5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中国人教授が儒教をボロクソに批判 「迷信」「病態的」「大脳を停止させるウィルス」

1 : オキナワチドリ(アラバマ州):2009/04/08(水) 00:10:08.62 ID:muf1G2A1 ?PLT(12000) ポイント特典

■中国人には哲学も理論も科学も存在しない

 人類文明の発達で最初の転機は大脳の発達の発達だった。次は約3000年前に起こった文字の使用だ。
文字により人類は形式思考と論理を完成させ、300年前の動力使用の一般化(産業革命)を実現した。

 しかし、東洋と西洋では、文明の進む道は大きく異なった。西洋文明の道を「正常」というなら東洋文明、
もっと直接に言えば中国人の文明は、「病態的」になったと言わざるをえない。

 中国人は儒教思想の「独善」、「独断」の影響を2000年にわたって受け続けた。儒教関係の役にも立たない
「死書」と文献が大量に生み出され、中国人の「大脳が発達する」可能性を奪い取った。それ以来、中国人は
世界的に重要とされる発見や発明の場には、「欠席」したままだ。

 19世紀になり、西洋人は武力で中国の門戸を開いた。その時、儒教を学んでいた文人には、最低限の
論理的概念もなかった。そもそも、中国語には、基本的な「文法」すらなかった。論理性を失っていた結果だ。
さらに、中国人には語るべき「哲学」も「理論」も「科学」も存在しない。儒教を重んじるようになった結末は、これほどまでに深刻だ。

 「儒」という文字は何を意味するか。へん部分は「人」だ。つくりの上半分は「雨」、下半分は古い篆書で「天」と同じ。
すなわち、天に対する雨乞いをあらわす。


全文ソース
http://www.excite.co.jp/News/china/20090407/Searchina_20090407195.html

2 : オニノゲシ(アラバマ州):2009/04/08(水) 00:11:20.02 ID:61Z0ouf9
文革ですね。わかります

3 : ライラック(catv?):2009/04/08(水) 00:12:10.48 ID:9XP17NAx
わかりにくい
簡潔にしろ

4 : フデリンドウ(愛知県):2009/04/08(水) 00:12:13.22 ID:/fwp2G48
焚書坑儒!焚書坑儒!

5 : シキミ(アラバマ州):2009/04/08(水) 00:12:58.89 ID:tsrzDhxB
神なき宗教

6 : シザンサス(関東・甲信越):2009/04/08(水) 00:14:18.83 ID:bYfHy62O
まあそこまで変な記事ではない

7 : チューリップ(宮城県):2009/04/08(水) 00:14:18.85 ID:33OwoVzA
村の時間の時間

8 : トリアシスミレ(中部地方):2009/04/08(水) 00:14:32.78 ID:7l1wBQtW
あっちじゃ儒教が道徳じゃなくて宗教なんだろ

9 : コハコベ(関東):2009/04/08(水) 00:14:39.86 ID:zy0bOAig
正解

10 : オオバクロモジ(dion軍):2009/04/08(水) 00:14:47.99 ID:lcZ3oxMc
あの国のせいで
儒教の強姦犯罪率だけ異様に高いんだってな

11 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 00:14:48.92 ID:mZaXhAnx
そりゃ儒教の教えに凝り固まった隣の連中見たらねぇ。

12 : フクシア(アラバマ州):2009/04/08(水) 00:14:53.57 ID:5/ADAYol
今日の蒼天航路スレか

13 : サポナリア(中部地方):2009/04/08(水) 00:14:59.64 ID:dYS0SiEW
恋姫無双スレ

14 : ジョウシュウアズマギク(関西地方):2009/04/08(水) 00:15:33.99 ID:soro7D9j
他人の言葉ばかり引用して盲信してる奴は信用できない

15 : キクザキイチゲ(岡山県):2009/04/08(水) 00:15:34.83 ID:FgldLgyJ
神などいない
いるとしたら中国人そのものが神

それが中国人の思考

16 : ショウジョウバカマ(千葉県):2009/04/08(水) 00:16:19.06 ID:oYiJqhvP
いつの時代だよ
魯迅が1920年頃同じこといってたろ

17 : ねこやなぎ(長屋):2009/04/08(水) 00:16:43.54 ID:f+KSdNIg
そりゃ孔子は韓国人だからな

18 : ストック(福島県):2009/04/08(水) 00:16:58.81 ID:tAyM1eNN
中華文明圏は論理ってのは欠けてるからな、日本もな

19 : ベゴニア・センパフローレンス(神奈川県):2009/04/08(水) 00:17:01.54 ID:7bqqyznb
>>3
韓非子天才、始皇帝最強
孔子はごみ屑以下の糞野郎

20 : カンパニュラ・アーチェリー(東京都):2009/04/08(水) 00:17:30.09 ID:GkSUNxIg
また焚書坑儒か

21 : ジャーマンアイリス(大阪府):2009/04/08(水) 00:18:25.90 ID:OzOnFQys
 夫(それ)一切衆生の尊敬(そんぎょう)すべき者三つあり。所謂(いわゆる)、主・師・親これなり。又習学すべき物三つあり。所謂、儒(じゅ)・外(げ)・内これなり。
儒家には三皇(さんこう)・五帝・三王、此等を天尊と号す。諸臣の頭目、万民の橋梁(きょうりょう)なり。
三皇已前は父をしらず、人皆禽獣(きんじゅう)に同ず。五帝已後は父母を弁(わきま)へて孝をいたす。
所謂、重華(ちょうか)はかたくなわしき父をうやまひ、沛公(はいこう)は帝となって太公を拝す。
武王は西伯(せいはく)を木像に造り、丁蘭(ていらん)は母の形をきざめり。此等は孝の手本なり。
比干(ひかん)は殷(いん)の世のほろぶべきを見て、しゐて帝をいさめ頭(こうべ)をはねらる。
弘演(こうえん)といゐし者は懿公(いこう)の肝(きも)をとって、我が腹をさき、肝を入れて死しぬ。
此等は忠の手本なり。尹寿(いんじゅ)は尭王(ぎょうおう)の師、務成(むせい)は舜王(しゅんおう)の師、
太公望(たいこうぼう)は文王の師、老子は孔子の師なり。此等を四聖とがうす。
天尊頭(こうべ)をかたぶけ、万民掌(たなごころ)をあわす。此等の聖人に三墳(さんぶん)・五典・三史等の三千余巻の書あり。
其の所詮は三玄(さんげん)をいでず。三玄とは、一には有(う)の玄、周公等此を立つ。二には無の玄、老子等。
三には亦有亦無(やくうやくむ)等、荘子が玄これなり。玄とは黒なり。父母未生(みしょう)已前をたづぬれば、或は元気より生ず。
或は貴賤・苦楽・是非・得失等は皆自然等云云。


22 : ジャーマンアイリス(大阪府):2009/04/08(水) 00:19:20.96 ID:OzOnFQys
 かくのごとく巧みに立つといえども、いまだ過去・未来を一分もしらず。
玄とは、黒なり、幽(ゆう)なり。かるがゆへに玄という。但現在計りしれるににたり。
現在にをひて仁義を制して身をまぼり、国を安んず。此に相違すれば族(やから)をほろぼし家を亡ぼす等いう。
此等の賢聖(けんせい)の人々は聖人なりといえども、過去をしらざること凡夫の背をみず、未来をかゞみざること盲人の前をみざるがごとし。
但現在に家を治め、孝をいたし、堅く五常を行ずれば傍輩(ほうばい)もうやまい、
名も国にきこえ、賢王もこれを召して或は臣となし、或は師とたのみ、或は位をゆづり、天も来たって守りつかう。
所謂周の武王には五老きたりつかえ、後漢の光武には二十八宿来たって二十八将となりし此なり。
而りといえども、過去・未来をしらざれば父母・主君・師匠の後世(ごせ)をもたすけず、不知恩の者なり。
まことの賢聖にあらず。孔子が此の土に賢聖なし、西方に仏図(ふと)という者あり、此聖人なりといゐて、外典を仏法の初門となせしこれなり。
礼楽(れいがく)等を教へて、内典わたらば戒定慧(かいじょうえ)をしりやすからせんがため、
王臣を教へて尊卑(そんび)をさだめ、父母を教へて孝の高きことをしらしめ、師匠を教へて帰依(きえ)をしらしむ。
妙楽大師云はく「仏教の流化(るけ)実に茲(ここ)に頼(よ)る。礼楽前(さき)に駆(は)せて真道後に啓(ひら)く」等云云。
天台云はく「金光明経に云はく、一切世間所有の善論皆此の経に因る。若し深く世法を識(し)れば即ち是仏法なり」等云云。
止観に云はく「我れ三聖を遣はして彼の真丹(しんたん)を化す」等云云。弘決に云はく「清浄法行経に云はく、
月光菩薩彼(かしこ)に顔回(がんかい)と称し、光浄菩薩彼に仲尼(ちゅうじ)と称し、迦葉菩薩彼に老子と称す。
天竺(てんじく)より此の震旦(しんたん)を指して彼と為す」等云云。


23 : サポナリア(東京都):2009/04/08(水) 00:23:11.16 ID:rYdkTQdz
また極端な論説だな
もっとも儒教を絶対視してろくでもない方向に持って行ったかの国のこともあるしな

24 : アブラチャン(大阪府):2009/04/08(水) 00:23:37.16 ID:MSdrFfhF
孔子を理解するのに孔子である必要はない

25 : カンパニュラ・アーチェリー(東京都):2009/04/08(水) 00:24:56.37 ID:GkSUNxIg
>>23
やつらは儒教のうわべだけしか利用して無いだろ
倫理教育なんてものが無いような国じゃねぇか

26 : ユキヤナギ(アラバマ州):2009/04/08(水) 00:26:25.72 ID:CzLxBOkE
一方富永仲基は神・仏・儒すべて否定した

27 : キバナノアマナ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 00:27:51.30 ID:Y6McCizC
>>23
約束って言葉も概念もなかった国に儒教は理解無理だろ

28 : カエノリヌム・オリガニフォリウム(愛知県):2009/04/08(水) 00:28:03.77 ID:BWuiirkM
文革やっちゃった時点でもう・・・

29 : ヤブツバキ(長屋):2009/04/08(水) 00:28:34.57 ID:v8c1T0kr
性悪説は良い考え

30 : プリムラ・マルギナータ(愛媛県):2009/04/08(水) 00:28:38.48 ID:Q6IdvErd
儒教を国教化した李氏朝鮮の惨状を見るとね

31 : ミゾコウジュミチノクコザクラ(福岡県):2009/04/08(水) 00:28:59.19 ID:MbIxg8YY
>>23
彼らってすごく染まりやすいよね
仏教だってものすごく傾倒したらしいし
今はキリスト教に染まろうとしてる

32 : シナノナデシコ(九州):2009/04/08(水) 00:30:19.99 ID:vR6PFAO+
後の

曹孟徳である

33 : パンジー(コネチカット州):2009/04/08(水) 00:31:59.01 ID:NBvcVFVn
周恩来もまったく同じこといってたな

それどころか来日の時に『ごめんね、昔、イミフな学問伝えちゃって』って言ったくらい



34 : タチイヌノフグリ(東京都):2009/04/08(水) 00:33:40.53 ID:UNaF5zYS
腐れ儒者ホイホイスレか

35 : ホトケノザ(関西地方):2009/04/08(水) 00:34:07.55 ID:2LF4Tk0v
でも日本でもお年玉とか慣習化してるじゃん

36 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 00:34:23.62 ID:mZaXhAnx
>>25
うわべどころかどっぷり浸かってるだろ。
儒教なんていい部分だけ引用されてるけど、孔子の生き様見てたら
今の時代ならとても褒められるような生き方じゃないぞ。

37 : ジャーマンアイリス(宮城県):2009/04/08(水) 00:34:27.65 ID:iftoPHmW
Civ4の儒教は割と使いやすくないですか

38 : シンビジューム(関東・甲信越):2009/04/08(水) 00:34:52.66 ID:LX9WOwWS
この教授が弾圧されないことを祈る

39 : ツボスミレ(アラバマ州):2009/04/08(水) 00:35:01.60 ID:K6d7Bzzk
自虐や自己批判できるだけ南北なんとかよりマシ

40 : マーガレット(沖縄県):2009/04/08(水) 00:35:12.26 ID:OWFZtEOo
儒教ってただの超強力な保守主義だよね。
しかも西洋のような経験則に基づくものじゃなく、過去のある時期の一部の連中が勝手に考えた俺様ルールに
基づいた、経験主義にも統計学にも何も基づいていない保守主義。

41 : シロイヌナズナ(関東):2009/04/08(水) 00:35:39.82 ID:yBNS5QkX
江戸明治の知識人たちはみんな儒教を学んでたけどな
少なくとも日本の進歩には大いに役立ってる、中国人は儒教を生かせないだけだろ

42 : クチベニシラン(関東・甲信越):2009/04/08(水) 00:36:13.67 ID:rxcnVM0r
生きる上で役立つのが法家
文学として面白いのが道家
糞の役にもたたないのが儒家

43 : セイヨウタンポポ(アラバマ州):2009/04/08(水) 00:36:43.45 ID:wCXE+I0/
ここで偉そうなことかいてる奴らは当然論語は全編読んでるんだろうな?

44 : クレマチス・モンタナ(岡山県):2009/04/08(水) 00:36:56.86 ID:P8fr9DBb
例として隣の属国を挙げればさすがの中国人も納得するだろ

45 : カンパニュラ・アーチェリー(東京都):2009/04/08(水) 00:37:26.59 ID:GkSUNxIg
>>36
孔子の生涯と孔子の説いた理想論はまた別だろw
そんなこといったら古代中国の大抵の哲人達は不遇で大変な思いしてるだろうに

46 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 00:37:33.45 ID:mZaXhAnx
>>41
儒教のおかげで日本の科学文明は衰退し、300年惰眠を
貪り続け、気がついた頃にはあやうく欧州列強の植民地化寸前でした。

47 : トウゴクミツバツツジ(大阪府):2009/04/08(水) 00:38:28.82 ID:ENzzhIZB
諸子百家は凄い。マジで西洋哲学の2000年先を行ってた。


48 : ジャーマンアイリス(大阪府):2009/04/08(水) 00:38:31.52 ID:OzOnFQys
>>46
誰の説?。ソースは?

49 : フデリンドウ(愛知県):2009/04/08(水) 00:38:49.96 ID:/fwp2G48
儒教って施政者には都合がいいと思うんだけど
なんでそれを政府が率先して無くすのか意味が分からん

50 : サポナリア(東京都):2009/04/08(水) 00:38:54.82 ID:qP2IX0rg
今頃分かっても遅い

51 : エイザンスミレ(dion軍):2009/04/08(水) 00:38:55.51 ID:xD8Vk+nd
儒教でもなんでもいいんだが、中国人という人種は、何がしらかの「教え」と呼べるような
知識や道徳、学問等のあらゆる何かを、教わってはいないだろ実際

52 : ロウバイ(アラバマ州):2009/04/08(水) 00:39:23.26 ID:GvyvUJyj
儒教否定って曹操かよw

53 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 00:39:25.25 ID:mZaXhAnx
>>48
福沢諭吉

54 : カンパニュラ・アーチェリー(東京都):2009/04/08(水) 00:39:27.60 ID:GkSUNxIg
論語を下敷きに取り入れて倫理教育を徹底したからこそ今の日本人がある
中国人は始皇帝の時代から王朝が変わるたびに自国文化を否定して破壊しまくってただけじゃねーか

55 : セイヨウタンポポ(アラバマ州):2009/04/08(水) 00:40:26.19 ID:wCXE+I0/
>>53
ゆきっちゃんはなんでも漢学のせいにするんだもん

56 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 00:40:30.23 ID:mZaXhAnx
過労死とか自殺大国なのは明らかに儒教の影響だよね。
日本は周りの人間の目を気にしすぎ。

57 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 00:41:15.44 ID:yfYzumec
孔子の時代の儒学と孔子の死んだ後のもの
それから朱子学以降とかでかなり違いあるけどな

58 : アカシデ(アラバマ州):2009/04/08(水) 00:41:28.24 ID:laIQ2YcI
共産化しなければ世界の歴史は変わっただろうなぁ。

59 : シュッコン・バーベナ(神奈川県):2009/04/08(水) 00:42:06.78 ID:kei+Pn6+
>>43
論語何度も読んだけど、日本人の誰しもが共感できる内容だよ

60 : フジスミレ(東京都):2009/04/08(水) 00:42:13.29 ID:/3KuMpXI
儒教は哲学でも理論でも科学もでもなく倫理だからなー。
中国人が儒教思想によって「独善」「独断」になったと断定するのは
早計すぎると思うけどなー。むしろ気質が大きい気がするw

61 : カンパニュラ・アーチェリー(東京都):2009/04/08(水) 00:42:24.91 ID:GkSUNxIg
>>53
西洋の実学が必要不可欠だと説いて
東洋哲学重視の教育を批判しただけで
福沢諭吉の論は論語がベースにあるがな

62 : ボロニア・ピンナタ(catv?):2009/04/08(水) 00:42:29.31 ID:uAb5IlkH
だとしたら今の中国人は無神論者の固まりなの? 

63 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 00:42:31.99 ID:mZaXhAnx
>>58
国民党追い出した日本軍ってろくでもないな

64 : シロイヌナズナ(関東):2009/04/08(水) 00:42:33.14 ID:yBNS5QkX
儒教批判はいいけど批判するなら最低限
大学中庸論語孟子詩経書経易経春秋礼記
は熟読しろよな

65 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 00:43:30.97 ID:mZaXhAnx
儒教より孫子のほうが実社会では役に立つ

66 : ジャーマンアイリス(大阪府):2009/04/08(水) 00:43:47.26 ID:OzOnFQys
>>63
日本ってその気は無いけど、間接的に共産党を助けちゃってるよな。
ロシアにしても中国にしても。

67 : ハイドランジア(愛知県):2009/04/08(水) 00:43:55.95 ID:DPUhIVqz
儒家神道はキチガイカルト

68 : ボロニア・ピンナタ(catv?):2009/04/08(水) 00:44:00.39 ID:uAb5IlkH
昔と今の中国人ってかなり違いがあるらしいね。

69 : カキドオシ(千葉県):2009/04/08(水) 00:44:01.67 ID:AMpYaMvC
明治に朱子学とかいうドグマを綺麗サッパリ捨てちゃったのが日本人だ。
明治維新の原動力は朱子学に基づく尊皇思想だったというに。

人間の行動を律する根本思想かと思えた物すら方便として利用して捨てちゃうという現実主義
それが日本人よ。

70 : シュッコン・バーベナ(神奈川県):2009/04/08(水) 00:44:26.25 ID:kei+Pn6+
>>65
そんなことない
論語は人としての心の持ちようについて語られている

71 : 水芭蕉(東日本):2009/04/08(水) 00:45:03.00 ID:PIteuwV8
いや「哲学」も「理論」も「科学」あっただろ。
何ボケたこと言ってんだ、こいつ。
特に火薬とか、偶然中国が発見したものではなく、
それだけ中国人が物質の精製と分類と製造に長けてた証拠。
だたし学問としては発展しなかったのは国家秘密主義と儒教の弊害かな。


72 : アカシデ(アラバマ州):2009/04/08(水) 00:45:10.25 ID:laIQ2YcI
>>63
結果論だが、ロシアと中国の共産化に日本が大きく関わってるんだよなw
なんという因果だろうねぇ。

73 : シデ(catv?):2009/04/08(水) 00:45:32.84 ID:ReN18TyW
>>56
だからこその日本人。
宗教観なんてほとんど無いのに秩序だってるのは、世間の目があるからだろう。
周りを気にしなくなったら日本人として終わりなんだよ。

74 : カンパニュラ・アーチェリー(東京都):2009/04/08(水) 00:46:11.13 ID:GkSUNxIg
>>73
恥の文化を捨てたら大陸人と差異は無いものね

75 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 00:46:15.49 ID:mZaXhAnx
おまえらが一番嫌いな空気嫁って考えも儒教

76 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 00:46:15.32 ID:yfYzumec
実際に目の前の何かの役には立たないことが
むしろ誇りってのが儒学の考え方じゃなかったっけ

77 : マーガレット(沖縄県):2009/04/08(水) 00:46:46.81 ID:OWFZtEOo
>>73
周囲の目を気にするのは、儒教と何の関係も無いけどな。
律令国家以来の社会制度に起因しているだけで。

78 : セイヨウオダマキ(関西地方):2009/04/08(水) 00:47:24.08 ID:TLXo3v5s
法律一番乗りはマンサにとられる

79 : 水芭蕉(東日本):2009/04/08(水) 00:49:00.86 ID:PIteuwV8
>>46
関係ない。
だろ、江戸幕府が儒教受け入れ前に発展してたわけでもない。
むしろ鎖国と農本主義と封建主義的な三河田舎武士達のせい。

>>49
共産主義の思想と儒教はイデオロロギー的に相容れないものだから。
ただし政府にとっては確かに都合のいいものでもあるから許容されてる。


80 : ヒイラギナンテン(福岡県):2009/04/08(水) 00:50:29.27 ID:2/GxlOWp
>「儒」という文字は何を意味するか。へん部分は「人」だ。つくりの上半分は「雨」、下半分は古い篆書で「天」と同じ。
>すなわち、天に対する雨乞いをあらわす。

どうしてこれですなわち雨乞いになるのか分らん。
論理がないと言うだけのことはあるな。

81 : パンジー(コネチカット州):2009/04/08(水) 00:50:59.08 ID:zaiWG4+k
儒教って基本古いものはよくて新しいものはダメって教えでしょ
先に生まれただけで無条件に偉いみたいな

そりゃそうなるんじゃねえの

82 : カラスビシャク(東京都):2009/04/08(水) 00:51:10.13 ID:FiFSSlNq
孔子はよりタオだろ?

83 : 水芭蕉(東日本):2009/04/08(水) 00:51:11.04 ID:PIteuwV8
>>72
ロシアに関しては過大評価。
中国に関しては半分はアメリカのせい。


84 : ハイドランジア(愛知県):2009/04/08(水) 00:52:01.89 ID:DPUhIVqz
・無駄に過剰な男尊女卑
・肉体労働を卑しむ風潮
・権威主義
・障害者差別

ニュー速は朱子学の悪いところばかりに影響を受けている

85 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 00:53:20.01 ID:mZaXhAnx
>>81
親に殺されそうになった子供を逆に殴り飛ばしたくらいだかなw
無茶苦茶だぜw

86 : ロウバイ(長屋):2009/04/08(水) 00:54:01.32 ID:BarcF37o
自国文化のフルボッコか
昔の日本を見ているかのようだ

87 : トリアシスミレ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 00:54:07.02 ID:dCcJTh08
清朝末期に儒教の改革運動で
孔教というものがあって結局頓挫したらしいが
結局儒教を発展昇華させるのは諦めたのかねー?

88 : ハイドランジア(愛知県):2009/04/08(水) 00:54:33.98 ID:DPUhIVqz
>>79
徳川幕府以前にも五山の僧侶や藤原惺窩とか
儒教オタクはいっぱいいただろ
三河を馬鹿にするのは辞めろ

89 : タツタナデシコ(長屋):2009/04/08(水) 00:54:38.52 ID:rluNAER5
魯迅みたいだな

90 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 00:54:53.64 ID:mZaXhAnx
>>84
んじゃあ朱子学のいいところってなによ?


91 : トリアシスミレ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 01:01:59.51 ID:dCcJTh08
>>77
その人目に関する考察は
和辻哲郎が人間の学としての倫理学だったかで触れてるそうだが読んだ?

92 : サポナリア(関西地方):2009/04/08(水) 01:02:47.48 ID:JnXDT/50
科学の偉大な所は間違いが見つかったらそれを認めより正しい方向に訂正できる所。
「○○曰く〜」昔の人が言ったからで思考が停止してるんじゃだめだよ。

93 : サポナリア(中部地方):2009/04/08(水) 01:02:58.41 ID:kr6kRGnz
小学校・中学校時代に論語を読まされるような底辺校に通ってたやつは
まさかニュー速にいないよな?

94 : ハンショウヅル(埼玉県):2009/04/08(水) 01:03:03.17 ID:IpjRJJ1m
孔子の人生見たらチョンそっくりで笑った。

ウリは世界一道徳に優れている二ダ。
本当はウリが皇帝のはず二ダ。
これは全部チョッパリのせい二ダ。


95 : ユッカ(東日本):2009/04/08(水) 01:03:57.24 ID:k+exOYfY
西洋文明万歳で儒教をウイルス扱いもいいけど、
その西洋文明の根本に巣食う、キリスト教ってウイルスに目を向けると、
儒教的な神をより所に置かない、マナー、ルール、モラル、処せ術?ってかは、そう悪くは無いと思う。

実際、日本なんか、
モラルを神に頼らない儒教の変化形を持つ上に、高いレベルの科学技術を持つ、
おかげで、宗教戦争無しで高経済な社会を作ってる訳だし。

自然科学の真理探究に向かい科学技術を生み出さなかった原因を、儒教そのものに求めるより、
儒教を学問の中心としてやってきた、社会的な問題として捉える方がスッキリするかも。

96 : サポナリア(関西地方):2009/04/08(水) 01:05:21.55 ID:1l8OkME3
お年玉って儒教だろ

97 : 福寿草(北海道):2009/04/08(水) 01:05:45.52 ID:T4ib1wIx
極端すぎる

98 : ビオラ(大阪府):2009/04/08(水) 01:05:52.49 ID:7cN185IS
論語は大したもんだ。
中国には何もなくても論語があると誇っても良いくらいだ。

99 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 01:06:01.45 ID:mZaXhAnx
宗教戦争は無いけど、自殺が三万人超えてるよね。

100 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 01:06:51.00 ID:yfYzumec
>>90
経典解釈が中心だった儒学から
経典に則ってとはいえ
自分らで世界の構造や理を把握していこうとしたところだと思う




101 : センダイハギ(アラバマ州):2009/04/08(水) 01:06:54.36 ID:GWkmZ+7u
曹操が儒を弾圧して天下を取ったりいろいろ可能性はあったんだろうけど
官僚が全てダメにしたね

102 : マーガレット(北海道):2009/04/08(水) 01:07:30.45 ID:jtN/iOyP
>>1
中国にも反中的な言動する学者がいるんだな
まあこいつはただの西洋コンプレックスみたいだけど

103 : ジギタリス(埼玉県):2009/04/08(水) 01:08:09.91 ID:IocqS6Ky
諸子百家で花開いた中国文化が儒教という道徳教育で一気に腐敗したからな。
それを危惧した始皇帝はやっぱり先見の明があるよ。

104 : ツメクサ(奈良県):2009/04/08(水) 01:08:13.79 ID:41neAc6X
原文へのリンクないの?中国語で読みたい

105 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 01:08:14.80 ID:mZaXhAnx
曹操は親父が宦官ってことで儒教家からも軽蔑されていたからな。
そりゃ恨むのは当然だ。

106 : シンビジューム(埼玉県):2009/04/08(水) 01:09:38.46 ID:aUfzMUAd
文化「大革命」(大笑い

107 : ヒナゲシ(愛媛県):2009/04/08(水) 01:10:35.56 ID:xFe1xXRD
儒教に毒されたもっと深刻な例がお隣にありますね

108 : シロイヌナズナ(関東):2009/04/08(水) 01:10:47.91 ID:yBNS5QkX
四書五経が東洋文明の源泉であることは事実
聖書、経書、ヴェーダが世界三大聖典

109 : ニョイスミレ(福岡県):2009/04/08(水) 01:10:57.04 ID:jUHsMmQZ
ブチ切れすぎワロタwww

110 : サポナリア(千葉県):2009/04/08(水) 01:12:38.66 ID:zAfzUYSA
また孔子の像に投石を始めるのか

111 : ユッカ(東日本):2009/04/08(水) 01:13:44.55 ID:k+exOYfY
>>102
これは反中ではないよ。
儒教批判→西洋文明賛美→西洋文明最高峰=社会共産社会
って構図は中国共産党誕生以来変わらないロジック。

112 : 福寿草(北海道):2009/04/08(水) 01:13:44.58 ID:T4ib1wIx
件のブログ
http://blog.sina.com.cn/liming1

113 : スイセン(神奈川県):2009/04/08(水) 01:13:57.65 ID:PXu+PPvR
日本人ってほとんど儒教だぞww
知ってるよな?

114 : キバナノアマナ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 01:14:11.42 ID:0n8LHeMO
漢詩とか読むと昔の中国人は偉大だったんだなと思う
今の中国人も俺があった限りでは無茶苦茶
な論理を展開するわけでもなく いたってマトモ
まあ 芝居の可能性もあるので心を許すつもりはないが
韓国人よりはだいぶマトモだと思う

115 : サポナリア(千葉県):2009/04/08(水) 01:16:14.01 ID:zAfzUYSA
近代化した国家は移民が流入している国を除いて少子化だし
100年後を見たら、家族観を縛る儒教の方が勝ってるかもよ

116 : ヒナゲシ(愛媛県):2009/04/08(水) 01:17:11.53 ID:xFe1xXRD
>>113
あっさり西欧文化に乗り換えたのに?

117 : ケブカツルカコソウ(新潟・東北):2009/04/08(水) 01:18:06.10 ID:Rvj2TCWo
そうてん始まった

118 : ポピー(福岡県):2009/04/08(水) 01:18:06.38 ID:YlA2IdUI
>>113
明治維新は陽明学派の革命。儒教つってもちょっと違う。

119 : ロウバイ(長屋):2009/04/08(水) 01:18:41.28 ID:BarcF37o
>>113
なんかその言い方では納得しにゃい
儒教思想の影響下にあるっていわれたら納得すりゅ

120 : ジギタリス(埼玉県):2009/04/08(水) 01:19:00.71 ID:IocqS6Ky
老子みたいな西洋でも通用するような哲学者を輩出しながら、
孔子みたいな世渡り上手の教えが大流行してしまったのが不幸。

121 : アズマギク(東京都):2009/04/08(水) 01:19:13.37 ID:5UJ/RhNn
宗教とか倫理学とか教え自体は別に当たり前のこと言ってるのばっかだろ。
家族を大事にとか、年寄り敬えとか、他人にやさしくとか。
都合いいように利用する悪人がいるだけ。

122 : マンサク(静岡県):2009/04/08(水) 01:20:39.65 ID:htrzQmD8
儒教思想を国家間に持ち込んでくるどっかの誰かさん達のお陰ですっかりイメージ悪くなったなw

123 : ユキノシタ(愛知県):2009/04/08(水) 01:20:46.48 ID:X+J8swND
江戸時代の日本も儒教漬けでいびきかいてたな

124 : サポナリア(中部地方):2009/04/08(水) 01:21:24.36 ID:kr6kRGnz
>>121
儒教は孔子自体が悪人だろ

125 : タチイヌノフグリ(神奈川県):2009/04/08(水) 01:22:11.21 ID:gaaAFrm0
儒教はただ上から下を押さえつけ支配統治するだけの洗脳術だからな。

126 : ケンタウレア・モンタナ(秋田県):2009/04/08(水) 01:23:57.11 ID:iHeFtEds
儒は教授の敵でございましょうか

127 : イモガタバミ(千葉県):2009/04/08(水) 01:23:58.66 ID:IwaOAjUa
西洋文明の道を「正常」とする前提がまずどうなんだって話じゃねえの

128 : ロウバイ(長屋):2009/04/08(水) 01:24:32.49 ID:BarcF37o
>>121
昔はそれが当たり前じゃなかったので
それを当たり前にしたのが宗教トカ倫理トカです
ヒャッハー

129 : 福寿草(アラバマ州):2009/04/08(水) 01:24:39.95 ID:l2V9LfOw
このスレは深いな、もっとやれ

130 : ハナイバナ(大阪府):2009/04/08(水) 01:26:19.37 ID:06dD2Yjn
誰か日本でも痛烈に批判しないかな?
儒教って本当に腐ってるよ。

131 : ジャーマンアイリス(大阪府):2009/04/08(水) 01:26:35.53 ID:OzOnFQys
>>127
そうだよな、アヘン戦争のイギリスなんか強かったけど、野蛮人の極みだよな。

132 : イワウチワ(兵庫県):2009/04/08(水) 01:26:59.24 ID:i0fCb0Uh
良く言えば社会を円滑に動かすため、悪く言えば支配者に都合の良い奴隷を作るためには
儒教が最も都合の良い思想。それをさらに発展させたのが武士道
老荘なんか良い思想ではあるが、あれが広まった日にゃニート大量発生で世界が終わる

133 : オンシジューム(アラバマ州):2009/04/08(水) 01:27:47.71 ID:7SNbMhGW
別に何を言おうとその人の勝手だけど

自分の先祖すらを否定するような言動って


どうなん?

134 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 01:28:02.56 ID:mZaXhAnx
>>121
年寄りや家族はどんなクズ野郎でも無条件に敬えって思想だけどな。

135 : カンパニュラ・サキシフラガ(長屋):2009/04/08(水) 01:28:21.93 ID:ndP3q4hq
原罪でも儒教の影響が強い国はロクでもないとこが多いな
中国とか韓国とか韓国とか韓国とか韓国とか韓国とかな

136 : ハクモクレン(アラバマ州):2009/04/08(水) 01:28:32.78 ID:UNEJYjB3
儒教は良し悪し半分だな。
女子に勉学が不要とか、思想的な古さを感じてしまうけど

137 : ジシバリ(神奈川県):2009/04/08(水) 01:28:52.67 ID:spDMwzo0
イギリスのガキは通りの向うから石投げてくるからきおつけなさい

138 : ヒヤシンス(東京都):2009/04/08(水) 01:29:12.58 ID:1uNK4wnH
朱子学や陽明学のように学術的な規範までで留めたのが結果的に良かったんだよな、日本は。

139 : シュッコン・バーベナ(神奈川県):2009/04/08(水) 01:29:23.25 ID:kei+Pn6+
>>125
儒教は孝行悌順を大事にするが、飽くまでも思想の中心は仁

140 : ロウバイ(長屋):2009/04/08(水) 01:29:48.96 ID:BarcF37o
最近の日本人で儒教を批判したのは、
西原理恵子です。
女史はその著作において、日本にかつてあった自由な恋愛文化を、
因習と倫理によって萎縮させたのは儒教である、と痛烈に批判しています。
愛ちゃん黒い三角がまるみえだよ。

141 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 01:30:10.49 ID:mZaXhAnx
>>136
儒教に限らず昔の宗教は女性蔑視が当たり前だけどな。

142 : ヒマラヤユキノシタ(コネチカット州):2009/04/08(水) 01:30:20.62 ID:i11POfwO
精神的な文化を何も持たないイギリスが世界を制覇したように
精神的に豊かな文化をもつインドが万年負け組であるように
精神的であることにはなんの価値もないんだよねw

143 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 01:30:35.60 ID:yHP9nD4H
儒教は糞
玄人は墨士
でもν即的には老荘だよなやっぱ
真人になりたい

144 : ヒヤシンス(東京都):2009/04/08(水) 01:31:08.71 ID:1uNK4wnH
レディファーストの考えも女性蔑視が出発点だしな。

145 : 水芭蕉(東日本):2009/04/08(水) 01:31:48.83 ID:PIteuwV8
>>120
道教ってw
儒教は実践哲学だからまだ世の中の役に立つこともある。
道教なんて考え方は面白いものあるが、基本的に現実逃避思想だからな。
あんなのは儒教以上に汚染思想。
日本が中国と違い近代発展化したのは道教の影響を受けなかったから
と言われてる。



146 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 01:32:47.06 ID:yHP9nD4H
しかし西洋にしろ東洋にしろ
古代の思想家ってニート志向強いよな。ギリシャ哲学とか
まぁきっちりした身分制があったからだろうけど

147 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 01:33:22.47 ID:mZaXhAnx
>>145
日本も道教の影響は少なからず受けてるでしょ。
明治になるまで天皇の祭祀だって唐の礼服着てやってたし。

148 : 水芭蕉(東日本):2009/04/08(水) 01:34:12.85 ID:PIteuwV8
でも日本の企業が世界と渡りあえるのも、
儒教的自己犠牲、集団思想のおかげなんだぜ?
日本が個人でぶつかったとしても、とても西洋人には適わない。


149 : プリムラ・マルギナータ(愛媛県):2009/04/08(水) 01:34:18.28 ID:Q6IdvErd
>>130

つ儒教ルサンチマンの宗教  平凡社新書 浅野裕一

150 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 01:34:39.67 ID:mZaXhAnx
>>146
思想家なんてみんな世間知らずのボンボンだからな。
明日の糧がどうなるかもしれんって身分でそんな小難しいこと考えていられるかよ

151 : リナリア(富山県):2009/04/08(水) 01:34:41.37 ID:TZwT04zR
>>8
そのとおり
日本では儒教と道教は別物だけどあっちは道教が儒教

152 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 01:35:35.85 ID:yHP9nD4H
>>150
まぁそりゃそうだな
だから金持ちのボンボンが考える共産革命は成功しないんだよね
皮肉な話だが

153 : イワウチワ(兵庫県):2009/04/08(水) 01:35:57.41 ID:i0fCb0Uh
>>145
おっと仏教の悪口はそこまでだ

154 : ジシバリ(神奈川県):2009/04/08(水) 01:36:20.95 ID:spDMwzo0
儒教を信奉する国ってスカトロ趣味に走るんだよね

155 : カエノリヌム・オリガニフォリウム(兵庫県):2009/04/08(水) 01:36:47.82 ID:PzyfUEIy
>>59
だよな
儒教を否定してるやつらイメージで語りすぎ

156 : ハルジオン(コネチカット州):2009/04/08(水) 01:37:31.44 ID:We5CAsGS
チョンがファビョーンするスレじゃないのか

157 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 01:37:51.74 ID:yHP9nD4H
仏教はガチだな
唯識とか気が狂っとる
多分本気で学んだら一番楽しいのは仏教

158 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 01:38:01.98 ID:mZaXhAnx
>>155
むしろ美化のイメージのほうが強すぎ。
論理的におかしなことまで受け継いでるのが儒教の致命的な欠陥だよ。

159 : ヒメオドリコソウ(愛知県):2009/04/08(水) 01:38:55.79 ID:OPm60FqH
で、誰が涙目なんだ?

160 : 菜の花(長屋):2009/04/08(水) 01:42:14.09 ID:n1RUGMoE
中国って日本でいえばようやく福澤諭吉の時代の思想レベルになった所なんだな
これから100年くらい西洋科学の恩恵と弊害を存分に体験した末に、ようやく東洋思想の
再評価にたどり着けるかどうか
そこまで行っても日本の昭和レベルだが

161 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 01:44:27.22 ID:yHP9nD4H
近現代の西洋哲学の方がカッコいいよな
存在とか認識とか人倫とか、響きがいいよね
「神は死んだ(キリッ」

162 : オキナワチドリ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 01:45:36.63 ID:HJ1aPgB7
支那人の惨状をみて孔子様が儒教で戒めたのに
思い上がった支那人は其を忘れて世界中に害悪を振り撒いてるのが現状です。
>>1の教授はその最たる愚か者ですね

163 : ロウバイ(長屋):2009/04/08(水) 01:47:07.14 ID:BarcF37o
>>160
昔に洋務運動とか中体西用とか
日本の和魂洋才と同じようなことはしてたので
そんな苛めないでください

164 : エビネ(熊本県):2009/04/08(水) 01:48:33.06 ID:y+RxfYuF
必要なのに無いものが思想として生まれます。

中国人は自分以外を大切にしないから儒教が根付く
白人はズルばかりするからスポーツマンシップが根付く
日本人はへたればかりだから武士道が根付く

ってばっちゃが言ってた

165 : リナリア(富山県):2009/04/08(水) 01:49:29.36 ID:TZwT04zR
>>162の言っている儒教と>>1の教授が言っている儒教はまるで違うものだから

166 : プリムラ・マルギナータ(愛媛県):2009/04/08(水) 01:52:26.12 ID:Q6IdvErd
>>164

大道廃れて仁義あり、ですな

167 : イワウチワ(兵庫県):2009/04/08(水) 01:53:39.85 ID:i0fCb0Uh
儒教批判なんて何も中共が率先してやってることじゃない。魯迅とかもしていたこと
まあ何にせよ、始皇帝好きな俺としては
儒教批判が広まるにつれ、彼の再評価が進んで嬉しい限り

168 : シュッコン・バーベナ(神奈川県):2009/04/08(水) 01:53:54.07 ID:kei+Pn6+
>>158
受け継いでるっていうか、孔子の言動について「それはちょっと違うんじゃね?道を外れてるんじゃね?」
って思える部分も消去されずに現代までちゃんと残ってるってこと。
聖書はかつて80も福音書があったのにイエスを神格化するために人間くさい記述を全て抹消して
マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4編しか現代に残ってないからイエスが神格化されてるだけ。

169 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 01:54:31.41 ID:yHP9nD4H
しかし孔子は名言多いんだよな
いまだ生を知らず、いずくんぞ死を知らん
痺れたわ

170 : ヒマラヤユキノシタ(岩手県):2009/04/08(水) 01:57:19.76 ID:3WqPZp1l
なんで日本には儒教が浸透しなかったの?

171 : サポナリア(中部地方):2009/04/08(水) 01:58:53.06 ID:kr6kRGnz
始皇帝なんてゴミクズだろ・・・
統一目前に王位についただけであいつじゃなくて統一できてたし
むしろスムーズな継承ができず帝国を崩壊させたカスだろ

172 : カンパニュラ・トメントサ(catv?):2009/04/08(水) 01:59:49.79 ID:m17FsHs3
>>170
日本の宗教は全て神道の手のひらっすよ。
天皇制が続く限り、儒教とかキリスト教とか仏教も、海外のようにはなりません。
ていうのは、宗教儀式的なことを、天皇が全て肩代わりするシステムに慣れてるから。
海外だと宗教儀礼的なものを、全ての信者がそれぞれ個々に行う必要があるから。
日本の場合は、そういうのは他人に任せて、自分は自分の儀礼を持てる。

そこが違い。

173 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 02:02:28.60 ID:yfYzumec
>>168
でも困ったことに儒教って尚古主義で
聖人の言動はすべて真理だってかんがえ方に基づくからな
おかしな記述があっても無理な解釈で正当化してしまう
その点が儒学の学問としての致命的な欠点だと思う


174 : セイヨウオダマキ(大阪府):2009/04/08(水) 02:03:09.13 ID:EnSeeCD4
tesu

175 : ケマンソウ(新潟・東北):2009/04/08(水) 02:03:16.04 ID:eo0lYkxq
日本人は都合良く宗教変えちまうからな
キリスト教なんかクリスマス浮かれて物消費してセックスしまくる
ただの豪華な夜這い祭りになってるしなあ

176 : 福寿草(兵庫県):2009/04/08(水) 02:03:54.85 ID:pBkZby24
子曰く、吾十五にして引きこもり、三十にして職歴無し
四十にして親に養われ、五十にして途方に暮れる

177 : シラー・カンパヌラータ(北海道):2009/04/08(水) 02:04:16.78 ID:CEQo8NVZ
儒教だろうが宗教だろうが幸せを説く以上実践できれば素晴らしいものになる。
実践できないからこそ陳腐なものにみえる。
思想を批判するのは人間の無能を批判するのと同じことだ。
つまり自虐だよ。

178 : エビネ(熊本県):2009/04/08(水) 02:05:15.45 ID:y+RxfYuF
>>170
儒教としてではなく、もう慣習として身についているから。

と言いたいけど
日本史から見ると、儒教と接点ができる前に
宗教問題が一通り済んでたからだと思う。

179 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 02:05:21.64 ID:yHP9nD4H
キリスト教なんかイエスの言ったことだけ見ればすんばらしいよな
パウロとかアウグストゥスとかが糞だった

180 : ハイドランジア(愛知県):2009/04/08(水) 02:06:21.90 ID:DPUhIVqz
>>172
日本は蘇我と物部の宗教戦争以来
仏が勝で神が劣です
神道>仏教だったのは、明治からWWUまでの一時期のみ
今でも僧侶の方が神官より社会的ステータスは高いし尊敬されてる

181 : ナズナ(長屋):2009/04/08(水) 02:06:47.76 ID:D5kuS3+L
韓国では上司の目の前で酒飲んだらダメなんだろう?
飲むためには上司の誘いを三回断ってその上手でコップを隠して飲まないといけないとかマジキチ

182 : イワウチワ(兵庫県):2009/04/08(水) 02:07:51.09 ID:i0fCb0Uh
>>171
おいおい、漢があんだけ続いたのは秦の良いとこ取りしたからじゃねぇか
さらに言えばあの時代、そもそも中国にあたる領域を統一するという発想自体が革命的なものだった
特に楚なんかはまだ長江文明が色濃く残っていたということもあるし

183 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:09:22.85 ID:5l0V2oCn
>>177みたいなのは中学生レベルだね。
>>172の言うとおり。>>175みたいなことも>>172だから起こる。
名称が違うだけで日本文化なんだよな。俺らの嫌いな和風クリスマス。

184 : 水芭蕉(山形県):2009/04/08(水) 02:10:15.33 ID:A5Oq8Ypf
だってここ日本だし

185 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 02:10:57.99 ID:yHP9nD4H
クリスマス最高だろ
いやね、たまには浮かれないと

186 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:11:01.64 ID:5l0V2oCn
>>180
天皇制が保持されてる時点で、お前が何を妄想しても…。

>>173
中国よりの仕事やってんだけど、
…そうだな、人体解剖図とかでも、古代解剖図を神格視したりしてるからな。
さすがに、あれはないわ。思想としては興味深い対象だろうけどね。

187 : サポナリア(千葉県):2009/04/08(水) 02:12:43.86 ID:zAfzUYSA
どの宗教もその社会の実情や環境に合わせて変化してるし、日本独特だと考えるのはよくない
キリスト教だってヨーロッパで古くからの因習と結びついて発展していった

188 : チリアヤメ(アラバマ州):2009/04/08(水) 02:12:51.54 ID:tvPdu3LB
シナは毛沢東が儒教嫌いだったから一時は廃れてたんだが、
また最近になって民衆を操作するのに都合がいいことに共産党が気づいて
復権しつつあったんだよな

近世日本の国学V.S.朱子学という視点の研究ってされてんのかね
やっぱ左巻きの連中が仕切ってるからロクなことになってないんかな
江戸儒教が今に至る日本の癌だと個人的には思ってるのだが

189 : 雪割草ユキワリソウ(チリ):2009/04/08(水) 02:15:10.63 ID:S3QrNwzC
毛沢東は英雄だが最低の屑
そもそも13億もいるのに何で共産党潰せないんだあいつらは

190 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 02:16:32.35 ID:yHP9nD4H
本居宜長はガチだよなぁ
いや本当に日本の思想家で一番好きだわ
賀茂真淵も良い、右翼扱いされて憤慨

191 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:16:46.33 ID:5l0V2oCn
>>189
昔と違って、体制側が刀、農民が竹やりとかならなんとかなったけど、
今は、体制側がマシンガン、農民が竹やりだから、勝負にならない。

192 : ハイドランジア(愛知県):2009/04/08(水) 02:16:51.65 ID:DPUhIVqz
>>186
京都の泉湧寺に行って来いよ
そこの資料館には、孝明天皇や明治天皇が仏法守護の王である転輪聖王を理想としていた事がわかるから
そもそも、お前らが日本の寛大な宗教心とか神道とか言ってるものは明治政府が作り上げた国家神道をベースにしたプロパガンダ
古神道とは断絶している
天照大神の本地とは大日如来であり八幡神の本地は阿弥陀仏
神明社は仏教の牛頭天王を祭ったものであり
長年日本では仏教が優位だった

193 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:18:00.00 ID:5l0V2oCn
>>188
朱子学はギリシャ的っつーか、近代的ではあったけどな。
別に儒教が悪いことばかりじゃないよ。変化しないほうがいいものも多いし。
ルネサンスで失われたものもたくさんあるからね。
変化は多様かつゆっくりでいいよ。お前の単純な視点はお前の嫌いな儒教と同じ性質。

194 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:19:38.04 ID:5l0V2oCn
>>192
お前の前世がほざいてた、一部の狂信と、一般的なものと勘違いするなよw
バッカじゃね?w 徳川も神道メインに据えてたし、その前もその前も、日本の支配系は神道だよw
お前の言うとおりなら天皇制消滅してたはずだろwwwwwwwwwww

わらえるー。ゆとりー?

195 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 02:19:53.37 ID:yHP9nD4H
しかし侘寂とか浮き世とかもののあはれとか、日本の思想っていいよね
仏教の影響強いのかもわからんが

196 : ヘラオオバコ(東京都):2009/04/08(水) 02:19:55.08 ID:THdNv8LO
福沢諭吉は何故変わらなかったんだい?

197 : ツゲ(広島県):2009/04/08(水) 02:20:01.81 ID:qouPdSbk
最近になって儒学が見直されてちょっとしたブームになってんじゃなかったっけ。
世界に孔子学校も作ろうとしてたよね。

198 : キショウブ(栃木県):2009/04/08(水) 02:20:33.82 ID:o0NaSCg6
五常(仁、義、礼、智、信)はこうみるとそう悪いものでもないように
思える

199 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 02:20:59.21 ID:yfYzumec
でも朱子学全盛だった頃の宋代は
技術はものすごく発達してるんだよな
その後の儒学者を蔑んで抑圧した元と清、
それと無学なならず者が皇帝になった明
この時代の間に西洋に大きく差をつけられることになってる



200 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:21:24.60 ID:5l0V2oCn
>>195
後醍醐天皇と兼好法師比べたら簡単にわかるんだけど、
支配層は神道にそってて、大衆層は仏教にそってたんだよ。

>>197
ま、狂信学校になって終わりだろね。たまにそういう話は聞くよ。いろんな分野で。

201 : エニシダ(東日本):2009/04/08(水) 02:21:38.61 ID:co9UPLiG
>31
自分たちに都合がいいものは取り込んでんじゃね?

202 : 水芭蕉(東日本):2009/04/08(水) 02:21:46.95 ID:PIteuwV8
儒教は悪い教えじゃないよ。
ただし朱子学は別。
中華思想、小中華思想、事大主義、主体思想、天皇国家主義、
これらの思想の根っこには全部朱子学がある。
東亜のガン思想と言って間違いではない。


203 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:22:10.60 ID:5l0V2oCn
>>199
世界全体の多様性を残すって意味では、保存の意味として有意義ではあるよ。
検証しやすいロストテクノロジーの保存になるからね。

204 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:23:39.19 ID:5l0V2oCn
>>202
儒教サイドの立ち位置で朱子学を批判するのも、
結局サイドが逆なだけで、性質は一緒w

朱子学に関しては、システム論みたいなもん。
儒教は伝統宗教みたいな感じ。どっちも両立して考えられる。

お前らバッカじゃないの?俺頭いいんだなぁ、って本当に思うわ。

205 : トリアシスミレ(東海):2009/04/08(水) 02:24:00.74 ID:j5QWizSK
>>192
どこの仏教大出だよ
神名社じゃなくて津島社じゃね

206 : ハイドランジア(愛知県):2009/04/08(水) 02:24:24.47 ID:DPUhIVqz
>>194
何発狂してるんだ?
天皇の葬儀は孝明天皇以前は神式で行われたのか?
神道に門跡寺院のような皇室と密接な関わりを持った神社がたくさんあるのか?
伊勢神宮と加茂神社の斎王だけだろ?
徳川家の日光東照宮もトップは天台座主だ

207 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:25:13.82 ID:5l0V2oCn
>>206
>>205みてもわかるけど、お前みたいなのは特別なアジアだぞw

208 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 02:26:10.82 ID:yHP9nD4H
源氏物語にはおよそ人間の持つ感情全てが描かれてるとか
うーん日本人でよかった

209 : ハイドランジア(愛知県):2009/04/08(水) 02:26:31.42 ID:DPUhIVqz
具体的な反論がまったくないんだけど

210 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:26:35.16 ID:5l0V2oCn
だいたい征夷大将軍って何だったか考えたらおのずと答えはでるだろうに。
どうしてこう仏教狂信が21世紀になっても出てくるんだろうなあ。脳神経系が愚かに出来上がって生まれてくるんだろうな。あうあうあーは。

211 : チリアヤメ(アラバマ州):2009/04/08(水) 02:26:42.05 ID:tvPdu3LB
神仏習合や本地垂迹なんて高校生レベルの話でしょう
どちらが主でどちらが従なんて話は無い
同一の物なんだから

212 : クモイコザクラ(catv?):2009/04/08(水) 02:27:28.91 ID:il7M5d6W
伊勢神宮にも神宮寺があったもんな。
廃仏毀釈で日本の宗教はムチャクチャになったけど。

213 : 水芭蕉(東日本):2009/04/08(水) 02:27:43.78 ID:PIteuwV8
>>204
朱子学は総体系的な学問。
その一つだけ取り出してシステム論とかバカの極みだな。
おまえはバカすぎて議論の余地も無さそうなとこが余計うざいが。


214 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:27:49.20 ID:5l0V2oCn
>>209
お前が理解できてないだけでしょ。

>>208
紫式部おばさんはゴシップおばさんで神沼恵美子みたいな性格だったしい。
天才だったろうけどな。一応ご先祖様だわ。俺んとこの家計から考えても。

215 : トリアシスミレ(東海):2009/04/08(水) 02:29:21.34 ID:j5QWizSK
明治以前は神道より仏道方が重要だった。

あっそうなの。ふ〜ん。で?

216 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:29:44.38 ID:5l0V2oCn
>>213
おいおい、まさか体系とシステムが同じものってわからんと書いてるんか。
中学生?
仏教信者は中学生レベルの物事の捉え方から進化しないねー。

このスレにいる2匹の仏教狂信と儒教狂信をみたら、
いかに神道が代々の彼らを上手く操ってたかわかるw

>>212
まあ、明治〜昭和で激動はあるけどねー。

217 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 02:30:01.79 ID:yHP9nD4H
>>214
まぁそういう人間だから描けたんたろうな
って子孫かよwν即に書き込んでる場合じゃないぞww

218 : エビネ(熊本県):2009/04/08(水) 02:31:10.23 ID:y+RxfYuF
勉強して、日本が「宗教>政治」の状態から
「やっぱ宗教前提じゃダメだわ」となるのは納得できたんだが、
海外がこうも「宗教ありき」な状態なのは何故なんだろうか?
詳しいヤツが多そうだから教えておくれ

私見でかまわんし、「宗教ありき」はてめーのイメージだろって
話でもかまわん。

219 : クモイコザクラ(catv?):2009/04/08(水) 02:32:45.47 ID:il7M5d6W
現人神たる帝が仏教に帰依してるんだから神様も御仏の救いを求めてるってことやね。
本来、神道も仏教も不可分なもの。
それを無理やり分けたから日光なんかややこしいことになってる。

220 : 水芭蕉(東日本):2009/04/08(水) 02:32:58.16 ID:PIteuwV8
>>216
バカなのか何も考えないで書いてるだけかシランガ、
うざいだけだからレスするのやめてくれ。


221 : ユキヤナギ(沖縄県):2009/04/08(水) 02:33:06.00 ID:8EYx734F
ふーん?馬鹿? みたいな中学生レベルの煽りはいらないから
議論みる分には面白いんだから落ち着いて欲しい

222 : シラー・カンパヌラータ(北海道):2009/04/08(水) 02:33:24.07 ID:CEQo8NVZ
>>183
お前頭悪いな。ビックリだよ

223 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:33:33.83 ID:5l0V2oCn
>>217
いや〜、藤原氏と武家の混ざりものの末裔だから、
一応、紫式部おばさんは親戚かなんかになってそう。
源氏は先祖ってことになる。まー、どこでどう混ざってんのか、
徳川前後くらいからの家系の証明しかないし、
あの時代、名乗ったもの勝ちみたいな時代だしな。
家系なんて信じるとしても、それもまた信仰だよな。

つーわけで、別に気にせずν速書き込むお!日本好きだお!

224 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 02:34:11.60 ID:yHP9nD4H
しかしニーチェとかを本当に知るためにはキリスト教の概念が必要だから
そういう点では西洋も羨ましい

225 : ガザニア(コネチカット州):2009/04/08(水) 02:34:53.97 ID:5V0NAEJv
ソースは自国民ってことでいいの?

226 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:36:33.45 ID:5l0V2oCn
>>218
ドイツの与党と野党の名前なんてモロだしなー。

で、さっきも言ったけど、日本の場合は宗教儀式を肩代わりさせるシステムが、
天皇において働いてたからだよ。海外だと、宗教儀礼が個人にまかされてるから。

>>221
要するに、僕に煽りを入れてるのは、儒教狂信と仏教狂信。
まぁ、いつの時代も日本にいた。
日本の面白いところは、こういうのを滅亡させることもなく放置してる点。
宗教儀礼を全て個人がまかなうのはめんどくさい、っていうことを浸透させてきたから、
出来る芸当だと思うよ。好きに言わせておくけど、
仏教や儒教の特有の儀式も、宗教家が肩代わりしちゃうという日本式にしちゃったわけで。
気づかないうちに日本式にさせられてんのよ。儀式自体には口出ししないから、上手く行くわけ。

227 : トリアシスミレ(東海):2009/04/08(水) 02:36:39.46 ID:j5QWizSK
博識を装ったキチガイども

平日のこんな時間に熱くなっているなんて

どこで道を踏み外してしまったんですかね

お前らはキチガイ

228 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:37:24.56 ID:5l0V2oCn
>>224
日本人の感覚だと、原始キリスト教から、現代キリスト教の流れを、
感覚的につかむのは難しいからなー。

229 : ハイドランジア(愛知県):2009/04/08(水) 02:38:12.71 ID:DPUhIVqz
神道って独自の宗教という割りには
中古天台思想と似てるのはどうして?
何で伊勢神道は法華経から引用してんの?

230 : カンガルーポー(関西・北陸):2009/04/08(水) 02:39:16.52 ID:H8PXGPL+
>>227
鏡は見たことある?

231 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 02:39:27.67 ID:yHP9nD4H
>>228
そうなんだよねぇ
頭では理解しても染み付かない
だからニーチェ何かは表面的な「貴族道徳」みたいな理解しかできないんだよね
まぁ西洋人には日本人のもののあはれとか分からないだろうけどね

232 : チリアヤメ(アラバマ州):2009/04/08(水) 02:39:48.17 ID:tvPdu3LB
>>224
まあそうではあるんだが、裏を返せば東洋人にしか知り得ないこともあるわけだよ
ニーチェが神の死を宣告した裏には、確実に原始仏教や拝火教との接触があったはずだからね

233 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:41:14.88 ID:5l0V2oCn
>>229
アホだなーw
日本の仏教の儀式は坊主が肩代わりしてるだろ。
その時点で、神道のシステムを入れさせられてるんよ。
思想自体は自由にしていい、っていう許可の名目が八百万。
だから、代々、仏教や儒教のやつらは、
システム的なところで神道の支配下にあるって気づかないんよ。
宗教=思想って思ってるから。
神道は、儀式を個人が行わず、誰かが代理でやってしまうというシステムを、
他宗教にも神道させるのが上手い。ま、島国だから可能だったんだけどね。

思想は好きにさせる、だが、システムは譲らん。それが神道の強み。
仏教徒や儒教徒が何を信じてようといいわけよ。

234 : 水芭蕉(東日本):2009/04/08(水) 02:41:25.27 ID:PIteuwV8
>>229
神道にもともと思想なんか何もない。
だから外国宗教から適当に何でも吸収して適当に装ってるだけ。



235 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 02:42:20.02 ID:yHP9nD4H
>>232
それはそうだよね
逆に東洋でも西洋の影響受けて新たな思想が生まれるわけだし
まぁどっちも良いものは良い

236 : ウィオラ・ソロリア(長屋):2009/04/08(水) 02:42:21.23 ID:Xx4u0Esz
まあぶっちゃけると儒教は上に立つ人間を無条件に敬えって教えだしな
既得権益を守りたい支配階級にとっては非常に都合のいい一種の宗教みたいなもんだ

237 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:43:48.13 ID:5l0V2oCn
>>231
お互いわからんから、好奇心を持ち続けていられる、
てことが世界平和につながると思うけどねえ。
よくわからない異性に興味を持ち続けていられるようにさ。モナリザの両手みたいなもんで。

理解しおわったら、後は滅亡させようとする文明も多かったわけだし、
多様性と文化の減速に関わるシステムは、平和利用できると思うよ。
だから、儒教の古代保存方法とか、仏教の古いものの保存、
それぞれ保存方法は別なんだけど、便利な特性だとは思う。
それを外部的に精査するのが西洋的科学なんだろうけど、理解しきるのは何世代も先になるだろうし。

238 : ハイドランジア(愛知県):2009/04/08(水) 02:44:01.65 ID:DPUhIVqz
>>234
平田国学なんてキリスト教の影響を受けてるよね

239 : チリアヤメ(アラバマ州):2009/04/08(水) 02:44:13.25 ID:tvPdu3LB
>>229
ネタをパクってるからな
神道五部書なんてその典型でしょ

でもだからといって神道より仏教が優れてるとは言わないよ、俺は
さっきも言ったように日本の神仏は一体の物であって、明治政府が強引に分離したから
おかしくなっただけなんだから

240 : エビネ(熊本県):2009/04/08(水) 02:44:19.06 ID:y+RxfYuF
>>226
即レスで解答っぽいのが来て嬉しい
それ意識しながらお勉強してみるわ
まじさんくす

241 : コブシ(アラバマ州):2009/04/08(水) 02:44:37.02 ID:c5RrlBrn
いろんな学問が日本に入ってきてるけど
中心は聖徳太子の「和を持って尊しとなす」
これだけなんだよな

242 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:44:59.48 ID:5l0V2oCn
>>233で先に書いたけど、>>234も後追いしてるよね。
>>148見たら、可哀想なくらいアホなんだけど、そのアホでも神道はシステムのフレームワークみたいな感じって、ちょっとは気づいてるんだよね。つまりそういうことだよ。

243 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 02:45:23.22 ID:yfYzumec
>>231
へえ
ニーチェに貴族道徳って言葉があるんだ
おもしろそうだな
ニーチェとか何となく敬遠してたけどちょっと興味が出るな


244 : ベゴニア・センパフローレンス(神奈川県):2009/04/08(水) 02:46:30.02 ID:7bqqyznb
儒教って他の宗教と違い、単なる時代の流れを読めなかった
屁理屈爺の説教集だからな、中国の外に世界が無い時代の
利権に塗れた官吏集団にとっては好都合でも
国の発展にとっては百害しかない

245 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:46:29.20 ID:5l0V2oCn
>>240
がんばれー。狂信の例はこのスレの二匹を見ればケーススタディできるからいいと思うよ。
宗教研究してるのって、このアホ二匹みたいなのが超多い。
自分の信仰する宗教を何とかして優位と信じたい、みたいな。アホだね。分析できない人たちなんだよ。

246 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 02:47:32.88 ID:yHP9nD4H
>>243
ニーチェは面白いよ
現代思想は必ずニーチェの影響を受けていると言うだけある
道徳の系譜って本が読みやすくて良い。有名なツァラストゥラは何言ってるかわからんから地雷

247 : 水芭蕉(東日本):2009/04/08(水) 02:47:49.27 ID:PIteuwV8
>>242
かまってちゃん、いい加減静かにしたら?


248 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:49:25.47 ID:5l0V2oCn
>>246
ニーチェはいろんな意味でおもしろいな。
ただ、ニーチェ信者は痛いけど。

>>247
あれ?まだいたの?さがってよし。よしなに。

249 : シラー・カンパヌラータ(北海道):2009/04/08(水) 02:49:51.18 ID:CEQo8NVZ
高二病ここに極まり

250 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 02:50:37.60 ID:yHP9nD4H
>>248
悲惨な末路とか家族とかねw
まぁ被れちゃったらヤバい思想だけど
ヒトラーもニーチェ信者だったらしいしw

251 : イワウチワ(兵庫県):2009/04/08(水) 02:51:21.18 ID:i0fCb0Uh
やたら神道を誇る奴見る度に疑問に思ってたんだけど
神道ってアフリカのその辺にあるような普遍的なアニミズムと何か決定的に違う点ってあるの?

252 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:51:40.82 ID:5l0V2oCn
>>250
今の時代だと、人生年表をあっさり調べられるから面白いよなー。
視認性のいいメディアい恵まれて幸せ。

253 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:54:10.46 ID:5l0V2oCn
>>251
アフリカだと、部族ごとの違いによって、互いに排斥しあうわけ。
それは思想があるから。
神道は、一応思想はあるんだけど、基本的にシステムを優先。

だってさ、全員が宗教的儀礼を覚えて行えるようにするのはめんどいでしょ。
だったら、それやめようぜwww俺ら皇族が肩代わりしてやんよwww
ってのが、神道の大元みたいなところがあるから。めんどいことを代わりになってたのが天皇家。
思想みたいな、やってた楽しいことは自由にしろー\(^o^)/ってこと。
だから、戦国時代でも、天皇のやってることは、ころしあえー\(^o^)/みたいな。
煽り合戦を横目に見て、宗教儀礼だけ行ってた。

254 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 02:55:27.33 ID:yHP9nD4H
神道は良くわからないけど、日本の神話は面白い
ギリシャ神話なんか目じゃない

255 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 02:55:56.10 ID:yfYzumec
>>236
というか儒教の支配層と民衆の断絶は
当時としては仕方のない分業って面があったと思うんだがな
論語でさんざん語られてる教えも君子人のためのもので
逆に言えば民衆はモラルを守らなくても許された
支配層は労働はしないけど学問と修身で社会の規範となり
世の中のために行動することを求められる、みたいな


256 : トリアシスミレ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 02:57:17.70 ID:dCcJTh08
日本は何回かにわけて宗教の影響を小さくしてるんだよね

国学側からの仏教批判は、目立たないだけで明治の廃仏毀釈の以前
江戸中期から既に始まっていたんだよね
勿論、非暴力的な論争によってだけど

257 : 水芭蕉(東日本):2009/04/08(水) 02:57:51.49 ID:PIteuwV8
>>245
そもそも何が上とか優位とかって見方自体がキチガイだな。
そんな見方をしてるのはこのスレでおまえだけ。
だから言ってることが全て的外れだし、
虚しく居もしない敵に挑んでるだけのアホに見えるだけ。
だから誰も反論する気にもならない。
一人遊びのオナニーしてないで、少しは分析力や状況把握力身につけような。


258 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 02:59:45.56 ID:5l0V2oCn
>>257
煽りもがんばれーw

>>256
大衆側での話だよね。それは。

259 : プリムラ・ダリアリカ(関西地方):2009/04/08(水) 03:04:29.57 ID:BesltWXa
中国人の方が親を大切にするし、女を優先する(昔から共働きの文化があるから)
そう言う面では素晴らしいと思うが

ゴミを捨てる、痰を吐く、女同士で殴り合うが当たり前と聞いてよく分からん。


260 : ベゴニア・センパフローレンス(神奈川県):2009/04/08(水) 03:04:56.47 ID:7bqqyznb
>>199
朱子学全盛は明代、ご存知の通り西晋と並ぶ弱体王朝な
元も中国本土の支配権を失って以降も今の西洋各国に対してほぼ不敗
この頃の西洋諸国なんて蛮族に毛が生えた程度の遅れた存在。

261 : サポナリア(千葉県):2009/04/08(水) 03:05:00.50 ID:zAfzUYSA
ニーチェで思い出したけど、文化の解釈のアプローチとして人類学が
読み物として面白い。とくに1900年前後の創造性はすばらしい
ベネディクトやモルガン、バハオーフェン、科学的には否定されていても
読んでおくべき

262 : トリアシスミレ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 03:07:12.10 ID:dCcJTh08
>>258
本居宣長と平田篤胤も大衆に入るのん?

263 : ハルジオン(コネチカット州):2009/04/08(水) 03:09:54.74 ID:6ykUDTPZ
スパさん最近見ないんだけど

264 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:10:02.96 ID:5l0V2oCn
>>260見て思うのは、
武器を進化させた西洋と、
刀とかヤリとか火炎玉みたいなレベルで強かったから満足しちゃったアジアン
って感じがするけどなー。

西洋科学文明の、300年先を見据えて積み重ねるっていう学問の重ね方は、
アジアンもまねしないと、後でどうひっくりかえっても勝てなくなっちゃうって思う。
ほんとはチャイナさまが、そういう方向に進めばいいんだけど。今後。
結局あーいうのは大陸文化だしなー。日本なんて英国同様、半分オカルトで生きていくほうが、
島国としては上手く機能するだろうからね。結局英語文化に支配されてるのが今の世界だし。

中国なー。どうなるのかな。あの国。

265 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:12:11.85 ID:5l0V2oCn
>>262
大衆サイドに降りるのも趣味の1つなんだろなって思う。その辺は。
上から下に下りて、下の文化を面白がるのは簡単なことだし。
ただ、王朝文化とか王家の文明とかは、なかなか大衆化しないんだよな。

>>263
スパって、最近アニメーター目指し始めたてほんと?
なんか、スパっぽいのがアニメーターについて語ってるレスをチラ見したけど、あれスパなんかね。
まぁ、どうしようもないアホだったもんな。スパ。

266 : クレマチス・モンタナ(コネチカット州):2009/04/08(水) 03:13:10.19 ID:wk8OIQKq
神道は、それを知るためにどうすればいいのかが全く解らない
日本書紀と古事記読むだけで理解できるとは思えないし、
巷に溢れる神道関連の本はどちらかというと民俗学の本だし

267 : ガーベラ(dion軍):2009/04/08(水) 03:14:59.59 ID:ZtII68ll
なぜ、世界でヨーロッパと日本だけが中世の封建政治の段階まで進むことが出来たんだろうね?
逆になぜ、中国やイスラム国家は封建制の段階に進めず、停滞したんだろう?
儒教だけのせいじゃないような気もするが。

268 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:16:50.45 ID:5l0V2oCn
>>266
日本風、家の存続の概念とか学ぶといいと思う。
うちの先祖が男系から女系にかわった部分とかの家系の歴史を見てて勉強になった。
日本特有文化って、大衆にあまり公開されてないし、されても理解されにく形で保存されてる。
基本的に、思想方面の強化をせず、常にそれを肩代わりするっていう視点は、間違ってないと思うんだけどな。
日本くらいだよ、信仰する宗教の特有儀礼を、その宗教に入ってる人たちが全く知らないままで、信徒を名乗れるなんて。

でも、ニーチェの話と同様、こういうのを体感的に理解するのは、親族のものだけな気がする。
源氏的な家系が強いうちでも、清和天皇の流れから理解できるっていう点もあるようなないような。

ただ、戦国時代だと、「俺源氏みたいな気がする!」とか言い出せるわけでなあ。

だから、家系の保存の伝統みたいなのが、神道的だったら、
それを保存できるっていうか。まとめんのめんどくさいから、こんなかんじですまんよ。

269 : コデマリ(関西・北陸):2009/04/08(水) 03:17:11.11 ID:KMGzTVZS
儒教が糞なのは同意だな
為政者年配者が都合よく作った社会のルール
教えなんかではない

270 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 03:17:31.91 ID:yfYzumec
>>260
そういや朱子学が社会に大きく影響力を持つようになったのは
明代なんだっけか


271 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:18:31.08 ID:5l0V2oCn
>>267
支配人口の単位がでかかったからじゃないの?>中国イスラム
キリスト教支配の範囲って、面積的には広くても、人口がそれほど多くない気がする。

適当だから、誰か知ってる人よろ。

272 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:19:37.07 ID:5l0V2oCn
>>270
朱子学はシステム学だから、伝統が弱くなったら強くなるタイプの学問でしょ。
ルネサンスんときにギリシャが見直されたみたいに。

273 : バイカカラマツ(長野県):2009/04/08(水) 03:19:50.69 ID:3lEjIvcS
儒教って権威主義とか前例主義になりやすいからな。

274 : シンビジューム(新潟・東北):2009/04/08(水) 03:20:15.52 ID:YTlfrLY0
組織や権力者にとって都合の良い価値観だよな

275 : ウグイスカグラ(dion軍):2009/04/08(水) 03:20:19.34 ID:SMDfkn+Q
封建支配の道具ではなくて
民主主義社会の中の生き方の一つの選択肢としては
いいと思うけど

徹底的に相容れない思想も入ってるからなぁ
女性蔑視とか奴隷人の区分とか

276 : トリアシスミレ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 03:20:20.77 ID:dCcJTh08
>>267
単純に、武人が上位階級を占めていたからってのじゃ駄目?

277 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:22:35.12 ID:5l0V2oCn
>>276
いや、日本の封建制度を中学校の授業でみたって、
天皇所有の土地を守る豪族がうんたらかんたら、
その後の時代を経ても、天皇から承るみたいな国。
島国だからできたんだろね。

278 : ベゴニア・センパフローレンス(神奈川県):2009/04/08(水) 03:22:48.55 ID:7bqqyznb
>>267
封建制は中国では戦国時代初期に経験済みの遅れた制度でしょ
欧州諸国が封建制の時代、オスマントルコは法制に則って官吏が施政してたのだし

279 : ヒメシャガ(コネチカット州):2009/04/08(水) 03:23:54.12 ID:gQGvX80F
儒教を腐してるやつは、
憧れの美しい国、大日本帝国を否定する気なのか?w

280 : 水芭蕉(東日本):2009/04/08(水) 03:23:58.35 ID:PIteuwV8
>>266
三浦佑之の古事記本関連がいいと思うよ。
古事記の文章の裏にある当時の日本人のものの捉え方、考え方を
提示してるからな。
まぁ、なるほどな〜と思うとこと、それは考えすぎだろという面もあるが。

近代的な神道は近代の国学思想史のほうが分かり易いだろうな。
儒教的思想と反朱子学的思想による天皇崇拝がその根本。


281 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 03:24:32.01 ID:yfYzumec
>>272
でも結局は強い尚古主義の影響下の学問だったから
社会の権威になった時点で簡単に形骸化してしまったと思う
だから明代に陽明学がたちあがったんじゃないかな

282 : サポナリア(千葉県):2009/04/08(水) 03:24:40.53 ID:zAfzUYSA
封建政治って別に進んだ政治段階じゃないんじゃない
荘園の維持に領主がいる必要に迫られただけで

283 : ジンチョウゲ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 03:25:17.44 ID:yHP9nD4H
中世、世界でもっとも優れた文化圏はイスラムで次いで中国
西ヨーロッパなんかど田舎だったのに

284 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:25:21.21 ID:5l0V2oCn
武人が天下を取った、みたいな戦国ドラマが多いから、勘違いするのもわからんでもないけど、
天皇>公家>武家>大衆だよ。>>267の言う「封建政治」の「封建」の部分を>>276はどう誤解すんのよw
誰が封じてるんだよw

ただ、これらの階級で、天皇以外は宗教儀礼を正式に行う必要がないってのが特徴。
また、正式な宗教儀礼が知らされてないのも特徴。

そして、大衆は宗教儀礼を通過する必要がない。

285 : バイカカラマツ(長野県):2009/04/08(水) 03:26:28.18 ID:3lEjIvcS
>>279
大日本帝国と言う国号を正式に使用したのは昭和10年ごろから20年までの10年間ほどですが、
国家神道は関係あっても儒教は関係ないです。

286 : アネモネ・ブランダ(北海道):2009/04/08(水) 03:26:48.81 ID:KmZs36/K
>>84
朝鮮人の気質じゃないか

287 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:27:32.26 ID:5l0V2oCn
>>266
>>280

ちょっと古事記と日本書紀を比べたらわかることなんだけど、
古事記を編纂した人は「頭の悪い人」と言っていい。整合性皆無だし、
あんないいかげんなのを書いたこと自体が政治的意図含めても失笑とされている。

日本書紀自体は、政治的意図はあるんだけど、基本的に「頭の回転が速い人」が編纂していて、
記紀以外の歴史書とも整合性がとれてるので、混乱しなくてすむ。

熟読するなら日本書紀。これは基本中の基本です。中学生でもこれは知っておくほうがいい。

288 : 水芭蕉(新潟県):2009/04/08(水) 03:27:34.41 ID:h1hH+ux8
儒教が糞でも法家や道家があるじゃん

289 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:28:19.52 ID:5l0V2oCn
>>281
そこはそうだろうと思う。朱子学から陽明学の流れは、今も見直したほうがいい部分。

290 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 03:31:04.79 ID:yfYzumec
>>281
そう考えると宋代の文化の発展も
それまでの儒学の捉え直しとしての新儒教
朱子学のおこりと世の中の機運としての繋がりを
見ることはできるんじゃないかな
だからかならずしも朱子学=文化の停滞の原因ではない と

291 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:32:55.93 ID:5l0V2oCn
まあ、簡単に言えば、同時代に手に入るだろう、他の歴史書もろくに読まずに、
編纂者の思い込みだけで書いて、後の人から失笑を買ってるのが古事記。
他の歴史と整合性とつじつまあわせを行い、無茶な嘘をつかないのが日本書紀。
歴史書として、どちらを参考にしたほうが、いいのかは一目瞭然。

>>280は原文でどちらも熟読してもないし、他の歴史書も読んでないんでしょ。無学は罪。

292 : マンサク(大分県):2009/04/08(水) 03:33:32.32 ID:rMzR9LRu
日本での儒学は例えが悪いがJ-POPみたいなもんだろ。
仏教もキリスト教も同じだな。

293 : ハルジオン(コネチカット州):2009/04/08(水) 03:34:11.19 ID:c+3Jrf6z
男尊女卑な時点でクソ

294 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:34:16.61 ID:5l0V2oCn
>>290
アンカーミス?

295 : ガーベラ(dion軍):2009/04/08(水) 03:35:14.00 ID:ZtII68ll
>>278
正確には知らんけど、社会の発展段階を説明する仮説で
古代⇒封建制⇒絶対王政⇒(革命)⇒立憲君主制・共和制
これが正常な発展過程であり、西欧は正常な発展過程をたどっているが、
それ以外の中国やアフリカなどは正常ではないと。
あやふやなんだがどこかで聞いた話だ。

俺が思うに政治の発展というのは経済の発展と表裏一体で、
封建制の段階に進むことで商業がハッテンして革命の担い手である
ブルジョアや労働者が出現すると思うので、
中国のような国はその要件を欠いていると思う。

清国の洋務運動が失敗したのは、運動の担い手がいなかったためであり、
明治維新が成功したのはその担い手の中間層が
分厚く存在したからだと思うんだが。

296 : ベゴニア・センパフローレンス(神奈川県):2009/04/08(水) 03:36:11.13 ID:7bqqyznb
>>284
実際、中世は検断権持ってたから武家のが公家よりは上
法に則って好き勝手荘園横領できるし
苦情を言おうにも殺されるから無理だし無敵w

297 : モクレン(東京都):2009/04/08(水) 03:37:02.43 ID:KmZs36/K
八百万の神々最強説

298 : 水芭蕉(東日本):2009/04/08(水) 03:37:47.69 ID:PIteuwV8
>>287
ほんと粘着質だな、おまえ。
いい加減的外れなレスするのやめてくれないか?


299 : サポナリア(千葉県):2009/04/08(水) 03:38:13.41 ID:zAfzUYSA
>>295
唯物史観は否定されてる

300 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:38:44.05 ID:5l0V2oCn
>>296
まあ、公家と武家は入れ替わりはあったかもw
でも、天皇は不可侵だったんだよね。
ちなみにうちは武家優位な家系で、藤原氏から養子とったりしてたみたい。

301 : トリアシスミレ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 03:40:00.42 ID:dCcJTh08
>>277
いや、なんと言えばいいのかな
実権を手にして、実際に政治してたわけじゃないでしょ
常に影響力は保持してたけど途中からプレイヤーから外れたし

アラブは宗教指導者が本当に権力もって政治してるじゃないの

統治に宗教より個人間の(信頼を基本とした)契約を用いたのが西欧と日本の共通点だと思うよ

302 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:40:46.08 ID:5l0V2oCn
>>298
せめて、古事記と日本書紀くらいは原文で読んだ上で、
同時期の歴史書の概要を調べた上で、比較してくれないか?
>>280みたいな妄言を飛ばされたら、まともでまじめな研究者が泣く。お前が泣けばいいのに。その無知を嘆いて。
でも、無知ほど大声出すんだよね。おまえみたいなのが大声出してると迷惑ですよ。
どうせ原文ママで読めないんだろ?訓読を解説した本程度なんだろ?
その状態で古事記とか日本書紀とか公の場で語らんほうがいいよ。ほんとに。

303 : バイカカラマツ(長野県):2009/04/08(水) 03:40:57.71 ID:3lEjIvcS
>>267
日本については朝廷がマヌケだったから。
朝廷がマヌケじゃなかったら、地方の田舎侍が天下取ったりしなかった。
ヨーロッパについてはローマ帝国がぶっ潰れて、田舎の大将が領主様になるビックチャンスを得たから。

とか今思いついた。

304 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:42:24.11 ID:5l0V2oCn
>>301
支配王朝自体が武力で入れ替わる国なら、それも言えるんだけどね。
>>296の言うとおり、公家と武家の構図における入れ替わりはあったけど、
一応、日本は同じ王朝が支配してる国だから。
まぁー明治のアレとか昭和のアレとかは、一応放置。形骸的な部分はあるだろうけど、
名目的には、一応同じ王朝が支配。(南北朝がどうとか言うなよ!絶対言うなよ!)

305 : コデマリ(コネチカット州):2009/04/08(水) 03:42:37.80 ID:gQGvX80F
>>285
バカww
元お武家さんらが考え出した近代国家神道なんて、儒教儒学風味満載だろうがw
そこに西欧プロタンティシズムをちょいと参考にして、近代国民国家速成のツールとしてみましたってね

306 : ベゴニア・センパフローレンス(神奈川県):2009/04/08(水) 03:43:12.54 ID:7bqqyznb
>>295
そんな糞論は無視

経済的な観点から見れば、欧州諸国が封建制を敷いていた時代の
全欧州と中国の経済格差は少なくとも10倍以上あるから違う。

洋務運動が失敗したのは、ババアが根本的に立憲君主制を忌避したからだと思う

307 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:43:14.18 ID:5l0V2oCn
>>303
朝廷が本当に間抜けだったら、あらたな王朝が築かれてるはずだろjk

308 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:44:04.34 ID:5l0V2oCn
>>306
ていうか、お前ら人口密度とか計算に入れてなくないか?

309 : ガーベラ(dion軍):2009/04/08(水) 03:44:11.92 ID:ZtII68ll
>>299
ああそうかマルクスだかエンゲルスだったかなw
でも自給自足から商品経済へ移行して国民が豊かにならないと、
読み書きを習う余裕も生まれないし、国学の研究も盛んにならんし、
国学がなければ日本オリジナルの民族主義も生まれず、
明治維新は成功せず、西欧列強の軍門に下ってたと思うけどな。

310 : ヒサカキ(愛知県):2009/04/08(水) 03:44:21.86 ID:zrB/mWex
儒教は上を敬う思想
しかし、上の意見が絶対正しいというわけでもなく
自分の意見と違ったら上にはっきりと自分の意見を伝えなくてはならない
とか論語に書いてあって、関心したなぁ

311 : ナノハナ(山陽):2009/04/08(水) 03:44:59.79 ID:BfvJbCUt
儒教を三行で説明して誰か

312 : ムシトリナデシコ(北海道):2009/04/08(水) 03:45:56.26 ID:HF+6boK7
日本には途切れない八百万の神という存在の上でこういう教えとかだな
中国は頭が変わるたびに歴史が途切れてるが基本的な部分は変わってない、共産で…だが

313 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:46:09.38 ID:5l0V2oCn
仏教の〜〜経だって、皇室〜〜経になった時点で全然違う宗教になってるからなあ。
皇室内における仏教は秘匿とされてるから、漏れてないけど。時代が進めば漏れるんかなあ。
時代が進めば、その差があったこと自体は知ってても、差が何かわからん皇族が増えるから、
結局謎のままになりそうだとも思うけど。とりあえず、外の仏教と中の仏教は違う。皇室においては。

思想に関しては、外が外のしたいようにまかせてるんだよね。

314 : ガーベラ(dion軍):2009/04/08(水) 03:47:03.54 ID:ZtII68ll
>>306
>全欧州と中国の経済格差は少なくとも10倍以上あるから違う。

いやトータルじゃなく、一人当たりGDPが重要だと思うが。
単に勤勉だったからじゃなく、手習い所に子供を通わせる経済的余裕がないと、
江戸時代の日本のような高い識字率は達成できてないよ。

315 : ジロボウエンゴサク(山陽):2009/04/08(水) 03:47:03.66 ID:9A0i3SHh
この際地球ますらをぶり化

316 : トリアシスミレ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 03:47:11.17 ID:dCcJTh08
>>304
いや、だからですね
俺が言っているのは、親政じゃないでしょ?ってこと。

317 : カンガルーポー(大阪府):2009/04/08(水) 03:47:36.35 ID:Dkn8RDRh
確かに儒教ってのは浅いとは思うね。
腐儒者とはよくいったもんだよ。
今のハウツー本に至るまでの決め付け論議の走りみたいなものでしょう。

318 : カエノリヌム・オリガニフォリウム(dion軍):2009/04/08(水) 03:47:36.40 ID:OJk+B4Ko
>>311
南総
里見
八犬伝

319 : サポナリア(千葉県):2009/04/08(水) 03:47:47.30 ID:zAfzUYSA
>>309
ダーウィンの進化論から着想を得た社会進化論
上で書いた古代社会とか母権論なんか読んでみると面白いよ
マルクスもエンゲルスも読んでるはずだから

320 : ムシトリナデシコ(北海道):2009/04/08(水) 03:48:20.14 ID:HF+6boK7
>>311
日本で例えるなら
違法な事はしない
やくざ

321 : ヒサカキ(愛知県):2009/04/08(水) 03:48:41.31 ID:zrB/mWex
>>311
両親、年上を敬い
己を知り
思いやりを持て

322 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:48:44.86 ID:5l0V2oCn
>>316
最近のドラマに影響されすぎてない?
吉川小説あたりはエンタメだぞ?
バカボンドみて、昔のサムライ観もつようなもん。

基本は上奏してましたよ。武家政権のときでも。
大政奉還とか考えてみ?

323 : トリアシスミレ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 03:52:47.76 ID:dCcJTh08
>>322
どうも噛み合ってないな
親政を敷いてた天皇なんて一部を除いて殆どいないでしょ?

324 : ベゴニア・センパフローレンス(神奈川県):2009/04/08(水) 03:53:22.62 ID:7bqqyznb
>>314
一人当たりでも圧倒的に中国、イスラム圏の生産力、経済力が上
江戸時代の日本も経済力は相当大きいし

325 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:55:03.70 ID:5l0V2oCn
>>323
政治と宗教っていうでしょ。
現代人の感覚を、そのまま当時にあてはめて考えてるから、理解できてないんだよ。
当時の人は、俺らの知ってることは知らないけど、当時の常識を知ってるんだよ。
これで理解できたらいいんだけど、わかるか?
親政がどうとかではなくて、上位存在みたいな感じが宗教で、承るのが政治だったんだよ。
神っつーても、あれは「様」の最上位系だしな。

326 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:55:46.78 ID:5l0V2oCn
>>324
いや、国土面積、人口の量、がモノを言う時代だから、それはおかしい。

327 : ウグイスカグラ(dion軍):2009/04/08(水) 03:56:08.90 ID:SMDfkn+Q
>>309
歴史の形式的発展やらが否定されただけで
近代化が大量の中間管理職が必要なことには変わりないでしょ

ただ、
>国学がなければ日本オリジナルの民族主義も生まれず、
>明治維新は成功せず
とかは逆に精神によって歴史や社会が作られるって言う
ヴェーバー的に今度は成り過ぎてて
もっと構造主義的に捉えたほうがいいと思うけど

328 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 03:57:18.01 ID:5l0V2oCn
>>327
構造主義は段階に過ぎないから要注意な。

329 : キンケイギク(dion軍):2009/04/08(水) 03:58:45.47 ID:SNn+uaYu
なるほど、儒教が倫理や道徳の最終的に帰結するところだったら、そこで思考停止しちまうわな
何でこれが正しいのか、と問うて「儒教の教え通りだから」なんて返されても意味が無いし発展もしない

330 : ヒヤシンス(東京都):2009/04/08(水) 04:00:16.86 ID:1uNK4wnH
陽明学に傾倒するよろし。

331 : ガーベラ(dion軍):2009/04/08(水) 04:01:34.25 ID:ZtII68ll
>>319
なんだったっかな、たしか別冊宝島でそんな学説が出てきてたんだよなあ。
もう20年以上前なんだが。

それはともかく、その社会進化論てのは結構魅力的だと思ったんだよな。
例えばアフリカはアメリカやヨーロッパから民主主義を押し付けられて
気の毒なことになってるが、何の下地も経済的裏づけもなしに民主選挙を
やれと言われたって、そりゃ無理な話だなあと。

なんというか、雑草にリンゴの木やブドウの木を接木しようとしてるようなもんだ。
中国も、識字率は低く民族主義もなく、結局近代化するのによそからマルクス主義とか
輸入しなくちゃならなかっただろ。大変な難産だ。

でも日本だけはうまく近代化できたんだよな。
それは天皇と下級武士と富裕な商人と、維新の指導原理を提供した国学者たちと、
近代化のための役者が揃っていたおかげだと思うんだが。

332 : ナノハナ(山陽):2009/04/08(水) 04:02:23.96 ID:BfvJbCUt
>>321
儒教最高じゃん

333 : ヒサカキ(愛知県):2009/04/08(水) 04:03:31.19 ID:zrB/mWex
>>329
悉く書を信ずればすなわち書、無きにしかず

経典とかに書かれていることをすべて正しいと思うなら
そんな経典最初から読まない方がいい。

こういった思考停止批判を孟子が言ってるよ。

334 : ケンタウレア・モンタナ(コネチカット州):2009/04/08(水) 04:05:26.02 ID:i11POfwO
何で読んだがは忘れたが、
階級というのは政治的序列と文化的序列と経済的序列がオーバーラップしないと発生しないんじゃなかったか。
武士にしろ公家にしろ、そういう意味で日本には階級らしい階級はないと思うんだが。

335 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 04:08:56.90 ID:5l0V2oCn
>>334
階級とクラスがイコールじゃないって話でしょ。
ゴッドと神がイコールじゃないように。神様はゴッドだろけどね。

336 : サポナリア(千葉県):2009/04/08(水) 04:11:57.57 ID:zAfzUYSA
>>331
政教分離、法治主義なんて文化の揺籃期がないと
なかなか因習と置き換えはできないだろうね
徳川300年の太平の世は偉大だった

337 : マーガレット(アラバマ州):2009/04/08(水) 04:14:28.79 ID:OzzqmH6O
宗教ってのは他の宗教と相対したときにはいつの時代も優位性の話になっては
少数が異教徒とされてきたじゃないか。きっとそんな気がする。


338 : シンフィアンドラ・ザンゼグラ(関西地方):2009/04/08(水) 04:15:13.58 ID:Ig+u7nZQ

中国人には語るべき「哲学」も「理論」も「科学」も存在しない。

「哲学」→向銭看(金が全て)、中華思想
「理論」→共産党独裁、中華思想
「科学」→米欧日からパクれ!

あるやんw

339 : トリアシスミレ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 04:16:30.44 ID:dCcJTh08
>>325
実務から離れていると言ってもいい
兎に角途中から軍事力に裏付けされた
実際的な統治能力を失ってたでしょ?

天皇の権威は一貫してあり続けたとおもうけどさ

340 : オオバコ(熊本県):2009/04/08(水) 04:17:45.85 ID:RZRvjITL
>>1
儒教のことはあんま知らんし興味もないが、道教には全く当てはまらないな。
中国人に哲学はないとか、どの口が言ってるんだよwww
「道徳経」とかどう見ても人類史上、世界最高書物の一つだろ。
よく知んないが、旧約だか新約だかの聖書みたいになんか分けのわからん寓話でお茶を濁してるのとはまるで別次元だろ。
とりあえずこの教授は老子に謝っとけ。

341 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 04:21:17.56 ID:yfYzumec
>>333
でも孟子も旧い儒教では評価されず
過激な異端扱いもされてたらしい
経典もそれぞれではすばらしいことが書かれてあるんだけど
実践の教えとしては大きな欠陥のあるものに思える

342 : クレマチス・モンタナ(コネチカット州):2009/04/08(水) 04:23:29.04 ID:c+3Jrf6z
結局、男尊女卑な時点でクソっていう意見に対する反論はないんだな

343 : チドリソウ(広島県):2009/04/08(水) 04:24:38.04 ID:wcelC1at
都合が悪いと捨て、良いと巣食うのが日本、そのうち天皇も捨てます。

344 : オオバコ(熊本県):2009/04/08(水) 04:24:39.76 ID:RZRvjITL
>>342
うん。ない。

345 : ナノハナ(山陽):2009/04/08(水) 04:27:01.84 ID:BfvJbCUt
孔子の性善説って胡散臭いな
じゅん子の悪い人間ばっかりなんだから法と刑罰で秩序維持するべきってのがなんか真実味ある

346 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 04:28:08.60 ID:5l0V2oCn
>>339
だから、その考えが正しいなら、天皇制廃止されてたでしょ。
軍事力が実際的な統治能力を裏づけするって考え自体がミスってる。日本じゃないよそれは。

347 : ガーベラ(コネチカット州):2009/04/08(水) 04:28:58.28 ID:8KFuRng/
神道+儒教こそ最強に強い宗教

誰か復活させないかな

348 : ケンタウレア・モンタナ(コネチカット州):2009/04/08(水) 04:30:17.72 ID:i11POfwO
政教分離というか日本はとにかく宗教が権力持たないようにしてきた国なんだよ。
やっぱり武家政権の影響が大きくて。
なので、朝廷の権威が武家政権よりも優先っていうの正直かなり疑問だな。

349 : トリアシスミレ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 04:31:36.74 ID:dCcJTh08
>>343
日本の基本ロジックに
「問題が無い限り、意味が有ろうが無かろうが余計な所は弄らない」

というのがある
まあそういうことだ

350 : ベゴニア・センパフローレンス(神奈川県):2009/04/08(水) 04:32:32.43 ID:7bqqyznb
>>336
幕末の政権崩壊期に到っても飢餓や社会基盤の破壊が起こらず
平和(回復不可能の破壊が生じない)だったのは奇跡というか凄いよな
>>348
中世の鎌倉〜室町時代は寺社の権力大きかったよ

351 : ナノハナ(山陽):2009/04/08(水) 04:33:35.03 ID:BfvJbCUt
儒学って悪しき習慣も受け入れてねって事?
向上心なくて嫌だな

352 : サポナリア(コネチカット州):2009/04/08(水) 04:36:41.73 ID:9wVVPvjj
>>192
おまえ息を吐くように嘘を付くな。

江戸時代に一万あったと言われる神明社は伊勢神道の御師が布教で作っていったものだ。
伊勢神道は仏教排除だからそんな牛頭大王なんてねーよ
おまえの理屈は朝鮮人が天照大神は朝鮮人と言うのと同じ理屈
一般的には既に天照大神の方が本地とされていたしな


353 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 04:37:04.86 ID:5l0V2oCn
>>348
朝廷を優先させてなかったら、戦国時代はあんなに複雑にならんかったよ。
高校日本史やらなかったのか?

354 : ジョウシュウアズマギク(広島県):2009/04/08(水) 04:37:46.88 ID:pkYq2RMC
間違っていたら過去の文化もきちんと批判するのが中国。
自虐史観だとわめき散らすのが日本。

355 : シャクナゲ(関西地方):2009/04/08(水) 04:38:48.43 ID:1EaagNvC
儒教がクソなんではなくて中国人がクソなんだろ?

356 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 04:39:24.92 ID:5l0V2oCn
>>349
その基本ロジックとやらは天皇由来だし。
問題がない限り、仏教だろうとキリスト教だろうと「思想は」自由にすればいい。ただしシステムは神道でな。おk?ってこと。

>>352
そいつは狂信。論破したら逃走しおったよ。
さすがに、古事記と日本書紀で、古事記を重要視するのはアホだし。
他の歴史書との矛盾点が多すぎるので古事記は重要視しないのがセオリーだし。
日本書紀が正しいとか正しいとかじゃなくて、古事記の質が悪い。

357 : ガーベラ(コネチカット州):2009/04/08(水) 04:40:17.44 ID:8KFuRng/
>>348
鎌倉幕府の出した武家の憲法の一条は神社の整備と神道祭祀をやれと命じてる




358 : トリアシスミレ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 04:42:08.69 ID:dCcJTh08
>>346
天皇のポジションの話は水掛け論になるから嫌だ


言い方を変えよう
つまり、そこら辺にいる民衆を直接統治してたのは武人だよね?

天皇はそれに許可を与えていたかもしれないが
実際に民衆を統治していたのは一貫して武人

359 : ヒサカキ(愛知県):2009/04/08(水) 04:43:07.60 ID:zrB/mWex
>>341
教えをほとんど守ろうとなると国単位で動くべきだしね。
聖人なんて自分自身でなれるようなもんでもないし・・・
>>342が言っているように、
時代のせいもあってか男尊女卑なんだよね儒教って
そこが現代でいうと欠陥の部分当たるかもね

>>345
性善説も性悪説も意味はほぼ同じなんだけどね
孟子の性善説は、人間の本性は善しかし悪に染まりやすい
だからこそ日々礼儀を重んじよ

荀子の性悪説は、人間の本性は悪
だからこそ礼儀や努力の重要性を知らなくてはならない

でも、自分も性悪説の方が好きだけどね。

360 : タチツボスミレ(東京都):2009/04/08(水) 04:43:23.14 ID:7ALn63pa
蒼天航路スレ

361 : プリムラ・ラウレンチアナ(沖縄県):2009/04/08(水) 04:44:20.34 ID:2fVcDh4n
儒教が中国を滅ぼしたのは本当だろう
ずっと過去が偉いってことで進歩をやめちゃったんだから

362 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 04:44:37.47 ID:a5JLvdlw
つーか中国人の秩序意識って未だに儒教だよ。

363 : オオバコ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 04:45:03.27 ID:f2y0LNb+
宗教全てに言えることだ

364 : カンパニュラ・トメントサ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 04:45:46.95 ID:rlljX0Ok
秦王朝がずっと続いとけば、法家が支那の公式学問になって
儒家が幅をきかすことなんてなかったかもな

365 : ミヤマヨメナ(東京都):2009/04/08(水) 04:46:12.76 ID:YEEZsYqw
年功序列終身雇用も儒教思想のひとつです
年齢高い人は偉い、敬え。能力ではなく年齢で能力評価しろ。
そして慣習や古くからのしきたりに捕らわれる。

これが通じるのは常に大国のおさがりを受け庇護されてきた韓国や日本ぐらいで
他の諸国では常に隣国との殺し合いを余儀なくされてきたという土地的事情がある
それも食い物とか生き死にに直結する内容で、だからな
奪って取るのが当たり前、そしてそれを武力で守るのも当たり前
貴族や諸侯もそれらの集合体でしかない

366 : イヌガラシ(宮城県):2009/04/08(水) 04:47:02.01 ID:NYGTU3cL
諸子百家にアリストテレスに匹敵するような知性は見当たらない。
形而上学を読んでみろよ、あの超高度な思考が紀元前にかかれたなんて驚異的だ
人間の本性が性悪か性善かを論じだって
善悪の本質を知らなければ何も語っていないのと同じだろう。



367 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 04:47:26.05 ID:a5JLvdlw
>>365
キミは日本も含めた東アジア史をきちんと学びなおすべき。

368 : ガーベラ(コネチカット州):2009/04/08(水) 04:48:20.96 ID:8KFuRng/
>>358
違う。役人。

369 : イヌガラシ(宮城県):2009/04/08(水) 04:48:58.03 ID:NYGTU3cL
>>365
違う。年功序列や終身雇用はきわめて離職率の高かった
工場労働者を引きとどめるために大企業から始まった制度
儒教など関係ない。

370 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 04:50:08.27 ID:a5JLvdlw
>>369
終身雇用制は戦後の、しかも欧米で考案された仕組みだしね。

勘違いしているのがいるが終身雇用制は日本的な制度でもなんでもない。

371 : シバザクラ(関西地方):2009/04/08(水) 04:53:24.63 ID:do+ldOdn
支那は文革の傷跡が深すぎる。
今の共産党が潰れたとしても文革以前の状態に戻る事って可能なのか?

372 : サポナリア(東日本):2009/04/08(水) 04:56:34.58 ID:ieCs1Dj3
>>356
おまえ少しは落ち着いたらどうだ?
そいつは別人だろ。

あと古事記も日本書紀も書いてある内容はそれほど違うものじゃない。
"初心者"に"その解説書の類"を薦めるのなら。
歴史研究をすると言うのなら話は別だが。
古事記は言うならは私的書物。
日本書紀は古事記を原本としながら他の伝承も加え、
外国にこれが日本の正式な歴史書として提示するために漢語で書かれた歴史書。
だから史学的に日本書紀を重要視するなら当然のことだが、
個人が神道や日本の古の心を知りたいというなら、
むしろ古事記のほうが言いといえるかもしれない。というかどっちでもいい。

そんなことでムキになって、しかも俺は研究者だかとかってν速で騒ぐって、
キチガイと思われたいのか?


373 : シラネアオイ(関東):2009/04/08(水) 04:56:34.85 ID:aydMa/ls
儒教は腐敗してるが孔子の書を少しでも読めば判るとおりありゃ叙情的な詩編。それを後の孔子ファンがこねくり回しただけ。いつの時代も熱狂的なファンはたちが悪い。

374 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 04:57:01.00 ID:a5JLvdlw
文革みたいな事なんて中国じゃ、王朝交代のたびにやってるぞ。

375 : ガーベラ(コネチカット州):2009/04/08(水) 04:58:03.14 ID:8KFuRng/
農民一揆で北辰の旗が振られていた事がある
北辰は天皇の星と平安時代に明文化されてることから
天皇は権力に対する自分達の味方としての対立軸だった。

実際に江戸時代の歌舞伎で将軍をモチーフにして批判した場合の脚本には
何故か後醍醐天皇とかが出てきたりしてる。

376 : ヒマラヤユキノシタ(コネチカット州):2009/04/08(水) 05:03:34.71 ID:i11POfwO
武家政権成立以来、朝廷は政治力は失っていくし、宗教の問題でも幕府とぶつかったら折れる。
官職の任免にしても、鎌倉幕府成立からして、武力の支配を朝廷の官職が後追いしてるだけだし、
足利義満は太政大臣を辞めて出家してみせたり、
秀吉は太閤、家康は大御所を名乗って、
それぞれ自分の政権が朝廷からあたえられた官職によるものではないことを示しているよね。

あんまドラマチックな思想にあてはめて歴史見るのってよくないと思うんだよね。

377 : ショウジョウバカマ(アラバマ州):2009/04/08(水) 05:08:29.97 ID:CgVpXEw9
677 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/03/26(日) 05:07:47 14T35ZW60
思想的に偏った人間ばかりのここで聞いてもしょうがないけどさあ。



中国って儒教や道教が生まれた国だろ?
なんで現代中国は礼節とかが浸透してないんだろうな?



偏向抜きで説明できる人いる?



686 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/03/26(日) 05:18:30 69WL8x310
>677
ないから生まれるんだ。
中国人は道徳心が無いから儒教が生まれた。
日本人は勇気がないから武士道が生まれた。
アングロサクソンはずるいからフェアプレーの精神が生まれた。


378 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 05:08:57.65 ID:a5JLvdlw
>>376
太閤というのは「先の関白」の言う以上の意味は無いし、あと秀吉は最後まで「太政大臣」であった。
豊臣政権というのは朝廷にかなり密着した政権。

あと、徳川将軍や足利将軍の名乗った「源氏長者」だが、これは源氏武士のリーダーと言う意味ではなく、
「源氏貴族のリーダー」と言う意味。
つまり彼らは源氏の長者の格でもって、朝廷の貴族を統率する存在でもあったのだ。

鎌倉以降の朝廷の存在をあまり過大視するのも良くないが、過小視しすぎるのも問題が多い。

379 : ヒサカキ(愛知県):2009/04/08(水) 05:09:08.18 ID:zrB/mWex
>>366
西洋思想みたいな知性はなくとも
諸子百家の思想には人間味があって面白い

380 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 05:11:33.42 ID:a5JLvdlw
アリストテレスは西洋と言うよりも、小アジアの思想家だな。

381 : ゲンカイツツジ(関西地方):2009/04/08(水) 05:12:51.50 ID:cxYjtbzz
ちなみに、欧米が近代化しはじめたのは割とごく最近だよ。
キリスト教が強かった時代には、中近東のほうが自然科学が
進んでいた。

382 : ベゴニア・センパフローレンス(神奈川県):2009/04/08(水) 05:15:25.95 ID:7bqqyznb
>>366
アリストテレス(笑) アレキサンダー(笑)

383 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:18:28.61 ID:5l0V2oCn
>>372
2匹狂信がいるって書いただろw そのうちの一匹だよw

384 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:19:47.68 ID:5l0V2oCn
>>368
そうだな。

>>378
だな。
そしてなぜ源氏か、っていうと清和天皇の直系だからだよ。
あとは桓武平家があるが。

俺が源氏流れの武家出身だから、一応その辺は知ってる。

385 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 05:20:55.41 ID:yfYzumec
>>366
当時の中国の思想って
真理の探究とかを目的にしてなかった
社会をよくする、国を強くするってのが目的のもの
さらに戦国時代の思想家の説は権力者に自分の説を
採らせるためにあえて極論で文章を飾ってることが多いから
ギリシャ哲学とは単純には比較できないと思う

386 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:22:41.71 ID:5l0V2oCn
だから武家武家つーても、日本の源氏は、清和天皇の流れなんだから、天皇の親戚つーことで。
徳川も源氏を名乗らんと将軍職にはなれないし。将軍職自体、皇統につらなりのある武家しかなれんかったってこと。
本当に直系の血がDNA鑑定できる時代でもなかったので、そういう概念の中で動いてたってことで。

だから、武家支配が朝廷と対立するって考えてる時点で、おかしいってわかるでしょ。

387 : サルトリイバラ(東日本):2009/04/08(水) 05:22:57.15 ID:u38KjWGl
諸子百家の思想は処世の思想、治世の思想の範疇を出ないからな。
西洋の自然科学や哲学への深い探究心というのは、
やはり西洋人独特のものなのかもしれない。
東亜の人間は自然は恐れ敬うものという発想がでてくるのが
原因かもしれないが。


388 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:24:38.62 ID:5l0V2oCn
>>387
王家の概念と、生活からの発想の延長はちょい違うとは思うよ。

389 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 05:25:53.27 ID:a5JLvdlw
>>386
例えば織田信長が、「あなたは朝廷を廃止するつもりですか?」って尋ねられたら、
ポカーンとするだろうねw
そんなこと考えもしなかっただろう。実際の織田信長は。

390 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 05:27:23.70 ID:a5JLvdlw
>>387
16世紀くらいまで、西方における自然科学や哲学の本場は中東イスラーム圏です。

391 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:27:54.78 ID:5l0V2oCn
>>372
そして、そもそも古事記を編纂したやつはryだからな。お前同一人物じゃないの?
古の心なんて、古事記にはないよ。最近の研究じゃ一致して、
あれは頭の回転の遅い人が書いたんだろうなって言われてるくらい。
心じゃなくて、執着みたいなの。権力への執着だけで、知恵のない人が書いたの。
そんな古事記を軸にすると、頭が中途半端に古くて頑固な話にしかならない。

まとまってるまとめサイトが日本書紀。
電波ゆんゆんの怪しげなサイトが古事記。
それくらいに考えておかないと狂信になるだけ。

392 : サルトリイバラ(東日本):2009/04/08(水) 05:30:07.90 ID:u38KjWGl
>>389
いや信長に関してだけは本気で朝廷廃止して
新しい王になろうとしてた節があるよ。
でも彼は特別、例外事項。信長は日本史の中の特異点。


393 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:31:46.76 ID:5l0V2oCn
>>389
むしろ織田信長なんて、朝廷に仕え、朝廷を栄えさせることが、宿願みたいなところがあったからね。
平家に憧れてた清廉なタイプで、頭の回転の速かった武将だったと思う。

うちの先祖は内輪もめばかりしてたんで、
織田の時代はパっとせんかったけどね(´・ω・`)しきたりばっか重視して自滅してた。
でも、後醍醐天皇んときの功績の威光があって、
正当な血統とも近くて、徳川にやんわり保護された。しょぼい武将っす。。。

だから、源氏由来っつーてもアホな武将はたくさんいたんだけど、
基本的に、皆清和天皇の子孫であり、支配者側の血統という自覚を持って動いてたはず。

今の世の中じゃ、考えられないくらい違和感のある世界だけどねー。
もちろん、子孫の俺も、そんなこと考えてないけど、一応なんか理解しやすいっていうか、
共感できる部分はなきにしもあらずだけど、これも狂信くさいんで、出来るだけ客観視するよう気をつけて生きてる。

394 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:32:55.91 ID:5l0V2oCn
>>392
大河ドラマの見すぎ。漫画の読みすぎ。
信長がどんだけ平家に憧れてたとおもってんだ。

395 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 05:33:28.65 ID:a5JLvdlw
>>392
フィクションばかり読まないで、まともな歴史書で信長のこと勉強しなおした方が良いよ。
信長は天才でもなければ革命家でもない。むしろ反動に近い立場。

396 : ヒマラヤユキノシタ(コネチカット州):2009/04/08(水) 05:34:52.79 ID:i11POfwO
将軍職が権威あるものというよりその地位が不十分なものとして扱われていると言ったんだけどな。

397 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:35:43.90 ID:5l0V2oCn
>>396
根本からわかってないな。

398 : オオバコ(熊本県):2009/04/08(水) 05:36:54.68 ID:RZRvjITL
>>377
なるほど!バーバリアンばっかだから紳士の国って言うわけか。

399 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 05:40:36.69 ID:a5JLvdlw
>>396
つーか、武家と天皇、朝廷は、いつの時代も正しく相互補完関係にある。
武家が武家である正当性は、その発生の時点から朝廷のための公の軍事集団であると言う所にある。
これは明治維新まで代わらない。逆に言えば朝廷と相互補完関係のない武家と言うのは
存在しないのだよ。

400 : イワウチワ(徳島県):2009/04/08(水) 05:40:55.09 ID:d7Urwg3e
儒教ってなんか親兄弟を大事にしろ的なヤツだっけ
もう忘れたわ

401 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:41:51.51 ID:5l0V2oCn
>>395
だね。ついでに>>394を補足しておくと、
信長が憧れまくってたのは、桓武平家で、
桓武天皇の庶子を祖先にした平家。
結局、桓武平家の子孫を名乗ったけどね。
信長に野望があったとしたら、平家の子孫を実証したいがための、
実力の披露であり、桓武に連なるものとしての、
朝廷の復権だったりする。信長は神道に傾倒するとかいうより、
神道の血統の一部と自覚しちゃってるみたいな感じ。

当時は平家か源氏になりたがった人が多い。
名乗ったもん勝ちみたいなところもあったんで、

朝廷に正式に認めてもらうために、皆が張り切ってたみたいな時代。
ちょっとネット内評価を高めようとしてるプログラマがオープンソフトウェアつくりまくってるのとも似てる。
伽藍とバザールの話ね。

402 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 05:42:27.56 ID:a5JLvdlw
「儒教と言うのは簡単に言えば、大勢でテーブルに着いたとき、誰が最初に食事に箸をつけるかを
教える学問なのです。」

作家・陳舜臣

403 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:44:56.59 ID:5l0V2oCn
>>399
その話くらいなら中高の日本史で習うはずなのに、
どうして、>>392とか>>396みたいな妄言が出るんだろう。
漫画とドラマに毒されすぎじゃないかな。
義務教育課程の学校の授業レベルの話なのにね。
日本人なら当然知っておくべき常識だと思うんだが。

また、義務教育の外として、
源氏の子孫の端くれとしても、それが正しいことは言い切れるし。
信長が朝廷打倒とか思ってる人は、間違ってることを知ったほうがいい。

404 : サルトリイバラ(東日本):2009/04/08(水) 05:46:31.37 ID:u38KjWGl

いや単に安土城に御所そのままの建物を建設してたという事実に基づく
一つの案として言ってるだけだが。
もちろん天皇の行幸を仰ごうとしてただけという見方もあるし、
信長が養子にしてた天皇の皇子を即位させようとしてたとうい考え方もある。
それらのほうが有力だろうが、いづれも同じ一つの考察だ。
フィクションとかというのとは違う。


405 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:47:39.44 ID:5l0V2oCn
>>404
だから憧れてたんだってばw
考察って、お前、正式な歴史書とか読めよ。当時の記録。
そうすりゃお前の考察()wがどんだけアホかわかると思うよ。

406 : サルトリイバラ(東日本):2009/04/08(水) 05:49:35.37 ID:u38KjWGl
>>405
一つの貴重な意見として受け取っておくよ。


407 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 05:51:06.46 ID:a5JLvdlw
>>404
> いや単に安土城に御所そのままの建物を建設してたという事実に基づく

先ずここが間違い。安土城は完全に破壊されており、その「行幸の間」というものも
数ある推論の一つでしかなく、証明されたものではない。

あと養子にしていた天皇の皇子を即位させると言う事と、朝廷廃止は全く繋がらない。

はっきり言う。想像の上に想像を重ねただけのフィクションだ。

408 : トリアシスミレ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 05:51:26.97 ID:dCcJTh08
封建制について

武力を背景にした小領主の乱立
それによって生み出される軍事力が大前提の政治思考
これと領主と臣下の間の非宗教的で契約的な結びつき方


これが重要で、これに関して天皇は直接的は関わってないよと言いたかっただけなのに
わけのわからん言い合いになってしまった

409 : オンシジューム(コネチカット州):2009/04/08(水) 05:51:37.00 ID:QP3sx3v0
儒者を見ると冠に小便したくなる

410 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:52:58.31 ID:5l0V2oCn
>>406
いや、自分の間違いに気づいたほうがいいよ。
史観がどうとかいうレベルじゃなく、他所で言ったら、
ホンモノのキチガイさんと言われてもしかたないレベルだ。
何を読んで、そういうの思いつくわけ?
エンタメ小説なら、そーいうのやっててもいいけど、
それって現実を知った上での遊びだし。

昔のヨーロッパにはドラゴンが飛びまわってました、
っていうのをマジで信じてるのと同レベル。

411 : 雪割草(アラバマ州):2009/04/08(水) 05:54:22.04 ID:GPEizRgz
中国人がそんなこと言って殺されないの?

412 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:55:50.39 ID:5l0V2oCn
>>408
いやだから、その武力で何を得ようとしてたのかって話な。
また支配者として認められるためには天皇の血統だと証明する必要もあった。
信長にしろ、家康にしろ、家系図を何とかして作って、当時なりの実証をしてたわけだからな。
天皇がそれを認めるかどうか、っていうのは、家系の実証性を確かめるってことだから。

言い合いのレベルじゃないよ。知ってるか知らないかのレベル。
日本の軍事力はほぼ全てが天皇か否かに集約されてた。
契約的うんぬんは所有権の問題だろ。非宗教的て、全てに天皇がかかってるから、
宗教かどうかはおいておくとして、血統の問題であーだこーだやってた時代。

何のために軍事力を行使してたのか、習うはずなんだけどなあ。

413 : リナリア(和歌山県):2009/04/08(水) 05:56:56.13 ID:Q5uAkr3d
西洋人はフェアじゃないから騎士道が尊ばれた。
日本人は臆病だから武士道が尊ばれた。
中国人は礼儀がないから孔孟の道が尊ばれた。

414 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 05:57:03.52 ID:a5JLvdlw
>>408
日本の封建制は、その「君主」に朝廷からの「正当性」が与えられることが、
安定のための大前提ですよ。

武家と言うのはその発生から最後まで、名目としては朝廷の衛士なわけで、
主君もその朝廷権威をいただかない限り、世間的にも正統な者とはみなされなかった。
つまり「悪党」とか、そう言う反社会的存在として捕らえられるわけね。

415 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:57:28.04 ID:5l0V2oCn
>>408
つまり最終判定は朝廷と天皇の「血統」という「伝統」にまかされるので、
武家が実力争いしながら、自分の家系を証明して、
それが、朝廷と天皇に補完されている「正当性」と照らし合わせるという話。

天皇おもいっきり直接的に関わっとるがな(´・ω・`)

416 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 05:58:37.01 ID:5l0V2oCn
>>413
今の日本人が言う武士道なんて昭和中期に出来上がったものだよ。
葉隠1つとっても、当時の意味合いと、昭和の意味合いで、全く違う。

417 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 06:00:56.00 ID:5l0V2oCn
>>404
>>407
>>養子にしていた天皇の皇子を即位させると言う事

これ、おもいっきり藤原氏の外戚と同じやつだよなw
天皇の親戚になりたいお!っていうやつ。
信長は何とかして自分の血筋を天皇の家系図に入れたかっただけだお。(´・ω・`)

418 : ヒマラヤユキノシタ(コネチカット州):2009/04/08(水) 06:01:12.23 ID:i11POfwO
そういうのは実際的じゃないと思うな。
例えば「大岡越前」は律令官職としては越前守であるけれども、
実際としては彼は幕臣としての町奉行・寺社奉行でしかないわけで、
越前国には何の関係もない人物だよね。
それは相互補完的な在り方などではもちろんないわけで。

419 : ゲンカイツツジ(関東):2009/04/08(水) 06:01:57.97 ID:zLUeYk4x
儒教って韓国で普及してるんだよな

420 : シラン(関東・甲信越):2009/04/08(水) 06:02:20.80 ID:pebIS86Y
・中国文明は西洋文明に比べて病態的になったが、それは中国人が大昔から儒教に傾倒して無駄に年月を費やしてきたからだ。
・それ以来、中国と中国人は病に苦しんだままだし、そのせいで社会も矛盾と絶望に満ちている。
・なにも中国共産党は悪くない。

無理やり三行に纏めた。


421 : ゲンカイツツジ(関西地方):2009/04/08(水) 06:03:01.35 ID:cxYjtbzz
>>416
そうそう、後世の人が、何らかの意図をもって脚色した事例は意外に多い。
たとえば日本の戦時中だって、みんながみんな「天皇陛下万歳!」なんて
言っていた訳じゃない。当時の人は、それぞれ勝手気ままに生きてた訳だし

422 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 06:03:12.20 ID:5l0V2oCn
>>418
こっちが歴史書ベースにして話してるのに、
お前はどうしてエンタメテレビドラマをベースにすんの?w

423 : トリアシスミレ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 06:03:54.74 ID:dCcJTh08
だから構造的な安定性とかどうでもよくて

軍事国家のしのぎを削る恒常的な争いそれ自体が
政治思考の高度化を促した要因じゃないのかと

424 : ハルジオン(コネチカット州):2009/04/08(水) 06:04:09.66 ID:6ykUDTPZ
ここまでニート

425 : ヒマラヤユキノシタ(コネチカット州):2009/04/08(水) 06:05:41.08 ID:i11POfwO
歴史書をベースにしてるよーw
わかりやすい例をあげただけで、
どちらかというとお前の方がテレビドラマ族に近いと思うよ

426 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 06:06:19.41 ID:a5JLvdlw
>>418
武家の「○○守」って言うのは、名目官。そしてそれは家格を表すもので、
ある種の階級制と同じ効能を持っていた。

そしてここが大切だが、幕府(これは足利政権や豊臣政権も一緒だが)は朝廷への、
武士の任官請求権を独占する事で武士全体への求心力を作っていた。

ここに相互依存の一端が現れるわけだ。

427 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 06:07:07.43 ID:5l0V2oCn
>>421
よくいう、武士道とは死することと見つけたり、だっけ。
あれ葉隠の一節だけど、曲解もいいとこだもんな。
信長も脚色が酷すぎるんだよなー。

ただまあ、戦国時代の当時、源氏と平家はスーパーマンみたいに伝承されてるところもあって、
大衆に近くなればなるほど、上の生活はたくましい妄想で補完して神格化されちゃうんだろうな。
葉隠に関してはプロパガンダに利用されただけだけどな。

葉隠の原文を全部読めばわかるけど、極めておだやかかつ鮮烈な生き方。
ついでに言えば性の話も出てくるし。しかも男色の方法的な。アーッ!

そういや最近で言えば、バカボンドの武士道勘違いっぷりも酷かった。
「天」の解釈が全く間違ってて、立ち読みしてて吹いた。
あれみて、サムライ感をもつのはやばいよ。

大衆武士道とリアル武士道は全く違うわ。
武士の血統でしか武士を語れないとは思わないけど、
さすがに酷いフィクションが多すぎて。

428 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 06:08:39.86 ID:5l0V2oCn
>>423
根本から間違ってる。政治=神道っていう時代。マツリゴト=天皇という代理者が〜神=自然神=自然様を称えるということ。
感謝っていう言葉の意味は、この辺にあるんだよ。

429 : サルトリイバラ(東日本):2009/04/08(水) 06:08:49.40 ID:u38KjWGl
>>407
>安土城は完全に破壊されており、その「行幸の間」というものも
>数ある推論の一つでしかなく、証明されたものではない。
信長公記にも2度行幸の間を作ろうとしたという記述がある

>あと養子にしていた天皇の皇子を即位させると言う事と、朝廷廃止は全く繋がらない。
だから、これはそれとは別の案として書いてるだけ

>はっきり言う。想像の上に想像を重ねただけのフィクションだ。
そもそもの問題は、正親町天皇の譲位問題で、
信長が退位を迫ったという記述と、
天皇が譲位しようとしたが(たぶん)信長が止めたという
相反する記述が当時の文書に残ってるがこの意見がでてくる原因。
俺も別に断定はしてない。そーいう節もあると最初から言ってるだけ。



430 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 06:09:28.72 ID:5l0V2oCn
>>425

>>418>>426を比べただけでも
どちらが歴史書をベースにしてるかわかるだろw

>>418はテレビドラマ以下
>>426はまともな知識。

431 : オオバコ(熊本県):2009/04/08(水) 06:09:47.86 ID:RZRvjITL
>>413
>>413
男は女々しいから、泣くな男らしくないと言われ
女は粗暴だから、おしとやかにしなさいって言われるんだよな。

432 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 06:10:10.57 ID:5l0V2oCn
>>429
>>417

433 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 06:10:57.06 ID:a5JLvdlw
>>429
> 信長公記にも2度行幸の間を作ろうとしたという記述がある

だから、言われている安土の遺跡が、その行幸の間であるって証拠は何も無いんだって。

434 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 06:10:59.29 ID:5l0V2oCn
>>429
藤原道長と同様に、単に自分あるいは自分の血統を、
天皇家にいれてもらうための画策だけ。
前後を読めばわかる話ばかりなんだけどな。信長の意図は。

435 : ヒサカキ(愛知県):2009/04/08(水) 06:11:24.60 ID:zrB/mWex
>>419
あー個人的な考えだけど、韓国のは儒教だと信じたくない
論語に、外交する国が蛮国であっても相手を敬わなくてはならない、とかあるけど
韓国には儒教の基盤の仁、つまりは思いやりが抜けている気がする。

だから儒教とは信じたくない。

436 : ドデカテオン メディア(福島県):2009/04/08(水) 06:13:00.52 ID:ys8IeYz4
儒教と儒学の違いがあいまいなスレだな

437 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 06:13:58.91 ID:5l0V2oCn
>>435
韓国では、中国由来の医学のことが漢方って表記されてたんだけど、
ここ10年か20年くらいで、いつのまにか韓方って表記を入れ替えてた。
酷い話だが、漢方部屋が上からシールみたいなの貼られて韓方になってた。
日本だと中国由来の医学は、日本の古典医学とあわせて、東洋医学と表記した。

ここが日本と韓国の国としての差だとは思う。

438 : シバザクラ・フロッグストラモンティ(アラバマ州):2009/04/08(水) 06:14:49.82 ID:13dVUKCk
>>413
武士道の根幹は勇気でなく、公平さと忠誠じゃない?

439 : トリアシスミレ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 06:14:59.44 ID:dCcJTh08
途中で送っちゃった

言ってるだけで
天皇から少し離れろと

あと俺が言ってる政治は現代的な意味でいっているからいいんだよ

440 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 06:16:32.15 ID:5l0V2oCn
>>439
日本の歴史を見ればわかるけど、天皇と離れる瞬間がないのよ。
で、政治は現代的なって、お前古代の封建制の話したかったんだろw
現国会の話がしたいならあわせてやんよ?スレタイと全く関係なくなるけどなw

441 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 06:17:41.73 ID:5l0V2oCn
>>438
葉隠によると男色もたしなみ

442 : ヒマラヤユキノシタ(コネチカット州):2009/04/08(水) 06:17:51.66 ID:i11POfwO
お前みたいなロマンチックな解釈大好きな奴のそれは知識とは言わないんだよw

443 : フクシア(東京都):2009/04/08(水) 06:18:06.06 ID:w/AwQ2gO
文化大革命ですね。

444 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 06:19:27.14 ID:a5JLvdlw
>>439
現代的な意味での政治とか国際関係って、30年戦争の結果できた、ヴェストファーレン条約体制って
極めて特殊な状況のなかで生まれたものだからなあ。

445 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 06:19:34.73 ID:5l0V2oCn
>>442
鎌倉幕府や江戸幕府の出した歴史書見れば、ロマンの介入しない正しい歴史の一部が学べるかと存じます。

446 : キソケイ(東京都):2009/04/08(水) 06:19:43.45 ID:f48qBYDW
Civスレ

447 : ドデカテオン メディア(福島県):2009/04/08(水) 06:20:54.22 ID:ys8IeYz4
儒教の非論理性の象徴で最大の悪弊である易経に対する認識が甘いから
日本人はこう儒教全般を持ち上げる奴がいるんだろう

448 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 06:20:54.45 ID:5l0V2oCn
>>444
テラ高校の歴史授業だよなあ。そんくらい。
どうして、その辺の教科書レベルのことから説明しないといけないんだろう。

449 : ミヤコワスレ(東京都):2009/04/08(水) 06:24:09.61 ID:a5JLvdlw
日本史の場合、最近の学説を取り入れたリアリズムのある歴史を学びたければ
吉川弘文館の「戦争の日本史」シリーズがオススメ
http://www.yoshikawa-k.co.jp/senso-n1.htm

450 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 06:25:08.37 ID:5l0V2oCn
面白そうだな。

451 : ライラック(神奈川県):2009/04/08(水) 06:25:17.00 ID:OhmiNJT0
もちろん西洋基準にしたらずれてるだろ。でも考え方やなんかも文化を形作るうえで重要な要素だと思う
何で西洋を基準にしなきゃいけないのか

452 : オンシジューム(岡山県):2009/04/08(水) 06:26:05.84 ID:sVhk+jR1 ?2BP(3778)

基地外の巣窟、即刻削除すべき

453 : キクザキイチゲ(catv?):2009/04/08(水) 06:26:56.70 ID:5l0V2oCn
まあ、俺からは、
ナビゲーター日本史
ナビゲーター世界史
を薦めとくか。
この2つくらいは最低学んでおくほうがいい。

454 : ケマンソウ(dion軍):2009/04/08(水) 06:43:03.45 ID:0QEDX9r5
キチガイの集会場晒しage

455 : ガーベラ(コネチカット州):2009/04/08(水) 07:03:03.50 ID:8KFuRng/
>>408
天皇陵って知ってるか?
バカな左翼の影響で明治政府が作ったと思いこんでるアホな奴を多くみかけたが
アレを整備したり作ったのは家康などの武家政権。
例えば、神武天皇陵を探して整備しようとしたのは鎌倉幕府と徳川幕府と明治政府。
何で、徳川幕府が何十もの天皇陵の整備をして立派に作り替えていたのか考えろよ

456 : ガーベラ(コネチカット州):2009/04/08(水) 07:11:49.79 ID:8KFuRng/
>>429
正親町天皇は信長に退位したいと伝えている
そこで信長は正親町天皇に戦争で儀式の予算を出せないので待っていてほしいと言ってるぞ
信長は予算を確保したから退位しても大丈夫ですと言っただけなんだが

あと行幸を願ったら朝廷廃止?

豊臣は行幸を願って達成したけど、天皇崇拝だった

457 : 福寿草(アラバマ州):2009/04/08(水) 07:14:56.41 ID:l2V9LfOw
>>455
外様大名に資金供出させる一番の名目だからに決まってんじゃねーかJK

458 : シバザクラ・フロッグストラモンティ(アラバマ州):2009/04/08(水) 07:24:45.94 ID:13dVUKCk
>>447
儒教だけでなく宗教すべてに当てはまるはずなのになぜ儒教は攻撃されるのだろう?

459 : ケマンソウ(dion軍):2009/04/08(水) 07:49:52.76 ID:0QEDX9r5
>>455
つうか、そいつ
恒常的且つ長期的な戦争状態自体が
制度上の進歩を考える上で重要って言ってるだけだろ

その状況に意味があるって話をしてるのに、なんで急にみんな天皇の話をし始めんの?

460 : ケマンソウ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 07:53:42.36 ID:IF6ki4H4
アジア人の自己批判は異常
それこそが病態的

461 : ガーベラ(コネチカット州):2009/04/08(水) 07:56:17.28 ID:g046IQ4w
白川静読んだらいい

462 : シバザクラ・フロッグストラモンティ(北海道):2009/04/08(水) 07:56:55.18 ID:fOvHZ+RB
ふざけんな。
陽明完璧だろ

463 : ヒサカキ(コネチカット州):2009/04/08(水) 07:58:01.10 ID:4ODCe5Dt
儒教は中凶の特性である凶産主義、超国家主義、民族浄化に比べればはるかにマシ

464 : ヒサカキ(コネチカット州):2009/04/08(水) 07:59:20.99 ID:4ODCe5Dt
>>460
たが、自己批判しないアフリカ、中東よりマシ

465 : サルトリイバラ(東日本):2009/04/08(水) 08:01:48.77 ID:u38KjWGl
>>456
>信長は予算を確保したから退位しても大丈夫ですと言っただけなんだが
だから、そーいう記述もあった(信長が止めた)と書いてあるだろ。
つーか信長とか予算とか推測だがな、あと大丈夫なんて言ってない。
だかまず信長と予算の問題で間違いないというのが主要な説だな。
それとは別に、相反する記述も別の書物に書いてあるんだよ。

>あと行幸を願ったら朝廷廃止?
そんなことは一言も書いてない。
いちいち説明するのめ面倒くさい。


466 : カンパニュラ・サキシフラガ(関東・甲信越):2009/04/08(水) 08:04:47.56 ID:EWbZNEnZ
まさか福沢諭吉の自伝が中国で出版されていると?

467 : アメリカフウロ(アラバマ州):2009/04/08(水) 08:04:52.58 ID:1rJsYG+M
ロゴス来てる?

468 : シンビジューム(アラバマ州):2009/04/08(水) 08:13:10.17 ID:CknnZ4wV
絶対に正しいと絶対に可笑しいしか知らないから
ゴミなんだよ

469 : ケマンソウ(dion軍):2009/04/08(水) 08:18:07.93 ID:0QEDX9r5
>>467
ロゴっさんは左キチガイだから
右キチガイのすくつには出てこない

470 : タチツボスミレ(東京都):2009/04/08(水) 08:33:58.39 ID:7ALn63pa
なんか皇国史観みたいなのが暴れてるな
織田氏は元々桓武平氏だし、別に平家に憧れていたわけじゃないだろ

471 : クロッカス(コネチカット州):2009/04/08(水) 08:34:24.10 ID:htDP+Jdz
ID:5l0V2oCn

こいつテンション高杉
一体何レスしてるんだよw
紫式部の子孫とかワロス


472 : チチコグサ(長屋):2009/04/08(水) 08:43:46.96 ID:+GQVYPiB
四書五経とか丸暗記にすることが科挙の試験に受かる方法だったから、
いい男が40くらいまで人生をすべてその暗記にささげたりする。そういう
ことが中国の発展を阻害した、といいたいんだろ。その論は昔からあって
珍しくない言わば定説

473 : ヒサカキ(コネチカット州):2009/04/08(水) 08:45:03.54 ID:Vm7zUCV1
儒教排斥ははしかみたいなもの
30越えたあたりで冷静に読み返せば
孔子のバランス感覚のすごさに気付く
同時代の他地域の文献と比較しても迷信の類がほとんど感じられないし

474 : モリシマアカシア(長崎県):2009/04/08(水) 08:50:39.05 ID:nwb7b/Xz
道具や制度が悪いのでなく、使う人間が腐るのです

475 : ウイキョウ(神奈川県):2009/04/08(水) 08:51:10.28 ID:P6gpfzg5
日本は儒教に随分助けられたけどなあ。
問題は儒教そのものじゃなく、儒教を批判したり、科学的に論理付けたりする空気がなかっただけじゃね?
西欧哲学も、カスみたいな捏造宗教を無理やり理論付けする過程で発展したことは見逃せない事実だしね。

実際は、道教とは、そういう素晴らしい思想もあったわけじゃん。
それに理気二元論とか天才的だよ。気はエネルギー、理はそれが形をなすことわり。
哲学者の大森荘三さんが哲学的に解説してくれてたよ。

決して儒教が悪いんじゃない。

儒教以外を排斥し、考えることを止めさせた歴代皇帝、もしくは中国という国そのものの空気のせい。

476 : チチコグサ(長屋):2009/04/08(水) 09:06:04.28 ID:+GQVYPiB
だから焚書坑儒した始皇帝を文革で評価したりしたな

477 : ナガバノスミレサイシン(栃木県):2009/04/08(水) 09:09:40.57 ID:kAX9J9kr
儒教ってのは年下は年上を敬えってことなの?それとも年上は年下から敬われるような行動をしろってことなの?
どっちだかわからん

478 : カンパニュラ・トメントサ(宮城県):2009/04/08(水) 09:26:07.59 ID:q4XA9i8g
要するに、
中国人は「哲学」も「理論」も「科学」も皆無だから
先進国の製品をあからさまにパクるんだな。


うーん…確信を突いてるな…( ゚д゚)y━・~~

479 : ポロニア・ヘテロフィア(福島県):2009/04/08(水) 09:35:39.03 ID:2p0UtkNY
儒教は読んでみればとても現実的な処世術で宗教と言えるのかも疑問に思うほど。
キリスト教や仏教なんかよりぜんぜん現代にも通用すると思うけどな。

易経は除くが。

480 : モリシマアカシア(長崎県):2009/04/08(水) 09:39:18.38 ID:nwb7b/Xz
やたら徳治、徳治っつーくせに汚職の巣窟だもんな

481 : ヒマラヤユキノシタ(埼玉県):2009/04/08(水) 09:40:44.11 ID:Jk9KlU34
儒教は立派な教えだ
それを使う国民が馬鹿なだけ

482 : チチコグサ(長屋):2009/04/08(水) 09:43:21.94 ID:+GQVYPiB
論語読みの論語知らず、それが中国人

483 : クマガイソウ(山口県):2009/04/08(水) 09:45:12.99 ID:GCpNJI4V
西洋が神や宗教を排除して思考して近代化したのは聖書に信じられないような荒唐無稽なことが書いてあることも一因だと思う。
処女から生まれただのなんだの。
信じられない人が無神論者になり科学を始めたのかも


484 : ベニバナヤマボウシ(東京都):2009/04/08(水) 09:47:14.98 ID:tlSABjWi
>>479
キリスト教はキリスト教神学やら付随してる哲学込みだろ
キリスト教単体では使わない それじゃただの無能だ

誤謬や欠陥だらけだから、補助ツールが発展してウマーなんだろ


仏教は唯識とか、世界認識に関する抽象的思考の類ではトップレベルだろ
イデアとかアホらしすぎて話にならん

地獄や輪廻転生は意味ないけど まあキリスト教よりは整合性で多生マシってレベルだがやっぱ意味ねーな

485 : ウシハコベ(アラバマ州):2009/04/08(水) 09:51:18.93 ID:XbGOKfXm
所詮理想論だからな
偉そうな事言ってるお前らのリアル生活が悲惨なのと同じ

486 : デルフィニム(大阪府):2009/04/08(水) 09:52:06.10 ID:C7mRFYxT
儒教に関しちゃ同意だな。
あれは官僚が腐って権力者にこびてのさばるための言い訳のよりどころみたいな本だ。

487 : スズメノヤリ(鹿児島県):2009/04/08(水) 09:53:08.02 ID:LTmPcCvp
その時々の執政者の手によって変化はしてないのか?

488 : スイセン(東京都):2009/04/08(水) 09:53:49.75 ID:wyDTqT3P
中国大陸発の文化を自ら葬るって歴史に学んでないな
漢方や東洋哲学は胸を張れる文化なんだから大事にして欲しいよ
儒教を一番上手く取り込んでるのが日本っつーのが皮肉だな

489 : ヒナゲシ(愛媛県):2009/04/08(水) 10:48:51.72 ID:xFe1xXRD
>>481
世の中馬鹿な人間の方が多い
馬鹿にも使えないと言うのは致命的な欠陥だ

490 : ヒサカキ(catv?):2009/04/08(水) 11:54:33.06 ID:hZj73EpS
>>465
説明できないこと=めんどくさい www

491 : キブシ(アラバマ州):2009/04/08(水) 14:16:02.04 ID:g6zzmnPY
中華思想は??

492 : イヌガラシ(宮城県):2009/04/08(水) 15:25:33.29 ID:NYGTU3cL
ヘーゲルは論語を読んでこんな幼稚な思想
孔子の名誉のためにも翻訳されないほうがよかったってすげー馬鹿にしてるよ。
実際そうなんだけど大哲学者に本当に言われると辛いな




493 : ヒサカキ(catv?):2009/04/08(水) 15:26:35.41 ID:hZj73EpS
>>366に対する返レスをよく読んで、
自分の無知を恥じれば>>492みたいな恥ずかしいことかけないよ。

494 : フリージア(宮城県):2009/04/08(水) 15:27:51.54 ID:fk/jwyGf
朝鮮人を見りゃあ儒教が糞なのがよく分かるw

495 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 15:28:17.48 ID:mZaXhAnx
いまどき儒教なんて覚えてもクソの役にも立たない。
常識や倫理感なんて時代とともに変わっていくものだからな。

496 : リナリア(富山県):2009/04/08(水) 15:28:44.40 ID:TZwT04zR
>>492
論語って小学生向けの道徳だろうがw
そんなこともわからないヘーゲルって相当アホなんだね
つまり大哲学者でもアホってことは自体世間一般にいらないものってことでFAだね

497 : チリアヤメ(岐阜県):2009/04/08(水) 15:28:54.98 ID:Sx5qtO7o
儒教が欠陥なんじゃない。中国人がおかしい。
科学や数学が発達しなかったのを儒教の所為にするな。
格物致知は自然科学の考えと一致する。

498 : イヌガラシ(宮城県):2009/04/08(水) 15:28:57.40 ID:NYGTU3cL
>>493
どこがどういう点でどのように無知なのか?書けよ。
何ら具体性の無いレスなど何も書かれなかったのと同じ

499 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 15:29:49.15 ID:mZaXhAnx
キリストにしてもイスラムにしても儒教にしても宗教原理は科学を衰退させる。

500 : ヒサカキ(catv?):2009/04/08(水) 15:30:14.36 ID:hZj73EpS
>>498
俺が書かなくても>>496が書いてくれてるじゃん。アンカーくらい見れるようになれよw
ヘーゲルがアホなのか、引用をミスしてる可能性のあるお前がアホなのか、
それは知らんけど、>>492が無知な意見なのは事実だよ。

501 : クロッカス(アラバマ州):2009/04/08(水) 15:31:03.38 ID:tkkstae0
この世に宗教と儒教等を含む倫理学が無ければ科学は数百年進んでいた

502 : マンサク(新潟県):2009/04/08(水) 15:32:10.52 ID:kby/JmkP
夏候惇と馬超は俺の嫁

503 : ヒサカキ(catv?):2009/04/08(水) 15:33:16.66 ID:hZj73EpS
>>499
>>501
上のほうにもあるけど、ロストテクノロジーを拾う必要もあるから、
科学を減速させるシステムがあるのも重要。文化は加速と減速の両方が必要なんだよ。
お前らの設計で世界を作ると、変速すらないアクセルしかないクルマが出来上がる。
ギアとかブレーキとかクラッチとか何のためについてるんだよwって話。

504 : フリージア(宮城県):2009/04/08(水) 15:33:35.33 ID:fk/jwyGf
日本の戦前の修身も儒学者が後から付け加えたんだろ?

505 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 15:34:33.43 ID:mZaXhAnx
>>503
いかにも文系くさい理屈ですねw 

文系ってこういうカビ臭いものを有難がって教養だとか言ってるから困る。

506 : アカシデ(新潟県):2009/04/08(水) 15:35:20.25 ID:pPmes0YL
年寄り大事にしろ、若者もっと働け
女は家庭の仕事、男は外で仕事
離婚時、子供は母親に親権

はい、これ儒教だから

507 : マンサク(新潟県):2009/04/08(水) 15:35:55.38 ID:kby/JmkP
>>503
ロストテクノロジーも何も
彼らは勝手に全てを放棄したんじゃないか・・・

508 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 15:37:50.75 ID:mZaXhAnx
>>506
クソ儒教って本当に女を怠けさせるだけの倫理観だな。

509 : ヒサカキ(catv?):2009/04/08(水) 15:38:00.71 ID:hZj73EpS
>>505
ガッツリ文理両方やっとります。
理系のみ、文系のみって、愚かな結果が多い。
っていうか、上位大学だと両方が連携とってるから、
両方の水準を満たさないといけなくなる時期があるし。

場所にもよるけどねー。
海外だと最近はそんなかんじよー。

510 : クロッカス(コネチカット州):2009/04/08(水) 15:38:45.26 ID:htDP+Jdz
>>505

まともな反論出来ない奴てすぐに理系文系とか言いだすよな
なんで?

511 : シラネアオイ(アラバマ州):2009/04/08(水) 15:39:26.79 ID:GjmbJyac
まぁ西洋の哲学者が神すぎるだけ
儒教もお婆ちゃんの知恵袋レベルのことしか言ってないが東洋じゃ絶大な影響力持ってたわけで

512 : サンシュ(東京都):2009/04/08(水) 15:40:05.59 ID:R5VRBn35
なんで中国じゃ仏教流行しなかったの?
なんで日本に儒教伝わってこなかったの?

513 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 15:40:28.85 ID:mZaXhAnx
>>510
反論してやろうか? 
科学にブレーキなんて必要ない。科学者はアホな儒教(笑)なんぞ
いなくても、自制してますよ。

514 : ヒサカキ(catv?):2009/04/08(水) 15:42:11.31 ID:hZj73EpS
>>511
50年代前後の西洋哲学者なんて、最近どんどん実証的に論破されとるがな。
日本は西洋的な学問について、常々50年ほど遅れてるんだけど、
今日本人がありがたがってる現代西洋哲学なんて否定されまくりんぐですぜ。

515 : チリアヤメ(岐阜県):2009/04/08(水) 15:42:52.63 ID:Sx5qtO7o
喫人や嘗糞も儒教じゃない。
中国人の頭がおかしいだけ。

516 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 15:42:59.52 ID:mZaXhAnx
>>514
儒教は秦の時代に論破されてるがなwww

517 : イヌガラシ(宮城県):2009/04/08(水) 15:43:08.71 ID:NYGTU3cL
表面的な現象だけに惑わされ
辻褄合わせや気転で理屈をひたすらこねくり回すだけの
処世術みたいなのが諸子百家の正体、
物事の本質を探るのが目的である
西洋の哲学とは違うと思う。
孔子や老子が自己啓発本(笑)や
低俗ビジネスや低俗ハウツー本の格好のネタにされる理由が分かる。

518 : パンジー(コネチカット州):2009/04/08(水) 15:44:56.12 ID:htDP+Jdz
>>511

こねくりまわした西洋哲学なんてよりお婆ちゃんの知恵袋のがマシ

519 : パンジー(コネチカット州):2009/04/08(水) 15:47:13.74 ID:htDP+Jdz
>>513

やっぱ馬鹿だな
道徳があるから自制出来てんだろ
そして日本人の道徳に儒教は大きく関わってんだよ

520 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 15:47:50.58 ID:mZaXhAnx
儒教ってもともと中国の思想の中でも異端だからな。
なぜか、韓国と日本で絶大に支持されてるけど。

521 : センダイハギ(アラバマ州):2009/04/08(水) 15:48:10.17 ID:xB0YenjI
老害思想ではあるから嫌悪する奴が居てもおかしくない

522 : ニリンソウ(東京都):2009/04/08(水) 15:48:11.09 ID:0FT5fjR2
>>517
上手く世の中渡れたらそれ以上は望まないよ
欲張りだな君はいつか痛い目にあうぞw

523 : フリージア(宮城県):2009/04/08(水) 15:51:06.34 ID:fk/jwyGf
論語なんて引用されて煙に巻く奴が居たら、まず論争に勝てそうに無いな。
そういう学問なんだろw

524 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 15:51:09.50 ID:mZaXhAnx
>>519
儒教の言う道徳を君は誠心誠意実践してるのかね?

目上の人間の言うことはどんなことでも忠実に守ってるの?
老人はどんなクズの言うでも言うことを聞くの?
女は学問も働かせてもいけないから自分の娘を学校にも通わせないの?

525 : パンジー(コネチカット州):2009/04/08(水) 15:52:39.87 ID:htDP+Jdz
儒教にしろキリスト教にしろどんな教えにもよいところも悪いところもあるのに
悪い面だけクローズアップして全否定するなよな


526 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 15:53:17.65 ID:mZaXhAnx
>>525
では儒教の良い面とはなにかね?

527 : マンサク(新潟県):2009/04/08(水) 15:53:35.46 ID:kby/JmkP
ID:mZaXhAnxの大脳が停止している事はよくわかった

528 : センダイハギ(アラバマ州):2009/04/08(水) 15:54:16.66 ID:xB0YenjI
こんな教えに頼らず自分で学んだ教訓で生きるのが一番だけど
たまに頭がいかれてるレベルの確信犯がいるから困り者

529 : ハンショウヅル(コネチカット州):2009/04/08(水) 15:54:21.40 ID:ytbUC4Ov
曹操「儒教なんて古い!これからは道教の時代」

530 : ハンショウヅル(東京都):2009/04/08(水) 15:55:07.64 ID:oIpD03FD
韓国をみればわかること

531 : 菜の花(埼玉県):2009/04/08(水) 15:55:09.78 ID:Wofpn8M+
>>520
日本は江戸期に陽明学が入ってきただけだろ。
陽明学は儒教とは実質別物だからな、言っておくけど。

532 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 15:55:49.10 ID:mZaXhAnx
始皇帝にしろ、曹操にしろ、英雄ほど儒教を嫌ってるよな。
身の丈に合わせて小さく生きろなんて生き方できなかった人たちだし。

533 : リナリア(富山県):2009/04/08(水) 15:56:02.38 ID:TZwT04zR
日本の儒教と中国の儒教は違うのね

中国の儒教ってインドのヒンドゥー教みたいなもの

534 : チリアヤメ(岐阜県):2009/04/08(水) 15:56:16.10 ID:Sx5qtO7o
始皇帝、曹操、毛沢東、中国で儒教を否定した人はみな無類の悪人
太宗のように善政を行ったものは一人もいない。

535 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 15:57:11.97 ID:mZaXhAnx
>>534
中国を統一した人間が悪か?
戦国時代のほうが素晴らしかったとでも?

536 : フリージア(宮城県):2009/04/08(水) 15:57:48.93 ID:fk/jwyGf
>>534
儒者の陰謀だなw

537 : パンジー(コネチカット州):2009/04/08(水) 15:58:04.60 ID:htDP+Jdz
>>524

イメージだけで儒教語るなよ
>>310でも書かれているが
年上絶対なもんじゃねーから
中国人がねじ曲げただけなんだよ
とにかく論語ぐらい読んでから語れ

538 : パンジー(コネチカット州):2009/04/08(水) 15:59:34.39 ID:htDP+Jdz
>>528

それはどをな宗教にも言える


539 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 15:59:47.72 ID:mZaXhAnx
>>537
親に殺されそうになった孔子の弟子が親を殴ったとき、孔子は怒り来るって
弟子を叱ったといわれてる。
中国人に捻じ曲げられたんじゃなく、孔子の根性そのものが捻じ曲がっていたというヲチ

540 : リナリア(富山県):2009/04/08(水) 16:00:04.50 ID:TZwT04zR
>>537
論語と儒教は違う
このスレは中国人留学生が多いみたいだから
それ理解していないと会話がかみ合わないよ

541 : ねこやなぎ(神奈川県):2009/04/08(水) 16:00:21.74 ID:8Va766El
>>534
劉邦も儒教否定した無類の悪人ということだなw

542 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 16:01:37.89 ID:mZaXhAnx
>>541
日本でも成り上がりは嫌われるのって儒教の影響だからな。
代々名家は名家、乞食は乞食として生きろってのが儒教の素晴らしい教え(笑)

543 : モッコウバラ(山口県):2009/04/08(水) 16:02:53.43 ID:B78/gzmB
儒教のせいじゃない。
簡単に洗脳されるバカしかいないからだよ。

544 : ヒナゲシ(コネチカット州):2009/04/08(水) 16:03:05.29 ID:U1B9k7dV
儒教や宗教などは「かくあるべし」という指針としては良いんだよな
哲学みたいに何度も見直し続けるものだと安定しにくい

545 : キクバクワガタ(愛知県):2009/04/08(水) 16:04:08.60 ID:FIBF6AR6
>>541
劉邦はガチで悪人だろw

546 : パンジー(コネチカット州):2009/04/08(水) 16:04:52.73 ID:htDP+Jdz
>>539

だから何?


547 : モッコウバラ(山口県):2009/04/08(水) 16:05:01.06 ID:B78/gzmB
儒教のせいにしてまた被害者ヅラですか?
脳にウジが沸いてるようだな。

548 : ねこやなぎ(神奈川県):2009/04/08(水) 16:05:12.36 ID:8Va766El
>>542
あれ?
豊臣秀吉って嫌われてないよねw

549 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 16:06:36.62 ID:yfYzumec
>>541
劉邦は儒者を嫌ってはいたけど儒学の効用は認めたよ
また劉邦自身魅力のある人間だったけど
善意と良識の人ではない

550 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 16:06:45.82 ID:mZaXhAnx
>>548
当時の学者には嫌われてたよ。
秀吉がブサイクだとか百姓出身だとか包み隠さず書いてるし。

551 : リナリア(富山県):2009/04/08(水) 16:06:50.67 ID:TZwT04zR
>>542
他人を敬うのと自分がどのように生きていくのかは別問題だし
荀子も孟子もそういう儒教は否定している

552 : パンジー(コネチカット州):2009/04/08(水) 16:08:57.59 ID:htDP+Jdz
成り上がりが嫌われるのは欧州でも同じだけどな
別に儒教が原因じゃねぇよ

553 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 16:10:27.40 ID:mZaXhAnx
>>552
欧州で成りあがるのって大抵ユダヤ人だからじゃないの?

554 : ねこやなぎ(神奈川県):2009/04/08(水) 16:10:48.70 ID:8Va766El
>>553
何で?w

555 : フジスミレ(dion軍):2009/04/08(水) 16:12:08.89 ID:1eQfOjX2
こういう事に関しては、朝鮮人よりは謙虚なのは認めよう。

556 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 16:12:39.52 ID:mZaXhAnx
>>554
欧州は民族差別のほうが強いから。
日本は単一民族だから民族的な差別よりも世俗的な差別のほうが強い。

557 : ねこやなぎ(神奈川県):2009/04/08(水) 16:13:57.39 ID:8Va766El
>>556
おいおい
ヨーロッパでの成り上がり=ユダヤ人というソース出せよ

558 : シバザクラ・フロッグストラモンティ(アラバマ州):2009/04/08(水) 16:15:34.92 ID:13dVUKCk

仁 人を思いやる心。他人に対する優しさ←目下には適応されず
義 正義を貫く心←目下に適応されず。
礼 礼を尽くす心。敬意を表す行為←目下に強要。目下に対しては適応されず。
智 物の道理を知り、正しい判断を下す能力←目下の意見は軽視
信 欺かないこと。いつわらないこと。忠実なこと←目下に求める

忠 真心をこめて国家や主君に仕えること←目下に求める
孝 親、先祖によく仕えること←極端に重視
悌 目上の者によく仕えること←重視

儒教はこうなってしまうのだと思うんだよな。
動かしがたい序列があることによって本来良い意味の事も歪められる。
一番上になった場合なんの足かせもなくなってるんだと思う。

559 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 16:16:46.92 ID:yfYzumec
>>539
それって親に殴られるままを孝だと思っていた弟子を
孔子が叱ったんじゃなかったっけ

560 : リナリア(富山県):2009/04/08(水) 16:18:45.47 ID:TZwT04zR
>>559
彼は中国人じゃないかと思う
歪んだ儒教しか知らないだろw

561 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 16:19:21.62 ID:mZaXhAnx
>>558
インドが宗教を利用してカーストを作ったように、中国での階級社会を
構築しただけなんだよな、儒教って。
だからそんなものをいつまでも有難がる必要なんて皆無。

562 : クロッカス(コネチカット州):2009/04/08(水) 16:19:26.58 ID:htDP+Jdz
>>558 

しかし、教え自体は悪いわけではないんだよな
結局人間しだいなんだよ

563 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 16:21:54.84 ID:mZaXhAnx
実践できない思想はないのと同じ。
口先だけで教えを説くなんて誰でもできる。


564 : パンジー(コネチカット州):2009/04/08(水) 16:22:51.07 ID:htDP+Jdz
>>563

だから人間しだいなんだろ

565 :高橋 ◆S2qFqL4atU :2009/04/08(水) 16:23:01.21 ID:L+q83nJX
思想が文明の発展を妨げるとかギャグだと思うけど。いつの間にか差をつけられているのに
気付いて焦ってるだけ。明治時代の日本と一緒。

566 : ハナムグラ(三重県):2009/04/08(水) 16:24:49.15 ID:mZaXhAnx
>>565
欧州より自由な思想だったアメリカが世界の頂点だけどな。
中国の失敗は儒教を廃しても社会主義がそれ以上にクソだったってだけ。

567 : ユキノシタ(福島県):2009/04/08(水) 16:26:14.25 ID:WvdRaV+p
論語の是非はともかく、論語批判でヘーゲル引用する奴と
それに反論してる奴が違和感覚えないのはちょっとワロタ

568 : メギ(アラバマ州):2009/04/08(水) 16:28:07.37 ID:UKyKDd3t
朝鮮人涙目

569 : チチコグサ(長屋):2009/04/08(水) 16:29:20.01 ID:+GQVYPiB
文明開化で大中国が小日本に負けたのは儒教のせいで、決して中国民族が
小日本民族に劣ってるわけではない。そう言いたかっただけ

570 : オーブリ・エチア(愛知県):2009/04/08(水) 16:31:36.95 ID:t+HKR1tk
中国人が何も発明できないのはコピーばかりしてるからだよ


571 : モッコウバラ(山口県):2009/04/08(水) 16:39:09.31 ID:B78/gzmB
>>570
著作権という概念がない民族ですからね。

572 : プリムラ・インボルクラータ(千葉県):2009/04/08(水) 16:45:36.92 ID:NQQaZbt2
中国の儒教は碌なもんじゃない 
ただ日本に伝えられて訳す時に変な部分は日本的な解釈で訳されたからまともになってる 

573 : エイザンスミレ(岐阜県):2009/04/08(水) 16:57:17.70 ID:XTwIj/ig
儒教自体は道徳の教科書としてはかなりいいだろ

中国版は中華思想な部分以外は切り捨ててるからこんなことになった


対して韓国人は身内以外はクズ。年下は奴隷っていうネオ儒教

574 : サルトリイバラ(愛知県):2009/04/08(水) 17:03:29.39 ID:7AI00g++
儒教文化圏(日本・中国・韓国・朝鮮・北朝鮮)は、好き嫌いはともかくとして
かならず宦官・官僚・公務員などの目上さま、役人さま天国になるイメージ。

こう、天を見て太陽光線を浴びながら、ありがてぇ〜、ありがてぇ〜、ていう奴。

目上さまは何をしても許される。下の者は何をされても下の者が悪い、ていう奴。

575 : サトザクラ(滋賀県):2009/04/08(水) 17:03:30.93 ID:yfYzumec
祖述とか述べて作らずとか、
儒学は現代に適応させる学問としては
致命的な欠陥があるけど
西洋の学者が儒学を評価したときの酷評は
儒学のこの特性を知らなかったために
起こっているんじゃないかなと思う
もっとも評価されてる論語だけ読んで
哲学とはいえないと儒学全体を否定してしまったのこも


576 : ヒマラヤユキノシタ(コネチカット州):2009/04/08(水) 17:05:26.57 ID:WGMUTbOJ
儒教は別に悪いものじゃない
一番悪いのは小中華思想

577 : ヤマブキ(関西):2009/04/08(水) 18:33:41.70 ID:JUSqatl/
読み返して思うのだけど儒教と儒学の差異を軽んじてないか?
日本には冬に竹の子を食べたがる親を笑う落語があったよな


578 : イワウチワ(兵庫県):2009/04/08(水) 18:35:06.42 ID:i0fCb0Uh
>>566
アメリカって建前はどうあれ内実はガチガチのキリスト教国だろ

579 : チチコグサ(長屋):2009/04/08(水) 18:41:35.59 ID:+GQVYPiB
儒教なんかの影響受けなくても、日本人は儒教的な思想がDNAに組み込まれてる
と思うわ

580 : クマガイソウ(山口県):2009/04/08(水) 18:45:11.42 ID:GCpNJI4V
一気に工業化して経済成長するには儒教的な土壌があった方がいいかも

581 : カンパニュラ・サキシフラガ(東京都):2009/04/08(水) 18:46:50.30 ID:e3g/B2UW
>>577
日本人は「学」にとどめた。
結果として武士は理想論ばっかになって明治維新で負けちゃったけど、一般人は
儒学なんか知ったこっちゃないからそれほどの害もなくすんなりと西欧化を乗り
切った。

中国人と朝鮮人は「教」まで逝っちゃった。
民衆レベルまで染まったら近代化はミリ
特に道教とか仏教を排斥してまで儒教に染まった半島とかw


582 : ニオイタチツボスミレ(島根県):2009/04/08(水) 18:47:45.44 ID:tJHd1fHr
儒教以下の共産主義も一緒に批判してくれたらよかったんだが

583 : シャクナゲ(宮城県):2009/04/08(水) 18:52:05.12 ID:pebIS86Y
儒教は支配の論理しかないからね。

584 : ケンタウレア・モンタナ(埼玉県):2009/04/08(水) 19:05:44.10 ID:hd/QFNIg
儒教がそんなにいいものなら中国人はこんなに嫌われないだろ

585 : タチツボスミレ(東京都):2009/04/08(水) 19:26:18.09 ID:7ALn63pa
横綱は変化しちゃ駄目、組まなきゃ駄目、とか
野球の4番が初球打ちは良くない、とかは
儒教や朱子学の影響だと思う

586 : 福寿草(香川県):2009/04/08(水) 19:36:28.68 ID:ZpG5yBTf
儒教ってのは宗教だよ
中国の死生観に魂と魄というのがあって、
魂はたましい、魄は体を動かすエネルギー

人は死んだら、魂は空中にとび、魄は地中に戻る。
しばらくたつと魂は戻ってくるので、
子孫が祖先の頭蓋骨を持って儀式をしていた。

祖先崇拝から生存する親などを敬う思想が生まれた。

587 : アザミ(東京都):2009/04/08(水) 19:38:44.52 ID:vavU39dY
似たような文脈で共産主義を批判できるが、それだけは言えねえ。

588 : シャクナゲ(アラバマ州):2009/04/08(水) 19:44:54.26 ID:HoRESqUe
仏教→儒教→(神道)→キリスト教

この国どーこだ、

589 : ショウジョウバカマ(千葉県):2009/04/08(水) 19:48:50.72 ID:oYiJqhvP
儒教の空虚なところは>>1から上まで知ったかですんでしまうこと、自分もだけどね
特におっさん世代で語るやつのおおいことw
馬鹿証明ごくろうさん

590 : トウゴクシソバタツナミ(福岡県):2009/04/08(水) 19:51:33.84 ID:/1uQK31R
長い
3ビットにまとめろ

591 : チチコグサ(長屋):2009/04/08(水) 19:52:06.47 ID:+GQVYPiB
>>585
突き出し相撲の朝青竜は失格じゃね

592 : ウイキョウ(神奈川県):2009/04/08(水) 19:52:41.53 ID:P6gpfzg5
>>586
でも魂魄って考え方は、実はとても科学的だよ。
物質はすべてエネルギーなんだよ。
それは科学でわかってることなんだが、なぜそのエネルギーが
現実世界であるような形をとらなければいけないのかということはわからない。

魂魄という考え方とは矛盾しないと思うんだよ。
魂があるから魄が形をとる。

そう思わん?

593 : ヤブツバキ(長屋):2009/04/08(水) 20:14:04.69 ID:v8c1T0kr
儒教を反対から読んだら教授なんだぜ

594 : カロライナジャスミン(関東・甲信越):2009/04/08(水) 20:18:17.59 ID:hWjcMc36
また批林批孔か

595 : アズマギク(大分県):2009/04/08(水) 20:25:34.25 ID:BRTbZfUC
韓国の労働時間が長いのはそのためか

596 : フクシア(埼玉県):2009/04/08(水) 20:26:53.97 ID:rO8BpM59
倫敦に見えた

597 : アズマギク(大分県):2009/04/08(水) 20:27:17.98 ID:BRTbZfUC
>>592
お前の書き込みなんか教養ある感じするな

598 : キブシ(鹿児島県):2009/04/08(水) 20:33:02.56 ID:lK6YpKwC
中国は宗教禁止だろ

599 : チチコグサ(長屋):2009/04/08(水) 20:34:13.52 ID:+GQVYPiB
>>592
相対性理論か

600 : ヤブヘビイチゴ(dion軍):2009/04/08(水) 20:35:38.39 ID:/nIf2DaX
殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎
殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎
殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎
殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎
殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎
殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎
殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎
殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎殺助の馬鹿野郎

601 : ヤブヘビイチゴ(dion軍):2009/04/08(水) 20:37:21.79 ID:/nIf2DaX
>>1
お前アホだろ

602 : タチツボスミレ(東京都):2009/04/08(水) 20:38:07.47 ID:7ALn63pa
>>591
だから叩かれてるんだと思う
曙とかも

603 : ハナモモ(dion軍):2009/04/08(水) 20:39:53.36 ID:3ZU3m45Z
つうか中国人韓国人が儒教だと思ってるものは儒教じゃないから

604 : クモイコザクラ(アラバマ州):2009/04/08(水) 20:40:32.20 ID:ZumoREKN
まーまー文革でいいもんいっぱい消えうせたんだからどうでもいいじゃん
・・・っていうね

605 : ニリンソウ(愛知県):2009/04/08(水) 20:44:43.68 ID:sPuaynIM
まあ、ほんんとの中国人の宗教は道教だからな。
儒教はお偉いさんのもの。

606 : ウイキョウ(神奈川県):2009/04/08(水) 20:58:29.35 ID:P6gpfzg5
>>597
俺、そういうハッタリ得意なんだよ。

607 : ウイキョウ(神奈川県):2009/04/08(水) 20:59:49.40 ID:P6gpfzg5
>>599
ああ、超ひも理論とフェルマーの定理を複素数解析にかけて相対性理論をベースに応用してみた。
朝飯前さ。

608 : コスミレ(四国):2009/04/08(水) 21:02:12.50 ID:pSw9fSRX
日本の儒教と中国の儒教は全く別物だろ
神道認めてる儒教って何だよ
仏教もそうだが、日本人アレンジしすぎw

161 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)