5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中高生が使う新しい“新語”きよぶた、ヒガモ、ときとば、ムカ男・・・・・もう訳わからん

1 : ムシトリナデシコ(青森県):2009/07/02(木) 20:47:50.63 ID:cpQXgyjl ?PLT(12500) ポイント特典

お父さんのための“新語”講座

「きよぶた」「ヒガモ」「指恋」の意味が分かりますか? 最近、中高生の子どもが話す言葉が「さっぱり分からん」と嘆く大人たちが多いはず。かといって
子どもに聞いても教えてくれるとは限らない。辞書にも載ってないし、インターネットでも難しい。そこで、あふれる新語(略語)を大研究!
折り目正しい大学者が、今の世をのぞいたらさぞや驚かれるだろう。新語が激しい勢いで続々と生まれており、中高生を持つ親たちから「まともな日本語
はいったいどこへ行った」という叫び声が聞こえてくるようだ。

たとえば「きよぶた」は、どこかの豚ではない。京都の「清水寺の舞台から飛び降りる」を大胆不敵に略したもの。思い切ることを「えーい、きよぶた!」と
いうらしい。「時と場合は」は「ときとば」と言い、「ときとばでコロコロ態度を変える」などと使う。被害妄想は「ヒガモ」で、モンスターペアレントは「モンペ」と
はしょる。

こうした略語だけでなく、最近刊行された「みんなで国語辞典(2)あふれる新語」(大修館書店)をめくると、排他的、冷笑的、あるいは攻撃的なものまで、
総じてそのセンスには一目置かざるをえない。携帯電話関連で言えば「指恋」(ゆびこい)というのがある。ちょっとHぽい感じがしないでもないが、意味は
「携帯電話のメールでのやりとりを重ねるうちに、いつしか恋愛関係に発展することだ」という。

「タメ男」は「先輩や上司にもタメ口をきく男」のこと。「ムカ男」は、「ムダにカッコいい男」で「ムシ男」は「ムダに渋い男」なんだそうだが、意味がよく分から
ない。男の子が女子を「パス子」と呼ぶ場合は「容姿や性格に難があり、男子に不人気な女の子」。「殻子(からこ)」は自分の殻に閉じこもり、他人に心を
開かない女の子」という意味だそうだ。
「ペリー来航」、これは女の子の生理「月経」。突然やってきて驚かせるからだという。いろいろありますねえ。

しかし、この略語なり新語の子ども言葉は、「多分、来年は通じません」と版元関係者も言っているように、洪水のごとくあふれ出る言葉は、次々に忘れられる
運命にもあるようだ。

一部省略
http://npn.co.jp/article/detail/87757571/

つづく

2 : ムシトリナデシコ(青森県):2009/07/02(木) 20:48:33.24 ID:cpQXgyjl ?PLT(12500)

◎こんな珍語も…いくつ分かりますか
 「チャバ子」…1人で茶番を繰り広げる女の子。
 「苦虫女」…美人だが、男を寄せ付けないカタイ女の子。
 「アピる」…人に対して、アピールする。
 「かそる(過疎る)」…中年男性の髪が薄くなる。
 「しぱしぱ」…眠くてまぶたがおちてきそうなさま。
 「のりっぱじ(乗りっ恥)」…テンションが上がり、身もふたもない言動で恥をかくこと。
 「プチプラ」…値段が安いこと。
 「まずドリ」…ドリンクバーのこと。「とりあえずビール」のノリ。
 「やきば(焼き場)」…日焼けサロンのこと。
 「政辞家」…政治家のもじり、突然、総理大臣を辞めてしまう政治家。

おわり

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)