5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ニュー速花見川・浜田川周辺のシーバス釣り部

1 : すずめちゃん(千葉県):2009/02/20(金) 19:36:18.79 ID:qqKOBwwE ?PLT(12000) ポイント特典

日本で初めて国際放送をした「検見川送信所」(千葉市花見川区)の建築物としての価値を訴え、保存に向け活動する市民団体「検見川送信所を知る会」が14日午後1時半から中央区の市美術館で、送信所の今後を考えるシンポジウムを開く。
保存や活用方法を話し合い、市民の間で議論を深めてもらう狙いもある。 (宮崎仁美)
送信所は一九二六年に開局し、三〇年に日本初の国際放送を行うなど通信の発展に貢献。
しかし、七九年の閉局後は廃虚状態になり土地を所有する市は撤去を検討してきた。
一方、市民の一部には「大正期の貴重な建築物を残そう」との機運が高まり、二〇〇七年に「知る会」が発足。
送信所は丸みを帯びた独特の外観で、建築専門家の評価も高い。
日本建築家協会関東甲信越支部は昨年七月、市文化財への指定を求めて市長に要望書を提出した。
市は要望を受け、保存の検討を始めている。
知る会によると、保存には「国登録文化財」や「市指定文化財」として保護する方法が考えられるという。
市側は保存する場合、活用しやすい登録文化財が妥当としている。
しかし、同支部の安達文宏さん(55)によると、「登録」は要件を満たしやすいが、改装が容易で建物の保護には不十分という。
安達さんは「内部もシンプルかつ意匠的で保存状態も良い。市は建物の価値を認識し、自ら指定文化財として保護することを考えていくべきだ」と主張する。
シンポジウムでは、安達さんがコーディネーターを務め、元文化庁主任文化財調査官の堀勇良さんら四人がパネリストとして参加。
十四日午前十一時からは市指定文化財として活用されている同館の鞘(さや)堂の見学会もある。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20090205/CK2009020502000078.html

2 : すずめちゃん(dion軍):2009/02/20(金) 19:37:09.12 ID:VhPQOFN6
あの廃墟まだ残ってなのか

3 : すずめちゃん(千葉県):2009/02/20(金) 19:37:59.54 ID:1wxvfYCa
花見川って昔豚の死骸とか浮いてたよな

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)