してはいけない
という法律なかったっけ?国会で審議されただけかもしれないが。

382 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:31:58 ID:0bQKg2nK0
>>380
マリネにしてしまえ

383 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:32:57 ID:ugnwIclR0
タコは無脊椎動物の頂点。人類の後釜だよ多分w

384 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:33:15 ID:WXI7Np/L0
子どもをみる仕事してたけど
5歳児で数学的ひらめきが鋭い男の子がいて驚きの連続だった
けれどどうしても箸が持てずウドンを手でしか食べられない
自分でボタンがかけられない、脱ぎ着が遅い

勉強的な事を嫌がり覚えも悪い女の子は逆で生活上はかなり優れていた
紙の上で足し算教えてもなかなか進まないのに
お菓子を皆に配れというと一瞬のうちに割り算が出来ていた

385 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:33:21 ID:Cs3bmFzq0
このスレでわかった事

図書館行ってお勉強(笑)すると
失敗した時になんの対処もできず
都合の悪いレスからは逃避する人間になります

386 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:33:48 ID:E6qOg5rNP
俺ユースケ・サンタマリアの知障演技には一目おいてるぜ

387 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:33:48 ID:AxePwVbI0
この天才ラットと通常のラットを比べれば
賢さの要因となる遺伝子が判るんじゃないの?

人間に応用できるならとても良い事だと思うけど。

388 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:33:48 ID:2XbzFU1F0
天才を見ても少し驚くぐらいだけど、
本物のバカを見ると愕然とするな。

389 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:34:06 ID:ismefkz20
競馬なんかでも血統が大事だしな。

人間でも、厳密な選別は無理だが社会的に「高学歴は高学歴と結婚する」などで
ゆっくりと選別が進んでいる。
っていうか、「新しい天地を求めて移動した」変わり者たちの子孫が俺たち。
「好奇心」に関する遺伝子は既に人間で見つかっているしね。

390 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:34:19 ID:yNThYxS60
数学ができる引きこもりと大人の社会で会話できるきゃば嬢じゃどちらが知能が高いと言えるの?

391 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:34:25 ID:S8mt8blI0
右も左も優生学にかぶれた不幸な時代があった
しかし、遺伝子工学でそれまで全く価値が無いと思われてた遺伝子が実は重要な役割を果たしてるのが明らかになったり
なぜ存在するのかわからない伝統文化を片っ端から叩き潰してたら数千万人の死につながったり

「意味がわからないものに存在価値はない」
「能力があるかないかわからない者は殺しても構わない」
そんな優生学は、科学の発展と多くの犠牲によって完全に否定されたわけだ


392 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:35:20 ID:mTVUwHrH0
>>376
遺伝子に介入するのは今流行りの再生医療には不可欠。
優生学も遺伝子治療も「より幸福を増やすため」という目的が根本にあってベクトルは同じ。
優生学は駄目だ駄目だではなくてそれの暴走を防ぐための枠組み作りこそ重要。
ちょうど核の取り扱いに決まり事を作ったみたいに。

393 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:35:26 ID:ROHVGFfn0
>>390
知能だけなら前者

394 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:36:00 ID:DNaIQe+f0
>369>371
努力それ自体が才能。それこそ誇るべきことだよ。

>377
階層の断絶であれば、確かに生じている。アメリカの要塞町がそう。
だからといって要塞町の住人が高い知性を有しているとは限らず、オバマ夫人のような例もある。
その学者の説は極論に過ぎない。

>390
両方。

395 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:36:08 ID:jD/gmWTMP
天才もいいけど
DQN同士を掛け合わせ続けた究極のDQNが見てみたい。

396 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:37:05 ID:yfwE3S330
>>395
つ鯉ヘルペス

397 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:37:14 ID:dRY2nI+P0
かわいそうだ

398 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:37:36 ID:x3hhhEgW0
しかし人社会じゃ
周りのレベルも上がらないと天才の偉業は認められないし、
そもそもそういう社会不適合に近い天才を養うだけの社会的土壌・基盤もないだろうし、
ジンバブエで数学の天才が生まれてもすぐに死ぬだけだろうし理解されないし、
まぁ、社会や世間を見りゃ世間のレベルも上がらないと天才は発現できないよ

で、この研究で不思議なのは
なんで自然界にこういう天才ラットがいないかっちゅーこった
天才って不自然な状況でしか生まれないし生きられないんじゃね?


399 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:38:00 ID:z+FSHPCQ0
平等じゃないよなぁ人間もw

400 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:38:26 ID:WM8i1US/P
>>375
その職業が
父と母の知能が低い証明にはならんだろ
今の時代でも高学歴AV女優ぐらい居るわけだし

401 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:38:34 ID:KzAlLnen0
>良識的な優生学って?その発想が行き着く先は結局遺伝子操作だよ。
遺伝子操作の何がいけないっていうんだろう?

>否。ダウン症の遺伝子解明によって治療が行える余地がある。
ダウン症は染色体異常だから遺伝子治療はNGだよっていうのは何人もが言ってるけどw
遺伝子治療の適応になるような疾病だって、遺伝子治療とは要するに遺伝子操作なんだけどね
でも遺伝子操作はいけないと言う、一体どっちなんだかw

図書館で本を読むとこういうHバカになるわけなのかー

402 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:39:22 ID:MKSr5QsY0
アルジャーノンに花束を

403 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:40:22 ID:IAkh5Qi30
ソウルの天才、レイ・チャールズとレイレッツのボーカル、マージー・ヘンドリックスの間に子供がいるが
ヒットを飛ばしたって聞いた事ない。あと、ジョン・レノンの子供、ショーンも親の七光りでロック界入りしたが
泣かず飛ばずだった気がする。ショーンの場合、オノ・ヨーコの劣性遺伝子が混ざったのが悪かったのか

404 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:40:28 ID:mkpmmksP0
ガンダムSEEDのコーディネーターの設定見て、遺伝子操作で
身体能力は上げられても知能レベルは無理だろ、と思ってたが
出来ないことじゃ無いのかな

405 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:40:44 ID:yNThYxS60
引きこもりよりきゃばじょうの方が子供うむ確率は高いということは、自然はそういう能力を求めてないんじゃねー

406 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:41:02 ID:DNaIQe+f0
>392
ああ、済まない。そういう事か。
ではもう少し正確に述べるが、後天的疾患の治療に関しての遺伝子操作は可。
先天的疾患の予防を目的とした遺伝子操作は不可。
これが私の考え。

>398
ほぼ100%有り得ない条件下でなければ成立しないのでは、とても人間への応用は不可能だね。

407 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:41:07 ID:ismefkz20
>>398
今いる生物たちは多くが「天才」の結果だよ。
早く走れる逃げの天才、鋭い牙や強い力をもつ闘いの天才、より美しく異性を引き付ける天才…等など
知能の方でも、アメーバから始まって「巣を作れる」などの知能を獲得するにいたった。


408 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:41:09 ID:rlbVw7Qn0
>>390
前者に決まってるだろ
嬢がノーベル賞取れるのかよ

409 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:41:23 ID:0bQKg2nK0
>>401
東方厨かよw

410 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:41:50 ID:KzAlLnen0
>>391
それは単に技術水準が未熟だったってだけの話であって、優生学の目指さんとするところは間違ってはないと思うよ
ただし慎重になる必要はあるけど

411 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:42:10 ID:xHLh5Hzg0
「ポケットナイト」のムラマサまでは、まだ何十年か、かかりそうだな

412 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:42:25 ID:LmqB8Ikj0
人間にも言えるのかもね、遺伝的な知能差
蛙の子は蛙
DQNの子はDQN
ナマポの子はナマポ

浄化が必要じゃないだろうか

413 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:43:23 ID:ftKuJas30
>>376
努力だけ、後天的環境だけで「プロ」特に
ナショナルチームに入るようなトッププロにはなれねえよ。
というか、例えば
背の高さが遺伝するなら、スポーツの才能は、少なくとも背の高い方が有利に
なる競技においては既に遺伝している
ワケでね。頑なに遺伝要素を否定する意味は分からんなあ

414 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:43:27 ID:LBgQsWeV0
>>392
優生学が果たしてそんなに役に立つのか?ってところがあるし。
ごく限られた難病奇病の早期発見対処ってくらいじゃね?

415 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:43:28 ID:WM8i1US/P
優生学に被れて
子供に変な名前つけた
ノーベル賞の人いたな
だれだったっけか

416 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:43:43 ID:dWAiVKtv0
遺伝子操作しても、完全にうまくいくわけないよね。
機械じゃないんだから、誤差は絶対に出る。
操作を受けた中でまた差が出るんだろうね。

417 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:44:31 ID:yUKaMyvh0
ちょっと、時間掛かりすぎだろう。
間違いなく、途中で鳩山みたいなのが間違って何回か入って、
振り出しというかマイナスに戻してるだろう。
鳩山が入ってなかったら、15世代ぐらいでいけたんじゃないか。

418 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:44:38 ID:VDtvtFQy0
>>391
まだまだ、未知数なものがあるのに、途中まで解析して解った気になってる
頭でっかちな記憶馬鹿は何も知らない馬鹿より始末が悪いということかね?
生兵法は怪我の基とか。

419 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:45:14 ID:sqDgtxh40
そんな、近親相姦的に掛け合わせて
奇形が出来たりしないのかな

420 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:45:51 ID:l0UrBC180
>>389
競争の結果で楽園を追われた者たちの子孫、だろ
心地よい水の中にいられなくなって仕方なく両生類になった負け組み
心地よい水辺に入られなくなって内陸に追いやられた負け組み
食べ物の豊富な森林を追われて地上に降りて二足歩行を始めた負け組み
その負け組みの中からかろうじて生き残れるだけの能力があった者の子孫
それが俺たち

421 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:46:03 ID:KzAlLnen0
>>406
遺伝子治療の適応になる疾患ってほとんどが先天性のものなんですが…
後天的な、たとえば生活習慣病への再生医療だといじるのは細胞の脱分化とかそっち方面だよ?
図書館で勉強するとそーなるのかー

>>409
サーセンwww

422 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:46:10 ID:6ye+SIJW0
学習能力は遺伝する

ゲームの才能は訓練より「天性」:研究結果
http://wiredvision.jp/news/201003/2010032521.html

423 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:46:28 ID:dWAiVKtv0
>>419
体は弱くなったりするけど、飛びぬけたのが生まれたりする。
人間でもあるよね・・・

424 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:46:47 ID:OvTaBzZh0
>>404
知能なんて構成要素と評価基準が複雑すぎてわからないことだらけだからな。

例えば、一口に記憶力といったところで、映像を記憶する能力と
音を記憶する能力、文字を記憶する能力が同じものかもわからない。

425 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:46:55 ID:ftKuJas30
>>400
ああ、いたなw
東京大学(医‐医)-入学は理2
こんなプロフィールの人w

426 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:47:24 ID:oYEvGct3P
>>403
流行音楽はちょっと違う気がする。レイチャールズやジョン・レノンの
クローンで同じ音楽的素養を持っていてもオリジナルと同様の成功を
現代で収めるかと言えば難しいだろう。時代状況が大きく影響する
分野だから。クラッシクならいけるかもね。

427 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:47:29 ID:S8mt8blI0
>>363
両方大事ってのが現代の結論じゃないかね
汎用性の高い普通の集団が「幹」で、特化した能力を持った集団は「枝」と考えるとわかりやすいかも

野球で日本が強いのは、結局は野球人口が多いから
欧米に比べて天才が少ない日本が張り合えてるのは、画一的な教育の水準が高いから
底辺が巨大なほど頂点は高くなる

428 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:47:32 ID:NzWa4sL+0
ラットルへんっし(ry

429 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:47:47 ID:lTNMPLlQ0
動物虐待だろこれ

430 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:48:21 ID:UX4rWUZ80
>>58
韓国にはまず感謝という概念を贈らないと駄目だな。

431 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:48:24 ID:WXI7Np/L0
>>420
安穏な環境だと生物は進化しない
日本人が優れているのは台風地震が最多な地域だから

432 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:48:33 ID:LBgQsWeV0
>>415
eugeneか?あっちじゃ普通の名前なんじゃね?

433 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:48:40 ID:fnCElP1n0
>>398
>なんで自然界にこういう天才ラットがいないかっちゅーこった
自然界に天才ラットが生まれても、周囲のラットはそれが天才ラットだと理解出来ないだろうし
自然界に天才ラットが存在しても、人間がそれが天才ラットだと観測する事も出来ない
つまり自然界に天才ラットがいても誰にもわからないだけであって、生まれていないとは限らない

434 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:49:13 ID:WM8i1US/P
B地区の人は結婚差別された結果
近親で交わる事が多くなったので
稀に天才が生まれるみたいだな

ウチの近くのB地区から
官僚になった人がいる
めちゃくちゃ頭よかったらしい

435 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:49:30 ID:x3hhhEgW0
>>419
そもそもインセストで奇形っていうのを確かめたソースとかはあんの?
単に後ろめたいから美人薄命効果で記憶されてるだけじゃね?
美人が死ねば記憶に残るけどブスが死んでもだれも覚えてない、
普通のセックスで奇形が生まれたらすぐに忘れられるけど、
近親セックスで奇形が出来たらそれが強く印象づけられる、とか


436 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:50:01 ID:WsxROGqu0
>>54
おまえだけだぞw

437 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:50:02 ID:DNaIQe+f0
>403
劣勢遺伝子なんて無いんだよ。
特定の条件下で不利になるからといって、別の条件下でも不利という事はない。
そもそも、イレギュラーが生じない限りにおいて獲得形質は遺伝しない。

>409
東方厨って何?

>413
いや、全面的な肯定をしていないだけであって、全否定はしていない。
ただ、極論に至ってはならないというのが私の考え。
多分バスケットボールを指しているのだとは思うが、200cmの選手が必ずしも185cmの選手より
優れているとは限らない。スラムダンクという漫画の魚住というキャラクターの事は分かる?

438 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:50:38 ID:YOoGu1xE0
でも体が弱いとか

439 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:50:37 ID:5qds2JNh0
本物のアルジャーノンキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!

チャーリイマダー?(・∀・)っ/凵⌒☆チンチン

440 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:50:38 ID:OD97e22x0
画像を見ると、ラットの顔も賢そうだし、仕草も上品だ・・
うちのネズミ捕りにかかっているネズミとは、段違いだわ。

441 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:50:47 ID:LFbn71NC0
これ対象が人間だとタブーだよな
DQNの掛け合わせの餓鬼はDQNなのは科学的に証明されなくても間違いないのに
ソース俺

442 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:51:01 ID:IAkh5Qi30
>>426
そうかな。時代のニーズに応えて音楽作りが出来てたレイの場合はどうなるの?
やっぱり30年くらい掛けないと人間も駄目か。人間の場合はラットと違って寿命が長いから
30年じゃ足りないか

443 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:51:20 ID:dWAiVKtv0
>>434
うちの近くにもいたけど、すごい極端だったよ。
天才かバカの2択しかいなかったような。。

444 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:52:02 ID:KzAlLnen0
>>431
おまけに国土の大半が山ばっか、さらに平地でも保肥性最悪な痩せた土壌鉱物しかない痩せた土質で
土地によっては地盤そのものが脆くて梅雨のたんびに土砂崩れしまくり

よく生きてるな俺ら…

445 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:52:40 ID:Xft/Hodf0
確かに優秀な人間同士で掛け合わせれば、優秀な人間ができるのかもね。

ただ、人間の場合、優秀な人間が必ずしも優秀なパートナーを得るとは限らないからね。

446 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:53:22 ID:AcSV0oxv0
藤子Fが生きてたら、これを元ネタに何か面白い作品描いただろうなあ

447 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:53:24 ID:ftKuJas30
>>437
反証が漫画かよw
バスケ?バレーだってそうだな。相撲も身長の「足切り」が存在する
野球選手だって「チビ」では確実に不利になる
極論はドッチかっつーとアンタの方だよ

448 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:54:18 ID:LBgQsWeV0
>>441
DQNのわりにはPCも操作できてるし日本語も話せてるじゃん。

449 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:54:45 ID:c56hpkhj0
天才が出世するかと言えば、そうでも無い。
ヨイショや協調性が高い方が有利。

有利な物の遺伝子が広まっていくのが自然界だからな。

450 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:55:14 ID:IAkh5Qi30
>>441
おまいは俺かw

451 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:55:22 ID:mTVUwHrH0
>>414
優生学そのものではないけど優生学的思考は役に立ってるよ。
例えば精子バンクを利用するとき、IQの高い人を選ぶ人多いと思うよ。
これは優生学的な思考が判断材料として使われてるいい例だと思う。
どうせ判断材料としてつかわれるなら、より詳細に研究した方が
より正しい判断材料となるだろう。

452 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:55:23 ID:KzAlLnen0
>>437
劣性遺伝の意味すら知らないわけかw
しかも字間違えてるし

よくいるけど、何かの条件において不利だから劣性、とでも勘違いしてるタイプだなー
しかも図書館に行って勉強してきたのがスラムダンクwww

453 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:55:47 ID:WM8i1US/P
>>433
鳩山の誤算はそれだなw

>>455
IQが20離れると意思疎通が困難
高IQは童貞率が高い

なんかこういう結果からイマイチ天才が増えない理由が見出せるかも

454 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:56:15 ID:dWAiVKtv0
95世代掛け合わせた、究極のDQNを見てみたい・・・

455 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:56:54 ID:Im6tLlXG0
またしても 劣性遺伝子の言葉の意味を間違えている人が

456 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:58:05 ID:WM8i1US/P
陰性 陽性もどっちがどっちかわからなくなる

457 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:58:15 ID:DeBfpl4D0
ぜったいアルジャーノンだとおもってよってみました。

2chも 捨てたもんじゃないよな。こういうのが、巨大掲示板のまじめなメリットなんだよな。

458 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:58:41 ID:Cs3bmFzq0
隔世遺伝を覚醒遺伝と思ってた奴は正直に手をあげるがいい

459 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:58:53 ID:XOGyeorL0
人が他の動物より賢い時点で、
知能が遺伝するなんて事は分っちゃいた事だが、
同種でもここまで歴然としたデータが出ると色々と考えさせられるな
人も知能が高い者同士掛け合わせた方が人類の為なのかもしれんね

460 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:59:23 ID:VDtvtFQy0
>>455
遺伝し難い遺伝子のことでしょ?

461 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 10:59:24 ID:IAkh5Qi30
>>449
ツーチャンの場合だと幾ら良いレス打っても空気読めないヤツは叩かれるしな〜
ラットの場合と人間とを比較するのが無理なんだろうと思う。しかし考えるヒントではあるってところジャーネーノ?

462 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:00:39 ID:ftKuJas30
>>459
バイオロイドの時代がガガガがが

463 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:01:22 ID:nBPjqJwt0
スレをざっと読んだけど
群の話と個の話がごっちゃになっててなんだかとっても情けないな。
これが一般クオリティなんだな。

464 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:01:35 ID:Xft/Hodf0
>>398
今言う天才というのも、ある条件でのローカルミニマムに陥った状態と考えた方が良いと思う。

世の中にはいろんな状況が起こりうるわけで、そういう状況をトータルで見たとき、種全体で生き抜くにはノイズとなる個体も必要となる。

465 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:01:42 ID:WM8i1US/P
IQ大国アメリカだと
(成功の定義をどうしたかはしらんが)
一番成功するIQは120だそうだ
高すぎても低すぎてもダメと言う事だな
あと性質としては我慢の出来る人と言うのが
マシュマロテストとその追跡調査からわかっている

466 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:02:33 ID:ugnwIclR0
我慢できても高IQでも親がDQNだとダメなんだな〜

467 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:02:49 ID:N2rOCEr+0
とりあえず、「知能」は、不足してる「機能」を万能に補える(限界はあるけども)ので、
「○○へ特化しただけだろ」という指摘は的外れの極みです。

468 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:02:51 ID:fPJjp/cS0
やっぱり


















知能って遺伝なんだなwww


親がアホだと子供もアホ

469 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:03:00 ID:mTVUwHrH0
>>463
個と群の話をごっちゃにしてるのは君もじゃないの?

470 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:03:01 ID:5+KCGm8a0
遺伝したときに発現しにくい形質が劣勢遺伝だぞww
ID:DNaIQe+f0は大丈夫か?
あれか?レスもらったらお金もらえるバイトっすか?
自分勉強しましたって感じがにじみ出てるけどアホなのがバレバレで見苦しいぞ
しかも持ってくる例が漫画とかwww
せめてW杯の本田が1トップで長身の選手にも競り負けしなかったぐらい現実の例だそうぜ

471 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:03:04 ID:WXI7Np/L0
>>465
EQってやつじゃない

472 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:04:03 ID:DNaIQe+f0
>422
あのね、天性と遺伝は本質的に異なるんだよ。

>427
その通り。

>447>470
マラドーナの身長は何cmなんだい?野球や相撲だけがスポーツではないんだよ。
それまでは身体的に大きな選手のほうがサッカーは有利だと考えられていたが、マラドーナによって
その定説は完全に否定された。

ちなみにマラドーナの父親はスラムで極貧の生活を送っていた。これも遺伝的要素が絶対では無い
という証左となり得る。

473 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:04:28 ID:ftKuJas30
>>465
120ってかなりのレベルの天才なような…

474 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:04:44 ID:IAkh5Qi30
DQNな俺でもウイグル地区に生まれなくてヨカッタと思うョ、親に感謝してるー

475 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:05:00 ID:aHr28bJd0
>>398

自然界じゃ賢さだけが価値じゃないから。
体力と代謝効率。

476 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:05:23 ID:XOGyeorL0
既にアメリカ、ロシア、中国はあたりは知能で区切ってる学校もあるからな
特にアメリカは堂々とやってる
アメリカのそういう所がアメリカが強くなる理由だわ

477 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:06:08 ID:IL7ZO2520
>>444
水さえあればナントカなる

478 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:06:38 ID:HNUYe2k40
>>472
有名になってもクスリやるのは遺伝じゃね?w

479 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:07:04 ID:BNzFPw9c0
>>476
逆に日本は日教組が順位つけちゃダメなんて言っているもんな…

480 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:07:09 ID:WM8i1US/P
>>473
そうでもない
10人に一人レベル


481 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:07:12 ID:LBgQsWeV0
>>451
イザドラ・ダンカンって有名な舞踏家がバーナード・ショーって劇作家に、
あなたの才能と私の美貌を持った子供を作りましょうって結婚を申し込んだら、
俺の醜貌とあんたの知能をもった子どもができたらどうする?って断ったって
逸話があってだな。

482 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:07:13 ID:y0njj+wv0
俺は東海大卒で、東北大学卒の女に「東海大はバカばっか」と言われた。
そりゃ東北大学は一流大学なんだろうけどさすがにムカっときた。

483 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:07:13 ID:aHr28bJd0
>>146

だからIQ137の俺は鳴かず飛ばずなんだな。

484 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:07:18 ID:pQLlEmSm0
劣性遺伝の意味を理解できないID:DNaIQe+f0の遺伝子は未来に残すべきじゃないな

>>454
人類が滅亡するレベルだろそれ・・・


485 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:07:42 ID:jEojTLFt0
結局記憶を形成されやすくなるってぐらいでしょ?
生物学的には価値のある結果だけど、「昔 神童、大人になったら普通の人」なんてよく聞く話。

486 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:08:30 ID:N2rOCEr+0
>>444
まぁ、外国人が日本を占領しても、
この高温多湿で地震と台風の強襲する土地にはまともな人間を住まわせまいよ。

487 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:08:41 ID:WXI7Np/L0
人の顔を覚えられる
人の表情を読む
言外の意味を汲む
現状で何が最優先課題か判断できる
つまり空気が読める能力

頭が良くてもこれがないと生き残れない

488 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:08:45 ID:IAkh5Qi30
>>481
それ知ってる。けど何の本で読んだのかは思い出せない

489 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:09:14 ID:JqV8UInk0
これはネズミの反乱が予想される

490 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:09:37 ID:NAmdVhU90
>>465
「大賢は大愚に似たり」ってー言葉もあるけど、賢すぎると
一般人からすると理解不能な存在になるからなあ。
IQが20以上違うと、意思疎通がしにくいんだっけか?
とすると、120ってのは、一般人と齟齬なく意思疎通ができる中で
最高値、ってことになるから、なんか納得だな。


491 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:09:45 ID:XOGyeorL0
日本はIQ130とかの奴が普通にニートやってるからなぁ

492 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:09:48 ID:ftKuJas30
>>469
このレスにはチョット感動した…
お前スゲーな
>>472
何いってんだ?かなーり的外れだぞw
背の高さが遺伝するなら、「高いほうが有利に成るスポーツにおける」才能は遺伝する
って言ってるわけw影響しないスポーツの話は意味が全くない。
そして…
サッカーでも一部の例外は有るが、大型選手(特にDF)が求められ続けているわけだが

>>480
えwそんなもんか…なら、中学校学年1桁台には120クラスはゴロゴロ居るわけだ

493 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:11:59 ID:U+uoGf7n0
天才ねずみといえばパリのレストランで料理だろ。

494 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:12:19 ID:pQLlEmSm0
>>492
成績上位が必ずしもIQが高いとは限らないけどな
まぁ120程度は結構居る

495 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:12:25 ID:yfwE3S330
>>472
サッカーなんてまだ身長よりテクニックの問題じゃん。
大体マラドーナは166cmもあるじゃん。
150cmぐらいでそのレベルのサッカーや
バスケットボールの選手なんているか?

496 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:12:28 ID:WM8i1US/P
>>490
個人的には政治家たちのIQが知りたいw
国民に人気のある政治家と
政治家が推す政治家に違いがあるのは
IQ20の幅と言うのが関係してるのではと思ってる

497 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:13:00 ID:IAkh5Qi30
>>487
つまり人間同士で優劣を競う場合、頭の良いヤツが勝つんじゃなくてズルイ奴が勝つっていう話だなw

498 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:13:01 ID:ZszDh1wW0
宮崎牛なんて最たるもんじゃないかwwwwwwwwwww

499 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:13:17 ID:KzAlLnen0
>>458
種割れってやつか…

>>460
いんや、例えば両親がそれぞれ優性のと劣性の持ってたら子にはどっちも遺伝はしてる
だけど形質として発現しやすいのが優性のほう
ちなみに優れてるとか劣ってるって意味合いは全くないです><

500 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:13:39 ID:TH+vNrN/0
>>子どももほぼ例外なく、「天才」
子孫がある一定の範囲に偏るってのは
猿となんたら原人の分離の始まりのような状態なんだろうか
ところでこのラットをさらに延々掛け合わせてるとどうなるんだろ
話し始めるのか?

501 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:14:06 ID:knqT2Iba0
IQテストって、パズル好きだったら高くなるよね?
自分でも140くらい出ていた。

502 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:14:12 ID:aHr28bJd0
>>472

天才天才つってるけど、所詮人間がつくったスポーツにたまたま適した身体能力が偶然備わってただけ。
人間として優れてるんじゃなくって、たまたま身体機能に合致したスポーツがあっただけのこと。


503 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:14:20 ID:l0UrBC180
>>496
知能関係あるか?
マスコミ受けの良い悪い
金回りの良い悪いの違いだろうw

504 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:14:26 ID:gOoM5JF20
あのな、30年で95世代と言うことは
安定してきた20年目には60世代くらい重ねてんだよ
人種で差が出ても国内で差が出る程じゃないだろうよ

505 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:14:30 ID:pQLlEmSm0
一重まぶたが優勢遺伝、二重は劣性って話だったか

506 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:14:56 ID:XOGyeorL0
>>487
天才に凡人の道理を押しつけようとするから、どんどん日本は衰退するんだよ
不効率極まりない

507 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:15:15 ID:Gv8HZdiU0
背が高いことは要素の一つであって、絶対的にそのスポーツの才能ではない。

508 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:15:53 ID:VDtvtFQy0
>>499
なるほど、遺伝はするのか。
間違って覚えてたわ。

509 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:16:38 ID:nq2BhOry0
>>435
> そもそもインセストで奇形っていうのを確かめたソースとかはあんの?

近親交配で奇形が多くなるのは家畜の繁殖家の間では常識だったし、
ヨーロッパの王族に遺伝病が多いこともよく知られている。

なぜそうなるかは、DNAの二重螺旋が発見されたときに結論が出ている。


510 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:16:39 ID:6WybP2Qe0
IQなんて意味なさそうだが、天才の子は天才の可能性高いんだな。

高学歴ニートの俺も結婚するかぁ。


511 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:16:51 ID:gOoM5JF20
>>487
それが出来るのは頭が良いって事なんだけどな
文系、理系 頭の使い方が違うだけ

512 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:17:08 ID:LBgQsWeV0
>>503
小泉進次郎とか見る限りはハッタリの能力が一番必要なんだろうな。

513 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:17:21 ID:HNUYe2k40
>>508
だとしたら、遺伝子情報あふれかえるんじゃね?w


514 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:17:55 ID:KzAlLnen0
>>465
バーニィだっけ、ボルジャーノンの
あいつも知能が高くなりすぎて周りの教授とかとも意思疎通困難になってたもんな

>>477
香川県民なんかまさにそれを体現してるよな…

515 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:18:53 ID:dyhLMRw20
念のため100%失敗するバカネズミも作っておけ。
そして天才マウスどもが人類を支配しそうになったら投入する。

516 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:19:37 ID:gOoM5JF20
>>515
DQNネズミかよ

517 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:20:09 ID:l0UrBC180
>>513
両親から受け継ぐっても
その実は両親の両親
つまり爺さん婆さんから受け継ぐんだよ

518 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:20:15 ID:ugnwIclR0
色っぽくて頭悪い奴なw

519 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:21:01 ID:tBPGj/YC0
例 母親一重 父親二重

こういう親の子供は一重で生まれてきても大人になると二重になる。
大体80パーセントの確率ね。

ソース 漏れと、大学の教授の話

漏れ、典型的な一重だったけど、歳を重ねるうちに二重完了。
片方一重でもう片方二重とかのヘンチクリンだった期間が長かったけどw

520 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:21:26 ID:nq2BhOry0
>>513
> だとしたら、遺伝子情報あふれかえるんじゃね?w

DNAが二重螺旋になっている意味を考えれば、そうならないことがわかる。


521 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:22:37 ID:WM8i1US/P
知能高すぎると何かしら精神病んでる人が多い気がする
尤も高すぎる人自体が少ないので傾向があるとまでは言い切れないが・・・
昨日自殺したアナウンサーも
中高の偏差値をIQ換算すると140は超えてるからなぁ

頭のいい学校が共学じゃないのは
なんか勿体無い気がする


522 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:22:38 ID:DNaIQe+f0
>481
迷言、いや名言だね。

>484
ログを見れば分かるとは思うが、そのようには記述していない筈。
塩基って分かる?釣りなら他所でやりなさい。

>492
話は逸れるが、スペイン代表とバルセロナのDF、カルレス・プジョルの身長は何cm?
(往年の)名選手、ファビオ・カンナヴァーロの身長は何cm?
主にオフェンスの選手だが、メッシ、シャビ、イ二エスタの身長は何cm?
スポーツにおいて身長が必要ではあっても、それ自体が絶対的要件では無いんだよ。

523 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:23:07 ID:OvTaBzZh0
>>419
実験用の動物は近親交配と選択の繰り返しで
奇形を起こすような遺伝子は排除されてるから大丈夫。

524 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:23:21 ID:6WybP2Qe0
>>519
俺の大学の実例

父 工学部化学系(実験中心)の助手〜教授 母 一般人
こういう組み合わせの場合、男子が産まれる確率5%未満
(34人子供が居て、男子一名だけだったw)

525 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:23:33 ID:KzAlLnen0
>>486
アメ公が軍需産業で雇用維持してたのを日本は公共事業でやってたおかげで
こんだけ災害の多い風土でも誰でも快適に暮らせるくらいインフラ整いまくっちゃったけどなw

>>513
両親の常染色体・性染色体をそれぞれ半分づつしか受け継がない(おまけに相同乗り換えであるていど混ざる)から
どんどん増えてフローしちゃうってこたーないよ
セーブデータ読み込むたんびに半分リセットしてる感じ

526 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:24:07 ID:x3hhhEgW0
>>509
で、どういう結論なんだ?
知らんから教えてくれ


527 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:25:59 ID:KzAlLnen0
>>522
いいから中学あたりの生物の授業からやり直してきなよー
スレ住人の水準より大幅に下じゃん、あんた

528 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:26:24 ID:ismefkz20
>>522
それにしてもお前のIDはこのスレにぴったりだなあ

529 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:26:48 ID:OvTaBzZh0
>>509 >>520

二重螺旋大好きみたいだがどっちもあんま関係ないような・・・

遺伝学や遺伝のモデルはDNAの構造解明以前にほとんど確立されてるし。

>>520の方も減数分裂で配偶子の染色体が半分になるのがポイントで
DNAの構造は直接関係ない気がするが。

530 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:27:12 ID:pQLlEmSm0
>>528
吹いたw

531 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:27:24 ID:YHc8/8xn0
>>519
ウリもニダ。

532 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:27:43 ID:BcpoAqNH0
これは単なる「レバーの押し方」を覚える天才だろ。
飼育室から出したら真っ先に死ぬだろうよ。

533 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:27:57 ID:mTVUwHrH0
健常人でも病気の原因になる劣勢遺伝子をいくつか持ってる。近親相姦だと変異型ー変異型の
組み合わせができやすくなり結果として発病しやすい。

534 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:29:50 ID:WM8i1US/P
>>528
でも政治家の資質と言うのは
こういう人に理解・納得(嘘をつく・騙すとも言う)
させる事だからなぁ

マスコミとか野党とかよく
説明責任って言葉を使うけど
この程度の事も説明しなきゃいけないなんて
政治家は大変だなぁって思うw

535 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:31:47 ID:mai1ORSQ0
アルジャーノン

536 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:34:42 ID:AOa6MlGo0



   まさしくDQNや犯罪者は遺伝する!大陸の外国人が凶暴なのも説明がついたな






537 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:35:15 ID:8nM9EhLQ0
才能は遺伝によるwwwwwwwww
努力厨脂肪wwwwwwwww

538 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:35:47 ID:/ivlAEAT0
絶対にアルジャーノンでスレが伸びてるだろうと来てみたら案の定w

539 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:35:52 ID:AxePwVbI0
IQって小学校の時に計測したまんまだけど
今やるとやっぱり落ちているのかなあ?

540 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:36:03 ID:DNaIQe+f0
>528
あっ、本当だ。DNA、IQ、E+、F0。指摘されるまで気付かなかった。有難う。
敢えて述べないが、だからなのか。納得した。

>529
二重螺旋というよりも、塩基配列と表記するほうがしっくりくると思う。

>534
説明責任の放棄は民主主義の否定だから、それは致し方ない。
・・・しかし、何故政治の話題になるんだろう?あれこそ後天的要因の典型なのだが?

541 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:36:06 ID:54WaRPKq0
>>1
ニートで実験してくれwww

542 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:37:42 ID:kok3RZs60
なぜか無菌室に病気が発生して全滅
いきなり中国にあらわれる天才ラット

543 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:37:51 ID:56yZ5YDG0
ネズミ「この檻から出してくれよホーエンハイム」

544 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:39:12 ID:rPu9R/sz0
>>539
小学校でやるようなやつは、対年齢で測るもんだったような。
だから「5歳の天才児→16歳で普通の人(標準値)」みたいなのが出てくるんじゃないかと

545 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:39:20 ID:DNaIQe+f0
>539
IQの計算式は"精神年齢 ÷ 生活年齢 × 100"。
つまり、年齢が上がれば上がるほどIQの結果は低い数値になり易い。
・・・しかし何故IQの話題なんだろ?

546 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:39:23 ID:LBgQsWeV0
>>533
近親姦って通常環境じゃウェスターマーク効果で生じにくいんじゃなかったっけ?
jcとか親兄弟は異常に嫌うくせに、ちょっと優しくされたくらいでそこいらのおっさん
とでも姦ったりするみたいな。

547 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:41:45 ID:UP3Wbx5v0
生まれつきイケメンで運動神経よくて頭がいいやつっているよね(しかも性格も)
せめて劣等人種のおれは子供を残すまい

548 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:44:15 ID:mTVUwHrH0
>>546
ライオンとかも若いオスは群れを出ていくしね。近親相姦を防ぐ仕組みというのは
多そうだよね。

549 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:44:20 ID:Ur9PxetY0
こいつが逃げて野生化して ひどいことになるだろ

550 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:45:25 ID:ocGI0+Kf0
うちにもネズミいるんだけどこれが結構賢いんだよ
ネズミ取りとか市販の毒入り食物とかおいてるんだけど
全く食べないし捕まらないんだね
もう一カ月以上この状態が続いてる

551 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:45:26 ID:dMYRo7BY0
ラットに一定の刺激を与えると
迷路をくぐりぬけるさいどの個体でもまったく同じルートをとるそうだ

552 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:46:34 ID:XOGyeorL0
>>550
もう飼っちゃえよ

553 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:46:48 ID:pQLlEmSm0
ID:DNaIQe+f0
とりあえずwikiから引っ張ってきてやったから、声に出して読めよ
IQ低いと理解できないだろうけどさ

優性遺伝とは、遺伝による形質の発現の種類の一つ。「優性」という言葉が誤解を招きやすいことから、近年では顕性遺伝という呼び方もある。
雌雄の交配により繁殖する2倍体の動物において、性染色体以外の常染色体は雄親と雌親から受け継いだ対の遺伝子を有する。
一組の遺伝子をAとaの二つとした場合、子の遺伝型はAA・Aa・aaの3種があり得る。Aとaの影響が等しければ子の表現型がAaであったときにAAとaaの中間になるはずだが、多くの場合そうはならず、一方に偏った表現型となる。
この時にAaの表現型がAAに近い場合Aはaに対して優性といい、aはAに対して劣性という。優れた形質を受け継ぐ、という意味ではなく、次世代でより表現されやすいという意味であることに留意しなければならない。
ヒトの血液型(ABO式)を考えてみる。通常我々は血液型をA型、B型、O型、AB型の4つに分類している。これは、父親と母親から受け継ぐ、血液型に関する遺伝子の組み合わせを基に決定される。
血液型に関する遺伝子には、A・B・Oの3種類があるが、この組み合わせがAAまたはAOになった時にはA型、BBまたはBOになった時にはB型、OOになった時にはO型、ABになった時にはAB型という表現型にそれぞれなる。
この時、遺伝子A及びBはOに対して優性であるが、AとBの間には優劣関係が無いことが分かる。



554 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:47:52 ID:WM8i1US/P
でも現実では
不細工で頭悪くて性格悪い奴でも子孫を残してるのだ
不細工に美乳が居たりアソコの具合がいい奴が居るのは
そうやって生存競争に残ってきたからなのかなと思う

555 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:48:02 ID:OvTaBzZh0
塩基配列もあんま関係ない。
もっと古典的な遺伝子や染色体の概念で説明できるし。

556 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:49:07 ID:u2b7rlBP0
DQN低学歴劣等種族だけが子供を作っている現在の日本・・・オワタ

557 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:51:17 ID:KzAlLnen0
>>540
>二重螺旋というよりも、塩基配列と表記するほうがしっくりくると思う。
なんで?
そもそも各々の単語の意味を理解して言ってる?
さっきからあんた、ダウン症がどんなものかも知らんし劣勢遺伝なんて妙な単語使ってるし
論語読みの論語知らずも用法間違えて使ってるしw

まぁとりあえず上のやつ説明してみてよ?

558 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:51:38 ID:X84VKeUL0
>>122
丸見えかなんかでそういうのやってて、その学生が友達に、
お前が天才?ねーよwwwっていわれてた。
天才の遺伝子を持つ天才は、大学の中では普通レベルだったから。

559 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:51:46 ID:TMb7crtLP
やっぱりDQNの子はDQNなんだな

560 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:53:33 ID:AxePwVbI0
>>544-545
サンクス。じゃあ大分落ちてるな。

>>542
いやいやこのパターンだろ。

研究者が目を離しているうちに
檻に入れられている天才マウスたちが
共食いを始めて、喰われたマウスの骨を使って
鍵を作って脱出する。
その頃リプリーは…

561 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:57:01 ID:iRTVrD0R0
>>558
猫クーロンの研究で明らかになった事なんだけど、
猫の毛並みは、遺伝+複雑系の数学によって支配されている。
カオス関数で初期値に何が入るか、毛並みが成長するときの
バタフライ効果によって、三毛になるか虎猫になるか決まる。
もちろん、白黒茶っていう遺伝子には支配されるので、白黒茶
っていう遺伝子をもたない猫から黒猫が生まれる事はないが、
それがどのような柄になるかは、生まれてくるまで解らない。

人間の脳みそ(人類の知性)ってのもこの手の困難がある。

ただ、基本レベルは遺伝子によって違って来るだろうとは言える。

562 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:57:59 ID:ugnwIclR0
猫クーロン?

563 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:58:09 ID:UP3Wbx5v0
>>554
繁殖力の旺盛さで家畜として生きる戦略もありかもしれないな
俺は無理

564 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 11:59:23 ID:bDon4OAF0
天才のネズミが普通のネズミを統率して人間に復讐するという小説が書けそうだな

565 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:00:03 ID:DNaIQe+f0
>550
このような製品を利用してはどうだろう?
ttp://www.earth-chem.co.jp/top01/nezumi/nezumi_hoihoi/nezumi_hoihoi.html

見ての通り、ゴキブリホイホイのネズミ版。


>555
そうなのかね・・・?少々難しく考えすぎていたのだろうか?

>560
IQが低いからといって、劣っている訳でもないから安心しなされ。
あれはある特定の条件下におけるテストの結果であって、そのような文化を有しない人間は必然的に低くなる。
つまり、欧州圏の人間が高い結果を出すIQテストにおいては中東圏の人間が低くなり、その逆もまた然り。
ところで後述の元ネタはエイリアン4の事?

566 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:00:22 ID:uj+Ws6LO0
これを野に放ったら大変だな

567 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:00:55 ID:oqN4OE+D0
300年後に地上を支配するネズミ族の第一号の誕生であった

568 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:01:03 ID:WM8i1US/P
>>563
整形技術も上がってるし
良質な風俗嬢が増えてると考えれば
悪い事では無いかもしれない

569 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:01:49 ID:KzAlLnen0
>>564
ナズーリンktkr

>>565
あんたは難しく考えすぎてるんじゃなく、知識がどれもこれも間違ってるだけ

570 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:01:54 ID:x3hhhEgW0
>>563
そりゃおもしろいな。
政治家なら家畜=奴隷の大量生産するぞ

DQNが増えてるとすればそりゃ国の方針だ、
奴隷を増やしてんだよ


571 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:02:41 ID:mTVUwHrH0
才能がないと興味も持たないし努力することすらしないと思われ。
ということで努力できるというのはいくらか才能があることの証拠だと思う。

572 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:04:33 ID:McnR53SH0
>>1
「ベン」それとも「アルジャーノン」?

573 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:04:45 ID:V8l9cK+B0
なんでサラブレットって単語が出てきてないんだ?

優秀な能力の遺伝なんて今更何を言うでも無かろうに
計りづらい獣の知能について、数多の世代を渡って研究したのは極めて有意義だと思うが

ついでに言えばこれは単なる95世代でなく、アホほど子供を産むラットの中で最も優秀なものを選別し続けた95世代
今のところ間引きもできない人類に意図的に適用すんのは無理


ただ、ホルムアルデヒドについての考察は興味深いな
親が取り込んで子にって、どういうメカニズムなんだ? 母体だけでなく精子側の遺伝子劣化でもあるのか?

また、量の程度も気になる。やばいくらいに取り込ませたら、ホルムアルデヒドに限らずそら支障は出るだろうに

574 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:05:34 ID:WM8i1US/P
才能あると努力しなくなるとも言える


575 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:05:42 ID:iRTVrD0R0
>>562
アメリカの遺伝子ベンチャーが、貴方の飼い猫のクーロン猫をつくりますよ
ってサービス始めたんだけど、(体細胞クーロン技術は確立してる)

同じDNAの猫なのに、生まれてくると、虎猫のDNAから三毛猫が生まれたりして
こんなのDNAが幾ら一緒でも、ちゃうやろって、無茶苦茶ブーイングがあって、
倒産しちゃったの。

576 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:07:14 ID:mTVUwHrH0
>>573
競走馬は一定のルールの中での優秀性だからね。
ルールを作る人間が一番「優秀」だってことだと思う。
結局自分に都合のいい状況を作ってしまえば勝ちだし。

577 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:07:30 ID:UP3Wbx5v0
人類も頭いいやつばっかり掛け合わせていったら神に近づけるかな
ねずみが人間並になるより難しいだろうけど

578 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:07:35 ID:ugnwIclR0
>>575
ああ、あのベンチャ潰れたのか^^
クソ高いプライシングだったな〜

579 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:08:10 ID:HXhaSOHh0
そのうち地球がラットの惑星になるのか

・・・可愛いじゃねーか

580 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:08:18 ID:gOoM5JF20
才能が無い×
幼少時代にまともな教育を受けていない○

581 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:08:30 ID:McnR53SH0
>>574
天才の共通点で良くあるのが「努力が苦にならない」

582 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:08:57 ID:pQLlEmSm0
>>575
あの会社倒産したのかw

クローン猫を買い求める飼い主って、トンデモ科学を信じてる馬鹿か、自己中DQNの二つに一つだと思うの

583 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:09:57 ID:VDtvtFQy0
けど、超良血で2億円くらいでセリ落とされた馬が
条件馬止まりなんてザラなんだよね。

584 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:10:44 ID:gOoM5JF20
努力が苦にならない△
志やその物に対する面白さを見出している○

585 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:10:46 ID:IAkh5Qi30
このネズミ欲しいな〜飼って遊んでみたいw

586 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:10:53 ID:F1f7ZDUO0
タワラの子供はスーパーサイヤ人クラスになるんじゃね?

587 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:11:02 ID:ugnwIclR0
ふん〜するとアレか?
指紋や網膜パターンもクロンで違うのかな?
血管の発生はランダムっぽいしなあ。

588 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:11:44 ID:x3hhhEgW0
>>577
42


589 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:11:50 ID:vW301UxR0
このねずみが逃げ出してねずみ集団引き連れて襲ってくるんだろ?

590 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:13:51 ID:HNUYe2k40
>>554
だいたい、男が美人を好むのは、美人=病気にかかってない女、ブス=病気に
かかっている女、という図式で、美人を選択した男が子孫を残せて、ブスを
選択した男が子孫を残せた、という結果からだ。

現在は美人=性病もってて妊娠できず、ブス=セックスしないので性病なし、
従って美人好みは子孫を残せず、ブス好みが子孫を残せる世の中。

将来、ブス好みの遺伝子を受けついだ男達は、ブスを奪い合う。


591 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:14:53 ID:9hOR6d/00
競馬はレースによって距離や条件が違うからマウスの実験のようなわかりやすい傾向は現れづらいのかもしれない
そう考えると人間の場合はもっとわかりづらくなるんだろうな
でも実験だけでもやってもらいたいよなー俺は嫌だけど

592 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:15:39 ID:A2sxkATv0
ロマサガ3に帰れ

593 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:16:19 ID:DNaIQe+f0
>587
双子でも指紋は異なるから、少なくとも指紋に関しては異なる筈。
網膜パターンも同様だとは思うが、どうだろう?

594 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:17:30 ID:V8l9cK+B0
単に機能の先鋭化や複合性なら、植物動物品種改良でやりまくってるし実用化もしている

目的が進化なら優秀性でなく特異性で交配させるべきなのだろうね
奇形が生まれたらチャンスだ、奇形×ノーマル、天才、奇形とガンガン交配させろ

そのうち脳が異様に肥大化したラット改が生まれて、犬くらいの知能は持ってくれるかもしれんね



”優秀”でなく”奇形”の精子や卵子を取り扱い続けることに研究者が耐えられるかは知らんけど

595 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:17:31 ID:ITehkcI70
これは良い研究

596 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:19:05 ID:x3hhhEgW0
>>593
多分フラクタルで形成されるんだろな。
同じモンは二つとないよ
情報量少ないモンから複雑ででかいモン作るために
情報の折りたたみしてから引き延ばしてるんだろな。


597 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:19:40 ID:pQLlEmSm0
>>590
ないない

美人を好むのはより男性を惹きつけるからだろ
惹きつける人数が多ければ多いほど、子孫を残す可能性が上がる

男の中に昔からブス専が居るのは多様性確保のための本能なんだろうなぁ

598 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:20:26 ID:1UdurXkR0
>>591
学校や部活、受験などいろいろやっとるだろう。すでにおまいさんも。

599 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:20:41 ID:6WybP2Qe0
はりせんぼんの片割れが病気になった時、「美人の方が病気になった」
と説明受けて??@@ ってなったが、平安時代ならデブの方が圧倒的に
美人扱いだったんだよなぁ。

600 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:20:41 ID:cvRSkqiV0
おや、このネズミは忘れる能力が劣っているようだが・・・

601 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:20:49 ID:ugnwIclR0
糖尿でも網膜に新生血管できるからね。
おそらく遺伝子で決まって無さそうだな。


602 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:26:48 ID:DNaIQe+f0
>596>601
参考にしておく。どうもありがとう。
考えてみれば網膜認証システムがある以上、ある意味当然か。
ただ、その実証の為だけにいくら何でも人間のクローンを創る訳にはいかないからねぇ・・・。

603 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:28:01 ID:5/CzR8q7P
俺より頭よさそうだな…。
なんか馬鹿なコメントつけようと思って画像開いたけど
レバーを押してる姿が一生懸命で、ちょっとかわいそうになってしまった。

604 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:28:52 ID:1UdurXkR0
植物の根が全く同じように張らないのと何が違うんだ?
難しく考えすぎでねえか?

605 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:30:27 ID:IAkh5Qi30
このネズミを販売すれば売れる気がする

606 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:33:33 ID:HNUYe2k40
世代の途中で、東海大の学生が自分の精液をかけたかも。

607 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:36:28 ID:V8l9cK+B0
美形ってのは、異様でないこと
異様でないってことは、病気したり怪我したりしていないということ
病気したり怪我したりしていないというのは、それを避ける能力やあるいは耐性があるということ
「安全で快適な環境を見つけそこに住まう」というのも偶然があるにしろ、立派な生存能力である

外見的異様=病気 じゃないが 病気は外見的異様として発露する
だから異様でないパーツが揃ってる人間がつまるところ美人美形に受け取られる
つまるところ、整った顔立ち=平均的なパーツが歪み無く配置されている というのが重要なわけだ

ブサイクは詰まるところ、本能から病気持ちの危険性大と評価されてるわけだ

目が大きいと可愛いと言っても、異様に肥大していたら醜い
鼻が高いと美形だと言っても、異様に突出していたら醜い
顎が細いと美しいと言っても、異様に尖っていたら福本
肌が白いと美しいと言っても、本当に真っ白だったら醜い

どこを「普通」とするかの評価基準もまたばらばらではあるから、絶対的美形がないのも真実かと思われる
そしてその普通もまた環境や時代で異なっていく


結局個体とは遺伝子の乗り物に過ぎず、個体もまた遺伝子の乗り物であることに喜びを感じる構造だからこそ乗り物として存続しているのである
本能を遮断できるコンドームのせいで、困ったことにはなっているようだがね

608 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:38:09 ID:sWLEEAjm0
父親に3代かけて出来のいい血筋を作るもんだ、って言われて
それなりの学歴同士で夫婦になって、子どもを2人も生んだけど
生んだ子どもは見事に逆行したw 
ネズミでさえ20年かかると知って、今すごく納得。

父さん…3代じゃ無理だわw

609 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:39:26 ID:Lkwy/RuyP
>>106
天才だから変人なのでは?
本来使うべき部分を他で使ってるから頭いいんだろう

610 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:41:58 ID:4UH76oPo0
やばいよ、こんなのが逃げ出して野生化したら
ネズミ捕りで駆除不可能になっちまうぜ

611 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:42:09 ID:348OGRa60
いずれ東海大の研究室から

「お前らニート人間m9(^Д^)プギャー」

とかってラットさんが書き込みしてくるかもしれんな

612 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:42:23 ID:amFMiiEx0
あと300世代かけあわせて方程式を解かせてくれ

613 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:43:01 ID:Im6tLlXG0
>>610
大丈夫、代を重ねてバカになるから

614 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:43:27 ID:itnTGrYn0
お前らより頭いいのか??

615 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:43:35 ID:yLOduChR0
>>607
あまいな
『目鼻口眉の位置を数値化すると美人は最も平均に近い存在』って論文が既に出ていて定説に居座っている
ブスは平均から遠い存在

616 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:43:50 ID:lTpx2+pw0
ペットとしてラット飼ってる人はこのスレにはいなかったか
十数匹飼ってきたが、みんな性格違って面白いぞ

617 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:44:52 ID:ugnwIclR0
ラットはばらしたことはあるなあ。
400gで丸顔だったよ。

618 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 12:55:43 ID:wClliTRc0
「ほぼノーミス」
すげー違和感あるんだよな、この言葉

619 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:00:26 ID:mTVUwHrH0
ほぼノーブラ、とか違和感あるけど興奮するよね


620 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:01:55 ID:gFNr5qKl0
>>27
進歩状況とか言ってるからだろw

621 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:04:47 ID:v3ixLFzM0
>>618-619
これが2chが11年かけて生み出した天才霊長類たちですね

622 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:05:14 ID:cvRSkqiV0
ほぼノーパン・・・うむ。

623 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:17:41 ID:j01uIPG00
長い世代かけあわせて形質を改良しないと、
知能の安定は無いってことだから、
DQNの子はDQNや高学歴の子は高学歴っていうのも根拠が無いと言えるな。
遺伝的な面じゃなくて環境面では別として。

624 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:19:14 ID:j7zaJWFH0
>>3
360回中5回しか間違えないラットがルーピー以下だと思うか?

625 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:20:05 ID:KzAlLnen0
ほぼノーチンとかは?

626 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:20:37 ID:WM8i1US/P
>>27
民主党の新人議員に
小1で公文修了したアニーの元子役の人いるよ


627 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:21:13 ID:1UdurXkR0
>>623
江戸時代から優秀な子を養子にもらってつないできたりしてた
武士の名家なんかは、明治期にも活躍して爵位もらったりして、
結局今も子孫はみーんな頭いいよな。東大京大ってので、研究者とか官僚とかいっぱい。


ところで平均顔は綺麗だというが、
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3d/ed/8a841176702ab3a07f61d04c9ae9b306.jpg
関西方面に住んでるからかどうかしらんが、
俺は関東平均が可愛く見えるw

秋田>関東=北海道>福岡>関西


628 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:23:50 ID:KzAlLnen0
>>627
関西終わってるな…
どう見てもチョン血統が入り込んでるとしか思えない

629 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:24:44 ID:5eJnni+l0
このネズミが逃げて自然繁殖したら驚異じゃないか?

630 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:25:01 ID:WM8i1US/P
>>627
えー 関東ってゴリラみたいじゃん・・・


631 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:26:43 ID:P+DxyaNb0
>>75
じつは 正しいレバーを推理する遺伝子じゃなくて

試験管理人の脳内から正しい情報を抽出するテレパシーねずみだったなんて可能性もw

632 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:31:01 ID:ptSbV65h0
ネズミに齧られないようにトウガラシ入のケーブルってあるよな?

633 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:31:53 ID:j7zaJWFH0
頭の善し悪しが、こんなに遺伝するもんだとは思ってなかったぜ。

634 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:35:46 ID:1UdurXkR0
>>630
だがそれがいい。


関東の娘っこって感じじゃねーか、まさに。


635 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:36:43 ID:/zdFznRV0
>>618
almost no mistake
いたって自然。違和感覚える方がおかしい

636 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:37:16 ID:ftKuJas30
>>923
「安定」はな。
有意に生まれやすくなる、と、安定して生まれる
では違うだろう。

637 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:38:16 ID:MCZ+mOk60
優秀な遺伝子でも環境がDQNなら優秀なDQNができあがるって!!


638 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:42:58 ID:+ZMi12Rc0
逆に言うと高学歴で役に立ってない人間でも薬物実験で役に立つってことかw

639 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 13:45:08 ID:P+DxyaNb0
薬物実験をやられる側のほうが やる側より賢いなら 何の意味もないけどな

640 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:04:20 ID:S3jIPwTe0
IQ120未満は殺処分で。

641 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:09:21 ID:QLwRp7bUP
奴隷が居なくなったら社会は回らないぞ

642 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:11:32 ID:PRtZvDNTP
ウフコックができたと聞いて

643 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:19:26 ID:wGiHOdcU0
Gフォース

644 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:30:15 ID:dMYRo7BY0
大学教授の子供が賢いのは環境がそうだということじゃなくて
根本的に賢さが遺伝してるからなのか
なんかかなしくなるな

645 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:33:30 ID:iicxocPJ0
実験が終わったら
それ以上繁殖しないようにしとけよな
街中で増えたら大変なことになる

646 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:39:56 ID:5qds2JNh0
>>644
大芸術家の子供が大芸術家になるのは稀
皆無に近い

647 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:43:34 ID:mTVUwHrH0
賢くなれないなら悪賢くなろうぜ!

648 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:43:47 ID:MUVCvl7L0
しかし大事にし過ぎて血が濃くなっても今度は知能低下するだろ。

649 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:49:14 ID:sWbluURN0
/i/|ii!//|!/!i/´i/   .|i |/ノ        i\i!゙、:iヽ|:::|  ヽ 'i  ! ヾi |'!ヽ::::||::::::/:::::::::::::::::::::ヽ
i i 川i!ハ/" _!   | │        川 ヾ:ii ゙'∨     |    ゙ヾiヽヽ;||:::::i':::::::::::::::::::::::::
ノ ノ/リ,,,,,,二三テ=''" ヽノ        ル |ノノヽヾ ノ  、,,,ノ,、     iヽ:::||:::::i'::::::::::::::::::::::::::::
 /   ̄ ´~~゙''''    ゙''‐- ..,,         ,, ‐'    `゙ヾミッ、,,   ヽ::|::::/::::::::::::::::::::::::::::
,,イ|                i'        i"         `'‐='   `'|/i!:::::i::::::::::::::::::::::::
 i | :::::::ヽ::::ヽ::::::ヾ::    ゙、        l       〃:::::       i//::::ハ::::::::::::::::::i:::
  i i \\\\\ヽ     )       ヽ        ′′′   / /:::::/:::::::::::::::::::|::::
!  | i            ,,ィノ         <         :::: :    /:::::/:::::::::::::::::::/::::
i!  i i!            /i/    ,r''''‐y'''.;、  \             /:::::/:::::/::::::::::::/:::::
゙i!  | i          /⌒' 、 Y:::::::::''::;;;;'.;.Y'⌒゙i           /::::::/::::::/::::::::::::/::::/i
 i  i ゙!         ん、,,__ヽノ::::(`・ω・´):::::;;;;;{,__,,,r''          /:::::::/::::::/::::::::::::/:::://
゙、ii! ゙| i           ノ  ゝ;;;::俺様::::::::::;ノ 。 `i          //:::::/:::::/::::::::::::/::::::/:::

  優秀なオレ様が多数の雌を惹きつけるのはいたしかたのないことだ、これこそ自然の摂理だ。

650 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:50:10 ID:jCfiwBOd0
>>561
マジか。
じゃあ人間もいくつか大量に生産しないとな

651 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:51:59 ID:sWbluURN0
>>627

秋田>北海道>関西>福岡>関東だなオレ的にはw

652 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:52:19 ID:K4XgfU5I0
この天才ラットと雑草ラットを自然界に放して
どっちが生存能力が高いか研究してみたらいいと思う。
生存能力が高い方が優秀な種と言える。
ただ頭がいいだけでは優良種とは言えない。

653 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:52:22 ID:jCfiwBOd0
>>646
おれの友人は祖父と父が人間国宝だわw
芸大にはそんな感じな人多いみたい

654 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 14:54:53 ID:tohGuR2d0
そういえば見るからに賢そうなネズミではないか

655 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:01:48 ID:RFUtITgV0
ある日例のラットの様子を見に行くとなんと鍵を開けられ逃げられてしまっていたのだ
数日後、その大学周辺で奇妙な噂が立つ
しゃべるねずみを見たというのだ・・・

656 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:08:29 ID:CKDFwKWU0
>>653
人間国宝の場合芸術性限定とは限らず技能継承支援的な面もあるような

657 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:10:54 ID:5qds2JNh0
>>653
人間国宝が大芸術家かかどうかは判断つかないが
僕の乏しい知識で申し訳ないが

画家:ピエール=オーギュスト・ルノワール
映画監督:ジャン・ルノワール

指揮者:エーリヒ・クライバー
指揮者:カルロス・クライバー

ぐらいしか思いつかない

658 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:11:01 ID:dMYRo7BY0
>>651
そのうさんくさい写真を見る限りは俺も同じ
福岡はわざとかってくらいひどいな
そして秋田は整形美人に見える

659 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:11:37 ID:sj9uGMCc0
このぐらいのネズミならきっと助手よりも大切にされているんだろうなぁ

660 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:14:38 ID:cVcm3kMR0
おまいらも電気ショックで賢く

661 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:16:28 ID:5/SM36dB0
賢さは遺伝するのか
道理で文明が発展しても韓国人はアレなんだな

662 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:17:19 ID:tohGuR2d0
>>651
なんで関東だけペヤングソース焼きそば顔なんだ

663 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:18:04 ID:FD6kCYR70
天才?賢い?
ルールを変えて、確実に全滅させることができる。

生存競争においては、全滅の危険を回避できるように、種として「賢く」創られているのに・・・

664 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:18:16 ID:BgUsXyHs0
おしりの穴からマスタング

665 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:20:12 ID:zhA7klLV0
優生学復活か

666 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:21:53 ID:X36jLvU8O
バカかこいつらは
ラットと人間では構造がまるで違うだろ
ラットに影響があっても人間にはないかもしれないだろ

667 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:26:55 ID:VDtvtFQy0
なんにしても、レバーを一生懸命動かしてるネズミの姿は微笑ましい。

668 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:35:36 ID:tohGuR2d0
ジョージア・ガイドストーンという何者が建てたかわからぬ奇っ怪な石版がある。
http://www.radioliberty.com/stones.htm

その中の一節を思い出したよ。

1. Maintain humanity under 500,000,000 in perpetual balance with nature.
1. 自然界の永久の調和として、人口5億人を維持しよう。

2. Guide reproduction wisely - improving fitness and diversity.
2. 優性と多様性を賢く用いて、人口の再産を導こう。

669 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:37:12 ID:jCfiwBOd0
>>656>>657
まあ、何を持って大芸術家というかが分からんからな。
芸術は数字で評価できるものじゃないから日本での分かりやすい通称を持ち出してみたがあんまりか。

ただ、親が身近でやってたら同じ事を目指したくなるのは芸術の世界に限らずスポーツやどこでも一緒だから少なくはないと思うが。(大成するかは色々あるだろうが)

670 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:37:13 ID:9U5Wds5k0
30年かけてレバーを押す部分の筋肉遺伝子が発達でもしたんじゃないの
何世代なのか知らないが

671 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:40:30 ID:9U5Wds5k0
あ、95世代か

672 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:41:16 ID:r22qYlZ50
>>668
ググッたけど誰が建てたか分かってんじゃねーか

673 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:42:46 ID:5vM7neCk0
このラットが逃げたら駆除するの大変そうだな

674 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:43:28 ID:udxtzXDV0
×天才ラット
○条件反射学習能力が高いラット

95世代かけてサンプルとして優秀なネズミを作ったってだけ


>>648
知能ってのはかなり高次な問題
人間でも心身にわたる先天異常抱えていてもある種の作業や思考について、高い能力を示す事はよくある
というか、>>1からしてラットとしてはある種の奇形といえる


>>644
単純作業の学習能力についてですら安定させるのに95世代も必要だとすると
人間のレベルでは、知能の遺伝性はほとんど意味をなさないと思うが
一世代20年としても2000年近く特定の方向性を持った意図的な交配をする事になるが、そんな異常な血統は世界中どこ探しても存在しない

675 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:44:34 ID:uSuhCn+e0
人間でもやれよ。
最近進歩が止まってきてるよ。

676 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:45:30 ID:rK8S/Bf6P
>>674
人間にしたら単純作業でもネズミにしたらけっこうな事なのでは?

677 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:45:47 ID:i+KwA8JD0
天才とは天賦の才能

掛け合わせて作ったなら天才ではない

678 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:49:19 ID:Q09vY+jj0
その天才ねずみは自然界で生きていけるのか?の実験もして欲しい

679 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:49:31 ID:dMYRo7BY0
>>674
1500年ほぼ特定の血統のみで交配させ続けた一族が東京に住んでますね
でもなんてことないな

680 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:55:14 ID:nBPjqJwt0
>>674
人間社会だって賢い者が優遇される社会構造だから
社会全体をみれば知能淘汰は起こってるよ。
だから、2000年前の人類と現代人平均学力を比較すれば有意差は出ると思う。
それが群レベルの選別進化だよ。

681 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:55:27 ID:GxTsAfe+0
>>674
朝鮮半島がそうじゃなかったっけ?


682 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:57:17 ID:rK8S/Bf6P
>>680
学力が高いほうが生き残る、とは限らないのでは。

テストの方法によっては差が無いように思う。

683 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 15:57:28 ID:w1tmSmqE0
豪州にも頭の良いラットが居るそうじゃないか

684 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 16:00:55 ID:UZuHTh1g0
俺たちとどっちが賢いの?

685 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 16:04:00 ID:XCexKDmk0
人類を陥れるために、偏ったデータを流し続けるほどの天才だったらどうする。

686 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 16:04:10 ID:x3hhhEgW0
天才じゃなくて奴隷じゃねーの?
95世代の奴隷労働やりゃーゴ立派なドレイが出来上がりました、って話
天才は天才でも奴隷のエリートだよこのネズミ

687 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 16:13:16 ID:fneTC1b+0
深夜のコンビニ周辺でうろついているヤンキーより知能は高そうですね。

688 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 16:20:29 ID:XCexKDmk0
>>680
学校や受験などのテストには暗記力が必要だけど

人生のテストには、主に問題解決能力が必要とされる。

このポイントを見過ごしている学歴至上主義は、そのうち社会を滅ぼすと思う。

689 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 16:25:30 ID:huCf9D5r0
俺はこの研究は人間の役には立たないと思う

690 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 16:35:28 ID:KiNjw1PP0
これってねずみの本質と関係あるんだろうか

元々備わっている能力が電気ショックから逃れる能力のほうに奪われてるだけで
野生に放ったら生きていけないのではないか

691 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 16:35:34 ID:r22qYlZ50
ここまでネウロなし

692 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 16:37:27 ID:LBgQsWeV0
>>680
フランス革命のときラヴォアジェって近代化学の祖が処刑されてだな。
それに20世紀初頭の優生学者は同時に反戦主義者でもあった。
なぜならば、優秀な人物ほど勇敢に戦って戦死しようとしてたから。

693 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 16:44:39 ID:HS/nsQi+P
>>680
うちの兄弟はみんな一流大学をでて一流どこに勤めてるが50過ぎて未婚
おれは、バカダ大学中退で、子供2人

あはは、人類は確実に退化してるわw

694 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 16:49:32 ID:N4DIXEQt0
のちのジェリーである

695 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 16:56:43 ID:iWyPwCfo0
>693
あなたのお子さんたちがすっごく賢いとか。

696 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 16:57:22 ID:S8mt8blI0
>>453
状況や気分によって20くらいはIQ変動するぞ
家族の問題が解決した子供の事例だと70から130に上がったのもいたと聞く

697 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:00:14 ID:kr4iIvlj0
>>58
また麻生の売国か

698 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:00:22 ID:S8mt8blI0
>>473
日本人だと普通だぞ
天才と呼ばれるのは140以上じゃなかったか

699 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:04:23 ID:S8mt8blI0
>>476
世界中から天才かき集めてるのと、先天性脳障害の子供の知能を怪物・化物並に引き上げるのがアメリカのやり方
後は膨大な資金だな

700 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:06:28 ID:6mVl9NZK0
ts

701 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:07:14 ID:ZQ7wM24WO
アルジャーノンか

702 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:07:58 ID:S8mt8blI0
>>506
凡人の能力を最大限発揮するのが日本のやり方
それで欧米と渡り合ってきたわけで

天才型の欧米的やり方を真似ても日本には天才なんていないから意味ない
日本が衰退してるのは栄枯盛衰って奴だ
そのうちまた復活して栄えるよ

703 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:09:00 ID:HS/nsQi+P
>>702
日本にも天才はいる。
日本型社会に必要ないだけじゃね。

704 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:12:10 ID:3HQF3mDn0
我が母校、たいしたもんだ
このラット、東海大の学生より頭よさそう

705 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:22:03 ID:NApuif2S0
知能って遺伝するのか

706 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:22:50 ID:03V9A5CY0
>>1
プリウスの人工頭脳に採用

707 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:27:15 ID:gushD0PkO
ノロイくらいなら倒せるんじゃないか

708 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:33:19 ID:7MNBIp4i0
これ、頭のよさは遺伝で決まるっていうことを証明しちゃったことになるのか・・・・

709 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:41:45 ID:IA/ciYV40
人の場合、記憶力のいい人は作れそうだけど
ひらめきとかが必要な天才は無理かも
本当の天才は字がうまく書けなかったり、うまく話ができなかったりとか
どっか壊れたような人がひらめいたりする場合が多い気がする

710 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:42:54 ID:GZQaU79G0
何度目だアルジャーノン

711 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:45:01 ID:3HQF3mDn0
>>710
お墓に花束をあげてください

712 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:50:34 ID:WM8i1US/P
記憶力と発想力はトレードオフって話もあるね

713 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:52:15 ID:SaypzWoT0
>>702
あくまで天才が必要とされなくなったのは、高度成長期以降の政治と企業の癒着によるものだけどねw
それまではやっぱり日本だって天才が事業を興す欧米型に近い形だった。
東芝の創設者の田中久重なんてからくり儀右衛門として希有の天才として有名じゃん
ほかにも大企業を興した人たちは大体は商才ではなく技術で身を起こしてるし
分野は違えど大体天才と言ってもいい。

それが才能を発揮でない社会になったのはここ2〜30年くらいの話だよ。昔からじゃない

714 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:54:31 ID:IJJE36D10
アナログなディスティニープランですか、
生まれた時からレバー押すだけ、それ以上もそれ以下も望まぬ決定された一生と

715 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:58:03 ID:PMZMXkrf0
でも安定Aなんだろ?
爆発目指すには安定Cじゃないと。

716 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 17:59:54 ID:WM8i1US/P
アメリカでもGEは集合天才の考え方を取ってるね
これは非常に日本的だとおもうし、又、GEは栄枯盛衰の激しいアメリカでも
長い間生き残ってる企業としても有名

717 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 18:03:06 ID:TXaRPk4p0
やはり知能は遺伝なんだな。

努力や根性でどうにかなるわけでもないのに
努力真理教にとりつかれて、努力努力叫んでた奴涙目w

718 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 18:19:10 ID:AuedxbvIP
>>3
既に抜かれていると思うが。

719 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 18:19:11 ID:QcA6P+Zc0
確か、一番優秀だったヤツは実験中にいなくなっちゃったんだよ。
どこをどう逃げたのか、いまだに見つかっていない。
ベン、、、とか何とかいうんだ。そいつ。おや?誰か来たようだ、、、

720 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 18:30:40 ID:dMYRo7BY0
>>693
バカタ大学が早稲田のこといってるなら充分以上の一流だろ
退化とか何をいって

721 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 18:35:28 ID:0lM3JCVW0
>>482
まぁ馬鹿ばっかだと思うぞ。
医学部に在籍してるが、東海卒の医者に見てもらいたくねぇし

722 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 18:44:31 ID:6+obYcPY0
>>674
しかし記憶力というのは、すべての学習行為の基礎だ。それがほかの固体の数十倍なら、凡人にはなるまい。

723 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 18:48:22 ID:EEHKt5Cp0
390     数学ができる引きこもりと大人の社会で会話できるきゃば嬢じゃどちらが知能が高いと言えるの?

├393     >>390 知能だけなら前者
└408     >>390 前者に決まってるだろ 嬢がノーベル賞取れるのかよ



↑知能の定義もしない。ステータスとしてノーベル賞しか思いつかない。ダメだわ、こいつら。
 かといってこういう阿呆どもを殺していけば日本人が改良される、ということにはならない。

724 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 18:48:51 ID:4u16AJhG0
…見込みある子供に天才教育を施した方が早かったのでは。

725 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 18:59:09 ID:Z+wkjI9p0
>>3

鳩山も水に突き落として実験してみればいいのにな。

そしたらどれぐらい馬鹿か判る。


726 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:01:17 ID:Ch0uI6mA0
>>16
何が言いたいのかよく分からないぞwww

727 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:01:40 ID:0tXJR3ag0
1000世代ぐらい続けてれば石器文明とか誕生しそう

728 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:05:22 ID:Z+wkjI9p0
>>713

田中久重は間違いなく天才だっただろうね。
天才は年を取っても天才。
将にそんな人物だった。


729 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:08:56 ID:2kEX7SKmO
アルジャーノンか

730 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:09:27 ID:ZT343Qi80
>>675
人間で現在の価値観による天才ばかり作ったら進化の袋小路じゃん
環境が激変したときに生き残る種は、多様な遺伝子が広がってる種だよ

いまだってそういう別の状況になると有利な遺伝子がある
鎌状赤血球症って赤血球の奇形は、遺伝子が両方揃うと成人する前に死ぬんだけど
マラリアには強いから、蔓延してる地域じゃその奇形率が高い

731 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:11:04 ID:dL2KngGd0
人間でも当てはまるから、知能の低い奴を過剰保護する今の政策を続けてると、
あっという間に日本が劣等民族になっちまうw

生活保護なんか廃止して、馬鹿が自然に死ぬようにしないと。
明治の日本人が優秀だったのは戦国時代や飢饉で馬鹿が自然に死んだ結果だからな。


732 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:14:50 ID:Z+wkjI9p0
>>730

日本の女は遺伝学を勉強せずに、
「金を稼いでいる人間が優秀な遺伝子を持っている」と主張するので話にならない。


733 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:23:00 ID:Zq3M6Kz10
この手の実験動物は、クリーンな環境で滅菌した水と餌をもらって
生きているから、外の環境でドブを泳いでミミズを食べたりできない。
病原菌にも弱い。温度変化にも弱い。だから逃げ出してもスグ死ぬ。
こういう実験動物の頭の良さはルーチンの作業をミスなく出来るってことだから、
環境の変化に適応したり、自分でなにか奇策を考えるとかはできない。

734 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:27:31 ID:dL2KngGd0
>>733
戦後教育そのものだなw

良い大学に行って良い会社に入って儲かってる他の会社のやり方をパクるっていうルーチンワークはみんな頑張るけど、
昔のソニーや本田、任天堂みたく、自力で新しいイノベーションおこすことには興味なし。。。


735 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:33:15 ID:cfA/wgXPP
コーディネーターが産まれてディスティニープランだな


736 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:36:26 ID:LBgQsWeV0
>>731
幕末・維新後って、優秀な人物ほど戦やテロで死んでたりするぜ(:大村益次郎
生活保護があろうとなかろうと、バカが繁栄することはない。
いずれ、多産多死になるだけ。

737 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:43:12 ID:Xl/bBFJqP
賢さが遺伝することをサラッと書いてるとこに驚いた

738 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:47:58 ID:Ynod4qQY0
>>737
人間ではタブーとされているもんな。
賢さが遺伝するということは逆説的に
知的障害や精神障害も遺伝するということになり、
差別につながっていく。だからタブーとされている。

739 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:52:46 ID:Q0xTel/a0
>>736
頭の固い馬鹿も多く死んでるけどな。


740 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 19:55:24 ID:ugnwIclR0
大抵の奴は死ぬしw

741 :かわぶた大王:2010/07/28(水) 19:56:48 ID:H4mI8TWC0
次の総理大臣に決定だな。

742 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 20:03:20 ID:yNThYxS60
>>627
地域差がこんなに大きいのか
北海道とかいいんだな
人口が多いとこは軒並みだめじゃないかなんでだ

743 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 20:05:44 ID:auh+k1zS0
>>398
今自然界で生き残ってるだけで淘汰の結果の天才集団なんだぜ。
天才を超える天才を人為的に作ったのが今回の成果。
ロシアでは狐の皮を取り易くするために、人馴れの良い個体ばかりを選択交配させてたら、
20年くらいで何故か毛の色がカラフルになり、人に良く懐く様になった。
狼が犬に進化するのに何千、何万年掛かったか知らないけど、
人の手が入れば数十年で似たような進化が起きる。


744 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 20:06:52 ID:lHuT7hTc0
生まれてくる子どもがほとんど天才ということは、
賢さという点において、遺伝的には、稲みたいな作物品種みたいに純系になったんだろうな。
あとは、背が高い固体とか、寿命が長い固体とかをそれぞれ純系にしたものと
掛け合わせて育種学になぞって戻し交雑をかければ、いつかは完璧超人ができることになる。

人間に応用するには、途方も無い時間と、1人の夫婦から数千、数万人の子どもを一時に作る技術。
それと、適合しない固体をすぐに殺せる倫理的無法さが必要だが。

745 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 20:09:07 ID:OfkJrNcl0
>>3ででてた。

746 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 20:28:10 ID:Z+wkjI9p0
>>737
いや、記憶力はともかく、、突き抜けた天才を生み出す遺伝子という物は、未だに見つかっていない。

環境要因の方が大きいらしい。

人間どんな遺伝子を持って生まれても、育て方によって天才になる可能性がある。


747 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 20:32:03 ID:praWEnEQ0
人為的に進化させたに等しいな
そのうち世界のどっかの研究機関から外に出て自然繁殖し始めるぞ
世界に広めるな 今のうちに処分した方が人類の為になる

748 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 20:33:21 ID:SllnBQyS0
カエルのJ系列がどうやって出来たか考えれば・・・・

749 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 20:36:06 ID:5dBUZatO0
チャーリィー…

750 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 20:41:51 ID:lvFMbnv/0
つまり、高学歴同士の結婚で生まれてきた子供は経済的にも脳みそ的にも天才ということか。

751 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:02:48 ID:FdsGKjD10
クイサッツ・ハデラッハ

752 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:03:27 ID:Hymnh3LG0
>>750
脳の良さって遺伝子の割合が大きい。

753 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:06:42 ID:mzXn32M80
人間も馬鹿は馬鹿だって証明されたようなもんだよな。

754 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:06:49 ID:KAuLYPxh0
これは地味だけど、凄いよな。国宝級の成果。


755 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:09:47 ID:2/Jo9iW50
これ、単に実験室の環境に適応したラットで、野良に放っても生存競争に勝てるとは限らんよな。

756 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:11:50 ID:D0MxXaG70
学習能力が高いんじゃなくて
ものすごく電流が嫌いなネズミなのかも

757 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:16:32 ID:opiJM7J40
>>746
まあ大概の場合、優秀な遺伝子を持つ者は(先祖代々)環境要因も良いわけだがな。

758 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:24:26 ID:0U1NP3+C0
>>744
昔ヒトラーがやろうとしてたんだっけ


759 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:27:24 ID:WM8i1US/P
遺伝7〜8割 環境3〜2割
学者は大体こんな感じの割合を言う人が多いらしい


760 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:29:40 ID:so70z3CB0
でも結局、他のラットと同じ使い捨ての実験動物にされる運命なんだよな
ただの効率化

761 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:30:11 ID:Ynod4qQY0
>>759
他の才能と一緒だな。
素材が無いことには始まらない。

762 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:31:20 ID:x3hhhEgW0
>>712
おもしろそうな話だ
ソースはどこらへん?

記憶できないから情報圧縮して短くして覚えることがある


763 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:31:40 ID:ALzTPFAt0
このネズミたちが逃げ出して自然界に

764 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:33:16 ID:WM8i1US/P
>>762
茂木ちゃん

765 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:34:58 ID:vjCJCSGe0
実は他のラットたちは、大して効いてもいない電気ショックが効いてる演技をしているだけだと気付いたのは俺だけか。
レバー押すより楽だからな。

766 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:35:55 ID:ugnwIclR0
短期記憶で数字は7桁が限度ってのはなぜか共通なんだよな。
知能と関係ないらしい。

767 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:37:41 ID:pm9vkrrw0
米国の科学コラムニストのサレタン(William Saletan)は、次のように指摘している。

「・・約10年前のデータだが、米国の白人の平均IQは103だった。
アジア系米国人は106、ユダヤ系米国人は113、中南米系米国人は89、アフリカ系米国人は85だった。
研究結果によれば、世界においても同じ一般的傾向が見られる。白人は100、
東アジア人は106、サハラ以南のアフリカ人は70だ。
別のIQ表では、香港が113、日本が110、英国が100、豪州、カナダ、欧州、ニュージーランド、南アフリカ、
そして米国の白人の数値も世界全体としての黒人のそれよりも英国の数値に近い。

この傾向は少なくとも1世紀にわたって変わっていない。
 ・・IQの差異の半分以上は

「遺伝」


によるものだ。・・
http://blog.ohtan.net/archives/51073126.html

768 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:38:36 ID:WLErASoYi
エリートラットが東海大学生の知能を超えた歴史的瞬間であった

769 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:40:57 ID:nAXzMAr/0
人間でもやるぞ

770 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:42:06 ID:IwdMPp+d0
おまえらニートよりはずっとやくにたつな。
ニートでも生きていたければこのネズミみたいに薬の実験台をやってろ。

771 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:42:25 ID:WM8i1US/P
アインシュタインは
本(ノート?)に書いてある事をイチイチ覚える必要なんか無いとか言ってたし
数学の教授や高IQ者の中に
簡単な四則計算が(苦手じゃなく)全くできない人もいたりなんかする

772 : ◆C.Hou68... :2010/07/28(水) 21:43:09 ID:/NTzsZrU0
そのうち「知能の高いネズミを殺すな」って変質愛護が騒ぎ出して
駆除できなくなって、ぶくぶく太って巨大化して、
知能と体格を兼ね備えて人間を襲うと

773 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:43:31 ID:ugnwIclR0
そんなもん経済学の教授だってそうだろw

774 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:43:45 ID:WLErASoYi
>>746
>人間どんな遺伝子を持って生まれても、育て方によって天才になる可能性がある。

これはあくまで願望であって、実際には遺伝で決まるよ

あまり生まれの良くない双子の女の子を、
裕福な家庭と、最底辺に近い家庭で育てたけど
大人になった二人の知能程度は似通っていたそうな

両親が東大・京大クラスだと、子どもも基本的には素で知能程度が高い
これは経験からガチ
もちろん、お前らみたいなハズレもたまに生まれるけどね

775 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:43:57 ID:5eJnni+l0
賢さが遺伝するということに驚いている人が多くて驚いた(w
そりゃ遺伝するだろ、脳の能力の一部である運動神経(実際は体をイメージ通りに動かす能力の一部)
だって自分の身の回りで目に見えて遺伝しているだろうに
ちなみに賢いやつの真似は無理、本人は特別に考えなくても当たり前のように
色々と浮かぶものだから

776 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:46:43 ID:WM8i1US/P
アスペルガーは100人に一人だかそれぐらいの割合らしいが
ウチの家系は女性を除くとみんなアスペw
共感覚と言う数字や音、匂いに色がついて見える能力は
5万人だか10万人に一人持ってるらしいのだが
俺の兄弟はみんな持ってたりする

777 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:46:49 ID:WLErASoYi
ラットは世代交代も早いし、大人になるまでにかかる時間も短いから、
こういう品種改良が可能だったんだろうね。

人間でやるなら、単純に200倍くらいの時間が必要そう。
ラットで30年なら、人間では6000年だな。
6000年末なら、遺伝子を適当に操作して、どんどん実験した方が早い。

778 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:47:00 ID:pm9vkrrw0
「アシュケナジー系ユダヤ人のDNAに、知的優位性の証拠がある
被験者の知的優位性は、アシュケナジー系ユダヤ人の特徴的な遺伝疾患Tay-Sachs、
Niemann-Pickが関係するどころか、そこに帰することがわかった」。

 研究者2人は、自身が表紙を飾るニューヨークマガジン最新号で主張する。 理論の根拠として
Tay-Sachs、Niemann-Pick患者の脳細胞に神経伝達組織の顕著な増加がみられたと
する、アルバート・アインシュタイン・カレッジ神経学博士スティーブン・
ウォークリーの研究を挙げる。

 遺伝子進化の過程で、ユダヤ人の知性はある遺伝的疾患と中世ヨーロッパのゲットーで蒙った
差別の結末との連携で発達した」と理論付けている。 染色体の自衛機能がなければ生き残れなかった

先天なら、東アジア人が全人種中最も知能に優れている。
http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/603.html

それでも香港・日本はユダヤとほとんど差は無いけどね。
日本なんて1億人を軽く超える人口で平均IQ110って普通に凄いよ。

779 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:47:55 ID:nAXzMAr/0
>>774
でも東大京大クラスだからといってそれが天才とは限らないんだよな
もちろん成績という意味では天才だけど精神的におかしかったりする人間も多いから
一般社会では何の役にも立たない

780 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:50:28 ID:x3hhhEgW0
>>764
モテさんっすか……


781 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:51:06 ID:ugnwIclR0
医学部ならともかく東大京大だから頭がいいって考えてる時点で
もう低脳なのがばれてるんだがいちいち突っ込むのもめんど〜

782 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:51:15 ID:4mk7C/Fj0
こんなの意味あんの?
同じ期間、うまい肉の家畜を掛け合わせたほうがよっぽど有益じゃん。

783 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:51:50 ID:WLErASoYi
>>779が東大・京大卒なら、あなたの言うことを信じてあげようw

たしかに、あいつらはアスペっぽいのが多いけど、
実社会では役に立つし、仕事も出来て信頼できる連中が多いですよ

784 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:51:53 ID:pm9vkrrw0
長い間、ヨーロッパでは金融業が、卑しい仕事と考えられていて、
自国民(キリスト教徒)が金融業に就くことが禁止されていた。
つまり金融業はユダヤ人にしか認められていなかった。

ユダヤ人はギルドにも入れかったので多くは金融業に就くしかなかった。
産業革命時、既に金融の基礎が出来上がっていたユダヤ社会とこれから
金融を始めるキリスト教社会で、圧倒的な差があった。

金の管理、運用が得意で金持ちが多いのもなんとなくうなずける。

あとは、歴史的に迫害されてきた民族だから、優秀なのしか残れなかったということか。
中世・近代ヨーロッパでは、法律でユダヤ人は年間の結婚組数が決められていたので、
限られた人しか結婚できなかった。

つまり、結婚も普通の人は結婚できなく、優秀な人しか結婚できなかった。子供も優秀な
子供同士の結婚。孫もまた優秀な孫同士。と、何代も代を重ねれば、優秀な子供しか残らなくなる。

785 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:52:58 ID:gKSCjITV0
なんと残酷な話だ

786 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:53:13 ID:FAGtJvfX0
>>122
それテレビで見たけどその子小学校で同級生に「精子野郎!」とか言われて
殴る蹴るのいじめを受けていたよな
そんでその女性は現在犬のブリーダーやってて「優秀な遺伝子が〜」だの
「精子がいいと優秀な犬が〜」だの言ってて息子とは微妙な関係になってたぞ

787 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:53:16 ID:Xg0Y51ZD0
人類の進歩もこうだったんだろうな

788 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:53:48 ID:dF3s141R0
逃げ
抽出レス数:14

天才ラットが逃げ出して…って何の話だっけ?

789 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:53:49 ID:rD5B8iv/0
>新卒至上主義が諸悪の根源。
>だから勉強したくなくても、まだ就職したくない連中が遊び目的で大学に入る。

日本の大企業社員はほぼフリーパスで多くの企業秘密にアクセスできる。
企業秘密にアクセスできない社員は、逆に会社から信用されていない社員だ。
欧米の企業と違い、日本社員全員が自社の企業秘密にアクセスし
改良改善協業をして世界に冠たるグローバル企業になった。
そういう社風なので、産業スパイを入れたくないから新卒採用している。
中途採用をしてわざわざ産業スパイを呼び込む、そんなリスクは避けている。
また、巨大組織の企業は協調性を追及していて、組織の和を乱すような潜在的人材はお断りだ。
ピラミッド構造の幕藩体制で坂本竜馬は当然、NG。竜馬は幕末という特殊環境で英雄選択された。
天下泰平の元禄文化じゃ、竜馬は無宿者として、瞬殺されていたろう。または、庄屋の用心棒か?

予備校業界では、「MARCH未満は大学じゃない」と言われているようだし、
企業採用エントリーシートでもMARCH未満は弾かれることがあるようだ。
私のころは、「大東亜帝国」の理系の専攻分野が生かされる?ような
企業の説明会&採用試験にいけたが、
念入りに自社企業の商品CMを浴びせられた後
(専攻分野なのでそれに関連した商品の機能は「大東亜帝国」全員理解できる)、
入社試験を受けさせてはくれたが、企業負担で採点に数千円かかるので、
解答用紙は採点すらされずにゴミ箱に捨てられていたようだった。
商品の売込み宣伝を聞かされるためだけに、会社説明会に行って、
「この商品を後で自腹で買え!」と小さな試供品を渡されて追い帰されるようなものだった。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news7/1156493823/88-185

「身体能力の低い」、「金持ち」の「男子」がMARCH未満のバイオ大学へ進学する。
すると、以下のようになる。だから、勉強の優先順位を上げようという話だ。(今の私は貧乏だが)

790 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:54:19 ID:rD5B8iv/0
>>789
二行まとめ

偏差値50理系バイオ大で、ケンカの弱い男が本気で勉強すると、就職高校、定時制高校、農業高校、工業高校、商業高校で勉強するのと全く同じ種類の文化摩擦が起こる。
身体能力に問題のある肉体労働ができない男子が、偏差値50の肉体労働者を輩出の大学に入学すると、勉強、実験を邪魔され無職になる。

もう少し、詳しく言う。
「新設バイオ大学」という表看板の、偏差値50「中小・小売店舗の店員さん養成大学」だ。
例外的な進路もあるが、偏差値50「新設バイオ大学」は「中小・小売店舗の店員さん養成大学」だ。
就職状況で、人文系の「文学部」の立場のようなものが、理工系の世界で言えば偏差値50「バイオ」だ。
文学を勉強して、文学とは違う世界へ就職する。
同様に、バイオを勉強して、バイオとは違う世界へ就職する。(勉強しないけど)
また、バイオを勉強しよう、日経新聞を読もうとすると、村八分で、攻撃され、破滅する。

この話はみんなが否定する。だから、世のため人のため、表に出す。
大学内部の人がこの話を否定するのは当然だ。給料をもらっているからだ。これは仕方ない。
しかし、大学外部の東大卒のプロの心理カウンセラーが否定した。
「そうかもしれないけれど、あなたの気のせいかもしれないね。
 あなたの見たもの感じたもの、その経験、そのすべて、全部、何もかもが、あなたの気のせいだよ。」
大学外部の専門家だ。経験と教養のある東大卒の専門家が否定した。
そして、父、家族は、手加減したんだろうが、私を3時間以上殴り、生活費をカットした。
卒業し、肉体労働に向かない私が無職になると、父は、混乱、動揺、狼狽した。
親が混乱、動揺、狼狽する姿を見たくない。ほかの人にも経験させたくない。
だから、偏差値50のバイオ大学の実態を出すことにした。
(刑事時効成立の件に関しては、「ヒドイ大学だねぇ。」と赤の他人は同情する。
 赤の他人の東京人の立場だと、時効が成立する前は、返答で慎重になる。
 時効が成立した事件から順々に同情する。ボーっとしているようでいて、東京人は計算している。
 東京人は厄介ごとに巻き込まれたくなかったんでしょう。私も東京人だから、気持ちはわかる。)

やっぱ、中学生、高校生は、勉強の優先順位を上げよう。

791 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:54:32 ID:rD5B8iv/0
>>789
 〜〜〜 言いたい事はここまで。ここから先の投稿は便所の落書きだ。証拠がない。おまけ。 〜〜〜

東京文化圏で偏差値50のボリューム層の世界だ。
田舎娘たちが東京不良たちと仲良くし、ひ弱な金持ちの悪口を言う。
同時に、その田舎っぺが、そのひ弱な金持ちに向かってスカートをめくって追い回し、結婚したがる。
カッペはひ弱な金持ちを追いかけて付きまとう。ひ弱な金持ちが言い返すと、ストーカーと不良や教授に言う。
(カッペは腕っ節の強いコワモテの金持ちにはチョッカイを出さない。ナメた態度をとらない。)
ありえない。こういうありえないモノの結果はどうなるか?
そのひ弱な金持ち坊ちゃんが死んだ。ありえない世界だ。便所の落書きだ。

若いバカ女の安全を確保する仕組みはたくさんある。が、ひ弱な金持ち(男)を守る仕組みは何にもない。
ひ弱な金持ちには、ホントに悪い人が磁石の砂鉄のように集まってきて、意地悪ばっかりする。
エッセイストの中村うさぎ風に言うと「しょっぱい思い」をする。

ここから先はこういった、ありえない世界、便所の落書きが続く。
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/student/1269542008/3-285

(文章がマカロニのように短く切断されています。繰り返しも多いです。
 不自然に切断、繰り返されている印象を受けるかもしれません。
 そうです。不自然です。インテリにはストレスを感じる文章です。
 しかし、普通の人は長文を目で追うと、内容が気持ちの「桁数あふれ」になります。
 書類の氏名欄に長い住所を書き込むようなものです。ネットだけかもしれませんが。
 偏差値50以下の人が心が折れないよう文体を切り刻んで整えてあります。
 NHKスペシャルやテレビ東京のドキュメンタリー番組の、ぶつ切りの「読み上げ」に近いです。
 漢字は比較的に難しいものを部分的に使っています。
 それは辞書で調べてください。http://100.yahoo.co.jp/

792 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:54:41 ID:rD5B8iv/0
>>789
細かい話は省略して、問題児の田舎娘について2行でザックリ言う。
「メスの田舎ピラニアたちが、東京砂漠でモガいて干物になる。」
田舎ピラニアの運命は、田舎へ帰るか、東京で干からびるか、だ。

細かい話は省略して、問題児の田舎娘について7行でザックリ言う。
田舎娘は、「不良や教授」にそれぞれ「快楽セックスや人脈」の見返りを求め、お調子を合わせる。
この田舎娘は、ひ弱なお金持ちの家に結婚し、不倫で不良の子を妊娠し、その家に不倫の子を産み付けようとする。
あの田舎娘たちは、すべての東京男にとって、結婚制度枠組み内での子孫繁栄に邪魔な女たちだ。あれは低偏差値の校風だ。
あの田舎娘たちは、「不良や教授」にお調子を合わせて、「不良や教授」と不仲の男性と結婚したがる。
そういう女カッペに「刑事訴訟、民事訴訟の証人になってもらおう。」とか「味方になってもらおう。」という希望的観測はするな。
女カッペはワニやピラニアのような水棲危険動物であり、そいつが東京砂漠でモガいていると思ったほうがいい。
東京文化圏の小学校、中学校、高校、塾、近所の草むしり清掃ボランティアの輪にはいないタイプの女たちだ。


793 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:54:52 ID:rD5B8iv/0
>>789
     〜〜〜〜〜 10行まとめ 〜〜〜〜〜
 (これを証明する証拠はない。あれば訴訟を起こしてる。)

田舎娘は、「不良や教授」にそれぞれ「快楽セックスや人脈」の見返りを求め、お調子を合わせる。
「田舎者の女が資産家へストーカー等々、濡れ衣を着せて、誣告し、孤立させる。
 孤立させ、集団イジメが始まると、その女は自らスカートをめくるなどして、その資産家を追い回す。」
「ひ弱な資産家をいじめて、無職にし、弱らせて、とっ捕まえて結婚しようとする。」
「ひ弱なお金持ちの家に結婚し、不倫で不良の子を妊娠し、その家に不倫の子を産み付けようとする。」
こういう無茶をやるのは全員「100%、生粋の田舎娘」で、その女のバックには必ず「不良や教授」がいる。
余談だが、女が資産家の私をストーカーとののしり、濡れ衣を着せ、誣告する前だ。
誣告するその前の段階で「不良や教授」は資産家の私をこうイジメてきた。
「女へあいさつするな。セックスするな。やり取りするな。カネを渡すな。」
「不良や教授」は信用できない連中だ。ちなみに、当時資産家で、今の私はスッカラカンの貧乏だが。
     〜〜〜〜〜 10行まとめ ココまで 〜〜〜〜〜

蛇足だが、
田舎娘は、お金持ちから「信頼されること」や「愛されること」が大切だと考えていなかった。
田舎娘は、ひ弱なお金持ちを狙い「いじめて奪う」戦略に出た。
お菓子や昼飯、ゲーム、裏ビデオくらいの金品なら 「いじめて奪う」 の東京不良のカツアゲがマンマ通用する。
が、しかし、親、家族、親族、さらに非血縁の親戚が複雑に相互作用し、絡み合う結婚(相続)は無理だ。
田舎娘がお金持ちをいじめてみんなの嫌われ者におとしめる。
その結果、そのお金持ちは親から絶縁、勘当されて、相続権を失う。
そんな可能性を田舎娘は考えていなかった。
ひ弱な坊ちゃんの私が遠くから「不良や教授」と「田舎娘」との人間関係を見る。
「不良や教授」と「田舎娘」とは、生態学の「寄生関係」なのか「共生関係」なのか良くわからない。
私には「不良や教授」が「田舎娘」の婚期を搾取する「寄生関係」に見えたが、気のせいだろう。
そういう生態学的なくくりではなく「類は友を呼ぶ」、いわゆる、性格の悪い連中が群れる「ルイトモ」だ。

794 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:55:58 ID:WLErASoYi
>>787
高度な情報共有が出来て、知性が価値観に結びつくようになったのって、
人類の歴史全体から見ると、極めて短い時間に過ぎないからどうだろうな

どちらかと言うと、病気への耐性とか、特定の最近への抵抗力とか、
日照時間、気象変動への対応、そういう環境への適性が支配的なはず

795 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:56:46 ID:rI695IFg0
ねずみ△wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
30年もかけたのかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
人間もそのうち天才児作れるかもなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

796 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:57:13 ID:pm9vkrrw0
ユダヤ人1300万人でノーベル賞、170人以上、フィールズ賞16人

日本人全体で10倍の1億3000万人でノーベル賞15人、フィールズ賞3人です。

韓国人5000万人でノーベル賞は1人(ドルで貰った似非平和賞)、フィールズ賞は0人。

香港人700万人でノーベル賞0人、フィールズ賞は0人

中国人は中国系20億人で7人、フィールズ賞は3人。

台湾人はノーベル賞1人、フールズ賞0人。

知能、創造力は
アシュケナージ系ユダヤ人>>>>>東アジア人です。
人種差別でノーベル賞は黄色人種、特に日本人は昔は取れなかったが
それを考慮しても大きな差がある。

797 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:58:33 ID:rD5B8iv/0
>>789
|||||||||||||||''|||||||||||||゙|||||゙|||''|||||'゙||||゙||||||||||゙||||||||||||||||||||
|||||||||||||゙ || |||||||゙||' ||゙ ゙|| '||| ||| ゙|||||||゙ |||||||||||||||||||
|||||゙||||||゙ || ||||| ||  | || | |'||  ||  ゙||||゙  ||||||||||||||||||
|||| |||||__,,,|- ||| | '''|/| | | |\,,|''' ||| ,,,,,,||゙||| ||゙゙゙||||||
||||/|||゙ ,,,|,,|||--・''''゙゙  ゙  |  |・- |- ,,,,,,|| || ||  ||||||
|||| ,,|||-'''  | |   ::::::    ,.::::   |   |'''|-| 丿||||
|||| ''' ゙  ,,,,,,,,,,,   :::::    .:::''         ゙''- |||
| リ三,, - 'i': : : : :゙:'ヽ. ::   :::'' ,, -'':゙:゙:゙゙:':'ヽ-,, 彡 |||
   'ヽ, |': :(:::::): :| 'ヽ:::  .::'.'/ |: :(:::::): :| ゙''-,,,,,:::||
 -=-,,,丶|,,: :'''': :,,リ,-,,,|::::  ://.,,,,,,,|: : :''''' : リ/゙-ヾ 丿  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
゙・ ''゙゙, -・-゙'''''''''゙-=≡_丶 '''',ヾミミ゙゙''''__-'''_彡ヾ'''' /ソ < カネ出せ、セックスしろ!
''|,  ゙       ゙゙,-'''゙   ヽ-     ̄   ゙゙  | ,ノ゙  | オマエはホモか。
゙ヽ,   ,,,,      //   ,ヽ       .,,,  ,||||||  \__________
||||i,,  1゙゙,,-ヽ,,,,   ,/゙゙..  :ヽ,     ..,,,,,゙゙゙リ /|||||||
|||||ヽ ゙'' |ヽ''・,,,','-  ''''ヽ,,-''''゙ ,,,,:/.,,,./:リノ 丿||||||
:|| |||iゝ   fリt^-'',',,・-..,┬,,,,...--・・,゙゙_ リ//  /||| リノ
  ||||ゝ,,丶\::v || |:‖ -__w ヽリ゙リ゙|j:‖//  /|リ
   ヽヾゝ''ヽヽ::,, --v,‖ :リ,,リ,゙,,,,,::://ノ /リ
     ヾ|ヽ,゙ヽヽ,,   ''|'''_  :::ソ/  /リ
      | ゙ヽ.\゙Vri ri | ‖iヾソノ  / |
      |   \,゙' ,,゙''''''゙゙''''''゙゙/ /HIV |
      |    \ ゙゙'''''゙゙'''''''゙ / (+) |

798 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:58:46 ID:rD5B8iv/0
>>789
お坊ちゃんが勉強すると、浮いていじめられる校風の底辺大学の風景
   /     , −  ヽ    |        /
  /      //  ヽ  ヽ   |        | 不良「この女は誰と結婚しようとも、
 |  怖   /  /田舎娘\ |       |    不倫で俺の子を産んじまうよ。
|   い  |    | | | ) ) )` |       /     俺のリモコン女だ。」
|   表  |   |ノノノノノノ    /       |
|   情 |ジロリ|-・==-_|    |       \
ゝ    (|   |   ̄  〉 ∩/        |
  \ヽ  .||   | "   ( ̄ ̄/         |
    w 从|l |ll ハ   /~ ̄フ⊃         |
   ヽ/  ||  / ̄ ̄  /〜|         /
  / \ ̄||‐ l |    /\_/        /
「ほら、アタシのフェラチオをありがたく見ときなさい。これも大切な社会勉強よ。
 アタシは協調性のあるエリートだから、こんなに不良グループと仲がイイのよ。
 教えてやるからオマエもアタシのようにマネしなさい
 (不良への金品献上だけではなく、男性の私が口で不良へフェラ奉仕をするのか?)。」

ひ弱な金持ち坊ちゃんは、「病的な不良好きの女」 を決して「可愛そうな女」だなんて思ってはいけない。
ワニが獲物を捕らえて、暴れる獲物を水へ引き込み、ブクブク窒息させる。それと同様に、
「病的な不良好きの女」は「不良の暴力世界」へ「ひ弱な金持ち」を引き込んで衰弱させようとする。
ひ弱な金持ち坊ちゃんは、「病的な不良好きの女」 をアマゾン川のワニかピラニアだと思ったほうがいい。

「あの女は誰と結婚しようとも、不倫で俺(不良)の子を産んじまうよ。俺のリモコン女だ。」
こんな風に東京の不良からトイレで言いふらされ、または、そういうシグナルを出されて、
田舎娘の東京大冒険劇の幕は閉じる。
この後、この田舎娘は、東京で一生独身か、田舎へ帰るかだ。

この女、結婚相手の子孫を残すつもりがない。
この手の女に目をつけられると、いろいろあって、家庭を持つ余裕がなくなる。
余裕がなくなって、「ひ弱な金持ち坊ちゃん」は子孫を残せなくなる。

799 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:58:51 ID:XEAKy/SM0
やっぱ遺伝子は大事だな
馬鹿からは馬鹿が生まれ続ける

800 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:58:57 ID:xu6Zulc/0
誰も知らないorスルーしてるっぽいから俺がw

>>11
氏ね氏ね氏(ry

801 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:59:03 ID:ghj/9XwR0
>>796
日本人じゃなくて畿内人だ

802 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:59:03 ID:rD5B8iv/0
>>789
偏差値50の私立理系新設バイオ大学だ。
田舎娘は、「不良や教授」にそれぞれ「快楽セックスや人脈」の見返りを求め、お調子を合わせる。
一方で、田舎娘たちは、ひ弱な金持ち坊ちゃん(私)へストーカーなど濡れ衣を着せ、徹底的におとしめる。
(ストーカーという言葉は当時ないので、同じ意味で違う言葉だ。説明しやすくするためにストーカーを使った。)
ひ弱なお金持ちと結婚する手段のために、そのひ弱な金持ちをおとしめる。(え、なんだ?ツジツマ合わないぞ。)
そういう田舎娘たちが人前で自らスカートをめくり、その坊ちゃんを追い回す。
信じられないだろうが、こういう大学は存在する。入学しても、復学しても、そういう大学だった。

私は入学していじめられ、体の具合が悪くなり休学した。
休学して、療養し、復学し、シモネタを叫ぶキャラで卒業した。
私が「シモネタを叫ぶキャラ」になると、人前でスカートをめくった痴女たちに追い回されるという事態だけは、避けることができた。
「自分でオナニーしろ」と田舎痴女へ手紙を何通も郵送し細かく指示したら、さらに不良や教授からストーカー扱いされた。
が、その痴女ひとりだけは毎日毎日、自宅で6回、大学で1回大量オナニーして少しだけおとなしくなった。田舎女は東京女と人種が違う。
(ストーカー法は当時なかった。バブル崩壊期は、ストーカーという外国語もそんなに定着していない時代だった。)
あの田舎娘たちは、人間関係を悪化させるキッカケを作り、そして、もっともっと悪化させる触媒のような存在だった。

不良への金品カツアゲへ積極的に応じて、実習、講義へ出席可能となり、実習、講義の単位は何とか手に入れた。
しかし、不良は「私の研究室の出入り」だけは禁止し、私の卒業研究は不可能となった。本気で卒業を阻止してきやがった。
それで、とても寒い大晦日の深夜、こっそり研究室に侵入した。
侵入して、資料をまとめて、卒研ではなく、資料発表形式で卒業した。
大学には、外部へ持ち出すと逮捕され刑務所送りになるような、クスリや病原体が山ほどある。
だから、今はもっともっとセキュリティーが厳しくなっているはずなので、侵入するのは無理だと思う。

そのバイオ大学は、例外的な進路もあるが、ほとんど中小規模の小売店舗の店員さんになる。ニセモノ大学だ。

803 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:59:14 ID:rD5B8iv/0
>>789
私は入学していじめられ、体の具合が悪くなり休学した。
入学したとき、カネ目当てでストーカーと誣告されるなど、いじめられてムチャクチャになった。
休学して、療養し、復学し、シモネタを叫ぶキャラで卒業した。

復学した後だ。
教授側、大学側に相談しても、あべこべにイジメられたので、教授側、大学側には何度も何度もは相談しない。
相談すればするほど、立場が悪くなるので、教授側、大学側には何度も何度もは相談しない。
訴訟を起こす前に、一回は相談しないとややこしいので、一回は相談する。(訴訟を起こせる証言はそろわなかったが。)

私が「シモネタを叫ぶキャラ」になる。そうやって、スカートをめくって私を追い回す田舎娘たちをひるませる。
欲望で頭の中がいっぱいになって、気が変になっている田舎娘へ「自分でオナニーしろ」と手紙を郵送する。

不良への金品カツアゲへ積極的に応じて、実習、講義へ出席可能となり、実習、講義の単位は何とか手に入れる。
不良がヘソを曲げ、大学を出入り禁止になったら、
大学研究所に夜中に入って勝手に資料をまとめて卒業する。

あの大学はまともな方法では卒業できない異常な理系大学だった。
その新設バイオ大学は、例外的な進路もあるが、ほとんど中小規模の小売店舗の店員さんになる。ニセモノ大学だ。
「良い就職口」や「コネではない実のある進学」さえあれば、イヤなことはチャラになったんだが。

あの田舎娘たち、集団痴女は、裁判の証人にはなってくれない。
女カッペはカネ目当てのくせに土下座チンコしゃぶり、アカなめもしない。

卒業した何年も後でわかったが、その田舎娘たちの目的はこうだ。
「ひ弱なお金持ちの家に結婚し、不倫で不良の子を妊娠し、その家に不倫の子を産み付けようとする。」
これを確信したのは、大学を卒業した何年も後だ。他人が何を考えているのか、その場じゃわからない。何年も後だ。
あの魔女、今は白衣着て海産物(口に入れるモン)の天然毒の研究してた。コエー

804 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:59:26 ID:rD5B8iv/0
>>789
偏差値50の理系バイオ大学の世界の話だ。
女が私をストーカーとののしる前だ。その前に不良や教授は私をこうイジメてきた。
「女へあいさつするな。セックスするな。やり取りするな。カネを渡すな。」
事前に私と女たちとの情報交換を禁止する。そうやってお互いをいがみ合わせる作戦だ。
勉強も実験も邪魔された。

(この部分だけチョット難しい。)
ゲーム理論の「囚人のジレンマ」で、看守がやる秩序維持の作戦だ。
囚人同士の親睦(しんぼく)、情報交換を禁じる。
囚人同士の感情的な対立、諍(いさか)いをあおる。
そんな監獄(かんごく)における秩序維持の基本原則だ。

わかりやすいモデルケースは、米兵ジェンキンスさんだ。
ベトナム戦争当時、北朝鮮に逃げ込んだ脱走兵の米兵ジェンキンスさんだ。
そんな彼を含む大勢の脱走米兵同士を、北朝鮮当局は、毎日毎日、殴り合いさせていた。
それで、米兵同士は本当にマジでいがみ合い、仲が悪くなってしまった。
米兵同士は仲間割ればかり起こして、いつしか、米兵は全員、北朝鮮当局に媚びるようになった。
「囚人のジレンマ」で、看守がやる秩序維持の作戦だ。
アフリカ天然資源地帯の分割統治政策も似たようなもんだ。
天然資源の上で暮らす、言語も体型も宗教も違う現地部族間で対立をあおり、イガミ合わせる。

DQN大学群を経営する超巨大グループ企業、帝○だから、
「囚人のジレンマ」の看守役よろしく、DQN世界を回して行くノウハウがあったんでしょう。

私がその女と一緒に自販機のコーヒーを飲んだり、学食を食う。
これをすれば、その中で自然な流れで会話が生まれる。
その何気ない会話の中で、その女が裁判の証人に使えるのか使えないのかが、私にはわかる。
しかし、不良や教授からこう禁止された。いがみ合いをあおられた。
「女へあいさつするな。セックスするな。やり取りするな。カネを渡すな。」
こう禁止されたので、在学中は、その女たちのキチガイの程度が私にはわからなかった。

805 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:59:30 ID:WM8i1US/P
>>796
ユダヤ人のお得意の金融工学で
日本人の生み出した伊藤の定理が重宝してるみたいだけどな




806 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:59:37 ID:rD5B8iv/0
>>789
イジメて好きな子の気を引く。
小学生ならかわいいが、高校卒業年齢なら、人格障害者だ。動機はイヤラシイ。カネだ。
子供のオネショはかわいいが、高校卒業年齢のオネショは夜尿症という病気だ。それと同じ。
あの世界で、用心せず無警戒の状態のまま巻き込まれたら、完全犯罪で殺される。
眠剤飲まされて、静脈に塩化カリウム注射で心不全だ。
酒飲まされて、川に放り込まれ、第三者のグループが死体で発見だ。
泥酔のまま、足跡もなく、雪降る裏山の祠に放置され凍死だ。
そういう可能性もある。あくまで、可能性の話だ。
用心しても毒を盛られて病気になる。無職になる。

日経新聞を読んだり、高校水準の基礎勉強、専攻分野の勉強をする。
すると、浮いていじめられ、あべこべに劣等生になるのは、看板は理系大学でも、実際は理系大学ではない。
卒業生の動向を見れば、中小規模の小売店舗の店員さん養成大学だとわかるが、新設大学だとわからない。
底辺バイオ大学からの院進学は、知識よりも教授に媚びる手先の器用な女子が無試験で進学するルートしかない。
英語の専攻論文、設備の英語マニュアルを読めない女子が大学院へ進学するのを見て、怖かった。
分厚い日本語専門書のほんの数ページの範囲の小テストでエリート気取りの学部卒の女カッペを見て、怖かった。
一部の教授は推薦文を書くとき、性欲の強い女子を選んでいるような気もした。裏に何があるのか、それも怖かった。

これを話しても(完全犯罪については話さなかったが)、父も心理カウンセラーも信じてくれなかった。ボコボコにされた。
八王子市役所の無料相談弁護士へ、放射性物質塗布の可能性など完全犯罪含むイジメなどについて話すと、「あんた変わってる。」と邪険にされた。
上野原警察署でイジメについて相談すると、「もう一人証人を連れてこい。二人そろえば動く。」と帰された。

仮に、私の家が先祖代々の絶え間ない伝統的な金持ちだった。
そうなら、私のいじめられっぷりを見て「息子はカネ目当てでいじめられている。」と父は気がついただろう。
戦禍国難に弱い、浮き沈みが激しい家系だから、平和な時代に育った父は危険なシグナルに気がつかなかった。
父にもそれなりの人生経験があるから、不良や田舎娘の顔を直接見れば、息子の危険に気がついただろうが。

807 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 21:59:50 ID:rD5B8iv/0
>>789
卒業した何年も後でわかったが、その田舎娘たちの目的はこうだ。
「ひ弱なお金持ちの家に結婚し、不倫で不良の子を妊娠し、その家に不倫の子を産み付けようとする。」

カネ、カネ、カネ、お金のことしか頭にない田舎者のカネ女たちだ。
カネ目当ての女たちが、筋肉金持ちを避けている。
あれ、おかしいぞ。
カネ目当ての女たちが、「不良の金玉を踏み潰す能力のある金持ち」を避けている。

カネ目当ての女たちが、そうやって、間接的に、不良の金玉を守っている。
そこまで遠回りのやり方で、苦労して、間接的に偽装して、田舎者の女たちが不良の精子を守っている。
不良遺伝子が詰まった精液タンクを必死で守っている。
これで、あの女たちの目的は、カッコウのメスの托卵(たくらん)だとわかった。
わかったのは卒業後、何年も後だ。

「カネ目当ての女たちが、不良の金玉を踏み潰す能力のある筋肉金持ちを避けている。」
あの田舎娘たちは、在学中、その敬遠シグナルを隠していたので、卒業した後でやっとわかった。
在学中、うすうすは托卵の可能性に気がついてはいた。が、確信したのは卒業した何年も後だ。

あの田舎娘たちは、結婚制度枠組み内での子孫繁栄にとって邪魔な人たちだ。

一方、東京女(多摩女)は、マスコミにだまされず、波風立てずに、
「仲良くする男」と「結婚したい男」とを一致させて、信頼関係を作り、静かに結婚してゆく。
(私は東京女に選ばれなかったが。)

808 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:00:04 ID:rD5B8iv/0
>>789
田舎娘は、「不良や教授」にそれぞれ「快楽セックスや人脈」の見返りを求め、お調子を合わせる。
田舎娘は、「ひ弱なお金持ち」を馬鹿にし無職にさせて、「筋肉金持ち」を敬遠する。
でも、その田舎娘は、「都合の良いお金持ち」と結婚したがる。
私は東京生まれ東京育ちなので、小中高校の体験で、東京不良の性格については、裏の裏まで知っている。
田舎の不良は知らないが、東京の不良はセックス相手の女に「都合の良いお金持ち」を紹介しない。
(東京不良にとって利益があれば、紹介するだろうが。)
田舎の代議士は知らないが、あの「ぬらりひょん」みたいな教授に限っては
学部生へわざわざ「追い出し会」なんて残酷な集会を平気でやる性格だから、
弟子の女に「都合の良いお金持ち」を紹介しない。
(あの教授にとって利益があれば、紹介するだろうが。)
あの強欲田舎娘たちは、東京では、「都合の良いお金持ち」が見つからないはず。
そもそもお金持ちの集団から、「ひ弱なお金持ち」と「筋肉金持ち」とを抜いたら、誰も残らない。

偏差値50の世界だ。大きなくくりで 「病的な不良好き」 の女が大勢いる。
「病的な不良好き」の女の中は、さらにいろいろな種類がいる。
「不良からリモコンのおもちゃのように操られ、すべてを理解し納得し喜んで破滅してゆく女」もいれば、
「不良遺伝子が好きで、不良をだまして精子を盗んで、子供をゲットし、その不良から逃げ切る女」もいる。
そんな連中をすべてひっくるめ、大きなくくりで 「病的な不良好き」 の女が大勢いる。

ひ弱な金持ち坊ちゃんは、「病的な不良好きの女」 を決して「可愛そうな女」だなんて思ってはいけない。
「病的な不良好きの女」は全員田舎者で、東京の小中高校にいないキャラなので、
何も知らない東京坊ちゃんは、少なくとも1回はイヤな体験をする。
ワニが獲物を捕らえて、暴れる獲物を水へ引き込み、ブクブク窒息させる。それと同様に、
「病的な不良好きの女」は「不良の暴力世界」へ「ひ弱な金持ち」を引き込んで衰弱させようとする。
ひ弱な金持ち坊ちゃんは、「病的な不良好きの女」 をアマゾン川のワニかピラニアだと思ったほうがいい。
あの田舎娘たちは、人間関係を悪化させるキッカケを作り、そして、もっともっと悪化させる触媒のような存在だった。

809 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:00:04 ID:pm9vkrrw0
>>805
日本人は昔は人種差別でノーベル賞を取れなかった。
北里柴三郎は1889年に世界で初めて破傷風菌の培養に成功するが、
さらに、コカイン常用者の非中毒から、血清療法を世界で初めて生み出すという前代未聞の功績をあげている。
この後、日本の医学会は急速に発展していくことになる。

例えば、北里以後の50年足らずの間の日本人医学者の功績だけでも、これだけある。
1889年 北里柴三郎、破傷風菌の培養に成功する。
1894年 北里柴三郎、エルザン(フランス)、ペスト菌を発見する。
1897年 志賀潔、赤痢菌を発見する。
1900年 高峰譲吉ら、アドレナリンの純粋分離に成功する。
1906年 田原淳、心臓の伝導系(田原氏結節)を発見
1911年 鈴木梅太郎、オリザニンを創製。
1913年 野口英世、梅毒スピロヘータを発見する。
1915年 山極勝三郎、市川厚一、人工タール癌の発生に成功
稲田竜吉・井戸泰、レストスピラを発見する。
1932年 吉田富三、佐々木隆興、肝臓癌の人工発生に成功する。

これらは、西欧人なら全て全員ノーベル賞を受賞している大発見だ。
実際、北里は第1回ノーベル賞候補になり、野口も3回に渡って最終候補になっているし、
山極・稲田・井戸も候補に挙がっていたことが後に明らかになっているが、
いずれも、人種差別により受賞には至っていない。

白川英樹が2000年のノーベル化学賞を受賞したが、これも戦勝国に都合の良いデタラメなタイミングだったし、
利根川進がアメリカ枠で受賞したのも有名な話だ。

また、上記は医学に関するものだけ1932年までだけで、同じような差別は物理・化学でもあったし、今もある。
ノーベル賞に差別がなければ日本人は今の5倍は受賞してもおかしくなかったんだよ。

810 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:00:15 ID:rD5B8iv/0
>>789
田舎娘たちは、「不良や教授」にそれぞれ「快楽セックスや人脈」の見返りを求め、お調子を合わせる。
若い女が、不良や教授の存在をチラつかせて脅して、ひ弱な金持ち坊ちゃんへセックスを迫る。
セックスを迫っても、色気ではひ弱な金持ち坊ちゃんに振り向いてもらえない。
(そもそも私の家は石油長者のような大金持ちではない。
 家電のポイントカードを集める、みみっちい、セコい小金持ちだ。今は貧乏。)
田舎者は自分に魅力のある若い時期に、ひ弱な金持ち坊ちゃんへお菓子を渡して優しい言葉をかける知恵もない。
実験、勉強の邪魔をして、無職に追い込んで、やっと「恐怖」でひ弱な金持ちに振り向いてもらえる。

女が資産家の私をストーカーとののしり、濡れ衣を着せ、誣告する前だ。
誣告するその前の段階で「不良や教授」は資産家の私をこうイジメてきた。
「女へあいさつするな。セックスするな。やり取りするな。カネを渡すな。」
女の敵は「不良や教授」だ。

田舎娘へ人間関係を丁寧に説明する。
(紙に不良や教授の正体を書くと、不良や教授の手に渡るので、様子を見ながら口頭で言う。)
すると田舎娘は、どいつもこいつも、私に向かって奇声を発して、精神錯乱を起こし、記憶と正気を失う。

こういう難しい人間関係のパズルが解けない女たちは、たとえ美人でも、東京ではモテない女になってしまう。
東京暮らしの人々からは、まじめな結婚相手とは思われない。

詳しくは言わないが、女の世界にもイジメがあった。
気に入らないウブな田舎娘を、悪い女たちがウソを吹き込んで、誘導する。
誘導して、性格の悪い東京不良とセックスさせる甘い拷問があった。
不良のことをヘビやトカゲのように嫌がる女は、誘導に乗らない。
誘導に乗って、不良を試食して、不良のことがイヤだったら、不良から逃げる。
若い女に不良から逃げる自由は保障されている。
誘導に乗ってズブズブの田舎娘は、もともと不良のことが好きだったんでしょう。

「気に入らないウブな田舎娘を、悪い女たちがウソを吹き込んで、誘導する。」
これにだまされ、不良男の暗黒面に堕ちる女は、そういう星の下に生まれ、もともとそういう性欲の女で仕方ない。
「そういう女は悪い男に走るから、助けようがない。」 by 54歳の明石家さんま

811 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:00:25 ID:rD5B8iv/0
>>789
田舎娘は、「不良や教授」にそれぞれ「快楽セックスや人脈」の見返りを求め、お調子を合わせる。
偏差値50の世界でその女が、「ひ弱な金持ち坊ちゃん」へ結婚を迫ったら、その坊ちゃんは不幸になる。
そういう女は決まって田舎娘で、その田舎娘は東京では結婚相手が見つからない。

「不良や教授」と「ひ弱な金持ち坊ちゃん」とは相性が悪い。
特に「不良」と「ひ弱な金持ち坊ちゃん」とは相性が悪い。

「不良」が「ひ弱な金持ち坊ちゃん」を一方的にいじめているとき、
その田舎娘は「ひ弱な金持ち坊ちゃん」が将来を捨てて「不良」に迎合するよう仕向ける。因縁つける。

「不良」が「ひ弱な金持ち坊ちゃん」を殺してしまうと、
その田舎娘は不良のやった殺人の後始末をして証拠隠滅する。

そして、その田舎娘は次の「ひ弱な金持ち坊ちゃん」を探して、
次の「ひ弱な金持ち坊ちゃん」へ結婚を迫る。

「不良」が次の「ひ弱な金持ち坊ちゃん」を殺してしまうと、
その田舎娘は不良のやった殺人の後始末をして証拠隠滅する。
この繰り返しだ。

そういう女は決まって田舎娘で、その田舎娘は東京では結婚相手が見つからない。
「人の縁」は無限ではない。そういう田舎娘は「東京風の明るい家庭」を作るつもりがない。
生涯で結婚を前提にした出会いなんて多くて3回ぐらいだろうから、
縁を潰すその女は結婚相手が見つからなくて当然だ。
人格障害、サイコパスだ。

812 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:00:36 ID:rD5B8iv/0
>>789
結論としては、世の中から馬鹿にされた扱いを受けないために、
中学生、高校生は、付き合いとか、いろいろあるけど、
勉強に優先順位を置いたほうがいいだろうね。
日教組の先生には警戒して。

あなたが勉強を優先して、その優先順位に文句を言う人は、薄っぺらい友情だから。
東京文化圏で、勉強の優先順位を上げたことでクレームをつけるようなタイプの地元の連中は、
そんなのは東京の不良であり、勉強しても、しなくても、一生顔を合わせない。
人の海の中、駅のホームや小売店で見かけることはない。会わない会わない。
向こうは見てて、私が気がつかないだけかもしれないが。
東京文化圏の中学生時代、いかにも「勉強しているぞ」という態度も、しないほうがいいけど。

就職高校に行くと、もう、ココじゃ手遅れで、勉強をやるような雰囲気じゃない。
就職高校で勉強すると身の危険を感じるだろうから、
就職高校では無理に勉強をしないほうがいい。
就職高校に入学しないような生活をしたほうがいい。
ただ、今は大学無試験全入時代で就職高校なんてあるのかしら?
中学生時代は進学高校へ行くような身の振り方をしたほうがいい。

カネ目当ての女がなんで危険なのか?それは、「托卵」だ。
が、具体例を挙げたらきりがなく、時代によっても変わってくる。
時代に左右されない普遍的(ふへんてき)な言い方をすると、
「カネ目当ての女は、結婚相手の家で温かい家庭を作るつもりがない。」これだ。

東京で生まれ育った金持ち坊ちゃんは、恋愛結婚で田舎の娘や外国の娘には注意したほうがいい。
田舎の娘は、「仲良くする男」と「結婚したい男」とを一致させるのに失敗していることがある。
「仲良くする男」と「結婚したい男」とを一致させる。東京女なら、こんなこと、簡単にできる。
なのに、田舎娘はこんな簡単なことに体力精神を使い果たして疲労困憊し、ヘトヘトになる。
「不良とセックスしながら、同時に、ひ弱なお金持ちと結婚する。」これが田舎の文化行為、精神骨格だ。
この文化行為、精神骨格をポキポキ折るのは、田舎娘が死ぬ一歩手前の苦しみを一生涯、感じ続ける。
田舎娘が東京へなじむのは本当に大変だと思う。田舎娘は文化摩擦で苦労する。

813 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:00:46 ID:rD5B8iv/0
>>789
最後に、
私は田舎者の女にまつわるイヤな体験ばかりしてきた。

「ひ弱な資産家をいじめて弱らせて、病気、無職にし、とっ捕まえて結婚したがる。」
偏差値50理系バイオ大学ではこんな女ばっかりだった。100%田舎者の女だった。
そんな女と結婚する資産家はいないし、田舎娘もダメモトでイヤガラセ結婚を迫ったんだろう。
(田舎娘は、資産家との出会いが無限にあると勘違いしている。だから、資産家をぞんざいに扱う。)
その田舎娘のバックには 「「「必ず」」」 不良や教授がいた。
もちろんその女カッペは、田舎へ帰らなければ、東京で一生独身だ。
これは、実際に被害に遭った、当事者のひ弱な資産家にしか分からない。
バブル崩壊で、好景気が不景気へと崩れ落ちる時代は、そんな世界だった。

これを他人に言っても分からない。
ひ弱な金持ち坊ちゃんの気持ちは、ひ弱な金持ち坊ちゃんにしか分からない。
ひ弱な金持ち坊ちゃんは、人を見たら泥棒と思ったほうがいい。

時代が変わり、
性格の悪い田舎娘はひ弱な金持ち坊ちゃんへ違う手口で悪いことをするだろう。
気をつけてね。
悪いことをするのは決まって上京した田舎娘だ。差別はいけないが、区別をしたほうがいい。
その結婚できない女のバックには、必ず、妖怪「ぬらりひょん」みたいなウサン臭い男たちがいる。
高校卒業年齢に達した女性の「お箸の持ち方」と「男性観」は一生、変わらない。
異常な男性観を持った女は、一生、異常な男性観のままだ。

東大卒のプロの心理カウンセラーは、信用しないほうがいい。
東大卒のプロの心理カウンセラーに相談するのは、
裁判を起こすときに、相談した実績を残し、少し有利になる程度だと思ったほうがいい。
国家試験、免許のないのに困った人からカネを取る人文系の○○カウンセラーはインチキ職業だ。

814 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:01:03 ID:ugnwIclR0
>>796
科学は他者に論証しなければならないからね。
知性の用途は科学だけではないし、万人に論証しなくていいなら発想も
自由で豊かになったりするかもな〜

815 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:01:21 ID:7gouvN6X0
>>796
そこで「だがユダヤ人という人種は存在しない」と言えたら格好良かったのにな

816 : ◆C.Hou68... :2010/07/28(水) 22:01:26 ID:/NTzsZrU0
帝京コピペ、数年ぶりくらいに見た
NGしてたのに新ネタって・・・

817 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:02:15 ID:WM8i1US/P
>>816
毎回微妙に改変されてる

818 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:02:32 ID:pm9vkrrw0
朝鮮人のID:rD5B8iv/0 がスレを荒らしていますが、なぜこんなことをすると
思いますか。それはこのニュースがいかに朝鮮人が劣等民族かを証明するニュースだからですよ。

というのも、現在の朝鮮半島の人間は「古代よりもっと劣悪」な民族に
「改造」されてしまっているのです・・・。

中世以降、完全に中国の支配下に入った朝鮮半島は毎年、中国に「優秀な
人間と美男美女」を大量に献上することを義務付けられていたのです。

なんと、これが近代にいたるまで1000年も続きました。こんなことを1000年も
やればどうなるか?

競馬をちょっとしたことがある人ならすぐにわかりますね。今の朝鮮人を一部の
人間がときおり「ヒトモドキ」などと侮蔑することがありますが、実はこれがまさに
的を射た表現だったんですね。

ナチスやスターリンによる大量虐殺なんかよりも、もっと恐ろしくて、おぞましい
行為の結果が、今の朝鮮人なのですよ。これは中国と朝鮮の間の歴史的事実。
世界の歴史家は、一様にこのことを「タブー」としています・・・。

おわかりでしょう。まさにヒトモドキ、なのです。 人間に生まれても朝鮮人に
生まれたらそれは人間に近い別の何か、なんですよ。これが地球上で起きた。

819 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:02:52 ID:WuvRYgKQ0
人間も95世代ほど掛け合わせれば天才の家系が出来るし、
逆にアホばっか出てくる家系も作れるということか。

優生学が助長されるふいんきー。

820 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:05:03 ID:ugnwIclR0
あ〜ノーベル賞が少ないのは東大が妨害したからだって説もあったなw

821 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:05:37 ID:7gouvN6X0
>>819
それはもうみんな実感を持ってると思うけどね

やっぱり天才の子供は天才だよ
ただ、何世代も天才同士で組み合わせないと
安定した結果が出せないから自然な状態では
バカが生まれるけどね

822 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:05:39 ID:pm9vkrrw0
クローン人間は人類の尊厳、倫理にもとる、という言説が世界の知識人の
間で唱えられています。

では、1000年に渡り「劣悪な人間交配」を繰り返された朝鮮人はなんなのか?
やはり倫理に反する存在といえるでしょう。しかし、これは中国と朝鮮の間の歴史が
起こした、取り返しようのない事実なのです。

虐殺よりおぞましい結果が朝鮮人なのです。「逆ホロコースト」といえばいいでしょうか。
彼らは人間の言葉は話しますが、人間ではない。呪われた生き物なのです。
存在も性質も。

この天才ラットのニュースの真逆を行った結果が朝鮮民族なのですから・・

心有る人間ならば、彼らをまともに相手にしてはいけません。

823 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:05:56 ID:nrZ06FUx0
ああ、お前らは知らないだろうけど
マウスコンピューターの総帥だよこのラット。

824 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:06:22 ID:lvFMbnv/0
>>776
匂いが見えるの?何その漫画みたいなのw

825 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:06:55 ID:Ynod4qQY0
諸葛孔明の子孫が現在60何代目かということを考えると、
95世代というものが人間にとってどれだけ途方も無いことか分かるだろ?
実際にそれだけの長い期間、継続して非人道的な実験を、徹底して継続することは出来ないよ。

826 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:06:58 ID:OSG+Ez870
さらに賢くなったら、強いラットが弱いラットを無意味に迫害したり、
肌の色や住んでる部屋毎にグループを形成してお互いに殺しあったりするのかな

827 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:07:41 ID:EEHKt5Cp0
>>742
人口は関係ない。
関東は今も縄文顔で関西はチョン顔ってだけ。

828 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:07:53 ID:7gouvN6X0
>>820
本当のところは単に「推薦者が少ない」ってことらしいけどね
ああいう賞は欧米の学会で名が売れていることが大前提だからね

同じ結果を出していても日本人は評価されにくいんだよね

829 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:08:10 ID:Jrj3JjHB0
これをずっと続けてたらその内
人知を超えるラットが生まれるわけか

830 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:09:00 ID:pm9vkrrw0
ある研究者によれば、すべての朝鮮人は先天的に前頭葉に脳障害を
おっているとの研究報告がなされています。これが中国の支配による
結果なのかはわかりませんが、それが歴史の真実なのです。

831 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:10:25 ID:so70z3CB0
2chねらーは「アスぺルガー症候群」という言葉が好きw
天才の話題になると必ず出て来るよな
これネズミの話なんだぜ?

832 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:10:45 ID:v8cmoVjv0
>>767
既出だが、IQテストは特定の文化圏の人間を対象として作成されている。
日本でも行われているそれは欧州文化圏の人間を対象としたもの。
日本のように欧州文化に(良くも悪くも)染まっている地域が高く、それ以外の地域が低い事が容易に理解できる筈。
中華圏や中東、ラテン、アフリカ圏の文化に合せてIQテストを作成すれば、それらの地域の結果が高くなり北米や日
本、北欧が低くなる。

結論だが、そのブログで紹介されている研究者こそが間違っている。

>>771
その代わり、彼はかなりの口下手だったそうだ。そして高校を落第し、大学受験にも失敗している。
散々既出なのだが、知能、才能云々はある特定の条件下で発露されるものであって、何らかの才能を有している人間
が必ずしも優れている訳では決して無い。

これも既出だが、獲得形質は遺伝しない。
>1の研究は興味深いが、この一例だけで優生学を絶対視するのは馬鹿げている。

833 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:11:05 ID:7gouvN6X0
>>824
共感覚は極めてあいまいな感覚だからね
人によって見えるものが違うから幻覚と大差ないよ

>>829
間違いなく生まれるよ
ただ、「言語」と物理的干渉能力としての「手」は必須だがね
あいつら親指ないし

ネズミ専用の義体を作った場合はその限りではないが・・・

834 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:12:23 ID:ugnwIclR0
>>828
学問の中心地はいつの時代でもたくさんはなかったからねえ。


835 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:14:29 ID:tOQ41e/70
95世代って人間だったら1000年超えるわけだが。

836 : ◆C.Hou68... :2010/07/28(水) 22:14:29 ID:/NTzsZrU0
>>817
知らなかった。ありがと。

人間も大昔に優秀なのだけ掛け合わせて
残ったのが今に至ってるのかもしれない

837 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:15:00 ID:x6fcrzrx0
ねずみのクイザッツハデラックか

838 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:15:56 ID:7gouvN6X0
>>835
小さいと進化が速いから侮れないな

カラスだって脳みそ自体は小さいが
大型ほ乳類に匹敵する知能を持っている

839 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:16:35 ID:yNThYxS60
>>827
都会の方が圧倒的に混ざりやすいと思うのになんで、純正の不細工になっていくんだ?

840 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:17:01 ID:tOQ41e/70
ゴキブリの天才を作ったらすごいんじゃね?

841 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:17:59 ID:lPaMiR+M0
お前ら勘違いしてる
東大、京大を出て活躍できる人材は天才ではない

新しい発想ができる人間が天才なのだ

842 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:18:45 ID:TXaRPk4p0
義務教育が終わった時点で、国家知能試験を受けさせて
これに合格出来ないものは処分するようにしよう。

843 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:19:00 ID:SCjHloiw0
>>839
階級差がつきやすい。

844 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:19:35 ID:WM8i1US/P
全世界に1兆匹いるゴキブリがこれ以上賢くなったら
世界はゴキブリで埋め尽くされそう

845 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:19:52 ID:7gouvN6X0
>>842
そして鳩山のようにお勉強しかできないバカが量産されるんですね
分かります

846 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:20:11 ID:pm9vkrrw0
朝鮮人の国連事務総長が露骨に朝鮮人優遇の人事や運営を行うので世界中の
大顰蹙を買い、その事務総長に苦言を呈した事務次長をあろうことか、権力を
乱用してクビにしてしまうという事件まで起きました。

さらに冬季五輪では朝鮮人のフィギュアスケート審査員が、浅田真央のジャンプ
成功を「失敗」として扱うなどの卑劣な行為を行い、「八百長五輪」とまで
呼ばれ世界中から顰蹙を買いました。

当然ながら、国連事務総長になったり五輪の審査員になるような朝鮮人は、
朝鮮人の中でも朝鮮の中では比較的に家柄や環境の良い人間です。むしろ最上級に
近いレベルでしょう。しかし、ナチュラルにこういった国際社会が目を疑うような
非常識な行為をしてしまう現実。

日韓ワールドカップで韓国を訪れた外国人が一様に韓国の異常性に驚かされて帰った
ことも記憶に新しいですが、これが朝鮮民族なのです。
1000年にわたる中国支配による「逆ホロコースト」の結果なのです。

人類が共に協力してこの国際的な犯罪を繰り返す異常な民族にNOといわねばならないでしょう。

847 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:20:49 ID:lPaMiR+M0
>>840
ゴキブリはある意味天才だろ
あれほど生命力があるのは天才としか思えない

848 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:21:05 ID:krUTwXq20
>殺虫剤や農薬など化学物質が学習能力に与える影響などを調べる実験に役立ちそうだ

相変わらずねずみさんカワイソス(´・ω・`)

849 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:21:15 ID:tOQ41e/70
>>844
ゴキブリは賢いわけじゃない
人間から見るととてつもなく敏感かつ俊敏なだけ
天敵であるアシダカグモから逃げおおせるだけの
知恵がつくことはまずなかろう

850 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:24:06 ID:3QP9hW1k0
「子供もほぼ例外なく天才」ってのが凄いよな。

知能が遺伝するとかしないとか、ちまたでごちゃごちゃ言われてるけど、
100%遺伝することが証明されたわけでさ。

851 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:24:26 ID:ugnwIclR0
こんなのより沈没船とか火事を予想するネズミをだね。。。
タコでもできるのにw

852 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:25:04 ID:nAXzMAr/0
>>783
そりゃ採用の段階で既に振るい落とされてるからだろう

853 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:27:43 ID:WM8i1US/P
http://image.blog.livedoor.jp/onisoku/imgs/3/b/3b17b973.jpg
>>850
問題は子どもを作る相手が見つからない事かもしれない
しかし知的障害者より性交が成功しないってどーよ

854 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:28:07 ID:7gouvN6X0
まぁ、記憶力がずば抜けてるとか、要領がいいとか、努力家であるとか
そういう性質をもった人は東大、京大には多いだろうね
それだけでも十分役に立つことはあるわな

855 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:30:18 ID:7gouvN6X0
>>853
そう言えばかのテスラも生涯未婚だったなぁ
下手に理性がある分だけ女を遠ざけてしまうんだろうねぇ

856 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:30:22 ID:EdNhQl+l0
ID:rD5B8iv/0
「自分は病気だ」は良く解った

偏差値がどうのと言う前に、自分の個人的な「人間力」がぜんぜん無いんじゃないの?w

857 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:31:32 ID:xJRT9kdf0
千葉と入れ替えようぜ

858 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:31:43 ID:F2ffxhMR0
そのうちネズミが人間の立場を危うくするとは思わないのか

859 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:31:45 ID:ugnwIclR0
天才は子供より業績を残したがるもんなんだろ。
自分よりアホな子供育ててもつまらんし。

860 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:31:56 ID:lYokQHmb0
ラットですらノーミスなのにおまいらときたら。。

861 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:32:20 ID:1WqIpYzd0
昔の日本はその時代で一番戦闘能力の優れた人間が支配していた。
今の日本は一番怠惰な人間が支配している。

862 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:32:54 ID:v8cmoVjv0
>>841
コロンブスの卵だね。

エジソンの学歴は小学校中退。マーク・トウェインもロクに学校に通う事がなく、チャールズ・ダーウィンも学校では
落ちこぼれだった。
しかし、彼らの業績には比類ないものがある。
天才、知性、知能、才能。これらの定義について、私達は今一度再考する必要がある。

>>850
完全に間違っている。>1の実験において確かめられたのは「ある実験に特化したラットを、交配によってある程度
人為的に作り出す事が出来る」という事。その点を誤解しないように。

863 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:33:08 ID:IwdMPp+d0
>>858
働かないニートよりも仕事するネズミのほうが価値があるのはたしか。
役立たずのニートは殺してしまえ。

864 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:33:20 ID:pm9vkrrw0
>>832
日本人のIQは白人100に対して97-110、言語性が89-101、視覚空間が103-114
平均言語性IQは東洋人97に対してアシュケナージ系ユダヤ人は117-125です。
http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Race_and_intelligence&oldid=9116993

IQは日本人>白人
言語性IQは白人>日本人
視覚空間性IQは日本人>>>白人
です。しかし

アシュケナージ系ユダヤ人・・IQ110-118、動作性IQ98-105、言語性IQ117-125

日本人はユダヤ人に次いで賢いといえるでしょう。
ユダヤ系の中でもヨーロッパのアシュケナジーが一番人工淘汰が激しかったからだろうけど
国際政治においてもっとも重要な言語性IQでアシュケナジー系ユダヤ人にかなう民族はいません。

865 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:34:02 ID:nAXzMAr/0
>>855
テスラは統合失調症だからね
ぜんぜん人前に出てこないで部屋に引きこもりっぱなし
女性を紹介されたけど口も聞いてくれないから逃げられる始末
晩年にはUFOがどうとか言い出して誰にも相手にされなくなった

866 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:34:29 ID:IBz4K6Ow0
もう30世代交配したら、この天才ネズミに人類滅ぼされるぞ。

867 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:36:06 ID:6Ja1iwP70
>「賢さ」が安定するまで約20年かかったという。

人への応用は難しそうだな。

草食性格で、賢く文芸に長け、争い事を好まない種は人為的に作れそうだけれども。
だがしかし、風の谷の肉食女子が舎弟使って、プチプチ潰しそうだな。




868 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:36:11 ID:7gouvN6X0
>>865
神経質な性格が災いして統合失調症を発症しちゃったんだろうね
彼にしてみれば猿の群れの中に放り込まれた人間という感覚だっただろうし
色々辛かったんだろうと思う

869 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:36:20 ID:WM8i1US/P
>>859
俺の好きな言葉に
秀才は向上心に
天才は好奇心に
衝き動かされる

好奇心のおもむくまま
なにかをした結果
たまたま時代に愛された奴が
評価されるのかなと思ってる

870 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:36:48 ID:cP+OFu2J0
ナイジャーノン

871 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:38:19 ID:f4wf4NDC0
好配合か
人が優位に立つのは突然変異の結果か自然の摂理か

872 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:38:57 ID:3QP9hW1k0
>>853
俺もIQ130超えてるけど、いつ見ても、目が痛くなる図だ(w

最大の問題は、高IQは出現率が低い割に、同水準の知能を持つ異性との
接触率が低いことだろうね。
しかもお互い理屈をこねるから、益々成婚率は低くなると言う(w

今思えば、あらゆる点で、見合い制度は最強だったんだなあ・・・
日本が世界2位の経済大国になったのは、見合い制度のおかげじゃないか。

873 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:39:16 ID:ftKuJas30
>>862
ん?学校行ってねーのにスゲー業績
コレこそが持って生まれた才能の証左じゃねーの?

874 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:41:00 ID:nAXzMAr/0
>>868
違うよ基地外と天才は紙一重ってよく言われるけど
天才は基地外になりやすい
というより天才が基地外の副作用だと言われてる
脳が常人離れしてるので異常性と天才性が同時に現れる
ようは、受け取る環境の差異で評価が変わるだけってことだ

統合失調症といえばほとんど睡眠を取らない異常な集中力と
奇抜な発想がや異常なほど敏感な感受性が特徴だけど
この感受性が強いせいで妄想に発展して強靭扱いされて終わる人もいれば
異常な集中力の助けを借りて偉業を残す人も居る
結果は違うけど脳の異常はまったく同じもの

875 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:42:15 ID:7gouvN6X0
>>872
君が本当に賢くて子孫を多く残したいと思うのならそれが容易に
実現できていなければおかしいんだけどな

ただ計算が速かったり記憶力が良いだけというのは決して賢いとは
言えないしな

結局「願望を実現する能力」が高いというのが本当の意味で賢いってことなんだと思う

876 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:42:23 ID:h3Sm8Ufl0
東海大って偏差値低いくせに研究成果には実績があるよね

877 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:42:57 ID:WM8i1US/P
>>872
上にも書いたけど
高偏差値の中高一貫校が
共学じゃないのはなんかもったいねーなって思う

橋下ちゃんみたいに
公立で相手見つけて
子どもいっぱい作ってほしいw

878 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:44:09 ID:el5rmX7R0
確かに天才みたいな顔つきだな。

879 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:45:07 ID:Dw53yLQ/0
アフリカあたりでは今でも自然淘汰がおきてるだろ
そのうち超人が出るかもしれん

880 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:46:22 ID:ftKuJas30
>>876
近大の海関連とかなー
コレは要するに、施設を整えて(勿論銭かけて)、優秀な研究者を呼ぶ事の
重要性を示してると思う。教授クラスは結局東大京大一橋辺の出なんだから、
後はその中でどれだけレベルの高い教授を呼べるか、にかかってる。
そーいう教授を呼ぶには、研究環境を整えれば良い。勿論銭はかかるが
…何が言いたいかっつーと、2番じゃダメなんですかのアホ女はもう喋るな、ってこった

881 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:46:35 ID:hxe0yGz60
人間もこうやって作られたんだろうな

882 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:47:21 ID:7gouvN6X0
>>874
それはよくある誤解なんだよ
精神病ってのは器質的な障害じゃないんだ

ダウン症や自閉症による低知能は「障害」であって
器質的に通常の脳と異なり、治療が不可能なんだ

でも「精神病」っていうのは「障害」ではないんだ
誰でもストレスが過剰にかかると精神病にかかるんだよ
良く言われているのはそのかかりやすさに差があるってこと

試しに1週間寝ずに歩いてみればいいよ
間違いなく脳に負荷がかかって幻覚を見るから
脳に負荷がかかると誰でも幻覚や妄想に取りつかれるんだ

だからテスラを始め、多くの天才は神経質であるが故に
脳に負荷を抱えやすく、精神病を発症しやすいんだよ

よくある誤解なんだよ
障害と病気を混同しちゃいけないんだよ

883 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:48:24 ID:WM8i1US/P
>>878
やっぱり顔にでるのかなw

話は変わるけど
飯食ってたら なんか見るからに賢そうな集団が来たんだよ
ホント智慧とか知性が顔からでてるみたいな

あとから知ったんだけど
近くの灘中で試験があった日だった

884 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:48:39 ID:B1/OBplC0
俺が童貞なのはIQが高いせいだったのか。なるほど

885 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:49:41 ID:zX04FbjD0
人間で95世代って何年掛かるのよ

886 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:49:57 ID:7gouvN6X0
>>883
灘に行くような連中って明らかに空気違うよなw

外見も妙に子供っぽいというかオタクっぽい奴が多い印象がある
美形は少ないとも思う

887 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:49:58 ID:nAXzMAr/0
>>882
統合失調症は遺伝子が有意に関係してることは科学的に証明されてる
遺伝はしないけどね
ストレスとかはあんまり関係ない
因子の割合の問題

888 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:50:04 ID:so70z3CB0
>>877
ウチは高偏差値の中高大一貫校で共学だったけど、
卒業する頃にはバカばっかりになってた

889 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:50:28 ID:v8cmoVjv0
>>867
諸葛亮の話題も出たが、三国志の曹操の(自称)子孫が70〜80代目と謳っている。
織田信長の子孫が16〜17代目。
この事から考えても、仮に人間への応用が可能であったとしてもほぼ100%実現不可能。

>>873
彼らの親御さん達や兄弟は至って普通、或いはそれ以下の人達だった。
それをお忘れなきよう。

>>876
一芸特化型なのだろうね、昨年行われたソーラーカーレースでも優勝したそうだから。

890 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:50:45 ID:Dw53yLQ/0
ゴキブリとか実は頭いいだろ?
少なくとも人間をコケにする方法を知っている

891 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:52:14 ID:so70z3CB0
>>889
だけど17代目にしてスケートでオリンピック出ちゃうような
天才っぷりなんだぜ

892 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:52:49 ID:unVoU5UL0
人間って罪深いなあ

893 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:53:57 ID:7gouvN6X0
>>887
遺伝子に差があるのは知っている
そして家族性で出やすい場合があることも知られているな

残念だがストレスは必須要件と言ってもいいと思うよ
精神病患者は倒れる寸前まで必死に働いていた場合が多い

894 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:54:32 ID:FSOBrATE0
>>60
待て。「優良」の基準をどう定義するわけ。
優生学で「美」を求めるのはどうよ。金髪碧眼が美だという定義になるか
何をもって美とするか。

895 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:54:35 ID:WM8i1US/P
>>888
そのかわり童貞率は低いんじゃね?


896 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:57:12 ID:ftKuJas30
>>889
この件に関しては「遺伝」とは一言も言ってないのだw
ま、知能の遺伝を否定するなら
つ「キュリー一族」
この人らを見てからだなw

897 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:58:11 ID:BeX0SZKq0
人間の一世代を30年とすると30*95=2850

たぶん直接遺伝子弄れるようになるほうが早いな。

898 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:58:37 ID:FSOBrATE0
>>872
IQうらやましいな。
俺はIQたったの95だったが、うまくエリートになったよ。
俺は何事にも反応がにぶい代わりに、徹底的に考える力があるのが自慢だ。
頭の良さには自信があるが、知能指数の基準にはまらない。


899 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 22:59:00 ID:dL2KngGd0
>>890
ゴキブリを本気で相手にしてる時点でお前もゴキブリと同程度の知能のようだがな
カラスは頭いい。道具加工できる野生動物はチンパンとカラスぐらいだからな。


900 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:00:40 ID:nAXzMAr/0
>>894
優生学は資本主義の要求から生まれてきたものだから当然資本主義の望むものが美であり優良なんだよ
頭がよく従順で疲れ知らずで働いてくれる奴隷

901 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:00:48 ID:7gouvN6X0
>>898
IQって若いころに素早く考えれるかどうかってのが一番大切だから
あんまり重要じゃないしね

正しい思考をじっくり考える能力の方が実社会では大切だからね

902 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:02:46 ID:0f/kIx5v0
あれだな。やっぱ肉体だけじゃなく頭の中身も遺伝するってことだな。
努力でどうにかなるとか教える奴は残酷だね。

903 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:05:12 ID:WM8i1US/P
えー でも努力は大事だと思うよ
変に知能高いと人生イージーモード入るから
努力したいとか思わなかったし・・・
これは性格もあるのかな

904 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:05:44 ID:v8cmoVjv0
>>896
それをいったらバッハ一族も該当する。
キュリー一族は医療、バッハ一族は音楽だが、それらは遺伝よりもむしろ環境なのでは?
先にも述べたが、知性、知能の定義がそれぞれの文化圏で異なる以上、安易な結論を避けたいだけ。
ただ、暴論に走る輩に口実を与えないようにする為にも、可能であれば遺伝的要因は否定されて欲しい。

>>900
資本主義に換わる何らかのシステムが構築された場合は?
全く有り得ない話でもなかろう。

905 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:07:53 ID:lx/g6OoX0
>>885
二千年とちょいだね。
近頃のホモ・サピエンスは紀元前よりは「賢さ」が安定してきたと信じたいね。

906 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:08:54 ID:7gouvN6X0
>>905
古代文明が栄えた地域に現在住んでいる人たちを見ると
何だか悲しい気分になるんだ

907 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:09:19 ID:WM8i1US/P
最近の例で言うと
下村脩 下村努親子か
これは両方とも天才でいいんじゃないか?

908 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:09:44 ID:so70z3CB0
>>895
どうかなー
アンケとってないけど、高校卒業時の童貞&処女率はまあまあ高かった気がするな

909 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:09:45 ID:FSOBrATE0
>>904
知能改善よりも、むしろ知能を多基準で判定して人材交流そ促進するのが大切かもな。
A文化・A分野の中で役立たずとされる知能がB文化・B分野の中で天才扱いになる。
「あなたの能力はB文化で行きますよ」と情報を提供する。
その情報にしたがって海を渡ってみたり。

910 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:10:53 ID:LQof5hyc0
楽俊に会える日も間近か

911 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:12:12 ID:8doMHcJe0
26世紀青年のオープニングだな

912 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:13:20 ID:WM8i1US/P
>>908
でも卒業しても同窓会とか繋がりは有るわけじゃん
そこでその後に ちんちんかもかもになる可能性は出てくる
青春時代を同性だけで過ごしたらそういうのも無いわけだし

913 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:16:17 ID:ugnwIclR0
http://sankei.jp.msn.com/world/america/071107/amr0711071912009-n1.htm
なんとなくスーパーマウスでググったら出てきた。
そういやノックアウトとかヌードとか色々あったなw

914 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:16:26 ID:AfDtJann0
日本の政治はネズミにまかせてはどうか

915 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:17:08 ID:KlE05ick0
進化が進んでも欧米とかなら普通に天才が生き残るかもしれんが
日本だとコミュ力の高いのしか生き残らんだろうな

916 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:21:30 ID:FSOBrATE0
>>915
コミュニケーション能力は日本人の苦手分野だろ。
一口にコミュニケーションと言ってもその種類により適合する能力も千差万別。
日本的コミュニケーションは、むしろコミュニケーションせずに丸くおさめる能力。


917 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:21:39 ID:so70z3CB0
>>912
難しいのはさー
やっぱ最高レベルの偏差値の中学高校って男子校多いじゃん。
んでウチみたいなその一個下のレベルの共学ってのはさ、
「最高レベルの中高に入れる学力はあるけど、男子校だから入れなかった女子」
「最高レベルの中高に入れる学力がない男子」
が集まるんだよね。
つまり、女子の方が圧倒的に学力があるわけ。
これってカップリングされにくいんだよねー。

918 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:23:07 ID:nAXzMAr/0
日本人のIQが世界的に見て高いのは日本人は長い歴史の中で
馬鹿を平気で殺してきたってことだろうな

919 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:26:11 ID:KqfkD9G70
>>369
生まれ持ったポテンシャルはあるかもしれないけど
努力しないことには引き出せないだろ

920 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:28:14 ID:lvFMbnv/0
ゆとりが大学や会社に入ってきたと言うから環境も大事だと思う。
ゆとり世代の天才の割合は減っているのだろうか?増えているのだろうか?

921 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:29:28 ID:ugnwIclR0
ゆとり世代は全員が天才的ですな。

922 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:31:42 ID:WM8i1US/P
>>917
おー なんか腑に落ちたw


923 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:36:11 ID:EIS6qoOA0
お見合いってのは本来こうゆうことのためのような気がして来た

924 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:37:09 ID:Ku7OR6aL0
最近の日本ってDQNほど子供たくさん産むからこのネズミの逆行ってるよな

925 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:43:01 ID:0f/kIx5v0
>>918
平気でやってきたのはどこの国もそうだろうけど、
日本は島国だから他から侵略されず流入もせず血が濃くなったんじゃねーの?
近年まではだけど

926 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:44:56 ID:ghj/9XwR0
日本人の祖先には亡命してきた王族と周りの官僚が多いからな

927 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:47:16 ID:Kr/E+nk7i
30年かかるのが意外だな。
近所のガキと、その両親を見てると、一代目から十分DNAが反映されてる様に見える。


928 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:48:17 ID:KlE05ick0
日本人のIQが高いかはしらないが
学力は先進国では低いほうだぞ

929 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:49:03 ID:VL3qHtQq0
賢い動物か
オージー理論だと、このネズミは絶対に殺せないな

930 :名無しさん@十一周年:2010/07/28(水) 23:57:52 ID:lPaMiR+M0
僕は努力して暗記力は得意なんだけど
応用力がないんだなあ

誰か助けて

931 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 00:10:37 ID:nBvx/Sr/0
このスレ読んで考えたんだけど
アルジャーノンに花束をのチャーリィはIQは高かったけど天才じゃなかったのかな
知識は豊富になったけど、なにも生み出せなかった。
生み出したのは元に戻るかそれ以下か
それが解っただけでも天才か?

932 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 00:16:59 ID:qOVac9v60
>>853
頭がいいから結婚などという取り返しのつかないリスクを冒さないのじゃないかな
セックスなら金払えば何人とでもできるし

933 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 00:23:52 ID:nBvx/Sr/0
>>932
SEXよりオナニーの方が楽
SEXはしんどいだろ

934 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 00:26:27 ID:2qCmUCl/0
ラット飼ってる。
すんげー頭がいいし可愛らしいよ。

935 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 00:45:41 ID:W6+pQu0L0
こいつらに電車の操縦をやらせたら?
サルよりは賢そうだ。

936 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 01:05:03 ID:qOVac9v60
>>927
それはどキュンはどキュンな相手がすきだから子供もどキュンにならざるを得ないってだけじゃねーかな。
どキュンでも賢い人と子供つくればどキュンにならねーこともあるんじゃないかな

937 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 01:25:05 ID:iCvfOG/gi
>>31
だよな

頭も遺伝

努力なんかうんこ

938 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 01:26:27 ID:iCvfOG/gi
>>46
なつかしいな

939 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 01:39:03 ID:wvyvZFIH0
>>394
そうかな。
結果の伴わない努力なんて無駄だろ。
2chで綺麗事言われるのはうんざりだ。

940 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 02:09:45 ID:o/M8m7xc0
二足歩行を始めるのは何時頃だ

941 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 02:12:52 ID:ikX+dJcA0
この記事とは関係ないけど
多様性こそがもっとも大切なものだと思うね

942 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 02:20:09 ID:QBzshBN10
育つ環境で云々も大嘘やしなw
生まれ持った能力やから、どうしようもない。俺が100メートルを平均的にしか走れないのといっしょで、学習能力が低い者を努力や環境はどうにもできない。

943 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 02:24:39 ID:7ci2HqsW0
ここから天才ラット対人間の戦いが始まるんだな

944 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 02:29:40 ID:Vue4L5p00
>>3
どう考えても危機を回避する能力のあるネズミの方が上だろ。


945 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 02:30:33 ID:UgFQUuy4P
つまり、頭の良さは遺伝の要素が大きいってことか

946 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 02:33:47 ID:Ek1jwF2Y0
他人ってのは無責任なもので相手に努力という言葉を投げつけることしかできないんだよ

947 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 02:49:41 ID:RmfWuXWLP
アルジャーノンかあ
昔檻の鍵あけて逃げ出したAKIRAって猿もいたよね怖いなあ

948 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 02:58:40 ID:gAbm/Uw/0
>>789
入学すると「不良や教授」は「私と女子学部生」を意図的にいがみ合わせるよう仕向けた。それはあとで説明する。
女子学部生たちは「警戒心のないころの私」へお菓子を渡して優しい言葉をかけて接する知恵もない。
復学した直後、実験研究棟の上層階にその妖怪女たちが白衣着て院生としてウロウロしているのをチラ見した。
学部生として復学した後の私は、もうコリゴリとスッカリ猜疑心(さいぎしん)の塊になっていた。
卒業直前の2月かな、卒業手続きの用事があって、行きたくなかったが、実験研究棟のその危険な上層階に行った。
すると、院生の妖怪女のひとりに 「本当に」 捕まって、手作りのクッキーを渡されたが、毒入りっぽくて気持ち悪かった。
生命の危険を感じた。ほかの男がその妖怪クッキーを口に入れたのを確認して、
院生の妖怪女に勧められた位置のクッキーの毒入りを恐れ、ワザとよけて、別の位置のクッキーを口に入れた。
終始気分が悪かった。

949 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 03:00:15 ID:My97diGCP
あー、これ猿かカラスでやりたいと常々思ってたわ。

950 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 03:15:32 ID:TX22ZkKm0
>>675
進歩が止まってるのは、戦争がないから。

951 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 03:46:47 ID:f12EADcO0
>>947
それアイちゃんだろ

952 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 03:49:13 ID:nX079xfC0
>>950
戦争がないから、20世紀後半は進歩できたんだろ。
欧米なんてウィトゲンシュタインが戦地に赴いたりしてたんだぜ?優生学者たちは
そんな優生学に反することは空恐ろしいことだと、なべて反戦主義者だった。

953 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 03:51:33 ID:HSZNNTn30
天才って遺伝なんだな

954 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 03:51:46 ID:O5Mhl+o70

>>950

ば〜か

955 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 03:53:14 ID:QUSgu1mP0
種牛やこのラットをみるに、やはり優秀な遺伝子をかけあわせるって大事なんだな。
まあ競馬とかもそうだな。

956 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 03:55:57 ID:MT8/2lihP
ラットの惑星あるで

957 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 03:58:40 ID:HRzQp1Tt0
>>955

しかし、失礼ながら天皇家とか、北朝鮮の家系とかみると
代々嫁のレベルは最低並〜美人ばかりの家系な筈。
だったら美女、イケメンばかりに現世代はなりそうなもんだが・・・
現実は・・・

958 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 04:01:13 ID:oH8rm80O0
>>957 素顔 最低 化粧 美人 ふしぎ!

959 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 04:02:02 ID:MT8/2lihP
>>957
イケメンとはいかなくても、せめて普通レベルは行きそうなもんなんだがな
血が濃すぎるんだな、内側の

960 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 04:02:28 ID:QUSgu1mP0
>>957
そういう名家は家優先でこれまで結婚してきたからじゃないか?
見た目重視で結婚してきたであろう歌舞伎界とかはやっぱり平均レベル高いと思う。


961 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 04:31:48 ID:Q4AFL8r00
脳内の数直線が小学生の頃から対数になっていた。
高校で気が付いてワロタ。

962 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 04:34:02 ID:f12EADcO0
>>17
おまえポルポト派だな

963 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 04:48:02 ID:VtfqQk0x0
アルジャーノン!

964 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 04:53:12 ID:4zPF9Wok0
>>1
頭が良過ぎると実験に使っていいのか?
という話になってくるぞ。

965 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 05:06:35 ID:My97diGCP
>>964
あー、イルカよりも頭がいいのか悪いのかで
対応が変わるなw

966 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 05:07:16 ID:8VFOoDJX0
愛子様の悪口はやめろ

967 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 05:22:22 ID:gAbm/Uw/0
>>789
入学すると「不良や教授」は「私と女子学部生」を意図的にいがみ合わせるよう仕向けた。それはあとで説明する。
女子学部生たちは「警戒心のないころの私」へお菓子を渡して優しい言葉をかけて接する知恵もない。
私はいじめられ、休学、復学した。
復学した直後、実験研究棟の上層階にその妖怪女たちが白衣着て院生としてウロウロしているのをチラ見した。
学部生として復学した後の私は、もうコリゴリとスッカリ猜疑心(さいぎしん)の塊になっていた。証人は探していた。
卒業直前かな?
卒業手続きで直接教授に会う用事があって、行きたくなかったが、実験研究棟のその危険な上層階に行った。
すると、院生の妖怪女のひとりに 「本当に」 捕まって、手作りのクッキーを渡された。
が、毒入りっぽくて気持ち悪かった。あの女たちは法医学の網をくぐる毒殺術を本当に持ている。生命の危険を感じた。
ほかの男がその妖怪クッキーを口に入れたのを確認して、
院生の妖怪女に勧められた位置のクッキーをよけて、チョイ横のクッキーをつまんで口に入れた。
終始気分が悪かった。

968 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 06:47:51 ID:ccpkfsBo0
俺は小2位のころにうけたIQのテストが凄く結果がよくて担任がわざわざうちのかーちゃんに報告したようだ
数年してそのことをかーちゃんから聞いた。
自分はやれば出来る子だと思ってた。

969 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 06:49:46 ID:Mfm96Yuj0
やっぱ優秀な遺伝子というのは存在するんだな・・・証明されてショックだわw

970 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 06:54:10 ID:uQftWesq0
ラットの知能に個体差が大きいというのは知能にばらつきがあった方が集団として有利だってことだよ

971 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 07:26:20 ID:C9nDlq9g0
>>11
他人を支配するのに必要なのはコネと金。

天才も凡才も支配者から見ればプラスドライバーと
マイナスドライバーくらいの差しかないんよ。

972 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 07:42:20 ID:oqSQQstTP
>>969
その逆のDQNスパイラルもあるもんな

973 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 11:45:38 ID:Ej7Bp1HD0
>>970
全キャラ職業関係なく「かしこさ」だけ高くても困るしな

974 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 11:56:07 ID:TX22ZkKm0
私が天才 上岡です。

975 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 14:46:09 ID:eFhF3Yma0
ラットかわいいね。飼いたい。どこで売ってるの?
ペットショップでラット売ってるの見たことない。

976 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 14:52:22 ID:B/sOsfky0
>>975
東海大とやらに行けばできそこないの処分する奴をくれるんでないかい?

977 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 16:24:44 ID:f12EADcO0
>>976
ラットはくれない。厨房の時、某大薬学部にラットおねだりに行ったが
毛がバサバサのすんごいラットが某研究室にいて、ちょうだい言ってもくれなかった
この研究室のヌシだからやれない、言われた
かわりにマウスもろた


978 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 18:50:59 ID:B/sOsfky0
>>977
そりゃあヌシではくれなかろう。
俺も近所の大学にいってイキのいい女の子いないか見に行こう。

979 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 21:28:33 ID:PoZaEe9J0
世界一と呼ばれたゴールキーパーのブッフォンなんかも両親がスポーツエリートだな。
サッカーの本田や長友も親類にそんなのがいんだっけか。

980 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 21:33:32 ID:kUto5jab0
人間も95代掛けあわせれば、安定的に天才を作り出せるってことか?
一世代30年としても3000年も掛かんのかwww
いまからでもいいから、人間で実験始めるべきだろ

981 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 21:46:35 ID:qfUoWfMA0
名前よぶと飼い主によって来てひっくり返って撫でられるのをうっとりしてた友達のハムスター思い出した
だからカゴから出しても大丈夫なハムスターだった。

982 :名無しさん@十一周年:2010/07/29(木) 21:54:10 ID:llmJ/w900
>979
ジーコやマラドーナの両親は至って普通の人なので、それこそ一概に論じられない。

983 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 00:16:06 ID:8GmL9ZBN0
>>980
安定的にアインシュタインやマラドーナばかり生まれてくるようになったら
人類は滅ぶぞ。お前みたいな馬鹿でもそのくらい想像つくだろ。

984 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 09:06:01 ID:vLzE69ocP
>>71
そういう「さも自分は優勢思想を持ってない」って発言がキモイ

例えば、神社とかで「生まれている子が(五体満足で)
健康な子でありますように」っと願うのは
隠れた優勢思想だ。

優勢思想は誰でも持っている。っていうか親となるからには
どんなに自分が非難されようともあらゆる手で子供の健康を
実現してもいいだろう、って言うかそれが親の責任だ。

極論を言うなら子供が不健康になることより自分が非難され
ることを恐れるやつは親になるな。


985 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 10:25:58 ID:Wj0q/3Hh0
>>975
ペットショップにはほとんどいない
爬虫類ショップにはエサ用として置いてる場合もあるけど
いろいろ問題ありそうなのでおすすめしない
いちばんいいのは里親募集を見つけて譲り受けること

小型のねずみ類では最も懐くからペットとしてはおすすめだよ
しっぽさえ抵抗なければ

986 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 10:46:01 ID:u/WZrBYE0
>>975
ラットはでかいから、ネズミ類飼うの初めてならハツカネズミにしとけ。
十分頭いいしかわいいぞ。
ところでハムスターは人気に見合うほど扱いやすいペットではない。
縄張り意識が強すぎる。バカな飼い主が、兄弟だからって同じケージで
飼い続けて悲惨な殺し合いの結末になったのを何度も見た。

987 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 11:16:56 ID:1f/QmXcE0
ハツカネズミの寿命は約1・5年らしい
可愛いから飼おうかと思ったけど死んだら悲しいからやめとく

988 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 11:17:19 ID:l6MMBfMG0
所詮ネズミ。

989 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 11:36:35 ID:yg0vpSmmI
残念な人間がネズミに嫉妬するスレ

990 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 11:39:47 ID:7C4eNSEg0
天才牛を作って、グリーンピースに見せろ

991 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 11:50:18 ID:G2bRWj3A0
>>986
バカな飼い主って、小学生のなんも知らない子までバカ扱いかよ
さあハムスターを飼いましょう、お母さんこれでいいよね?いいんじゃないの
こんなのだと思うが、どこがバカなの?
少なくともお前よりは有能に成長すると思うぜ

992 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 11:58:11 ID:lRv8lmKu0
>>688
テストの出来と問題解決能力との間には、強い関係があると思うよ。

993 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 12:02:05 ID:u/WZrBYE0
>>991
自分のことを言われて怒る気持ちは分かるよ。
悪かったね。君はバカじゃないよ。事前にペットの習性を
調べるだけのオツムがちょっと足りなかっただけだ。

994 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 12:08:04 ID:G2bRWj3A0
>>993
いや小学生のことなんだけどw日本語読めますか?
ハムスター買うのなんて小学生とかばっかだろ。
小学生がネットで調べなきゃいけないのか?親とかに聞くんじゃないのか。
思いもよらず自分に反論があったからって、脊髄で思い込みレスしないでね。迷惑。

995 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 12:10:59 ID:jyXcbb08P
>「天才」は、30秒ごとにレバーを押さないと軽い電気ショックを受ける実験で、

数十年後には反対に人間がこの実験をされるんですね。わかります。

996 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 12:12:02 ID:yfV+2yRoP
どう考えても天才じゃなくて秀才だろw
天才って環境とか血筋とか関係ないし

997 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 12:18:36 ID:u/WZrBYE0
>>994
うんうん、小学生の頃のトラウマ思い出しちゃったんだね。
ごめんね。繰り返して言うけど、君はバカじゃない。
オツムがちょっと足りなかっただけだ。

998 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 12:19:38 ID:G2bRWj3A0
>>997
ハムスター飼ったことなんてないんだが。
何だろう、ID:u/WZrBYE0は想像が浅はかというか貧困なんだろうね。
すぐ他者をバカ呼ばわりして、満足するしかない可哀想な人ぽいww

999 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 12:21:10 ID:DklLHNtB0
>>9
コクボがいるじゃないか

1000 :名無しさん@十一周年:2010/07/30(金) 12:21:18 ID:G2bRWj3A0
>>997
思い込みで後にもひけず恥さらしのまんま突っ走るしかないね、可哀想ww

ID:u/WZrBYE0って、たとえば幼稚園児の失敗に対しても
バカとかおつむが足りないとか、見下して満足しちゃうんだろうなw
懐が狭いというか、余裕がないんだろうね。
少しは社会に出て見た方がいいんじゃないのかな?
その偏狭な思考を自己認識できて恥でもかいておいでwww

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

278 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)